スマホ 機種 変更。 機種変更はショップと家電量販店の違いは?スマホはどこで買うのがお得か

機種変更する人必見! 新しいAndroidスマホへ簡単・確実にデータ移行する2つの方法|TIME&SPACE by KDDI

スマホ 機種 変更

スマホを機種変更する時に絶対忘れてはいけないこと、それはバックアップとデータ移行の手続きです。 今回は人気アプリとアドレス帳のデータ移行方法をわかりやすくご紹介します。 LINEは事前の準備をしっかりと 機種変更後にLINEを新規登録すると、友だちやグループのほか、スタンプなどもすべて削除されてしまいます。 まずは事前に確認が3つの項目から見ていきましょう。 まずは「LINEに登録したメールアドレス」(アドレスが未登録の場合は、事前に登録が必要)と「パスワード」。 そして「引き継ぎの許可設定」です。 「引き継ぎの許可設定」は設定後、24時間以内に引き継ぎを行う必要があるので、当日行ってください。 次に、新しいスマホでLINEをインストールしたら、ログイン画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。 そして電話番号を入力すると、SMS(ショートメッセージサービス)に4桁の認証番号が送られてくるので、その数字を入力すればOKです。 上記の流れで引継ぎができない場合やPC版LINEを利用して引き継ぎをする場合などは、LINEの公式サイトを参考に再度引き継ぎを行ってみてください。 フェイスブックやツイッターなどは手続き不要 フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどはログインさえできれば機種変更後も同じように使えます。 必要なのは、メールアドレスとパスワードの2つだけ。 続いてはパスワードについて。 パスワードを忘れてしまっても、メールアドレスがあれば再設定できます。 それぞれの詳細や別の方法、よくわからなかった人は公式のヘルプページを参照してみてください。 Kindleなどは再ダウンロードが必要 電子書籍やiTunes Storeといった音楽ファイルなどは、端末そのものに保存(ダウンロード)して使うようになっています。 これらの「コンテンツ購入型アプリ」は、機種変更後は改めてそのデータを取得しなければなりません。 とはいえ、一度購入しているので金額は発生せず、再ダウンロードという形で入手できます。 Kindleの例で見てみましょう。 こちらはAmazonのアカウントごとにデータを管理しているので、フェイスブックやツイッターなどと同じくログインするための情報(メールアドレスやパスワードなど)があれば問題ありません。 ログインした後に再ダウンロードすれば、機種変更後も同じように読めます。 iTunes Storeで購入した音楽も、サインインして「購入済み」のページから再びコンテンツを入手してください。 機種変更する前に確認をお忘れなく メールアドレスやパスワードなどは意外と忘れがちですよね。 スクリーンショット(キャプチャ)も、機種変更後に消してしまったら元も子もありません。 必要な項目はメモなどで確実に残しておくことが大切です。 アドレス帳の移行はアプリを活用しよう スマホを機種変更した際に意外に手間取るのが、新しいスマホへの電話番号やメールアドレスなどの「アドレス帳」の移行です。 移行するのに携帯電話のキャリアショップに出かけたり、スマホとパソコンをつなげて移行したり、スマホ内のSDカードにアドレス帳を保存してから移行したりなど、移行するのに時間や手間がかかってしまうことがあります。 機種変更したことを家族や友人に連絡したいのに、アドレス帳を移行できていないので、なかなか連絡できない。。。 このような経験をされる方も多いかもしれません。 そんな時はアドレス帳を簡単に移行できるアプリを活用しましょう。 NTTコミュニケーションズが提供するデータ移行アプリ「マイポケット」を活用すれば、古いスマホから新しいスマホへのアドレス帳の移行を簡単に行うことができます。 手元にパソコンがなかったり、iPhoneのようなSDカードが利用できない端末では特に便利です。 機種変更をしたらアドレス帳はスムーズにすぐに移したいもの。 データ移行アプリを上手に活用して、アドレス帳の移行をサクッと終えてしまいましょう! を活用したアドレス帳の移行方法は おすすめコラム• 整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く忙しい人にオススメ!夏休み写真のシンプル整理術• きっと家族の宝物に!整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く子どもの成長記録を上手に残す撮影のコツ• 眠っている写真が思い出とともによみがえる! 自動的に写真を選んでスライドショーをつくる マイポケットの新機能 「フォトストーリー」をご紹介!• 写真整理の時間をグンと短縮!マイポケットの「自動分類」「ラベル」を使って膨大な写真ライブラリもスッキリ整理•

次の

スマホのベストな買い替え時期はいつ? 機種変更に最良のタイミングを解説【ドコモ・au・ソフトバンク】

スマホ 機種 変更

スマホを機種変更する時に絶対忘れてはいけないこと、それはバックアップとデータ移行の手続きです。 今回は人気アプリとアドレス帳のデータ移行方法をわかりやすくご紹介します。 LINEは事前の準備をしっかりと 機種変更後にLINEを新規登録すると、友だちやグループのほか、スタンプなどもすべて削除されてしまいます。 まずは事前に確認が3つの項目から見ていきましょう。 まずは「LINEに登録したメールアドレス」(アドレスが未登録の場合は、事前に登録が必要)と「パスワード」。 そして「引き継ぎの許可設定」です。 「引き継ぎの許可設定」は設定後、24時間以内に引き継ぎを行う必要があるので、当日行ってください。 次に、新しいスマホでLINEをインストールしたら、ログイン画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。 そして電話番号を入力すると、SMS(ショートメッセージサービス)に4桁の認証番号が送られてくるので、その数字を入力すればOKです。 上記の流れで引継ぎができない場合やPC版LINEを利用して引き継ぎをする場合などは、LINEの公式サイトを参考に再度引き継ぎを行ってみてください。 フェイスブックやツイッターなどは手続き不要 フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどはログインさえできれば機種変更後も同じように使えます。 必要なのは、メールアドレスとパスワードの2つだけ。 続いてはパスワードについて。 パスワードを忘れてしまっても、メールアドレスがあれば再設定できます。 それぞれの詳細や別の方法、よくわからなかった人は公式のヘルプページを参照してみてください。 Kindleなどは再ダウンロードが必要 電子書籍やiTunes Storeといった音楽ファイルなどは、端末そのものに保存(ダウンロード)して使うようになっています。 これらの「コンテンツ購入型アプリ」は、機種変更後は改めてそのデータを取得しなければなりません。 とはいえ、一度購入しているので金額は発生せず、再ダウンロードという形で入手できます。 Kindleの例で見てみましょう。 こちらはAmazonのアカウントごとにデータを管理しているので、フェイスブックやツイッターなどと同じくログインするための情報(メールアドレスやパスワードなど)があれば問題ありません。 ログインした後に再ダウンロードすれば、機種変更後も同じように読めます。 iTunes Storeで購入した音楽も、サインインして「購入済み」のページから再びコンテンツを入手してください。 機種変更する前に確認をお忘れなく メールアドレスやパスワードなどは意外と忘れがちですよね。 スクリーンショット(キャプチャ)も、機種変更後に消してしまったら元も子もありません。 必要な項目はメモなどで確実に残しておくことが大切です。 アドレス帳の移行はアプリを活用しよう スマホを機種変更した際に意外に手間取るのが、新しいスマホへの電話番号やメールアドレスなどの「アドレス帳」の移行です。 移行するのに携帯電話のキャリアショップに出かけたり、スマホとパソコンをつなげて移行したり、スマホ内のSDカードにアドレス帳を保存してから移行したりなど、移行するのに時間や手間がかかってしまうことがあります。 機種変更したことを家族や友人に連絡したいのに、アドレス帳を移行できていないので、なかなか連絡できない。。。 このような経験をされる方も多いかもしれません。 そんな時はアドレス帳を簡単に移行できるアプリを活用しましょう。 NTTコミュニケーションズが提供するデータ移行アプリ「マイポケット」を活用すれば、古いスマホから新しいスマホへのアドレス帳の移行を簡単に行うことができます。 手元にパソコンがなかったり、iPhoneのようなSDカードが利用できない端末では特に便利です。 機種変更をしたらアドレス帳はスムーズにすぐに移したいもの。 データ移行アプリを上手に活用して、アドレス帳の移行をサクッと終えてしまいましょう! を活用したアドレス帳の移行方法は おすすめコラム• 整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く忙しい人にオススメ!夏休み写真のシンプル整理術• きっと家族の宝物に!整理収納アドバイザー・Emiさんに聞く子どもの成長記録を上手に残す撮影のコツ• 眠っている写真が思い出とともによみがえる! 自動的に写真を選んでスライドショーをつくる マイポケットの新機能 「フォトストーリー」をご紹介!• 写真整理の時間をグンと短縮!マイポケットの「自動分類」「ラベル」を使って膨大な写真ライブラリもスッキリ整理•

次の

ドコモショップ・量販店などで機種変更手続きをする

スマホ 機種 変更

新しいスマホはいつだってワクワクするものだが、それゆえに失敗したくないのが 古いスマホからのデータ移行だ。 これさえ上手くいけば、 使い慣れたスマホからの乗り換えはスムーズだし、新しいスマホのパフォーマンスも十分に発揮できるというもの。 そこで今回は、 Androidの旧スマホから新スマホへデータ移行する手順について、実際に試しながら解説していこう。 お使いの端末によって操作方法が異なる場合があります。 データ移行を行うためには、まずは旧スマホのバックアップを行う。 Androidスマホのデータをバックアップする方法には大きく2つある。 1つは、Googleアカウントを利用するAndroid標準のバックアップ方法、もう1つは、auの「データお預かり」サービスなどのクラウドストレージを使う方法である。 1.Googleアカウントを使ったAndroid標準のバックアップ方法 GoogleアカウントによるAndroid標準のバックアップを利用すると、Googleアカウントに紐づく以下の項目をバックアップすることが可能だ。 まずはGoogleバックアップの設定方法から説明していこう。 この時「自動復元」もオンにしておけば、機種変更後の新スマホでバックアップされた内容が自動的に復元される。 2.auの「データお預かり」サービスを使ったバックアップ方法 auの機種限定の方法となるが、auには「データお預かり」サービスがある。 これを利用すると、非常に簡単に機種変更時のデータバックアップと、新スマホでのデータ復元を実現することが可能だ。 Androidスマホ/タブレットであれば、以下のデータを預けることができる。 com/ ezweb. スマートフォンに3000件を超えるアドレス帳を保存しているお客さまの場合、名前順ではなくスマートフォンへ登録した順に3000件を保存します。 iOSに関わるメールデータの移行には対応していません。 (アプリ内データはお預かり対象に含まれません。 またムービーや楽曲などのメディアデータは著作権フリーのみ対象です。 0以上の機種では、ご利用いただけません。 まず、設定メニューから「au設定メニュー」を開く。 しばらくして、戻す処理が完了すればOKだ。 写真フォルダやメールアプリを起動して、中のデータが無事移行されていることを確認して欲しい。 なお、Googleのバックアップ機能やauの「データお預かり」サービスでは、おサイフケータイのデータは移行されない。 利用しているサービスによって手続きが異なるので、機種変更でデータを復元する前に、以下の情報を参照し、準備をしておくことをオススメする。 大切なデータをしっかりバックアップ・復元し、新しいスマホを快適に使いこなそう! というわけで、Androidの旧スマホから新スマホへの機種変更を想定して、データのバックアップと復元方法を解説してきた。 実際に使用してみると、 auの「データお預かり」機能は、操作方法が直感的でわかりやすいので、スマホの操作に慣れていない人でも簡単に利用できそうという印象。 もちろん、操作途中でエラーもなく無事にデータを移行することができた。 また、 iPhoneからAndroidへのデータ移行にも対応しているのも大きなメリットといえるだろう。 新しいスマホへ安全&確実にデータを移行し、快適なスマホライフを楽しもう! もっと知りたい こちらの記事もあわせてどうぞ こちらの記事もあわせてどうぞ.

次の