宮下裕任 評判。 令和納豆は閉店してる?経営者は謝罪なし「無料パスは没収ありきで買う方がバカだった」

堀田賢慎 手術 今季絶望!スカウト部長が更迭された!!

宮下裕任 評判

令和納豆パスポート剥奪事件 ・納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 ・支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 ・順調そうに見えた「令和納豆」ですが、Googleに投稿されたある一件の口コミがきっかけで問題が明るみになります。 その内容とは、1万円を支援し、無料パスを受け取り利用していたのですが、15回利用したところで店員に無料パスを没収されてしまったということ。 ・没収された理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 ・パスポートを没収された方は店側の対応に対し憤りを感じているとのこと。 ・この投稿がきっかけで、他にも無料パスを取り上げられた人がいたことが発覚。 ネット上で大炎上となりました。 ・令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めた。 令和納豆経営者の宮下ひろただ社長の釈明内容がひどすぎる 納豆社の宮下裕任社長は6月5日、J-CASTニュースの取材に、生涯無料パス没収の経緯を明かしました。 今回の無料パス剥奪のポイントが「利用規約」ということです。 まさかこの利用規約がパスポート剥奪につながるなんて誰も思いませんよね。 しかもこの利用規約はCFの募集ページには書いてなかったとのこと。 いやいや書けよ、という声が聞こえてきそうですが、宮下社長の主張はこうです。 「生涯のお付き合いなので、直接お会いした時にご説明すべきという考えからです。 私たちにとって支援者は『お客様』というより『仲間』に近い認識です。 たとえばウェブサイトに長文の利用規約を掲載する方法も考えられます。 ただ一般に利用規約というのは、ネットでの手続きだとほとんど読まずに『同意する』にチェックを入れて送信する方が多いです。 そうなるとトラブルの元になりかねません」(宮下氏) いや、だからトラブルになってしまったのでは? しかも、そんな大切な利用規約を、初回利用時に紙を渡すだけで5~10分で説明したとか。 その説明の中で、「無料パス対象メニュー以外も食べてコメントしていただきたい」という旨もこの時点で説明し、「いいですよ」などと返事をもらって同意を得たうえで、無料パスの利用を開始したというのです。 で、結局無料の納豆定食しか食べてないからパスポートを取り上げたってことでしょうか。 「無料以外食べないとパスポート剥奪しますよ」までは言ったのでしょうか。 しかも、無料パス対象メニュー以外の注文やアンケートの回答義務は利用規約には書いてなかったことが判明しました。 理由は、書いてしまうと利用しようと思う方が制限されてしまうから、と言う回答。 積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 説明不足があれば申し訳ないと思っています」(宮下氏) 彼が主張する「仲間」というのが本気であれば、初回の利用規約で1番の重要事項として説明すべきです。 宮下社長の弁明に対するネットの反応 宮下社長の弁明も虚しく、ネットではさらに炎上しています。 ・意味分からんけど飲食店スタッフなんじゃないの? ・ 令 和 納豆 はやり方が汚い 詐欺での集金と、何が何でもパスポートを使わせないというやり口、ネットの言論をスラップ訴訟で抑えようとする方法、被害者の泣き寝入りを狙うなど、詐欺師のイロハをすべて抑えている ・ 不誠実って、 令 和 納豆 の対応の方が圧倒的に不誠実じゃん 出資した時点でアンケートの事なんか一ミリも書いてないのに文字数制限してムチャクチャ面倒臭いアンケートしなければ剥奪とか不誠実にも程がある 何で店員とコミュニケーションとる必要がある?仲間じゃなくて店員なんだから飯だけ持ってこいや ・「『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 」当たり前だろ! 何でこんなこと答えなきゃいけないんだよ! 確かに令和納豆の、FAAVO紹介ページにも「地方創生」という言葉が最初の方にでてきます。 納豆ご飯セット一生涯無料パスポート(1000名 お返し品説名:一生納豆まみれになりたいあなたへ 本プロジェクト一押しのリターンです。 納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット 梅コース が一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート。 クラウドファンディング限定の会員パスポートとなりますので、今だけのプレゼントです。 利用規約 ・梅コース 納豆1種類100g、トッピング具材2種類、ご飯、味噌汁、漬物、お茶 限定。 ・ご本人様より有効。 ・一日一回限り。 ・店舗の納豆が売り切れになった場合は使用不可。 ・譲渡禁止 「地方創生」に協力しろなんて書いてないですね。 宮下社長が考える「地方創生」に協力していないと悪者扱いに、さらにはパスポート剥奪という、まるで罪人のような気分にさせられます。 令和納豆宮下社長は被害者面して金づる目的だった? どう考えても無理があるのではないでしょうか。 宮下社長が「地方創生」ということを本当に考えているのなら、別に令和納豆に貢献することだけが地方創生ではないですよね?茨城県の水戸市というところに訪問して、令和納豆以外のところを観光するのも地方創生につながるのでは。 しかし、令和納豆の主張を見る限り、どうしても自分のところの利益だけを考えているようにみえます。 実際、今回の件に関して、 ・支援者をただの金づるとしか見てない人に言われてもな ・タダ飯で釣って支援を集めた ・パスポート所持者を出資者として見ていないのか? などという声がきかれ、「地方創生」とか「仲間」という言葉を巧みに利用して、要は金づるだったのでは?という声も多くきかれました。 しかし、宮下社長は反省すべき点はあるとしても、今回の無料パスについての謝罪はないです。 さらには水戸市のイメージも下げてしまう可能性もあり、逆効果になってしまうことも心配されます。

次の

【速報】令和納豆の無料パスポートを購入した被害者が宮下に対して提訴に踏み切る

宮下裕任 評判

まず利用規約は、各支援者の初回利用時に紙を渡して5~10分程度説明したとする。 加えて「今後アンケートに回答する義務がある」こと、 さらに「無料パス対象メニュー以外も食べてコメントしていただきたい」という旨もこの時点で説明し、「いいですよ」などと返事をもらって同意を得たうえで、無料パスの利用を開始したという。 初回利用時に説明したことは認めているが、なぜCFの募集ページにこれらの条件があることを書かなかったのか。 「生涯のお付き合いなので、直接お会いした時にご説明すべきという考えからです。 私たちにとって支援者は『お客様』というより『仲間』に近い認識です。 たとえばウェブサイトに長文の利用規約を掲載する方法も考えられます。 ただ一般に利用規約というのは、ネットでの手続きだとほとんど読まずに『同意する』にチェックを入れて送信する方が多いです。 「今回の件にまつわるインターネットやSNS上での当店並びに個人に対する、 事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、脅迫行為、事実誤認の記事を作成した個人・企業に関しましては、法的手段を検討して参ります」との方針を示した。 利用しようと思う方が制限されてしまうからです」と明言。 それでもこれらに反したことで没収した例があるのは、「お気持ちや信頼関係を重視しました」という。 「積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 淡々と無料パスを提示して無料で食事を続けることはなぜ認められないのか。 この点、宮下氏は「初回来店時にお伝えしたことです。 『無料以外のメニューも食べてコメントを頂きたい』と伝えて同意されたのに、召し上がっていただけませんでした」と、初回来店時の同意に反したためだと繰り返した。 アンケートは、無料対象メニューしか注文していなかった支援者のうち、口頭でのコミュニケーションも取れていなかった人を対象に送信したという。 その回答が、無料パス没収の最終的な原因となったケースもある。 「アンケートでは本音を聞きたかったのですが、『残念なことばかり』などと書いて句読点などで字数を稼ぐ、必須項目に回答がない、利用規約への質問に『覚えてない』と回答するといった方々がおり、 もうコミュニケーションが取れないと判断しました。 「そもそもこのCFは飲食店をオープンするためだけでなく、水戸に納豆ご飯専門店をつくって一緒に地方創生を目指すと募集ページに書きました。 CFは地方創生のプロジェクトに活用できるプラットフォームでもあります。 とはいえ、1万円で生涯無料パスというリターンが得られるとなれば、支援して無料対象メニューだけを食べ続ける人が複数出るのは不思議ではないと思える。 アンケートも先述のとおり質的・量的に少なくない負担が課される。 CF募集時の説明は十分だったと考えているか。 「『無料で食べられる飲食店』と思って利用する方々がいることを考慮してプロジェクトを準備すべきだったと反省しています。 46 ID:PeMPSUzu0 どんどんネバネバになってくな宮下w。 36 ID:a5Y22qrw0 仲間だろうが!!!!!! 44 ID:IlEiCuCA0 金目当てだったんやな.

次の

「宝古堂美術」というお店の評判はいかがでしょうか?

宮下裕任 評判

昔関西のある球団がドラフト上位で指名しようとした選手について、念のため故障が無いか身体検査を受けるように頼んだところ親族に拒否され、どうしても獲得したい球団は結局身体の状態が分からないまま指名したところ、実は既に再起不能の大きな故障を抱えていたことが獲得後に判明した。 当然選手側はその事実を知っていたが、指名されて高額な契約金を得るために意図的にその事実を隠していたとのことである。 昔はそれくらい選手の情報収集に雑な部分があったようですが、今は故障があると分かっていても、プロの医療対応やリハビリにより十分回復が見込めると判断してあえて指名するケースもあるようです。 いくら何でも今回のケースは後者でしょうが、もし前者ならさすがに大巨人は違うと笑うしかないですが。 トミージョン手術は確立された立派な術式で時間をかけてケアすれば元の状態まで回復されると思います。 ただ、18歳というのが・・・。 まだプロで投げてない現時点でというのは今後が心配ですね。 強豪校出身ですから、おそらく子供の頃からかなりの球数を放ってるでしょう。 ドラ1で指名されるレベルの投手は子供の頃から地元で大活躍しています。 当然、球数も増えます。 投手としての質・能力には問題は無いのでしょう。 1球だけスゴイ球を投げれてもプロでは生きていけない。 1球だけなら誰も打てない球を投げる投手がいても食べていけない。 一年通して好不調はありながらも高い質を保てる選手が一流選手。 技術はもちろんだが強い身体の方が大事ということ。 野手転向も視野に入れた方が良さそうですね。 高卒ルーキー、トミージョン手術って…。 そもそもドラフト事前評価でB評価 スポーツ紙等 だったはず。 まさかの一位指名でこの惨状。 まあ若いからまだ分からないけど、スタートラインでこれはダメ。 西武今井がタバコで開幕から謹慎とは訳が違う。 本人も当然自覚症状はあっただろうし、ヒアリングや日頃の調査では分からないもんなのかな? ? 20年ほど前に西武が怪我持ちの渡辺と石井を1、2位で指名したけど、それは知った上。 本人達も申告していた、それでも本人達の能力を買って指名した。 今回は高卒の海のものとも山のものとも分からない選手にトミージョン手術を球団持ちでさせるリスクはデカイな。 堀田はどんな気持ちなんやろう?ラッキーぐらいしか思ってなかったら怖いわ。 スカウトの問題よりも現代の球界に蔓延する高校球児も見習っている食トレに最大の問題があると思う。 急激に身体を大きくした選手は、出力が上がる為に一時的にスイングスピード、打球の飛距離、投手なら球速等、急激にパフォーマンスを上げる。 しかし、その後、かなりの確率で筋肉や腱に炎症を起こし、重症に繋がる身体の状態を招く。 必要以上に消化器系に負担をかけることが筋肉や腱に炎症や硬直をもたらすことがまだ整形医学やスポーツ医学の分野で理解されていない。 ダルビッシュ投手、大谷投手もこの流れ。 決して二刀流に問題があるわけではない。 堀田投手も消化器系に負担をかけて身体を大きくして急激にパフォーマンスを上げてドラフト1位に辿りついたと思われる。 しかし、その代償は意外に早くやってくるのは、今の一流と言われているプロの投手を見ても明らかです。

次の