趣味 どき 銭湯。 NHKテレビ 趣味どきっ!(火曜) 銭湯 ボクが見つけた至福の空間2020年2月〜3月 電子書籍版 / NHKテレビ 趣味どきっ!(火曜)編集部 :B00162315334:ebookjapan

NHKテレビ 趣味どきっ!(火曜) お城へ行こう! 名将の素顔をお城が“語る”2016年2月~3月 (2016年01月27日発売)

趣味 どき 銭湯

いや〜「銭湯ブーム」なんて言葉を聞くことも増えている今日この頃。 しかししかし、銭湯の廃業ブームの方も止まることを知らないのも事実。 コチラの記事で「はじめまして」の方も多いかと思います。 インふろエンサーの、おっきなお風呂()です。 こんにちは。 「毎日のように温泉・銭湯にかよい魅力を発信する」という活動をしております。 今後ともよろしくお願いしますっ!! そんな嘘かホントか 「銭湯ブーム」と言われる中、令和2年2〜3月。 我々銭湯ファンにとって大きな波がやってきたのかもしれません。 というのも、 NHK Eテレにおいて様々な『趣味のある生活』を紹介している人気番組『趣味どきっ!』において銭湯特集「銭湯 ボクが見つけた至福の空間」が組まれました。 これは、これまで銭湯から距離のあった方々に、銭湯を楽しんでもらえる千載一遇の大チャンス!! と言うことで、天下のN H Kさんのことですから、ぼくがオススメ記事なんて書く必要もないのですが、「イチ銭湯大好き人間(かっぱ??)」として、放送予定・見どころなどをまとめさせていただきます。 まあ何が「間違いなのかわわかりませんけども。 笑 ぼくも大好きな銭湯ばかりです。 しっかりと鉱物の香りがして温泉オタクのぼくも多分言われなかったら本物の温泉と思ってた。 第1・8回:近藤 和幸さん (大田区はすぬま温泉・全国公衆浴場生活衛生同業組合連合会理事長)• 第2回:今井 健太郎さん (多くの銭湯リニューアルされている建築家)• 第3回:今田 耕太郎さん (銭湯写真家)• 第4・5回:早坂 信哉さん (多数の入浴本を出版している医学博士)• 第6回:鄭 忠和さん (和温療法研究所所長)• 第7回:上岡 洋晴さん (東京農業大学大学院教授) \関連記事/ 【はすぬま温泉紹介】 【早坂先生の著書】 その他、銭湯絵師として活躍されている田中みずきさん。 「銭湯大使」として活躍されているステファニーさんも出演されています。 \関連記事/ はじめよう!銭湯趣味!! ようこそいらっしゃいました。 こんにちは。 日本全国500軒以上の温泉・銭湯に入浴しました風呂好きカッパ、『インふろエンサー』の おっきなお風呂( )と申します。 このサイトでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は 「お湯に浸か ればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、 「疲れ知らず! 何ごともリラックスして常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。 どうぞお風呂に入った気持ちでゆっくりしていってください。

次の

趣味どきっ!銭湯 2/11

趣味 どき 銭湯

フレーム対応のブラウザをご利用ください。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 フレーム対応のブラウザをご利用ください。 ドキドキワクワク! 楽しさ満載! 今があなたの「趣味どきっ! 」です! 楽器演奏、水彩・イラストなどのアート。 茶道、国宝、仏像などの日本文化。 さらにスマホやタブレットなどのデジタル生活まで、趣味の時間を充実させてくれる講座が目白押し。 幅広いテーマをやさしく、そして深く掘り下げます。 ご了承ください。 なぜ今、銭湯がブームになるのか? 銭湯の1日に密着、銭湯建築の謎、ペンキ絵はなぜ富士山? さまざまなアプローチで知られざる銭湯の世界に迫る、ビジュアルガイドブック。 火曜版です。 ほかに月曜版、水曜版があります。

次の

【NHK Eテレ】趣味どきっ!『銭湯特集』放送予定!見どころ!まとめ

趣味 どき 銭湯

大手金融機関で働く者です。 質問者様がどのような職種を希望されているかは分かりませんが、私は「銭湯巡り」は何の問題もないと思います。 あくまでも趣味ですし、銭湯巡りと書いてイメージダウンになるとは到底思えません。 面接は、あなたの人間性を見るためのものです。 大きな浴槽にゆっくりつかると、疲れも取れ、自然とリフレッシュできて元気になれるので私の生活には欠かせません。 」 などと答えると 「気持ちの切り替え方を自分でよく分かっている人」という印象を与えることができます。 「音楽鑑賞」」や「語学」などありきたりな趣味より、よっぽど説得力があると思いますよ。 ぜひ頑張ってください! ありっちゃありだと思うけど。 銭湯の経営から、とか、道具についてとか、設備についてとか語れるようじゃないと 元々のそれと大して変わらないよ。 私が採用担当だった頃は、 >ストリートダンスサークルに入っているのですが面接官さんに全く関心を持ってもらえないので・・・。 「ふーん。 それ何?」(知ってる上でそういうものいい。 あと私からしたらそれは最初から減点材料です。 申し訳ないけどその趣味は非常に印象が悪い。 ) >バイトやサークルなどの後に銭湯に行くことを考えると頑張れる的な内容にしても問題はありませんか? 問題大有り。 「じゃあサークルは何なの?趣味じゃないの?」 ちなみに、私の主観ではその趣味は「面白い。 さて、何を聞かせてくれるのかな?」っというスタートになります。

次の