エースバーン ダメージ計算。 【ダブル】エースバーンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

セキタンザン育成論 : 【もらったぞ、お前の衝撃!】最強の炎エース!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

エースバーン ダメージ計算

6月5日深夜、エースバーンがシングルバトル使用率1位となった。 「ズキュントス」を抜きしての1位の経緯 剣盾のランクマッチでは、「 ・・・ドラパルト・」の5体からなる、環境使用率上位5体を連ねた構築「 ズキュントス」が、いわゆる結論パとして扱われていた。 しかし、6月2日にエースバーンの新特性「」が解禁されると、破竹の勢いで使用率を伸ばし、6月5日深夜、日付が変わる頃にはシングルバトルでの使用率は 「ズキュントス」を追い抜いて1位に達した。 「」のエースバーンの強さについては、本ブログの前記事 でも述べた通りであり、「 どうあがいても強特性」であるこのが使用率上位に位置すること自体は、さほど驚くことではないが、よもやこうもあっさりと「ズキュントス」を上回るとは思っていないかったプレイヤーも多く、上では動揺の声が上がり、同時に「 コイツどうやって対策するんだ」という考察が盛んに行われるようになった。 エースバーン対策になる では、実際にランクマッチでエースバーンと対峙する上で、どのような・型を採用すれば、対策になりえるのか。 以下にこの数日でみかけた意見をまとめた。 「ふきとばし」はックスには無効であり、初手ックスを切られることが珍しくないエースバーン相手には注意が必要だが、「あくび」で眠らせるあるいは交代を強いることで、ックス対策を行うことも可能である。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「かえんボール」 …B特化に36. 準速で「」を持つことで最速エースバーン抜き+1の素早さを得ることができるので、上から殴り倒す方針で対策するのであれば、かなりの適任であるといえる。 A特化ウオノラゴン(がんじょうあご)の「エラがみ(先制)」 …無振りエースバーン(炎タイプ)に276. どうせ「エラがみ」が通らない相手にはあまり火力が期待できないなので、水の通る相手に圧力をかけつつ、にエースバーンを倒してしまうことをメインに動かしていくといいだろう。 エースバーンに「ダイジェット」を使って素早さを積まれる前に対面させてしまいたいところである。 HP252振りだけでもエースバーンの「」程度は耐えるため、調整如何でかなり安定した立ち回りが可能になる。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「」 …HP252振りに80. ミトムでも可。 尚、 でも近い立ち回りができ、であれば弱点である「ふいうち」を誘いながら変化技で犠牲無く起点化を狙ったり、相手の「」に合わせて受けだしすることで無償降臨+相手にダメージを狙うことができる点で有利である。 一方でこちらは「ダイアーク」に弱いため注意が必要。 エースバーンが変化できるタイプのうち、との対面であまり使いたくないであろう飛行タイプを除けば、炎・格闘・パー・悪・電気など、 地面の通りがとても良い(「とんぼがえり」は使われたら交代されることに加え、「ダイワーム」をに敢えて使うことは少ないと思われるため除外)ことも魅力いとつ。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「」 …HP252振り(ハードロック)に73. 「 『ばけのかわ』による行動保証によって、 『こうこうのしっぽ』を『トリック』で押し付けて起点化する・ 『』で相手の高い素早さをデメリットに仕立てる」といった妨害に加えて、 「みちづれ」によって無理やり1:1交換に持ち込んだりできる。 「みちづれ」はックスしているには効果がないため、初手ックスが珍しくないエースバーンを相手に使うときは注意が必要。 「『こうこうのしっぽ』を押し付けて『みちづれ』」の戦法は、に限らず などほかのでも可能だが、やはり「ばけのかわ」による安定性が並外れている。 物理受けの定番となっていたアーマーガアやが炎技で焼かれてしまうので、エースバーンを意識するのであれば、こういった水タイプの物理受けが有効になる。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「ダイジェット(130)」 …B特化(ふしぎなうろこ)に37. 水タイプの物理受けとしては、「ちからをすいとる」を用いて火力を削ぎつつ回復して受けを成立させる等も挙げられる。 余った1枠には攻撃技として、「」などを採用するのが堅いか。 尚、似たようなのにパルスワンがいるが、同じ条件で調整を行う場合、パルスワンは上記の攻撃を確定耐えにできないのに対し、サンダースであれば確定耐えが実現するため、本記事ではサンダースを採用している。 備考:今回の記事ではエースバーン単体への対策の考察を扱ったため、エースバーンとよく一緒に採用されている水タイプやゴリランダーなどと併せての、構築単位での対策については触れていません。 *本記事はあくまで筆者の見解を示したものであり、ランクバトルにおける今後の展開を予言したり、対戦における実績を保証するものではありません。

次の

ポケモン剣盾のダメージ計算についての質問です。初心者で知識がないのは...

エースバーン ダメージ計算

はじめに• 初投稿です。 よろしくお願いします• 略称を使用しますご了承ください。 ダメージ計算はSoldier Calcを使用しています。 誤字 脱字などが、ございましたらコメント欄にてご指摘よろしくお願いします。 簡単な採用理由 天候パが使いたいと思い採用。 あられダメージは無効にされにくく、現環境で より火力が高い天候アタッカーがしかいないのでなかなか優秀です。 特性 ゆきかきで確定です。 すばやさを上げる特性として他に すいすいがありますがそちらは水タイプの劣化になりである必要がない上に、あられダメージが優秀だからです。 持ち物 じゃくてんほけん 以下、 じゃくほと省略します 性格 ようきで確定です。 雪下で最速ドラパルトが抜けます。 努力値 H68 実数値179 奇数にするために。 A170 実数値171 あまり。 B52 実数値107 ようきのとびひざ耐え。 D0 実数値100 S220 実数値107 雪下で最速ドラパルト抜き。 覚えるこおり技で最も火力が高くゆきかきにより怯みも狙えます。 ばかぢから 威力120 命中100 D技95 元の威力は高いですがD技の威力の低さと攻撃後AとBが下がるデメリットがあります。 ダイナックルでAを上げれるのでかくとう技は確定です。 また、後述しますがD技の威力なら けたぐりの方が高いです。 ヘビーボンバー 威力ー 命中100 D技130 フェアリー用。 両方使い勝手に難があるのでD技専用です。 じゃれつく 技範囲が欲しいなら採用。 ミストフィールドてやけども防げます。 けたぐり ばかぢからよりD技の威力が5高いです。 ばかぢからと選択。 かわらわり やの壁を壊したいなら採用もあり。 ばかぢからと選択。 シャドークロー などの対策に。 ダイホロウの防御ダウンも優秀。 などにどうぞ。 ダメージ計算• 被ダメ ダイマックス状態 エースバーン A252 いのちのたま とびひざげり 威力130 ダメージ 83. 7発 乱数1発 43. 被ダメ 通常 ドリュウズA252のみ アイアンヘッド ダメージ88. 7 確定2発 トゲキッスC特化 いのちのたま かえんほうしゃ ダメージ92. 与ダメ あられダメージ6. 4 確定2発 ツンベアーの強み 130という高いAとすばやさを上げるゆきかきの組み合わせでシンプルに上から殴ると言うものです。 元のすばやさは低いためやと対面しても天候がとれるのも優秀です。 他のこおりタイプとの差別化 A種族値が同じくマンムーとは ゆきかきやみずタイプが弱点でないためラプラスに勝てるという差別化があります。 ツンベアーより火力が高いヒヒダルマとは ゆきかきと技が打ち分けれる ごりむちゅうの場合 という差別化があります。 同じくゆきかきのはよりもSは高いですがAが100しかなく4倍弱点が2つある。 という差別化があります。 やはよりもAが低く エラがみや でんげきくちばしはありますが、サブウエポンの威力で差別化できます。 ゆきかき未解禁 さいごに いかがでしたでしょうか?初投稿でしたので見にくい部分があったと思いますが、最後まで読んでいただき幸いです。 今回のツンベアーは他のこおりタイプの劣化になることなくツンベアーの強みを生かせたものになっていると思います。 このツンベアーは場を整えれば全抜きすることもよくあるのでぜひ育成してみてください。 というメリットがありました。 申し訳ございません。 投稿お疲れ様です。 初投稿とは思えないほどの完成度ですね。 他のこおりポケモンの育成論も作ります。 あと、すいすいのツンベアーとかですかね。 一応すいすいツンベアーとの差別化は上の方に書いてありますのでご覧ください。 Aサンドパン パッチルドン ウオチルドンについては追加で書きたしておきます。 調整や技構成は少し違いますが、既存のサンビカさんのツンベアーの育成論との違いは何ですか? 採用理由の話でのドリュウズの話など似ているところが多々見られるのはどうなんでしょうか。 一応、横からですが、特性すいすいは鎧でで解禁されたはずですよ。 ツンベアーは型が豊富なポケモンではないのである程度採用理由が似るのは当然だと思っていたのですが不快にさせてしまったのなら申し訳ございません。 別に不快になったとかそういうわけではないですが、コメント欄で補足が可能なものについては投稿してはいけないと書いてあったような気がします。 題名とか技のステータス解説など結構参考にされてるのかなと思った次第です。 しかし、あちらにはエースバーンのダメ計がなかったりと微妙なラインである気がします。 不快になった訳ではないのならよかったです。 もし育成論が削除されたら対策しようと思います。 貴重な意見ありがとうございました。 私は氷統一パでツンベアーを使っているので久しぶりに育成論が投稿されてて嬉しいかったです! ところで特性についてですが、「すいすい」も選択肢にはならないでしょうか。 上記に水タイプの劣化になると書かれていますが、ツンベアーは最近猛威をふるってるグラススライダーにタイプ上強く出れます。 また、炎タイプへの打点を非ダイマでも使いやすい「アクアブレイク」にできたり、雨要員のやと相性が良いこともあげられます。 私は水タイプの劣化になると思っていましたが確かにゴリランダーに強く出れるのは大きなメリットですね。 育成論に記載させていただきます。 「ゆきかき」だとダイマックス中にタイプ一致氷技が打ちやすかったりもするので、一長一短ですね。 A努力値の振り方で6が無駄になっているかと思われます。 そこから4 2はどの様に振っても余る をDに回してあげると無駄がないです。 努力値は3箇所、または5箇所に振ると無駄がなくなりますね。 細かいところなので、聞き流して頂ければと思います。

次の

【エースバーン対策】ダイマも切らずに楽々処理!ゴツメ頑丈ウソッキーのすすめ【育成論】【ポケモン剣盾】

エースバーン ダメージ計算

5倍になる。 リベロ 自分の技を出す時直前に、 自分のタイプが技と同じタイプになる。 攻撃と 素早さが高く、物理アタッカーとして育てやすいです。 近年の炎タイプ御三家としては珍しく 炎単タイプですが、覚える技範囲は豊富であり、特性リベロによって岩・水・草・ドラゴン・氷・フェアリー以外の 12タイプに変化することができます。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、みがわりで体力を減らし、カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 きあいのタスキとも相性がいいですね。 リベロは、自分のタイプが、 使う技と同じタイプに変化する特性です。 すべての技をタイプ一致で使えることになり、タイプ不一致ではあと一歩威力が足りなかった技でも強力な主力技になります。 また、先制で相手の攻撃を無効化するタイプに変化して、相手の攻撃をかわすことも可能です。 エースバーンの技候補 エースバーンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 とびはねるをダイマックスして使うとダイジェットになり、 自身の素早さを1段階アップする追加効果があります。 また、相手の地面技を読んで使えば、相手の攻撃を無効にすることもできます。 ステルスロック対策で、HPは奇数にしています。 素早さ 実数値188で、 最速119族と同速。 エースバーン同士の対面になった時に素早さで負けないように、最速にしています。 ラプラスのキョダイセンリツによって オーロラベールを張られてしまっても、 コートチェンジで奪うことができます。 みがわり3回でダイマックスターンをしのぎ、 チイラのみ発動。 その後コートチェンジを使います。 コートチェンジを使ったターンに倒される可能性がありますが、ダイマックスとオーロラベールには対処することができます。 攻撃のチャンスがあれば、攻撃1段階上昇時、とびひざげりで、無補正B振りラプラスを乱数1発 99. うたかたのアリアは みがわりを貫通するので、通常時にはみがわりを使わないように注意。 素早さ 実数値167で、 最速100族抜き。 バトン型.

次の