ゆうちょ ダイレクト。 ゆうちょダイレクトで「振替振込」だけが押せない。画像を添付しておきます。昨日、...

ゆうちょダイレクト+(プラス)のメリットとデメリットとは?違いや変更方法も解説!

ゆうちょ ダイレクト

郵便局の「ゆうちょ銀行」では、法人口座を開設することが可能です。 利用者の多いゆうちょ銀行では、利用者同士の振込手数料が安い(無料)ということもあって、個人のお客様を相手にする商売の場合、ゆうちょ銀行の口座もあると便利です。 そんなゆうちょ銀行のオンラインバンキングサービスには「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょBizダイレクト」といいう二つのサービスがあり、法人はどちらかを選択することができるようになっています。 今回はそんなゆうちょ銀行の法人口座における「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょBizダイレクト」の違いを比較していきます。 個人口座と同じゆうちょダイレクトと、有料高機能なゆうちょBizダイレクト ゆうちょダイレクトはゆうちょ銀行の標準のオンラインバンキングサービスで、個人用、法人用のどちらも同じです。 一方でゆうちょBizダイレクトは有料となりますが、機能面が強化されています。 契約料金 月額料金 ゆうちょダイレクト 無料 無料 ゆうちょBizダイレクト スタンダードプラン 5,000円 500円 ゆうちょBizダイレクト エキスパートプラン 10,000円 1,000円 いずれも税別。 契約料金は初回だけ必要な料金で、月額料金は毎月必要な料金です。 都市銀行や地方銀行などのオンラインバンキングだと月額1,000円程度の利用料が発生するということを考えると、決して割高とは言えないですね。 通常のゆうちょダイレクトとゆうちょBizダイレクトの違い じゃあ、有料プランと無料プランの違いは何なのか?という話になりますね。 複数人で管理をすることができる• 総合振り込みサービスが使える• 給与振込なら手数料が無料になる(エキスパート) これらが違う点です。 複数人管理で利用者ごとに役割を決められる 複数人でアカウントを管理できます。 経営者、経理担当者、購買担当者といった具合でそれぞれの役割に合わせて権限を付与することが可能です。 それぞれにIDを振り分けすることができ、だれがその作業をしたのかも管理できます。 通常のゆうちょダイレクトであれば、一つのID、PWでしか管理できませんので、複数人での利用には向いていません。 総合振込サービスが利用できる 総合振込サービスは、大量の振込データを一括で送り振込処理をすることができるもので、一般には法人専用サービスです。 給与振り込みなら手数料が無料 エキスパートプラン(月額1,000円)のみ利用できます。 「給与振込」に限り、ゆうちょ銀行同士は手数料無料、他行宛でも100円(税別)で送金できます。 一般的に振込手数料は200円~300円は必要になると考えると、多少安くなります。 人数が多いならその差は結構大きいですね。 小規模な会社なら、通常のゆうちょダイレクトで十分? 個人的には社長一人が中心にお金を管理しているような会社であれば、ゆうちょ銀行の法人口座は無料の「ゆうちょダイレクト」で十分だと思います。 実際、ゆうちょダイレクトでもゆうちょ銀行同士なら月5回までは振込手数料無料です。 そのため、ゆうちょBizダイレクトを申し込む価値があるのは、ゆうちょ銀行同士や他行への振込回数が何十回以上というような会社さんでしょうか。 ちなみに、私の会社はいまでも「ゆうちょダイレクト」のままです。

次の

ゆうちょダイレクトのご案内|ゆうちょダイレクト

ゆうちょ ダイレクト

ゆうちょ銀行の振込みや振替えといった取引を、インターネット上で利用できるサービス。 営業時間内にゆうちょ銀行の窓口に足を運べないという人にとって、うれしいサービスと言えるだろう。 他にも、年金保険料や住民税、カードローンの返済などをインターネット上で払い込める「ペイジー」や、ゆうちょ銀行と提携しているショッピングサイト・金融機関への支払いが即時に完了する「WEB連動振替決済サービス」なども便利。 各種金融機関への払い込みが簡単なゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行ユーザーであれば利用して損はないだろう。 口コミ( 13件) 不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」(無料)をインストールしないと利用できなくなったので、より一層、安心・安全になって良いと思いました。 (37才・女・専業主婦) 最近は怪しいポップアップ画面が出て個人情報が盗まれるという騒ぎがあったけれど、対処が比較的早かったので被害拡大は最小限だったと思う。 時間外に手続きはOKだし、ゆうちょ間なら手数料もかからない。 手続きに書類を書いて面倒臭かったけども、ネットバンキングの弊害の怖さを考えたらそれくらい当然だと思う。 (35才・女・自由業) オークションでよく利用しています。 時間を気にしなくて利用できるし、手数料がゆうちょ間だと無料なのが魅力。 (39才・女・会社員) 分かりやすい画面で、初心者でも簡単に操作ができると思います。 デザインがもう少し綺麗だったらよかったのですか・・・。 (男・会社員) 他の一般的な銀行では、同じ銀行同士でも時間外に振込をすると処理完了は休み明けになるが、ゆうちょ同士の振込 振替)はたとえ土日祝日でも即時処理完了となる。 これすなわちオークション決済で最強。 (36才・男・会社員) ゆうちょ銀行からの引き落としが多いので、郵便局にいかなくても引き落としを確認できるのが一番便利です。 申し込んでから使えるまでに時間はそれなりにかかりますが、郵便局で申込書を受理してもらえば失敗の危険がないので安心できます。 振込にも便利なので、口座を持っている人は作っておくと便利かもしれません。 (25才・男・自営業) オークション用の口座を使ってます。 昼も夜も問わずに入金を確認したり、振込みを行ったりできてとっても便利です!暗号番号だけではなく、画像を暗号として利用したり、質問&答えを登録したり、セキュリティーを強化しているようです。 (23才・女・会社員) メインバンクとして使っているので、ゆうちょダイレクトはとても便利でよく利用してます。 操作方法なども簡単で良いと思います。 できれば、自動振込の設定やその他の設定もネット上で色々出来ればなお良いのにと思います。 (29才・女・事務) 月5回までのゆうちょ銀行口座間の送金(電信振替)料金の無料化はありがたいです。 ログインの手間などは、IDManager(IDやPWを管理できるフリーソフト)などを使えば問題解決です。 今後もたくさん活用していくこと間違いなしです。 (33才・女・専業主婦) ネットショッピングやオークションなどの支払いにおおいに利用しています。 なんと言っても支払先にゆうちょ銀行を指定しているショップや人が多いこと。 ログインするのが少し手間ですが手数料の事を思うとお得です。 (41才・女・専業主婦) 振込み手数料は他の銀行より格安。 ゆうちょダイレクトの申込手続きは窓口で用紙をもらい、届け印と口座番号、名前を書いてポスト投函するだけ。 一週間以内で手続きが完了しすぐに利用できます。 (27才・女・専業主婦) ネットバンクといえるかどうかわかりませんけど、ネットからの郵便局振り込みが110円で出来るのがいいです。 郵便局はどこにでもあるし、引き出し手数料がいつでもかからないのがいいです。 (32才・女・団体職員) 民営化前から活用していますが、ネットの画面が使いづらいです。 メニューも少ないし、やはり早く数多くの他の銀行へ振込み処理が出来るよう改善して欲しい。

次の

ゆうちょダイレクトのご案内|ゆうちょダイレクト

ゆうちょ ダイレクト

ネット銀行のように、ネット上で振込み、残高確認などができます。 利用するには、申し込みが必要です。 ゆうちょダイレクトでできること ・残高確認 ・入出金明細の照会 ・ゆうちょ銀行あて送金(即時反映) ・他行あて振込み(午後3時以降は翌日扱い。 10月9日からは時間拡大。 ) ・税金・各種料金の払い込み(ペイジー) ・国際送金 ・投資信託の取引 利用時間も、夜中の0時~23時55分までですから、ほぼ1日中ですね。 家に帰ってパソコン見るついでに振り込みやお支払ができちゃいます。 さらに、住所や電話番号の変更もネットでできるので、お引っ越しの多い方にもぴったりです。 手数料は、ゆうちょ同士の振替(送金)なら、月5回まで無料。 とってもお得です。 アプリを活用してラクしよう ・ Webからお申し込み:すでに総合口座を持っていて、通帳などもお持ちの方 ・ 窓口からお申し込み:どなたでも 総合口座をお持ちで、通帳やキャッシュカードを持ってる方はWeb上で申し込みできます。 総合口座じゃないという方や「ウェブじゃ不安」という方はゆうちょ銀行の窓口で申込書がもらえます。 必要事項を記入し印鑑を押し、窓口に提出、または後からポスト投函すると、パスワードが郵送されるので、入力して利用開始です。 ゆうちょダイレクトがあれば、ATMに並ばなくても、仕事先や家からでも利用できるので便利です。 お申し込みは無料です。 ゆうちょダイレクトを申し込んで、アプリを活用すればラクだし、時間も節約できます。 (執筆者:桐谷 春音).

次の