局名告知。 局名告知とは

局名告知とは

局名告知

局名告知(きょくめいこくち)とは、がにおいて、自らの局名を・に告知する映像・音声を流すことである。 ジャンクションとも呼ばれる。 概要 第138条第1項には、 また同条第2項には、 と規定している。 前者は一般に、「 オープニング(略称:OP 以下同じ)」、「 クロージング(CL)」または「 エンディング(ED)」と呼び、場合によってはに記載される(後述)。 を行わない編成状況においては行われない。 後者はの時間帯に行われる。 局名告知のための放送素材は、を通じて配信される通常の放送番組・等と異なり、各放送局がそれぞれ独自に制作したもの()である。 素材は、規定された情報のほか、音楽や、何らかのシンボルを伴う映像が添えられることが多く、各局が工夫をこらせている��後述)。 告知パターン 前述の無線局運用規則第138条に基づく情報は、以下の内容である(これらを「ステーションID」「局ID」と呼ぶ場合がある)。 呼出符号 -• 呼出名称 - 事業者の名称(の場合は地域放送局の名)に放送の形式を付した、届け出上の呼称。 に申請した呼出名称に合わせ、漢字を使わず・のみで表示する局もある。 これに以下の情報が加わる場合がある。 放送の開始ないし終了を宣言するアナウンス• 技術情報• (デジタルテレビ放送の場合)• の送信周波数(テレビ放送の場合、音声周波数および映像周波数)、• の送信周波数、出力• (アナログテレビ放送の場合)中継局の 局によって細部は異なるが、おおむね以下のようなパターンのアナウンスを行って局名を告知している。 テレビの場合、アナウンスしきれない情報は字幕で補っている。 オープニングアナウンス例 (テレビ)「おはようございます。 うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。 ただいまより放送を開始いたします。 」 (AM・FM兼営ラジオ)「おはようございます。 こちらは、ラジオうぃきぺでぃあです。 ただいまより放送を開始いたします。 本日もラジオうぃきぺでぃあの番組でお楽しみください。 」 (FMラジオ)「おはようございます。 こちらは、うぃきぺでぃあFMです。 ただいまより放送を開始いたします。 今日も1日、うぃきぺでぃあFMとともにお過ごしください。 」 - アナウンスに代え、字幕の表示のみの場合もある。 」 - ()やで代替する場合がある(ステーションソングの例に、、、、など)。 」 - サウンドロゴ(ジングル)で代替する場合がある。 (FMラジオ 英語の場合)「You are listening to Wikipedia-FM. 」 - ではを用いている。 うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。 これをもちまして、うぃきぺでぃあテレビの放送を終了いたします。 おやすみなさい。 」 (AM・FM兼営ラジオ)「皆さまお聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。 どちらさまも、火の元・戸締まりをもう一度ご確認いただき、ごゆっくりお休みください。 お聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。 」 (FMラジオ 日本語の場合)「お聞きの放送は、うぃきぺでぃあFMです。 放送機器整備のため、しばらく放送を休止いたします。 今日も1日、うぃきぺでぃあFMをお聞きいただき、ありがとうございました。 」 無線局運用規則第138条第1項但書の適用を受けた放送局は、呼出符号・呼出名称を省略した局名告知ができる。 実例としてのテレビ放送では、アナログテレビ放送の時から呼出符号を省略し、放送局名だけを放送している(アナウンスは「南海放送です」だけである)。 この他の実例は後述。 実例 日本における実例を示す(具体的な内容は各局異なるのでそれぞれの項目を参照)。 番組表での局名告知の扱い 一般向け番組表に「オープニング」「放送開始」・「クロージング」「エンディング」「放送終了」という番組タイトル扱いで表記されている場合がある。 その場合の表記時刻はジャンクション素材の開始時刻である。 は「局名告知」を番組表に用いている。 ラジオでは、1日の最終番組終了後の局名告知枠を『お休みメモ』という一つの独立した番組に見立てている(過去はテレビも「」として放送していた)。 テレビ テレビ局の局名告知における映像素材には、放送局舎、放送局の所在する都市のや地域の名所、のなどが使われることが多く、地域色の強いものとなっている。 映像は、実写の場合を含め、必ずしもその時点の実際の放送開始・終了時刻のものではない。 の取得時および更新時にジャンクションを所管官庁(旧および現在の)に届け出なければならないため、同じ映像や音楽をかなり長期にわたって(場合によっては開局当初から)使用するケースがみられる。 その代表例にの「」がある。 他にも、のクロージングでは1979年4月1日の開局当時から2005年11月30日までの26年間にわたり同じ映像(アニメーション)を使い続けていたが、デジタル放送開始に伴い変更した。 これらのジャンクションはあまりに長期に亘って使用されてきたために画質・音質の劣化が見られ、新しい局名ロゴが登場しているにもかかわらず放映され続けていたケースも見られた(「鳩の休日」は後に新たに作り直されたバージョンに変更)。 一方で、、、のように長期使用を前提に作られたものもある(このうち、テレビ愛知は、デジタル完全移行後に終了。 テレビユー福島も2011年7月24日未明をもってアナログバージョンを終了した。 残る静岡第一テレビも2016年1月の愛称変更に伴い使用を終了した。 四季を扱わず、季節を問わず使えるもののことが多く、積雪・桜の花・マリンスポーツ・紅葉などの特定の季節を強くイメージさせる映像は少ない。 草木に葉のある状態の映像が使用されることがある。 テレビにおけるOP 放送開始時は「」のイメージの爽やかさを内容とした映像・音声・音楽が多い。 や、放送局所在地(民間放送の地方局やに多い。 後述)の朝の風景などである。 放送開始時の場合、実際には日の出前で外の暗い時間に局名告知では日の出や朝の風景が放送されたり、逆に実際には太陽の高度が高いのに局名告知では日の出や朝焼けが放送される場合もある。 前者は、放送開始時刻の早い場合や、実際の日の出時刻の遅い晩秋から冬などであり、後者は放送開始時刻の遅い場合や、実際の日の出時刻の早い晩春から夏などである。 なお後者の場合、放送開始前のフィラーのお天気カメラの映像ではすでに屋外の明るい映像が流れることがある。 テレビにおけるCL 放送終了時は、視聴者・聴取者を安眠に促すようなイメージを提示したものに、その局を連想させる映像・音声・音楽を加えたものが多い。 このイメージは、放送終了時刻が半ばまで午前0時台前後の放送局が多かった(社会が24時間体制になっていなかったほか、1974年 - 1984年頃についてはの余波などもある)ことと関係している。 1980年代末以降在京キー局は24時間放送に近い例が増え、後にNHKや地方局(特に近畿・東海地方)にも波及したので、こうした雰囲気が場違いに思えるケースもある。 アニメーションやCGでを描くものもしばしば見られる。 その例としては、でかつて流されたや鳥が眠りにつく映像のほか、のものなどがある。 でもかつてパジャマを着た子供たちの映像が流されたことがある。 ()では猫が2度起きて寝る映像が2011年9月から使われている。 はデジタル時代になってからもに就寝させている。 や夜祭の映像も多用される。 実際には深夜から未明ではなく宵のものも珍しくなく、ネオンサインの点灯・建物のライトアップ等が見られ、街には人通りが多く電車も運行中(前あるいは同発車映像)の映像もある。 また、放送終了時刻が午前4時前後以降の場合、季節によっては実際には日の出前で外が明るい場合もある。 音楽も静かなものや荘重なものが中心となっている。 『』の演奏を用いた曲も多かった(かつてののテレビ放送、、など)。 (NHK)のテレビチャンネルの場合、アナログ放送時代の24時間放送が行われるようになる前は原則毎日、放送終了時に『君が代』の演奏が行われたのち、静止画によってコールサイン、親局のチャンネル数、放送局名を表示し(例:「JOAK-TV 1 NHK東京テレビジョン」「JOBB-TV 12 NHK大阪教育テレビジョン」)、アナウンスで放送局名とコールサインを伝え(例:「NHK東京テレビジョンです。 JOAK-TV」)、休止に入った。 各中継局のアナウンスは行われない。 編成の実質24時間化(ブランケット・カバレッジ)以降は、放送休止、ないしはの入りの場合にこの方式が行われるが、地方局限定で休止する場合は省略されることもある。 デジタル放送開始以降、静止画はコールサインと放送局名(例:「JOAK-DTV NHK東京デジタルテレビジョン」「JOBB-DTV NHK大阪教育デジタルテレビジョン」)のみの表示となっており、リモコンキーIDは省略されている。 ブランケット・カバレッジ以降についての事例はクロスプログラムの事例で後述。 テレビにおけるクロスプログラム時の局名告知• NHKのテレビチャンネルの場合、番組表上の日付切り替え時間に『』と題される環境映像(総合テレビは1分程度、教育テレビは10秒程度)による時間調整を経て、ファンファーレとともにの映像を10秒程度流し、前述の局名告知のための静止画を流す。 災害・重大事件などで特別放送体制となる場合は省略されることがある。 この項目には、:2004 で規定されている文字(「草なぎ」の「なぎ」 弓剪 )が含まれています()。 2008年から地上アナログ放送終了までの間、各局では局名告知の前後に出演の完全移行のキャンペーンCMや、各局制作ブルーバックの「地上アナログ放送終了告知画面」を放送していた。 テレビにおける放送休止時の局名告知 「」も参照• ではごろ、の時間帯に、各中継局の詳細な技術情報をブルーバック字幕で30分近く放送した事例があった。 ラジオ ラジオにおけるOP ラジオでは、基本的に番組表の日付基点となる午前5時(局によって異なる。 24時間放送を行っていない一部局では放送終了時にも)にジャンクション音源を流している。 ラジオにおけるCL の未明(番組表上の日曜日の深夜)、午前1時ないし午前2時の時報の後にジャンクション音源が流れる放送局が多い。 ラジオにおけるクロスプログラム時の局名告知 NHKのラジオ放送の場合は、午前5時の前、正午の時報前、午後7時の時報前において、呼出名称とコールサインのアナウンスを行う(例:「NHK東京第1放送です。 JOAK」「NHK大阪第2放送です。 JOBB」)。 ラジオにおける放送休止時の局名告知.

次の

局名告知とは

局名告知

管理人様、 「TBSラジオの開始・終了時の歌について」と「局名告知の話題にJNN系列局が多い理由」について、レスありがとうございました。 「私自身は放送終了の告知を怖いと感じたことはなく、周波数や出力に関するアナウンスが好きでした。 」 そういう見方もあるのですか? 私などは見始め・聞き始めがもっと後の時期(中学生頃、大学生頃、さらに後など)でも、結構怖い思いをしたこともあるのです。 よく言われる放送終了の告知のみならず、放送開始の告知すら放送終了の告知と同じもの・近いものの場合は、そう思いました。 「抽象的または象徴的な映像(テレビの場合)で、音楽はオーケストラ演奏の荘重なもの」はまさにそうです。 そうでなく、朝の爽やかな風景(テレビの場合)や、爽やかな音楽(ラジオの場合)は問題ないのですが。 さて、本日は、題名に示したお話を致したいと思います。 私は、大学入学前まで宮城県に住んでおり、以後は南関東に住んでいます(その後もよく郷里に帰省します)。 それでこうした比較ができることを、まずお断りします。 また、両局が放送局名・略称・コールサインとも1字違い(TBSのラジオ分社化以前は)で、かつともにJNN・JRN加盟局(宮城県では東北放送がTBSの総代理店的な存在)であることも、理由です。 故に私、ある時期までTBSと東北放送を混同していたはずです。 局社屋の所在地は、片や最狭義の都心の一等地、片や地方都市の郊外の丘陵地(ただし市街地に近接し、かつ周辺は住宅地・動物園等ですが)と対照的なのですが。 まず、テレビの局名告知について。 (なお、その名称などは「ウィキペディア」の記事にある通称を使います。 正式名称は知りませんので。 ) 私が知るTBSの局名告知(放送で見たもの)は、「ガラス棒」短縮版以降のものになります。 (「ミクロコスモス」「地球」もよく見ました。 「バクと少年」以降はほとんど見ていません) 一方、東北放送は「潮の干満や日の出などをモチーフとした抽象的なアニメーション映像」と「仙台市街・局社屋周辺の空撮映像」を見ています。 (どちらも開始・終了双方で使われました) 特によく見ていたのが前者です。 はじめて見たのは小学校入学前だったと思います。 以後中学生頃まで時々見ました。 主に開始時に見たのですが、終了時に見たこともあります。 (幼少の頃つまり初回も終了時だったはずです) さて、この東北放送の前者の局名告知、同時期のTBSの「ガラス棒」と同様、「抽象的または象徴的な映像(テレビの場合)で、音楽はオーケストラ演奏の荘重なもの」だったのです。 だから、TBSの「ガラス棒」を怖いという感想がよくわかるのです。 また、私は当時、東北放送の前者の局名告知を怖いと思っていました。 初回が幼少で深夜だったせいもあるのでしょうか? 逆に長じて南関東に移り住んだ後は、TBSの「ガラス棒」短縮版や「ミクロコスモス」に違和感を感じなかったのです。 局略称等の出るタイミングや直前の映像が、東北放送のそれに近かったせいもあります。 ただTBSの「ガラス棒」の全景が数字の「6」を基にしたものと知ったのは、後年のことでした。 次にラジオのほうですが、TBSは「YOU ARE NOT ALONE」以降、東北放送はこのHPにあるものと同じ音楽だが演奏のみのものでした。 私の場合、ラジオの聴取習慣は、東北放送の分がTBSラジオに移行したのです。 その両者に共通する時間帯が、日曜深夜帯と平日早朝帯だったわけです。 (平日早朝帯については、榎本勝起氏の番組の放送で共通していました) 故に両者の局名告知は比較されたのですが、月曜早朝の放送再開のコールが爽やかな「TBCの歌」の演奏から悲しげな「YOU ARE NOT ALONE」に変わったら、違和感を感じても仕方ないと思います。 ただし、日曜深夜の放送終了のコールについては違和感がありませんでした。 東北放送も「放送終了」にふさわしい音楽だったからです。 この音楽は、「まっくんえくすぷれす」というHPの「1994年頃の中波放送の放送終了案内(クロージング)を懐かしんでみたりする」ページの「東北放送ラジオ」で聞けます。 よかったらどうぞ。 なお、私は、これまで宮城県人や宮城県在住者に、東北放送など在仙局の局名告知について語ったこともなければ、彼らからその話を聞いたこともありません。 しかし、愛知県に住んでいた人からは、CBCテレビの局名告知の話を聞いたことがあるのです。 故にウィキペディアや動画投稿サイトを見るはるか前から、その終了時のものがそういうもので、怖いという印象をもたれていたことは知っていました。 しかし、それが死や冥界をイメージさせるというのは、名古屋流の冗談に思えます。 地球や宇宙を局名告知の映像で使うというのは、かつてのNHKや、ひいてはBBC(無論英国のです)にも通じます。 ごく普遍的な手法です。 この局名告知では地球や宇宙の前に子供の寝室や名古屋市街が出てきますが、それも私には美しく見えます。 ただ、それを始めてみた時期が、実際の私が東北放送の局名告知を見た年齢、つまり小学校入学前だったら、相当怖いと思うかもしれません。

次の

懐かしのテレビラジオ録音コレクション(テレビ局名アナウンス・放送開始終了音楽集)

局名告知

コールサインには複数の意味があり• でのの という意味も含まれる。 この記事では放送や無線におけるコールサインについて記述する。 この「JO」から始まる文字列がコールサインでラジオだと定期的に「JOAB、東京第2放送です」などというアナウンスが入る事がある。 なお、コールサインがない無線局は国際電気通信連合の定めた規則に違反する ここでいう無線局は、ラジオ・テレビでは親局。 ここではのコールサイン「JOTX-DTV」を例に説明する。 まず最初の2文字「JO」は国名と用途を表し、JOは日本(の放送用無線局)を表す。 日本は最初の2文字にJA~JSを割り当てられており、戦前より日本本国の放送局にはJOを、当時の外地にはJB・JFなどを割り当てた(戦後外地の分は全て失効しているが、船舶無線などに割り当て直しているため放送局用には使えない)。 3文字目と4文字目の「TX」は局ごとに異なるが、4文字目についてはある程度の規則性があり、例えばテレビ東京の場合はXなのでテレビ単独局だという事が分かる。 民間テレビ単独局はほかにもY・H・Iが使われる。 これがFやRになると、民間の中波ラジオ単独局あるいはラジオ・テレビ兼営局、U・Vだと民間FM局を意味する。 NHKはラジオ・テレビによらず総合系でK・G・P・Q、教育系でB・C・D・Zを使用する FMは前者のみ。 最後の「-DTV」は放送の種別を表す。 DTVの場合は「デジタルテレビ放送」を表す。 アナログ放送は「-TV」で、には「-TAM」、文字多重放送には「-TCM」が付いた。 ラジオの場合は「-FM」と付く場合があるがこれはラジオの場合である。 そして無印がAM放送ということになる。 AM放送における、親局クラスの出力のあるもAMラジオのコールサインしか持たない。 なお、原則として一つの放送局には一つのコールサインが割り当てられるが、AMラジオ局では中継局にもコールサインが割り当てられることがあり、やなどがその例である。 特にR系とF系の2局が合併したNBCと広大な北海道をその放送エリアとするは、「R系」と「F系」のコールサインが両立している。 ただしこれら中継局のコールサインで廃止されたものや、使われなかったものの中には、テレビ局のコールサインに転用される例も多い。 過去にはなどラジオ・テレビ兼営局のテレビ部門でも複数のコールサインを持っていた例があるほか、ラジオ局では、などが過去に複数のコールサインを持っていた。 また放送局の組織再編に伴い、ラジオ・テレビ兼営だった局が片方を外に出した場合、どちらかのコールサインを変更する必要がある。 「バトンタッチした」という演出を兼ねて告知したケースとして、やが挙げられる。 逆にコールサインが不変ながら会社自体が交代した場合も、同一のコールサインながら告知が必要である(法人名の名乗りが変わる)。 1桁の数字は総務省では「地方局別の数字」と称しており、管轄の総合通信局、つまり地域を表している。 局名告知 一般には「オープニング」だとか「クロージング」と呼ばれているもので各局こだわった映像を制作している(それが どういう印象を与えるかは別問題なので、「美麗」と称賛されたり トラウマもんだったりするのだが)。 有名所だとのやRCCテレビの、のアナログ時代の局名告知、の、のジョイナスがある。 無線局運用規則で 「放送局は、放送の開始及び終了の際に、自局のコールサイン又は呼出名称を放送しなければならない。 」と規定している。 つまり、局名告知をしないとそのテレビ放送局やラジオ局は運用規則違反となってしまう。 これも局名告知の一つである。 他方、民放では2000年の電波法改定にともない放送時間内の呼出名称・コールサイン告知が基本的に不要になったこともあるのか、一日の起点を別にすると、現在はやの例があるのみ。 これはジェットストリームが日付をまたいだ0:00から開始するためで、エフエム岐阜は番組終了直後に新会社分の告知を行っている。 告知パターン 告知のパターンは複数あるがオープニングでは• 「おはようございます。 只今から本日の放送を開始します」 クロージングでは• 「今日も遅くまでご覧頂きありがとうございました。 こちらは(コールサイン)、(局名)です。 これで本日の放送を終了します。 」 とアナウンスする事が多い。 放送局によっては中継局のチャンネル一覧を流すことがある。 ジャンクション 24時間放送を行っている放送局にはオープニングやクロージングといったものは基本的に存在せず、基点となる時間(NHK総合テレビが午前4:15あるいは3:50、在京民放局が午前4時。 ラジオ局ではほとんどが午前5時だが、のラジオ部門では午前3時)が一日の起点である。 特徴的な局名告知 先述したCBCテレビの今様やRCCの呪いのハープ、テレビ愛知、、のジョイナスのように有名なものもあるが、他にも特徴的なものがいくつかある。 放送・通称「呪いのオルガン」 「今日も遅くまで、山陰中央テレビ放送をご覧いただきありがとうございました。 これで今日の放送は全部終了でございます。 お休み前にはもう一度火の元戸締まりをお確かめください」というアナウンスのBGMにオルガンで演奏された暗い雰囲気の曲を流す。 その独特の雰囲気から呪いのオルガンという通称が付いてしまった。 テレビジョン・通称「呪いのハープ」 名前がRCCと被っているがこちらはハープ音源ではない。 BGMに山陽地方の子守唄を流し女性アナウンサーが「山陽放送テレビ、今日のテレビジョン放送と音声多重実用化試験放送はこれで終わります。 金甲山送信所11chの他ご覧の中継局から放送しました。 何方様もごゆっくりお休みください」とアナウンスする。 映像は花の写真をバックに中継局のチャンネル一覧が表示される。 一部ではより怖いとも言われている。 テレビ愛知・通称「50年オープニング・クロージング」 アニメーション映像とBGMの組み合わせで局名の「テレビ愛知」ロゴが表示されると「テレビあ~~~い~~~ち~~~~」というコーラスが入る。 アナログ放送終了までは局名表示後ゆっくりと中継局チャンネル一覧が表示されるようになっていたが、開局時から中継局がある程度増えるまではオープニングでは「テレビ愛知」のロゴが拡大してから、ラストのブルーバックで一括表示、クロージングでは映像の後半半ばあたりの「TVA」ロゴから冷気のようなものが発せられる場面において行われていた。 通称の「50年オープニング・クロージング」は「50年は持つものを」という主旨で公募し採用したという社史の記載に由来する。 しかし、アナログ放送終了と共に28年でお蔵入りすることになってしまった。 なおコールサインがオープニング・クロージング映像では表示されず開始前の試験電波発射時に表示していた。 無線局運用規則上は違反ではない。 FBS・通称「自殺キャンドル」 暗い映像の中ロウソクが燃えている映像を流していた。 その暗い雰囲気から「自殺キャンドル」というありがたくない通称が付いてしまった。 FBSが所属する系列では南海放送の「星空のピアノ」やで同時期に使われていた映像が怖いクロージングとも言われていた。 大阪テレビ時代は生放送で流され、ABCテレビになってからは未来の大阪をモチーフとしたアニメに乗せて流され、そしてアナログ放送停波時にはシグナルミュージックの後継である作の現代音楽とメドレー形式でOTV・ABCテレビ55年の歴史を振り返る映像とともに流され、アナログ放送を締め括った。 現在でも、ABCラジオの放送開始時に流されている。 HTB 怖い放送というよりは、特殊なパターン。 通常はを用いた映像なのだが、過去に2度、特別な映像が流された。 サイコロ6 生放送CM 1999. 15 も参照 のゴールデン特番放送を記念し、 30時間以上の生CM収録に及んだもの。 収録とCMは12月14日から16日に及んだが、途中15日の クロージングとオープニングをジャックし、宣伝とフリートークが展開された。 と クロージングのみ が出演し、更に大泉がコールサインを読み上げている。 数多のオープニングクロージングはあれど、今や全国区の俳優2人とそれを要する会社の会長が生で出る映像など唯一といってよいだろう。 ただし、見ていた視聴者や撮影の様子を見ていたギャラリーはいた模様。 社屋移転クロージング・オープニング 2018. 17 開局50周年と共に、南平岸の旧社屋からさっぽろ創生スクエアの新社屋に社屋を移転するに伴い放映された特別映像。 旧社屋最後の放映となったクロージングは、開局50年の歴史をダイジェストで振り返り、新社屋最初のオープニングはさっぽろ創生スクエア周辺やテレビ塔の映像を中心としたポップな映像となった。 また、本社の本格稼働となる翌日18日には、との特別オープニングが放送され、の5人が登場したが、ここで 安田がonちゃんを殴る異様? な光景が展開された。 番組の最後にはNACS5人でコールサインを読みあげた。 なお、大泉は上記と合わせ3度も読み上げた唯一? の俳優となったが、3度もコールサインを読み上げる俳優など探してもなかなかいないだろう。 また局の顔ともいえる局名告知に有名人が大々的に出演したのもせいぜい鳩の休日 あちらは少し意味合いが異なるが… をやらされたと今回のナックスくらいのものだろう。 ちなみに、30時間は生放送だったが、18日のものは収録。 未公開シーンを含めた全貌は10月5日のハナタレナックスで放送された。 なお、社屋が移転する際は今回のHTBに限らず多くの局で旧局舎時代の歴史を懐かしんだり、かつて使われたOPCLをリバイバルするといった独自のCL・OPを流すことが多い。 これはアナログ放送完全停波(被災3県以外では2011年7月24日、被災3県では2012年3月31日のそれぞれ午後11時50分頃)の時にも、先述のABCテレビをはじめ一部地域で行われた。 関連記事 親記事.

次の