こし みはる。 日本の女子テニスで美人&かわいい選手は誰?マジ惚れ画像に注意!

歴代サンデーズ

こし みはる

コシミハルこと越美晴は、東京出身。 父親がファゴット奏者、母親が声楽家という音楽一家に生まれ、物心付く前から家には音楽が溢れていた。 3歳の時にはピアノを始め、8歳ですでに作曲をしていたというからかなり早熟だったようだ。 また、クラシックを学んではいたが、それよりもシャンソンに惹かれ、譜面を買っては自宅で弾いて歌っていた。 成長するに従ってオリジナルの楽曲を弾き語りするようになり、あまり深く考えずに出場したオーディション番組『君こそスターだ!』で、デビューのきっかけを掴む。 1978年に本名の越美晴名義でRCAから発表したデビュー・シングル「ラブステップ」は、ラテンのリズムを取り入れたポップ・ソング。 ニューミュージック・シーンの新鋭として注目を集めた。 竹内まりや杏里などが続々とデビューし、渡辺真知子や庄野真代などが続々とヒットを飛ばしていたという時代背景もあり、彼女もそういったくくりの女性シンガーとして紹介されることも多かった。 シングルとしては、「気まぐれハイウェイ」(1979年)や「マイブルーサマー」(1979年)といったシティポップ路線の楽曲がスマッシュヒット。 1979年には、坂本龍一や山下達郎など錚々たるミュージシャンが参加したファースト・アルバム『おもちゃ箱 第一幕』をリリース。 『On The Street - Miharu 2』(1980年)、『Make Up』(1981年)と、当時のスタジオ・ミュージシャンを起用したアーバンな雰囲気でコンスタントにアルバムを発表するが、自身が求める音楽性ではないということを理由に一時活動を休止。 テクノ・ポップへの転向を試行錯誤するうちに、細野晴臣と出会うことになる。 ベルギーのテクノ・ポップ・グループ、テレックス全面参加した「L'AMOUR TOUJOURS」を目玉に、日本の先鋭的なミュージシャンを多数配することで大きく方向転換した。 もちろん、越美晴自身のアレンジ・センスも大いに磨かれた。 続く『Parallelisme』(1984年)も同様のスタイルで制作が進められ、完全にテクノ・ポップの歌姫としての立ち位置を作り上げた。 細野とのタッグは継続し、1985年には彼が立ち上げたノン・スタンダード・レーベルに移籍。 そこで発表したアルバムが『Boy Soprano』だ。 本作はクラシック音楽をポップフィールドに落とし込んだ画期的な作品で、ヴォーカル・スタイルも一新。 たんにテクノ・ポップというだけではくくりきれないシンガーとしての魅力を打ち出した。 続く『echo de MIHARU』(1987年)は、往年の映画音楽を中心にノスタルジック路線を継承。 さらに研ぎ澄まされたソプラノ・ヴォイスが印象的に響く。 1989年にファンハウスへ移籍すると同時に、名義をカタカナのコシミハルへと変更。 その頃からシャンソン、ジャズ、クラシック印象派の歌曲などをカヴァーするサロン・コンサートを始め、彼女特有のノスタルジック志向を完成させたのがこの時期といえるだろう。 アコーディオンのcobaが全面参加した『Passpied』(1989年)、CDブックとして制作された『心臓の上』(1990年)、個性的なオリジナル楽曲で固めた『父とピストル』(1991年)サティやミヨーといったフランスの歌曲を集めた『La voix de Paris』(1992年)、自作曲のみで構成された『希望の泉』(1992年)といった傑作を続々と生み出した。 古いシャンソンをカヴァーした『Chanson Solairer』(1995年)を発表した直後の1996年には細野晴臣とのデュオ・ユニット、Swing Slowを結成し、アルバム『Swing Slow』をリリース。 残念ながらこのユニットは、1枚のみで終わってしまったが、ジャジーでスウィンギーなレトロ・ポップを展開した。 続いて、西部劇へのオマージュ作『REDEO de PARIS』(1997年)も発表。 同じ頃から、音楽とバレエを合体させたステージ作品の「Musique-hall」をプロデュースするなど、多岐に渡った活動で注目を集めた。 細野晴臣が新たに立ち上げたレーベル、daisy worldに移籍し、2000年に3年ぶりの新作『ペリカン通り殺人事件』を発表。 続く2001年には、1930~40年代にヒットしたジャズやシャンソンに特化した『Frou-frou』、2003年にはオリジナルとカヴァーをミックスした『CORSET』と充実した作品をリリース。 レトロな楽曲とモダンなアレンジを伴ったコシミハル・ワールドを、完全に確立することとなった。 その後しばらく活動休止状態が続くが、2008年に5年ぶりのオリジナル・アルバム『覗き窓』を発表。 そして、再び5年後の2013年には往年のシャンソンやジャズのカヴァーを中心に据えた『Madame Crooner』をリリースする。 2015年には同様のコンセプトで細野晴臣なども参加した『MOONRAY』も発表した。 いずれもこれまでの作風を踏襲しつつ、選曲やアレンジなどで新たな挑戦を続けている。 今回ビルボードライブで行われる「マダム・クルーナー5」は、ベルリンの芸術フェスに招待されて行われた公演を再現したもの。 フランク・シナトラ、フレッド・アステア、マレーネ・ディートリッヒといった20世紀初頭の名曲をピックアップし、ピアノ・トリオをバックに現代に蘇らせるという試みの企画だ。 すでに6月に北沢タウンホールで実施済みではあるが、今回は村井邦彦がゲストで登場。 ザ・タイガースや赤い鳥に数々の名曲を書き下ろし、荒井由実やYMOを世に送り出したプロデューサーでもある村井とは、アルファ・レコード以来の付き合い。 村井メロディを歌ったり、トーク・セッションなども予定している。 J-POP界の重鎮とのコラボレーションによって、コシミハルの美学がどのように浮き彫りになるのか。 あらためてその独特の世界を、じっくりと堪能して欲しい。

次の

コシミハル

こし みはる

コシミハルこと越美晴は、東京出身。 父親がファゴット奏者、母親が声楽家という音楽一家に生まれ、物心付く前から家には音楽が溢れていた。 3歳の時にはピアノを始め、8歳ですでに作曲をしていたというからかなり早熟だったようだ。 また、クラシックを学んではいたが、それよりもシャンソンに惹かれ、譜面を買っては自宅で弾いて歌っていた。 成長するに従ってオリジナルの楽曲を弾き語りするようになり、あまり深く考えずに出場したオーディション番組『君こそスターだ!』で、デビューのきっかけを掴む。 1978年に本名の越美晴名義でRCAから発表したデビュー・シングル「ラブステップ」は、ラテンのリズムを取り入れたポップ・ソング。 ニューミュージック・シーンの新鋭として注目を集めた。 竹内まりや杏里などが続々とデビューし、渡辺真知子や庄野真代などが続々とヒットを飛ばしていたという時代背景もあり、彼女もそういったくくりの女性シンガーとして紹介されることも多かった。 シングルとしては、「気まぐれハイウェイ」(1979年)や「マイブルーサマー」(1979年)といったシティポップ路線の楽曲がスマッシュヒット。 1979年には、坂本龍一や山下達郎など錚々たるミュージシャンが参加したファースト・アルバム『おもちゃ箱 第一幕』をリリース。 『On The Street - Miharu 2』(1980年)、『Make Up』(1981年)と、当時のスタジオ・ミュージシャンを起用したアーバンな雰囲気でコンスタントにアルバムを発表するが、自身が求める音楽性ではないということを理由に一時活動を休止。 テクノ・ポップへの転向を試行錯誤するうちに、細野晴臣と出会うことになる。 ベルギーのテクノ・ポップ・グループ、テレックス全面参加した「L'AMOUR TOUJOURS」を目玉に、日本の先鋭的なミュージシャンを多数配することで大きく方向転換した。 もちろん、越美晴自身のアレンジ・センスも大いに磨かれた。 続く『Parallelisme』(1984年)も同様のスタイルで制作が進められ、完全にテクノ・ポップの歌姫としての立ち位置を作り上げた。 細野とのタッグは継続し、1985年には彼が立ち上げたノン・スタンダード・レーベルに移籍。 そこで発表したアルバムが『Boy Soprano』だ。 本作はクラシック音楽をポップフィールドに落とし込んだ画期的な作品で、ヴォーカル・スタイルも一新。 たんにテクノ・ポップというだけではくくりきれないシンガーとしての魅力を打ち出した。 続く『echo de MIHARU』(1987年)は、往年の映画音楽を中心にノスタルジック路線を継承。 さらに研ぎ澄まされたソプラノ・ヴォイスが印象的に響く。 1989年にファンハウスへ移籍すると同時に、名義をカタカナのコシミハルへと変更。 その頃からシャンソン、ジャズ、クラシック印象派の歌曲などをカヴァーするサロン・コンサートを始め、彼女特有のノスタルジック志向を完成させたのがこの時期といえるだろう。 アコーディオンのcobaが全面参加した『Passpied』(1989年)、CDブックとして制作された『心臓の上』(1990年)、個性的なオリジナル楽曲で固めた『父とピストル』(1991年)サティやミヨーといったフランスの歌曲を集めた『La voix de Paris』(1992年)、自作曲のみで構成された『希望の泉』(1992年)といった傑作を続々と生み出した。 古いシャンソンをカヴァーした『Chanson Solairer』(1995年)を発表した直後の1996年には細野晴臣とのデュオ・ユニット、Swing Slowを結成し、アルバム『Swing Slow』をリリース。 残念ながらこのユニットは、1枚のみで終わってしまったが、ジャジーでスウィンギーなレトロ・ポップを展開した。 続いて、西部劇へのオマージュ作『REDEO de PARIS』(1997年)も発表。 同じ頃から、音楽とバレエを合体させたステージ作品の「Musique-hall」をプロデュースするなど、多岐に渡った活動で注目を集めた。 細野晴臣が新たに立ち上げたレーベル、daisy worldに移籍し、2000年に3年ぶりの新作『ペリカン通り殺人事件』を発表。 続く2001年には、1930~40年代にヒットしたジャズやシャンソンに特化した『Frou-frou』、2003年にはオリジナルとカヴァーをミックスした『CORSET』と充実した作品をリリース。 レトロな楽曲とモダンなアレンジを伴ったコシミハル・ワールドを、完全に確立することとなった。 その後しばらく活動休止状態が続くが、2008年に5年ぶりのオリジナル・アルバム『覗き窓』を発表。 そして、再び5年後の2013年には往年のシャンソンやジャズのカヴァーを中心に据えた『Madame Crooner』をリリースする。 2015年には同様のコンセプトで細野晴臣なども参加した『MOONRAY』も発表した。 いずれもこれまでの作風を踏襲しつつ、選曲やアレンジなどで新たな挑戦を続けている。 今回ビルボードライブで行われる「マダム・クルーナー5」は、ベルリンの芸術フェスに招待されて行われた公演を再現したもの。 フランク・シナトラ、フレッド・アステア、マレーネ・ディートリッヒといった20世紀初頭の名曲をピックアップし、ピアノ・トリオをバックに現代に蘇らせるという試みの企画だ。 すでに6月に北沢タウンホールで実施済みではあるが、今回は村井邦彦がゲストで登場。 ザ・タイガースや赤い鳥に数々の名曲を書き下ろし、荒井由実やYMOを世に送り出したプロデューサーでもある村井とは、アルファ・レコード以来の付き合い。 村井メロディを歌ったり、トーク・セッションなども予定している。 J-POP界の重鎮とのコラボレーションによって、コシミハルの美学がどのように浮き彫りになるのか。 あらためてその独特の世界を、じっくりと堪能して欲しい。

次の

寺坂農園 感動野菜産直農家

こし みはる

青果業者:「いやいや、いろんな農産物を送ったんだけど、反応あったのが寺坂さんのトウモロコシだけさ。 中に入っていた説明通りにラップして電子レンジでチンして食べたらしいんだけど、食べた瞬間『 な・なんだこれは!?すごいうまい!』だって!!」 僕:「あ~、ビックリさせないでよ。 クレームかと思いましたよ。 でも、そんなにおいしかったんだぁ~。 」 青果業者:「それでね寺坂さん、先方が来年9万本作ってくれって言われたんだけど・・・・」 僕:「エッ?!きゅ・9万本・・・ハハハ・・・・」(汗) 「僕は自分のお客さんのために育てるのが仕事ですから・・・。 」と、お断りしました。 この出来事でサニーショコラに手応えを感じ、お客様にお届けしたらきっと喜んでいただけると思い農家直送を始めました。 あれから10年以上たった今でもサニーショコラのお取り寄せ・通販は毎年売り切れになるほど大好評です。 栽培が難しく農家がつくりたがらないサニーショコラ シャキシャキ食感が最高! きわめて味のよい品種のサニーショコラが、ただ甘いだけではなく、とにかくうまい! いまだ黄色いスイートコーンの中ではこの品種を超えるものに出会っていません。 従来の品種では果糖(べたべたした甘さ)で甘みを感じていたものを、遺伝子組み換え技術を使わずにショ糖(砂糖)も含まれるトウモロコシを育種。 果糖とショ糖のコラボレーションでさわやかに甘く、フルーティーなとうもろこしです。 生でも食べられる!粒皮がやわらかく甘みが強いので、一度生で一かじりしてみてください。 シャキシャキな食感が最高です。 鮮度が命。 徹底した選別 収穫は早すぎると、未熟で粒が小さくゆでるとしわしわに。 収穫が遅すぎると、実が詰まりすぎて粒の皮が固くなり糖度が下がり食感も良くありません。 なので、収穫適期の見極めはかなり重要なんです。 収穫適期は、ヒゲの色(こげ茶ぐらいで収穫するのがベスト)や収穫時の気温条件。 さらに試しに収穫し、皮を剥いで先端まで実が詰まっているか、ちゃんと黄色くなっているかなど確認もします。 こうやって、一番おいしい時を逃さないように収穫適期を見極めています! 収穫適期はたったの1週間しかありません。 寺坂農園では自分たちのトウモロコシ畑と2軒のトウモロコシ農家さんに栽培をお願いし、7月下旬から10月上旬頃までの期間で収穫発送をしています。 種まきの時期をずらし、上記の期間中に【もぎたて】の新鮮なトウモロコシをご用意できるよう栽培しています。 収穫は夏の天候に大きく左右され、収穫適期が1週間という短い品種でもあるので、収穫のタイミングに注意をはらいます。 そのため予定より大幅に収穫時期がずれてしまうこともしばしば。 未熟でもダメで、実が詰まりすぎてもおいしさが低下します。 先までしっかり実の入った頃をしっかり見極め、1週間ほどしかない一番おいしいタイミングを逃さずに収穫・即日あなたへお届け致します。 食べきれない場合は冷凍保存がおすすめ! 保存する場合は、茹で上げてから常温で冷まし、そのまま冷凍保存するのをオススメします。 冷凍保存で2ヶ月ほどお楽しみ頂けます。 寺坂家族では、収穫してすぐに皮をむいて実を包丁でそぎ落とし、ジップロックに入れて速効で冷凍。 あと、コーンスープが最高です。 しばらく楽しめますね。 トウモロコシ送料について トウモロコシは冷蔵便でお届け あなたに絶対、損はさせたくありません。 感動野菜産直農家として純粋に、あなたに富良野メロン・野菜の美味しさを味わってほしいから、 安心の保証制度をご用意しています。 もちろん、お届け先様にも同様のご対応をさせて頂きます。 農産物という特性上、外観のみで判断が付かずに品質の劣ったものが混入した場合や、輸送中の破損・凍結などはもちろん、「あれ?期待したほどの味ではないなぁ…。 」「そんなにおいしいとは思わない。 」と感じた場合も、当農園では完全保証しています。 もちろん、返品・返送の必要はありませんので、お手間もかかりません。 (輸送中の破損・凍結の場合は運送会社が引き取りにお伺いするため、返品をお願いしております。 ご注文はこちら!商品一覧 サニーショコラ メロンの平均糖度15度を超える甘さ。 そして、とにかくうまい。 寺坂祐一です。 平成18年、このとうもろこしを少しだけ育て収穫し、初めて生で食べた時の衝撃は、今でも忘れられません。 メロンの平均糖度15度を超える甘さ。 そして、とにかくうまい。 柔らかくてシャキシャキ感もたまりませんでした。 驚きと感動でビックリしました。 今年も、この美味しいトウモロコシ『サニーショコラ』を あなたにお届けできる時期がやってきました。 寺坂農園から早朝収穫後、すぐに発送する直売・直送トウモロコシ。 クール便で届いたら、まずはかならず生のまま食べてみてくださいね。 きっと驚かれると思います。 あなたに新鮮なとうもろこし、もぎたての味を知って欲しいのです。 プロの農業者として、自信をもってうまいトウモロコシ、ふらのからお届けします。 私たちが農業を営む、富良野の自然環境だからこそ育つ、特別なおいしさをいっぱい楽しんでくださいね。 なかふらのの野菜畑から お申し込み・お問い合わせ もちろん、お電話・FAXでもお申し込みできます。 また、何かご不明なことがありましたらどんな些細なことでも遠慮せずに、お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL: 0120-366-422 受付時間 8:30~17:30 通話料無料 携帯からでもOK! 17:30以降は留守電にご用件を入れて下さい。 翌日、ご連絡させて頂きます。 畑作業やその他の業務で、電話に出られない場合があります。 その場合は、後ほど折り返しますので、留守番電話にお名前、電話番号、電話に出られる時間帯などをお願いします。 FAX:0120-199-091 24時間受付 送信料無料 E-mail: 24時間受付。 送り主、お届け先の名前、住所、電話番号と商品名を明記してください。 ご注文以外のお問い合わせでも、もちろんOKです!ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

次の