エクセル 行削除 ショートカット。 エクセルのセルや行・列の追加・削除のショートカット

Excelショートカット|セル・行・列の削除/挿入 完全版!

エクセル 行削除 ショートカット

すると、重複項目に対して、どのような条件を付けるか(どんな色をつけるか)を選択する画面に移行します。 任意の条件を選んで「ok」を押すと、重複するセル全てに設定した書式が反映されます。 キーボードでは下図の位置になります。 少し多いですが、慣れると楽です。 最後に いか がだったでしょうか。 今回は少し長いショートカットキーだったかもしれません。 しかし、こちらも他のショートカットキーと同様、慣れるとすごく使いやすいです。 特に、 Excelで任意のセルを選択した状態で「Alt」を押すことで複数のショートカットキーに繋げられることを覚えるだけでもかなり作業が効率化すると思います。 (Excel画面に補足する形で次にどのキーを押せばどの処理が出来るのかが表示されるので、覚える必要はない。 初めに「Alt 」キーを使うことを覚えるだけでも便利) 是非、気が向いた時に、使っていただければと思います。 また、 この他にも、作業効率を上げるために絶対に覚えておいてほしいおすすめショートカットキーはたくさんあります。 1つの記事にまとめてみましたので、こちらも是非ご覧ください。

次の

行選択・列選択のショートカットキー−Shift+スペース/Ctrl+スペース:Excel(エクセル)の使い方/キーボード操作

エクセル 行削除 ショートカット

ええ、覚え方が苦しいのはわかってますよ(半ギレ) ショートカット機能の詳細 行列を挿入したり、削除したりするショートカットです。 利用頻度がとんでもなく高いので、これを覚えただけでかなりの時間短縮効果があります。 この2つのショートカットについては、下記の記事でも詳しく説明しています。 例えば行を丸々1行以上削除する場合、 行を選択してから削除 しますよね? その操作をファイルの 左にある数字をクリックしに行ってたら、そこで時間がかかります。 ということで、登場するのがこのショートカット。 たとえば下の図の例で、クッパの行を消したい場合は下記のように操作してください。 5秒くらいでクッパを削除できるようになります。 まとめ 今回は、 ・行列の挿入 ・行列の削除 ・他のショートカットとの組み合わせ のご紹介でした。 慣れないうちは、あれ、挿入はどのショートカットやったかな・・・という感じで作業が止まっちゃうこともあると思いますが、 慣れるまでのガマンです。 最初、ほんの少しだけ頑張ってください。 必ず勝手に指が動く時が来ます。 その後は、それからずっと使えるあなたの財産(スキル)になります。 かのサージェント・パターが残した有名な言葉として、 「あわてず、急げ!」 っていう言葉があります。 深いですよね。 ダラダラしてたら遅いから早く行動しよう!っていう教訓的な意味で、僕は解釈してます。 ・・・え、サージェント・パターを知らない?ど忘れですか? とても有名な任天堂の名作、スーパーマリオRPGで「 ヒゲニガケヲノボラセロ」 作戦を遂行されるこの方ですよ。 ということで、人生あわてず急いで行きましょう。 ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

エクセルでセルの範囲を選択するショートカットキー!時間短縮

エクセル 行削除 ショートカット

Contents• 行・列の挿入 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 「+」だから挿入と覚えます。 行・列の削除 行や列を1つ挿入するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) CTRL+ -(マイナス) 解説 これもよく使いますから、行や列の挿入とセットで覚えましょう。 【参考】行と列、どっちが縦でどっちが横? 行と列、どっちが縦でどっちが横かわかりますか? 行は横に二本線があるから横、列は縦に二本線があるから縦、と覚えます。 結論、「行は横」「列は縦」です。 むすび 行・列の挿入・削除はよく使うショートカットキーです。 これだけでも効率化が見込めますからしっかりと覚えましょうね。 ひとつひとつは小さな効果かもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

次の