平原 綾香 ラグビー。 平原綾香の国歌独唱に胸打つ人続出 「勝利の女神」の呼び声も

平原綾香、20日ラグビーW杯開幕戦で国歌独唱の大役「釜石の思い込めて歌いたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

平原 綾香 ラグビー

シンガーソングライターの平原綾香(35)が、9月20日に開催された「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開幕戦で日本国歌「君が代」を独唱。 力強い歌声に、ネットで称賛の声が上がった。 《国歌斉唱において平原綾香さんの右に出る人はいないね。 感動の域》 《平原綾香の国歌斉唱うますぎたわ…魂震える…》 《なんで女性なのに低いキーで歌われるんですかという問いに対して、サポーターの男性の方も一緒に歌えるキーにしてもらっているんですとあーやさんは言っていました。 その思いちゃんとサポーターさんに届いてます。 みんなあーやさんと歌ってた!国歌独唱素晴らしかったです》 平原といえば、06年に秩父宮ラグビー場で行われた「リポビタンDチャレンジ2006 日本代表対イタリア代表」で初めて国歌を独唱。 その後、14年にも「アジア五カ国対抗(A5N)2014 ラグビー日本代表対香港代表戦」でその歌声を披露していた。 また昨年には本大会唯一の新設スタジアムである岩手県「釜石鵜住居復興スタジアム」のオープニングセレモニーで、釜石東中学校生徒とともに「いつかこの海を越えて」を熱唱した。 そんなラグビーとも縁が深い平原は、試合終了後にTwitterを更新。 《ラグビーワールドカップ開幕戦で国歌斉唱させていただきました! 国歌斉唱の時 歌いながら泣いている選手がいらっしゃったそうです この瞬間のためにどれだけ努力してきたか伝わってくるようでした 「4年に一度じゃない。 一生に一度だ。 -ONCE IN A LIFETIME-」》と感想をつづった。 本試合では、日本代表はロシアに30-10で快勝。 その結果に、ファンからは平原にこんな声も上がった。 《ノーサイド 日本勝った~ あーや ラガーマンを鼓舞する力強い国歌で勝利の女神》 《日本30-10ロシア あーやの国家独唱が日本選手勝利の原動力になったのは間違いない》.

次の

平原綾香の国歌独唱に胸打つ人続出 「勝利の女神」の呼び声も

平原 綾香 ラグビー

There's a dream, I feel So rare, so real 私には大きな夢がある とても大切なすばらしい夢 All the world in union The world as one すべて国々が結びついて ひとつの世界になること Gathering together One mind, one heart あらゆる人々が手をたずさえ ひとつの思い ひとつの心に Every creed, every color Once joined, never apart すべての信条 すべての肌の色が 垣根を越えてひとつに集まる Searching for the best in me I will find what I can be 自らの可能性を探りながら それぞれの力を発揮していく If I win, lose or draw there's a winner in us all 勝っても負けても引き分けても みんなの心に勝者が宿る It's the world in union The world as one 世界の国々が互いに結びついて ひとつのゆるぎない世界に As we climb to reach our destiny A new age has begun 運命をつかもうと努力するなら 新しい時代がひらけていく We face high mountains Must cross rough seas 険しい山を越えようとも 荒々しい海を渡ろうとも We must take our place in history and live with dignity いつか来る輝かしい日のために 誇りを持って進んでいこう Just to be the best I can sets the goal for every man 持てる力をすべて出しきり ともにゴールを目指すなら If I win lose or draw It's a victory for all 勝っても負けても引き分けても みんなが勝利を手にする It's the world in union The world as one 世界の国々が互いに結びついて ひとつのゆるぎない世界に As we climb to reach our destiny A new age has begun 運命をつかもうと努力するなら 新しい時代がひらけていく It's the world in union The world as one 世界の国々が互いに結びついて ひとつのゆるぎない世界に As we climb to reach our destiny A new age has begun 運命をつかもうと努力するなら 新しい時代がひらけていく このステキな歌が、日本中に、世界中にもっと広まって欲しい。 『WORLD IN UNION(ワールド・イン・ユニオン)』 ラグビーワールドカップの大会オフィシャルソングです。 勝敗に関わらず全ての人を受け入れ、リスペクトし、世界はひとつであるという、ラグビーの価値を表現しています。 日本では、2019日本大会の開会式で日本国歌を歌う平原綾香さんの名曲『Jupiter(ジュピター)』のメロディでおなじみですが、原曲である、作曲家ホルストの作った『木星』のメロディをモチーフとし独自の歌詞が付けられた楽曲『WORLD IN UNION』は、1991年にイングランドで開催されたラグビーワールドカップの大会テーマソングとして使用されはじめてから、4年に一度、各ワールドカップ開催国の著名なシンガーにより歌い継がれています。 今回は、人気音楽グループ「いきものがかり」の吉岡聖恵さんが歌唱しています。 ラグビーは「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」を大切にしています。 【品位 INTEGRITY】 品位とはゲームの構造の核を成すものであり、誠実さとフェアプレーによって生み出される。 【情熱 PASSION】 ラグビーに関わる人々は、ゲームに対する情熱的な熱意を持っている。 ラグビーは、興奮を呼び、愛着を誘い、グローバルなラグビーファミリーへの帰属意識を生む。 【結束 SOLIDARITY】 ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心へとつながる一体的な精神をもたらす。 【規律 DISCIPLINE】 規律とはフィールドの内外においてゲームに不可欠なものであり、競技規則、競技に関する規定、そして、ラグビーのコアバリューを順守することによって表現される。 【尊重 RESPECT】 チームメイト、相手、マッチオフィシャル、そして、ゲームに参加する人を尊重することは、最も重要である。 『WORLD IN UNION』にはこれらの思いが込められています。 ステキな歌です。 日本中に、世界中にもっともっと広まって欲しい。

次の

森喜朗元会長「ツルのひと声」でラグビーW杯の国歌斉唱が平原綾香

平原 綾香 ラグビー

ラグビーW杯開幕式での国歌斉唱も記憶に新しい、日本を代表する歌姫、平原綾香さん 35。 ジャズ初心者もジャズを楽しめるようになる、平原さんからのスペシャルアドバイスもご紹介します。 記事末尾でコメント欄オープン中です! ジャズとは知らずにジャズを聴いていた原点。 」とうれしかったです。 でも主催者側の方からは「やっと出てくれた! 」と言われました 笑。 毎年ツアーと重なりスケジュール調整が難しかったのですが、今回念願の初出場。 父と共演できるのもとても楽しみです。 でも、これがジャズ、どれがクラシック、とジャンルを意識して聴いていた訳ではなく。 というのも父がマルチリードプレイヤーで、スタジオミュージシャンもしていたので、クラシック、演歌、歌謡曲、J-pop、童謡、何でも演奏していたんです。 クレヨンしんちゃんの次週予告のクラリネットや、ルパン三世のサックスなどアニメも! 「これもパパだ」と聴いていたから、音楽にジャンルはないと思って生きてきました。 父の影響が大きいですね。 代表曲誕生の原動力は、ジャンルレスなマインドと、ラブ。 ジャズのスタンダードだろうが歌は歌。 ジャズっぽく歌おうと思ったら、もうそれはジャズじゃない。 歌ってどんなジャンルであっても、内から滲み出て来るもので、聴いた人がジャズを感じてくれればいいのかなと思っています。 ジャンルはそれほど重要じゃないと気づかされます。 平原: 「惑星」は、私がジャズ科の音大生だった時にクラシックの授業で聴いて涙が止まらないくらい感動し、カバーして歌いたいと強く思い没頭した曲です。 「Jupiter」を聴く人によっては、オリジナルを汚さないでと感じる人もいると思いますし、大自然にビルを建てるような行為かもしれません。 でも私は好きだったら歌おう! この曲への愛は誰にも負けない、と。 聞くだけではなく、演奏する人もいる方が嬉しいのは作曲者の想いじゃないかな。 自分の音楽にできるかどうかは、どれだけラブを注入 笑 できるか、その曲への愛の度数で決まると思っています。 ピアノの弾き語りはやっていますが、ピアノがないとダメ。 その点、ギターっていいなと。 色々やってきましたが、今まで意外と出来てないこともあるんですよね。 もがいて必死だった昔の自分も「可愛い」と思えるように。 メリーのようにパッとお掃除できるわけではないけれど、何とも言えない喜びを感じます。 ゲッターズの飯田さんが「部屋が片付いていないと無意味、片付いてゼロ地点」というようなことを言っていましたが、片付けをするようになったら男性から声を掛けられるように! 外国人の方がほとんどですが 笑。 平原さんのお掃除を楽しむコツは? 平原: 2つあるんですが、1つ目は部屋の端からきれいにしていくこと。 場所の浮気をせずはじっこから進め、きれいの範囲を増やしていくとやる気が出ます。 2つ目は、足元。 靴下やスリッパではなく、なんならスニーカーなど動きやすい靴を履くとフットワークが軽くなって捗りますよ。 あと、自分がいらないモノでも必要な人もいるので、匿名で海外に送るようにしています。 いいことも出来て部屋もすっきり、心も整う。 いいこと尽くめです! 昔は恥ずかしかったけれど、最近は自分の曲も聴けるようになったんです。 ヨシヨシ」と他人の曲として聴けたり、昔の自分も可愛いと認められるようになったのかも。 過去の自分も、今の私の音楽を作ってきた自分の歴史の一部と思えるようになりました。 平原さんからジャズ初心者へのアドバイスは「〇〇を知る」。 平原: 今回TOKYO JAZZ +plusの同じ日に出演される、カザフスタンのディマシュ・クダイベルゲンさんもいいですよ。 音域がとても広く、普通の人とは周波数が違う声の持ち主。 私も聴けるのを楽しみにしています。 ジャズスタンダードだと、ベニー・グッドマンの「メモリーズ・オブ・ユー」やレイ・チャールズの「ジョージア・オン・マイ・マインド」は大好きな曲。 アーティストではカーク・ウェイラムさんが好きです。 サックスプレイヤーとしても素晴らしいのですが、彼の音楽はゴスペルっぽさや、スムースジャズやモダンの雰囲気もあって。 それこそ、ジャンルレスな要素を持つ素敵なミュージシャンです。 平原さんのお話を聴いていると、敷居が高いとか、ジャズはこういうものと構えなくていいと思えてきました。 平原: ジャズにも長い歴史があり、そこから逸れたらダメでまずは歴史を知らないと、というような感覚もありますが、そんなの関係ないと思います。 難解だと感じたら無理して聴かなくてもいいし、お勉強しなくてもいい。 それより私がお薦めするのは「人を知ること」。 例えばクラシックで言うと、ベートーベンって怖そうなイメージが強いですよね?でも、彼がどんな人なのかを知ると"親戚のおじさん"みたいな立ち位置になって親しみが湧き、音楽も身近に感じるようになることもあります。 好きだなと思う曲があったら、その先の、作曲者やプレイヤーを知ることがジャズに親しむ近道に。 音楽を作っているのは人間で、結局その人間性や個性が好きだからもっと聴きたくなるんじゃないかな、と私は思っています。

次の