ポケモンマスターズ メイ 性能。 【ポケマス】ククイピックアップバディーズサーチ!その他考察も!【ポケモンマスターズ】

【ポケマス】ジャノビーの進化エピソード(ジャローダ)をクリアする方法!レベル48で突破可能【ポケモンマスターズ】

ポケモンマスターズ メイ 性能

メイ&ツタージャの立ち回り、使い方• 最強クラスのサポート。 ほぼ必須キャラ• 本人火力は低く、味方はアタッカーが欲しい• わざを使ってゲージが尽きた所で元気メイっぱい。 さらにわざを連発できる• とくこう2段階アップも強力。 とくしゅ系でパーティーを組めば全員大火力に• すばやさと攻撃面は控えめ。 すばやさを補強できる味方が居ると動きやすく メイ&ツタージャのステータス(最高値)• HP 595• こうげき79• とくこう104• ぼうぎょ172• とくぼう224• すばやさ158 サポートロールらしく耐久力高めで攻撃方面は控えめなバランス。 ギガドレインで自己回復も可能。 自身のサポートわざでとくこうは上げられるもののやはり味方の援護が得意 メイ&ツタージャのわざ ポケマス最高峰のサポート役 エナジーボール• くさ・とくしゅ• 威力49〜58• 命中100• 対象 相手• コスト 2ゲージ 全体スペシャルアップ• じょうたいへんか• 味方全体のとくこうを2段階上昇• 使用回数 2回 元気メイっぱい• じょうたいへんか• 味方のわざゲージを3に上げる• 対象 味方全体• 使用回数 2回• 解放条件 とっくんマシン5個 ギガドレイン• くさ・とくしゅ• 威力91〜109• 命中 100• 対象 単体• コスト 3ゲージ• 備考 与えたダメージ分自分を回復• 解放条件 サポートエイド(グレート10、ウルトラ3)とっくんマシン(通常30、スーパー5) パッシブスキル• とくぼうが下がらない• 解放条件 サポートエイド(グレート10、ウルトラ3)とっくんマシン(スーパー3)スキルカプセル10 バディーズわざ グラスビーム?• くさ・とくしゅ• 威力250〜300 なんといっても全体スペシャルアップによるとくしゅ火力強化と、元気メイっぱいによるわざゲージの回復が魅力。 ギガドレインは攻撃と回復を兼ねられるため、体力が減ってきた時には悪くないわざ。 パッシブスキルは相手を選ぶものの、とくしゅ攻撃中心のパーティーを相手にした場合は強力。 バディーズわざは単なる火力技なため面白みはないか、まあ他が豪華なのでよしとしよう.

次の

【評価】『ポケモンマスターズ』感想レビュー メイちゃんさえいればいい。

ポケモンマスターズ メイ 性能

もくじ• 自分の特防をがくっと下げる。 パッシブスキル 「急所時素早さアップ1」 相手の急所に当たったときに自分の素早さを上げる。 ステータスは、 攻撃が全ポケモン中で2位という事で、攻撃の威力は素で高いですね。 その上で、 攻撃力をグーンと上げる「プラスパワー」と、命中率と急所率をグーンと上げる「ハードにいくよ!」を扱えます。 パッシブは、「急所に当たったときに素早さを上げる」効果がありますし、敵を倒した上で素早さを上げて行けるのも強みです。 ボス戦でバディーズ技を使われる前に倒したり、素早く敵の数を減らす際には重宝するでしょう。 デメリットを上げるなら、 「ハードにいくよ!」で特防がグーンと下がるので、耐久面は不安という事でしょうね。 とにかく相手に何もさせずに、一方的に相手にストーンエッジを当てる工夫が大事になります。 メイの「元気メイっぱい」で、スキルゲージを回復させれば、ストーンエッジが連続で使えます。 まとめ リセマラでも超おすすめされているバディーズですが、アタッカー不足の方には本当におすすめです! 周回面では全体攻撃の出来るバディーズの方が良いですが、強い相手を落としきれなかったりしますからね。 全体攻撃担当と、単体攻撃担当のバディーズは揃えておいた方が良いですよ。

次の

ポケモンマスターズって楽しい?それともクソゲー?【評価レビュー】

ポケモンマスターズ メイ 性能

ククイ&ルガルガンの性能 ククイ&ルガルガンについては、バディーズわざがルガルガン系統の専用Zワザ(原作の大技)からなる「 アローラの未来を描くラジアルエッジストーム」となっていることが判明しています。 原作ではフィールド解除の効果を持つ大技でした。 またククイのバディであるルガルガン(まひるのすがた)といえば原作にて 専用技を持つことが特徴ですが、その専用技が特異な性質を持つという情報もあるため注目したいところです。 伝説イベントにて重要? ミュウツー同時期の ソルガレオ同時期の これらの流れを見るに、 ククイ&ルガルガンも岩弱点の伝説ポケモン相手に何らかの役割を持てることが予想されます。 それとも で事足りるのかどうかが注目点となりそうです。 ククイ&ルガルガンについて 原作セリフ「もちろん この ぼく だぜ!」の再現。 「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場し、アローラ地方のポケモン博士をしているのがククイです。 アローラのポケモンリーグ設立に関与し、カントーでジムリーダーや四天王(当時のワタル含む)とも戦いを繰り広げたという経験を持つそうです。 四天王を倒し、アローラのチャンピオンとなったサン・ムーンの主人公にポケモンバトルを挑むという役割を持つ以上、彼のトレーナーとしての実力は相当高いと言えるでしょう。 使用ポケモンはルガルガン(まひるのすがた)で、ライチの使用しているルガルガン(まよなかのすがた)とはいわゆるフォルム違いとなります。 原作のステータスから言えば、ククイ&ルガルガンはこうげきとすばやさが重視されたステータスになることが考えられます。

次の