シガテラ 海水 魚。 ロウニンアジ(GT)の生態とシガテラ毒について

【初心者におすすめ】人気の飼いやすい海水魚 ベスト20!混泳のコツも!

シガテラ 海水 魚

「五感を通じて生物を知る」をモットーに各地で珍生物を捕獲しているライター。 生物の面白さを人々に伝え、深く学ぶきっかけとなる文章を書くことを目指す。 著書:「外来魚のレシピ〜捕って、さばいて、食ってみた〜」「深海魚のレシピ〜釣って、拾って、食ってみた〜」 ともに地人書館 「喰ったらヤバいいきもの」(主婦と生活社) 2016年4月12日、東京築地市場にて「バラハタ」という魚が販売され、全国で盛んに報道される騒動となった。 バラハタ バラハタは国内では和歌山県以南に産する南方系のハタ科魚類である。 産地によっては体内にシガテラ毒を蓄えてしまうことがある。 このため、東京都は販売を自粛するよう指導していた。 今回の一件では外見の似ているナンヨウスジアラと誤って陳列されてしまったのだという。 沖縄の鮮魚店にて陳列されるバラハタ(写真下 地方名:長尾(ナガジュー)ミーバイ)とナンヨウスジアラにごく近縁なスジアラ(写真上 赤仁(アカジン)ミーバイ)。 沖縄ではバラハタも普通に販売されている。 しかも、結構高価。 シガテラとは シガテラとは熱帯・亜熱帯域沿岸部に見られる食中毒の一種で、シガトキシンやマイトトキシンなどシガテラを引き起こす毒素をシガテラ毒と総称する。 シガテラは海洋性植物プランクトン由来のシガテラ毒を体内に蓄積した魚を食べることで発症する。 自然界においては、生態系上位の大型肉食動物ほど高濃度で毒素を溜め込む 生物濃縮 傾向があり、シガテラ毒を引き起こす魚類も大型のものが多い。 また、シガテラを引き起こす可能性のある魚種は多岐に渡る。 国内で漁獲されるものではバラハタの他にカスミアジ、ドクウツボ、アオチビキ、バラフエダイ、オニカマスなどが代表的である。 カスミアジ(別名:ドクヒラアジ) ドクウツボ(沖縄本島の市場で撮影。 沖縄周辺ではシガテラを持つことは稀だとされ、食用にされる。 ) アオチビキ バラフエダイ オニカマス バラクーダ 写真はタイランドにて。 日本ではまず水揚げされないが、海外では食用にされるところも。 だが、シガテラ毒を保有する個体が出現する頻度は地域によって大きく異なる。 そのため、一概に「この魚はシガテラ持ちだから絶対食えない!販売も禁止!」と断定されることは少なく、同じ魚であっても地域によってはごく普通に販売されたり、厳重に流通を禁じられたりと扱われ方はさまざまである。 たとえば、今回築地市場で大騒ぎとなったバラハタも沖縄本島では「ナガジューミーバイ」と呼ばれ、食用魚としてごく普通に流通している。 ドクウツボやキツネフエフキなども同じく東京都では販売自粛指導の対象となっているが、沖縄の市場や鮮魚店ではたびたび見かける魚である。 これはおそらく、沖縄では市場へ入る沿岸性魚類の産地が限定されるのに対し、東京は全国各地あるいは海外からも魚が搬入されるため産地の特定が困難であることに起因するものと考えられる。 このように有毒無毒の境界が曖昧ということもあって 、中毒の報告は後を絶たない。 では、シガテラの症状とはどんなものだろうか。 実際に中毒を経験した一家に話を聞いた。 シガテラ体験談 沖縄在住Oさん一家のケース 沖縄県で農家を営むOさん一家は数年前に宮古島産のコクハンアラと思しきスジアラ属の魚を購入し、宴会で刺身にして食した。 件の魚は体重20キロ近い大型個体であったため、親族と来賓含む15名の出席者全員が存分に味わうことができた。 味は非常に美味であったという。 コクハンアラ。 スジアラ属の非常に美味な魚で、沖縄では高値で取引される。 だが、稀にシガテラを持つことでも知られる。 異変が起きたのは数時間後のことであった。 就寝中だった次男 当時5歳 が脚の痛みを訴え、激しく泣き始めたのだ。 ただ事でない苦しみ様から救急病院へ搬送したが、医師にも原因不明を言い渡される。 腹痛を訴えることは無かったため、食中毒を疑う者はいなかった。 症状には波があり、数十分おきに激しい痛みと安静が交互に訪れていたという。 直後、長男 11歳 と長女 8歳 も同様の症状を訴える。 ただし、魚が苦手で問題の刺身を二切れ程度しか食べなかった長女の症状はは比較的軽かった。 症状は夜間に強く、頻繁に出たという。 長男はこの痛みについて「成長痛をひどくした感じ」と語っている。 時を同じくして、Oさん夫妻の脚にも異常が生じた。 子供たちのように強い痛みを感じることはないが、脚が重く階段の昇り降りや膝の屈伸がに支障をきたした。 やはり刺身二切れにしか手をつけなかった母親に比べ、魚好きでより多く食べたOさんには重い症状が出た。 手の痺れもあった。 ここでようやく、この症状が宴会で振る舞った魚に起因するシガテラであることを確信したという。 しかし、シガテラに効果的な治療法や薬が無いため、静観するほかなかった。 宴会の参加者に連絡を取ったところ、やはりほぼ全員が程度に差はあるものの同様の症状に苦しんでいることが明らかになった。 両親はこの症状の重軽について、奇妙な傾向が見られたと語る。 口にした刺身の寡多によっても症状の度合いは変わるが、それ以上に患者の年齢と強い相関があるというのだ。 40代の者は脚や手に痺れが出る程度であったが、20〜30代の参加者では強い痛みに悩まされ、10代以下の児童では夜も寝付けないほどの重症を呈した。 そして、驚くべきことに出席者の中で飛び抜けて高齢であった70代の男性は、刺身をたらふく食べたにもかかわらず発症が見られなかったというのだ。 このことから、Oさんは「シガテラ毒は若い者ほど酷くアタるのではないかな」と考察しているという。 ただし、興味深いことにこのケースでは年齢の高い者ほど完治までに時間を要したという。 もっとも若く、もっとも症状の重かった長男、次男、長女は3日程度で寛解したのに対し、年長者は一週間以上も脚や手の痺れに悩まされたという。 Oさんに至っては一ヶ月近く四肢が上手く動かせず、仕事に支障が出たという。 …もちろん、これは中毒の一例にすぎない。 シガテラの症状は様々であり、必ずしもこの体験談通りに発症するとは限らない 冷たいものを熱く感じるなど触覚に齟齬が生じる、腹痛や下痢に見舞われるなど様々な症状が報告されている。 だが、彼らの語った四肢の痛みや麻痺などはもっとも典型的な症状である。 南洋の魚を食べてこうした異変を感じたら、シガテラを疑ってみるべきだろう。 とんでもなくかわいらしいバショウカジキ Istiophorus platypterus が捕獲され、Twitter上で話題を集めている。 カジキの最小記録!形はやっぱりそのままなんだw pic. twi・・・• 2016年10月初旬。 某SNSを発端に、とあるアツいニュースがネットを駆け巡った。 記事の内容はというと「1つの体に2つの頭を持つシマヘビ(Elaphe quadrivirgata)が発見された」と・・・• ヤシガニ探しに挑戦したことは、これまでにも何度だってあった。 沖縄本島、石垣島、竹富島、西表島、小笠原諸島…。 そこが分布域であるならば毎晩外に出て、孤独に夜道を歩き回った。 しかし結局、自分の力だけでは・・・• 日本だとどうしても沖釣りの対象魚となってしまうスケトウダラ(Theragra chalcogramma)。 そんなスケトウダラもアラスカのとある場所だと、なんとビーチからお気軽に釣り上げることができる・・・• カワイイあいつに会いたい!! はぁ~、東京出張から戻って食べる沖縄そばったら、ほっとするなぁ~。 テビチとは豚足のことですよ。 プルプル・・・• そうでない方はむやみに素手で触れないようにしてください。 ・・・.

次の

バラハタ

シガテラ 海水 魚

海の魚をいきなり淡水に入れると死んでしまう。 淡水の魚を海水に入れた場合も同じだ。 淡水と海水は同じ「水」ではあるけれど、なぜこのようなことが起こるのだろうか。 答えは簡単で、 と淡水魚ではからだの仕組みがまるで違うからだ。 では、どう違うのだろうか、解説していこう。 そもそも淡水と海水、どう違う? 淡水と海水の決定的な違いは 塩分濃度だ。 もちろん、 淡水には塩分は含まれていないが、海水は3. 3~3. 5%の塩分が入っている。 そして、塩分には ナトリウム 海が塩辛いのもこのナトリウムのせい が含まれており、海水を摂取することで生物の体に様々な影響を及ぼす。 海水に関しては、こちらも読んでみるともう少し詳しくなれるかも。 に対する素朴な疑問 私たちはマグロやサンマなど、海の魚を食べるときには刺身に醤油をつけたり、塩焼きにしたりする。 はしょっぱい海水の中に暮らしているにもかかわらずだ。 ずっと海の中にいるのだから、少しくらい塩味がしみててもいいはずである。 はなぜ塩漬けにならないのだろうか? キーワードは浸透圧 淡水魚 はなぜ淡水 海水 で生きられないかという疑問や、はなぜ塩漬けにならないのかという疑問を紐解くには、 浸透圧という言葉を理解しなければならない。 水の性質の一つに、 「 濃度が薄いほうから濃度が濃いほうに移動する」というものがある。 これが浸透圧だ。 だから 浸透圧とは 異なる濃度の水が合わさった時、濃度を均質にしようとして濃度が濃いほうへ水分が移動する力のことだ。 魚はこの浸透圧を調整する機能を持っていて、それぞれの住む環境に適した体の作りになっている。 魚は常に危険に晒されている? 生物の体内(細胞)には水があり、人間にも淡水で生活する魚にも体内にある程度の塩分はしている。 淡水で生活しているからといって淡水魚の体の中に 全く塩分がないというわけではなく、体内の塩分濃度は常に 1%程度に保たれている。 ここで海で生活している魚について考えてみる。 海水の塩分濃度は 3%であり、海水が体内に侵入した場合、通常であれば 濃度の低い細胞の水が流出して脱水して死んでまう。 水の中にいながら脱水するというのは何だか不思議な感覚だが、浸透圧とは厄介な力である。 一方で淡水で生活している魚は逆の危険に晒されている。 淡水には塩分が0であるから、淡水が体内 塩分濃度1% に侵入した場合、 どんどん水が細胞に入ってきて、やがては水で膨らんで破裂してしまう。 水の中で生きるっていうのはかなりのハードモードなんだね。 と淡水魚の浸透圧を調整する魚の仕組みの違い も淡水魚も常に危険に晒されてはいるが、なんとかやっている。 それは、彼らがこの厄介な 浸透圧を調整する仕組みを備えているからだ。 の仕組み は常に体内の水が流出してしまうリスクにさらされているので、 海水を飲み続けている。 しかし、海水は自分の体内よりも濃度が高いから、取り入れる 海水の濃い塩分濃度をどうにしかしつつ、海水を飲まなければならない。 そこで活躍するのが 鰓 えら や 腸、 腎臓だ。 はまず 鰓から塩分をいくらか排出する。 そして、塩分が排出されて 濃度がある程度下がった海水を飲みこむ。 さらに、飲んだ海水から 腎臓が塩分をさらにこしとり、尿として体外に排出する。 の尿には塩分が多く含まれているのはこのためだ。 は塩分を体外に出すのに必死なんだね。 淡水魚の仕組み 淡水魚は 口からは水を飲まない。 体内に水がどんどんしてしまうので、水をとにかく体外に出さなければならない。 淡水魚の場合、 えらから水を取り入れて必要な酸素や塩分などを吸収してからあとは全て尿として排出する。 だから、 尿の量も大量になる。 このように、 と淡水魚では浸透圧の調整のしかたが全く違う。 だから を淡水にいれたり、淡水魚を海水に入れたりしてもすぐに死んでしまうのだ。 海水と淡水の両方に適応できる魚がいる? 浸透圧を調整しながら生きている魚もいるけれど、 海水と淡水の両方で生きられる魚もいる。 スズキや ウグイ、サケ、マス、ウナギ、アユなどが具体例だ。 彼らは淡水と海水が混ざる 汽水 河口など に棲んでいたり、産卵のために海と川を行き来する生き物たちだ。 こういった生き物たちは 広塩性魚と呼ばれており、 浸透圧調整を状況に応じて切り替え、環境に適応している。 また、驚くべき浸透圧調整能力を持った魚もいる。 北米にいる の仲間で、 ウミメダカ という名前の魚だ。 この魚は淡水はもちろん、 海水の10倍の塩濃度を持つ湖にも棲むことができる。 詳しくは以下の特集記事でご覧あれ。 最後に 今回は淡水魚との体の仕組みの違いについて解説した。 海水と淡水が全然違うことは感覚的に分かっていたし、だからそこに棲む魚も体の仕組みが違うんだろうとは思っていた。 でも具体的にどう違うのか、どうやって環境に適応しているかまでは知らなかったので、非常に勉強になった。 自分で書いていて楽しいし、誰か近い趣味の人と共有したりしていけたらなと思う。 では、今日はここまで [参考文献] 海洋研究所/編 『海の生き物100不思議』 東京書籍 inarikue.

次の

バラフエダイの生態や毒性、シガテラ毒について

シガテラ 海水 魚

サンゴ礁を泳ぐバラハタの成魚。 シガテラ毒を持つことがあり危険です。 (画像提供:Sea creator weblog) 2016年4月12日朝、東京築地市場でちょっとした事件が発生しました。 食中毒を引き起こす恐れがあるとして、東京都が販売自粛を求めている有毒魚「バラハタ」1尾が、仲卸店から販売されてしまったのです。 バラハタは、猛毒のシガテラ毒を保有する可能性が高く、食べると食中毒を起こして関節痛や頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。 わが国ではシガテラによる死亡例はありませんが、海外では何度か死亡事故が発生しています。 幸いにも今回の事件では健康被害の報告はありませんでした。 ただ、魚のプロたる市場関係者が、危険な魚を見抜けずに流通させてしまったことは大問題でした。 魚を毒化させてしまう「シガテラ毒」とは、いったい何なのでしょうか。 どんな魚がシガテラ毒を持っているのでしょうか? 詳しく観てみることにしましょう。 シガテラの原因と症状 シガテラ毒とは シガテラ ciguatera とは、熱帯・亜熱帯の海洋に生息するプランクトンが産生する毒素に汚染された魚介類を、人が摂取することで発生する食中毒です。 シガテラを引き起こす毒素はシガテラ毒と呼ばれます。 代表的なシガテラ毒は「シガトキシン」ですが、ほかにもスカリトキシン、マイトトキシン、シガテリンなど20種以上が確認されています。 これらのシガテラ毒はいずれも猛毒で知られ、マウスの半数致死量LD50による毒性比較では、フグ毒テトロドトキシン(LD50=0. マイトトキシン(LD50=0. 幸いにも魚1尾に含まれる毒の漁が微量なため人が死亡することはほとんどありませんが、大変危険な毒であることに変わりはありません。 シガテラ毒は魚の内臓だけでなく、筋肉にも蓄積されます。 また、シガテラ毒は熱に対して安定であるため、一般的な調理では毒素を熱分解することはできません。 この値が小さいほど毒性が強いことを意味します。 シガテラ毒の原因プランクトン シガテラ毒は、植物プランクトンの一種である渦鞭毛藻(うずべんもうそう)によって産生されます。 特に熱帯・亜熱帯の海域に生息する渦鞭毛藻は、種によっては毒素を産生する能力を持っていて、シガトキシン、スカリトキシン、マイトトキシン、シガテリンなど多様な毒素を産生します。 この有毒渦鞭毛藻は、海中に漂ったり海藻に付着している間に餌として小魚に食べられます。 さらに小魚がより大きな魚に食べられる食物連鎖により、私たちが食用とする大きな魚の体内に毒素が蓄積されていくのです。 有毒渦鞭毛藻はサンゴ礁などの暖かい海域に生息しています。 したがってシガテラ毒に汚染された魚も、カリブ海、インド洋、太平洋などの熱帯域、日本では主に沖縄地方で見られていました。 ところが最近は、海水温の上昇とともに分布域が北上していて、九州・四国はもとより本州の房総半島以南にまで拡大しています。 釣りなどでは十分な注意が必要です。 シガテラの症状 シガテラ毒は、ナトリウムチャンネルに特異的に作用する神経毒です。 一般には経口摂取後1~8時間ほどで発症しますが、場合によっては2日以上たってから発症した例もあります。 主要な症状は神経系の症状で、不整脈、血圧低下、徐脈、めまい、頭痛や筋肉の痛み、麻痺、感覚異常などが起こります。 特にシガテラ中毒に特徴的に生じる障害が、温度感覚異常(ドライアイスセンセーション)です。 冷たさに対する感覚が異常に亢進し、 普通の水が極端に冷たく感じられたり、暖かいものが冷たく感じられるなどの知覚異常に陥ります。 これらの症状に加えて、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器系症状が併発されます。 日本国内で死亡例はありませんが、海外では数例が報告されています。 シガテラ中毒に対する効果的な治療法は確立されていません。 神経系にダメージを与えるため病状回復は一般に遅く、完全回復まで半年~1年ほどかかることもあります。 シガテラ毒を保有する魚(有毒魚) シガテラ中毒は、食物連鎖によるシガテラ毒の生物濃縮が原因です。 そのため、食物連鎖の上位に位置する大型の肉食魚が、シガテラ毒に汚染されている可能性がより高くなります。 シガテラ毒を保有している可能性が高い魚として、次の魚種が挙げられています。 オニカマス(カマス科)、 ウツボ(ウツボ科)、 アカマダラハタ(ハタ科)、 バラハタ(ハタ科)、 オオアオノメアラ(ハタ科)、 バラフエダイ(フエダイ科)、 イッテンフエダイ(フエダイ科)、 サザナミハギ(ニザダイ科)、 ギンガメアジ(アジ科)、 ヒラマサ(アジ科)、 カンパチ(アジ科)、 イシガキダイ(イシダイ科)、 ネムリブカ(メジロザメ科)ほか。 ただし、同一魚種でも地域差や個体差があって、ここに挙げた魚種のすべての個体にシガテラ毒があるわけではありません。 同一海域で獲れた同一魚種でもシガテラ毒があるものとないものがあります。 厚生労働省通知(昭和28年衛環発第20号)により、オニカマスは有毒魚として食用が禁止されています。 ほかにニセゴイシウツボなども毒化します。 全身が鮮やかな赤や朱色の地色に青白いスポット模様があります。 ひれの先端が黄色で、尾びれの上下が長く伸びるのが特徴です。 アカマダラハタは刺し網などで獲られ食用にされますが、シガテラ毒を持っていることがあります。 シガテラ毒のなかでも最強のマイトトキシンが、この魚の体内から見つかりました。 釣りの人気魚種で刺身などで食べられます。 沖縄で獲れたイシガキダイで、過去にシガテラ毒中毒を起こしたことがあります。 三浦半島の海あそび情報• カヌー・カヤック情報• 激流のアクティビティ• 雪原のアウトドア情報• フットサル情報• 淡水釣り・渓流釣り情報• 海釣り・磯釣り情報• 潮汐情報(干潮と満潮)• 気象情報(天気予報)• 世界の自然・景観• 世界の驚愕ニュース• アウトドア雑学• ~日本の貝・食べられる貝• ちまたの話題• の総合情報• 地震・火山の防災対策• AMP Accelerated Mobile Pages•

次の