軽度 発達 障害 大人。 大人の発達障害の特徴。すぐキレる。会話が苦手。空気が読めない。落ち着きがない。片付けできない。集団行動がダメ。

大人の知的障害について、その区分(軽度から最重度)や特徴、原因や遺伝について説明します。

軽度 発達 障害 大人

ある建設会社の営業職、30代の男性の事例から始めたい。 彼は小学校のころ、先生の話を聞いてもメモを取れない一方で、好きなことには熱中した。 友達ができないわけではない。 本人は「他の人が話していることがわからない」と思っていたようだが、少し変わっている人だなと思われるくらいだった。 当時の通知表には「落ち着きがない、辛抱ができない」と書かれている。 だからといって、学校生活で大きな破綻をきたしたことはなかった。 事実、専門学校を卒業し、経理事務所に就職することもできた。 ところが、である。 問題は就職後に顕在化した。 職場でケアレスミスが多く、同時並行で物事を処理できない。 プレゼンで緊張してしまい、どう準備していいかわからない。 スケジュール管理ができない。 職場で、じっとしていられず動いてしまう。 なによりもまず自分の話をしてしまう——。 これまでの生活に問題がなく過ごしていたのに、職場で「問題だらけのダメな人」扱いされることで、つらくなっていった。 「もしかして、自分はテレビで報道されているような発達障害なのではないか」と思い、精神科医のもとを訪れる。 社会生活を送るなかで、問題が顕在化する典型的な「大人の発達障害」の見つかり方だ。 東京都内で開かれた「大人の発達障害」をテーマにしたイベント(毎日新聞出版・リテラジャパン共催)で岩波さんが紹介した事例である。 そもそも、発達障害とは何か。 《発達障害とは、特定の疾患をさす言葉ではありません。 対人関係に問題を抱えたり、度を越して特定のものへのこだわりを持つなどの症状があるASD(自閉症スペクトラム障害)。 多動、衝動的な行動、不注意などが特徴のADHDなどの総称です》 大人になるとどのような問題があるのか。 臨床経験をもとに話す。 《まず発達障害は珍しいものではありません。 特に多いのはADHDです。 彼らは大きなパターンとして、学歴は高いのに、信じられないミスを多発する。 書類作りがうまくいかない、集中ができず人の話がきけないため、上司(特に口頭の指示)が頭に入ってこない。 だから、同じ注意を繰り返される。 マルチタスクをこなせず、パニック状態になる。 自分の語りたいことを語る。 本人に悪気がないのに、人間関係を損なうといったことが挙げられます。 発達障害は基本的に子供時代から同じ症状が大人になっても続いているともいえます。 》 岩波さんは近著『大人のADHD』(ちくま新書)のなかでこんなことを書いている。 学生時代までの不適応はみられないものの、就労してから問題が顕在化する例が少なくないし、実際、成人になって精神科を受診する場合は、職場での不適応がきっかけであることが多い。 ADHDの人たちの実生活におけるパフォーマンスの悪さやケアレスミスの多さは、周囲からは本人の問題として否定的に評価され、「真面目に取り組んでいない」「仕事にやる気がない」、あるいは「能力不足」とみなされることが多かった。 その結果、どうなったか。 周囲からのストレスによって、うつ病やパニック発作などの症状を併発する人もでてきた。 周囲ができることをできないダメな人認定されてしまい、自分を追い詰め、結果として生きづらくなっているのだ。 自分が「発達障害かもしれない」と思ったらどうしたらいいのだろうか? まず注意が必要なのは、ひとくちに「発達障害」といっても軽度なものから、実生活に重大な問題が生じるなど、個々人によって多様なケースがあることだ。 《発達障害には、いろんなレベルがあります。 特に生活に大きな支障をきたしていない場合は診断を知りたいで済むこともあります。 しかし、仕事で明らかなトラブルやミスが続き、それを治したいという場合。 それなら診断と治療が必要になります》 治療には薬物治療、認知行動療法などの方法がある。 職場側で気をつけることは何かあるのだろうか? 発達障害の特性を理解し、サポートする職場もあるという。 《本人に向いている職種もあるわけですから、そこに回してあげることができるならそれが一番いい。 前提は会社側にやる気があるかどうかです。 ちゃんと取り組みたいという会社もあれば、(発達障害を)ネガティヴなものと捉えて切り捨てる会社もあるのです。 実際に「こういう社員は困る」という経営の論理があることも理解はできますが……。 だからこそ『仕事』のイメージを広げたほうがいいですね。 多くの人は定刻に出社し、決まった席に座り、さまざまな仕事をこなす事務職=仕事と考えがちです。 これは彼らには向いていない。 でも、自分でオーガナイズできる仕事で力を発揮するケースもあります》 それは「障害」なのか? 多いとされるADHDもしくは、ADHD的な症状がでる人がうまく働けている仕事、向いている仕事はどのようなものか。 《個人に全部を任されている仕事は向いているといえるかもしれません。 私の患者にも、例えばテレビの構成作家、小説関係の仕事をしている人がいます。 過剰なまでに集中する力があるので、任された物事を一気に仕上げたり、コツコツと積み上げていくことができる。 これは個性と捉えることもできますよね。 突破力があるとも言える。 対人コミュニケーションに問題を抱えていても、職場で困った人扱いされていても、大事なのは使いようです。 会社の体制がコンプライアンス重視とかになると、もうここで彼らはダメになってしまう。 》 苦手なものを無理強いさせるより、能力を最大限発揮できる職場環境を作ることが大事だということだ。 「変わったやつ」とレッテルを貼って遠ざけたり、コミュニケーションに難ありと本人に問題を押し付けたりして終わっても、その先はない。 異質さを大事することで生まれる力 結局、「個性」をうまく使うことができない周囲にも問題があるのかもしれない。 岩波さんはこんなことも言っていた。 《こういうタイプが組織にいると、違う視点でものがみえるようになります。 うまく個性がハマること、異質さを大事にすることで、組織の力になるんです。

次の

発達障害の大人かもしれないと疑った時は周囲に聞いてみて

軽度 発達 障害 大人

発達障害とは? 発達障害は、人とコミュニケーションが上手く取れなかったり、時間を守れなかったり整理整頓ができなかったりします。 しかし、発達障害ではない人でもこのような性格の人が多いため、一見発達障害かどうか判らない事も多いのです。 面倒くさがりだとか、人付き合いが悪いなどで片づけられてしまいます。 自閉症のように言葉が通じず知的障害も見られるような発達障害の場合は、一般的に子供のころから判明しやすいです。 しかし、アスペルガー症候群のようにコミュニケーション能力や一つの物にこだわったりしてしまうのは特性とか性格と思われてしまいます。 そうなると、仕事をするようになる大人になってから、自分と他の人がちょっと違うと考えるようになります。 軽度の発達障害は見つかりづらい 軽度の発達障害については、家族も気づかない(気にしない)場合も多く、本人も自分が発達障害だから他人とは違うとはあまり考えません。 軽度の場合はその人の個性なのか、発達障害の特性によるものなのか区別がつかない場合がほとんどです。 発達障害の人でもずばぬけて優秀な人もいらっしゃるので、特にそのような方は自分が仕事ができないなどと思いませんし、特定の分野で十分に能力発揮している場合もあります。 大人の発達障害は就職してから見つかることが多い 一方で、他の人とかかわるような仕事をしていると、自分と他人との違いや仕事のできるできないなどで悩むことが多くなります。 研究者の中にはずば抜けて才能がある発達障害の方もいらっしゃいます。 そういう人は、とても珍しパターンであると思いますが、一般的な発達障害の人は、残念ながら仕事ができなかったり約束が守れないなど社会人としての基本ができないことが多いです。 そのため、だんだん職場から孤立していくようなケースが多いです。 職場の周りの方も軽度発達障害の場合は、普通の人と何ら変わるように見えないため、辛くあたってしまうケースも見られます。 その時にストレスなどで病院に行き発達障害が見つかることもあります。 そこまで発達障害の特徴があったのに見つからなかったという事は軽度の発達障害だからこそです。 軽いので周りからたとえ浮いていたとしても特に障害が目立つわけではありません。 家族も小さなころから見ているので大人になってもコミュニケーションが取れないなどがあっても、それは性格の問題と考えあまり気にしないこともあります。 まとめ 軽度の発達障害とはいえ、二次障害が出るなどの問題が起こっているならきちんと診断を受けてた方がよいです。 発達障害も症状により療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられることがあります。 軽度の発達障害であったとしても状況によっては福祉の支援を受けることができますので福祉課などに相談されてみて下さい。

次の

大人のアスペルガーADHD特徴 発達障害 軽度なほど問題な理由

軽度 発達 障害 大人

何らかの原因によって知的能力の発達が遅れてしまっている人たちのことを「知的障害者」といいます。 未だそのほとんどが原因不明であり、周囲の理解が得られにくい困った病気でもあります。 実は、私の母親は軽度の知的障害を持っています。 見た目は健常者と何ら変わりません。 ただ、ちょっと話をしてみると、会話にズレが生じ、「あれっ、この人何か変だな」と感じるはずです。 コミュニケーションが苦手• 趣味がない• 友達がいない• 独特のこだわりがある• 極度に不器用• 同じことばかり繰り返し話す• 奇声・独り言を発する• オシャレや身だしなみに気を遣わない• 年相応の理解・表現が出来ない このような特徴があり、知的障害者本人やその家族にとっては常に「生きにくさ」がつきまといます。 何とな〜くしんどい生活を強いられているのも事実なんです。 そこで、「世の中にはこういった障害に悩み苦しんでいる人たちもいるんだよ」「介護とは、何も寝たきりや認知症高齢者だけに必要なものではないんだよ」「知的障害者にも必要なんです」ということを知ってもらうべく、「大人の知的障害」について簡単にまとめてみました。 少しでも参考になれば幸いです。 「大人」の知的障害の特徴 上で羅列した特徴のほかにも、実際にはもっともっと複雑に様々な特徴が存在するのですが、ここでは主な特徴をいくつか紹介しておきますね。 おおよその数字や曖昧な時間などを苦手とする人も多いので、約束や待ち合わせでは「具体的な数字・時間」を提示するよう心がけましょう。 「意味」を理解するまでに時間がかかります。 そこで、たとえ失敗しても、ゆっくりでもいいので少しずつ出来ることを増やしていき、自分に合った「やり方」を見つけることが大事です。 まずは知的障害について理解してもらうことから始め、誰かに良き話し相手になってもらえるよう、地域や周囲の人に働きかけてみましょう。 それでも困ったら、医師や支援センターの人などに相談してみるのも良いでしょう。 知的障害を乗り越えていく上で一番大事なことは? これは何といっても「周囲の適切なサポート」です。 誰だってそうですが、困っているときに「手を差し伸べてくれる存在」が居てくれるだけで心の支えになります。 私自身、 残念ながら 軽度知的障害の母親とは普通に会話が成立せず、いつもイライラさせられていました 過去形です。 でも、現在は考え方を改め、無理に一人で背負い込まず、寛大な心で接するように心がけています。 「もしも 母ではなく 自分が知的障害だったら…」 深く想像してみてください。 何を感じ何を思い、どんな言動をするでしょうか… 私の場合は そんなことを考え、一呼吸置いてから母と接するようにしてみたのです。 変わらない現実をしっかりと受け止めた上で、自分を産んでくれたことへの感謝の心を再確認できたことで、 随分楽になりました。 皆さんも、カリカリしないで相手の気持ちになって考え、行動する努力をしてみてくださいね! 治らないから「障害」とも言えます 皆さんは「アルジャーノンに花束を」というSF小説を読んだことありますでしょうか? 脳手術をして天才になった知的障害の青年チャーリイ IQ68 の物語です。 彼は賢くなって、周りの友達と同じようになりたいと願っていました。 そんな彼は他人を疑うことを知らず、周囲に笑顔をふりまき、誰にでも親切であろうとする、大きな体に小さな子供の心を持った優しい性格の青年だったのです。 しかし、知能が上がるにつれ、気がつかなければ良かった周囲のいじめや、母親から捨てられた事実を認識するようになるのです。 物語はこの先もっと複雑に展開されていきます。 気になる方は一度読んでみてくださいね。 ともかく、ここで言いたいことは何か… それは、、、 足が不自由で歩けない人は車いすを使う。 視覚障害のある方は盲導犬を使う。 障害のない人だって道に迷えば他の人に聞く。 トラブルに巻き込まれたら弁護士に頼む。。。 これらと同じように、知的障害を抱えていたら遠慮せず、周囲のサポートに頼ることが必要だということなんです。 出来ないことは出来ません。 わからないことはわかりません。 治らないから障害なのです。 頼れる人に頼りましょう。 たとえ「障害」そのものが治らなくても、支援を受け、その人の能力に応じて「自立」していけばいいのではないでしょうか。 「自立」とは、なんでも独りですることではありません。 周囲と一緒に自分の生活を豊かにしていくことだと私は思います。 遠い将来の、本当に実現するかどうか分からない治療法をアテにするよりも、現実に目を向け、身の回りの「資源」を探してみてはいかがでしょうか🙂 周囲も本人も「諦めない」気持ちが大事です! 近年は知的障害を含む障害者に対する支援も進み、少しずつではありますが暮らしやすい環境になりつつあります。 知的障害と診断されたからと言って「日常生活が出来ない」「仕事が出来ない」わけではありません。 自分なりの普通を楽しみながら自分らしく暮らしていけるよう、精いっぱい生きていきましょうね!.

次の