猿島郡。 飯島村 (茨城県)

中戸屋酒店

猿島郡

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

猿島郡

猿島郡

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

猿島郡雑談掲示板|爆サイ.com関東版

猿島郡

郡域 [ ] 茨城県南西部に位置し、利根川北東岸沿いにある郡である。 当初の郡域は以下の通り。 のちに編入された郡域については、の項目を参照。 の全域• の一部(北山田、谷貝、東山田、長左ェ門新田、山田、新和田、大和田、仁連、上片田、下片田、駒込、五部、上和田、諸川、諸川新田)• 境町の全域 歴史 [ ] 1896年(明治29年)に、西葛飾郡と合併して発足し、郡制を施行。 当初の郡役所は境町にあった。 現在の郡域は、境町と利根川対岸の五霞町の2町からなる。 近代以降の沿革 [ ]• 「」に記載されている初年時点での支配は以下の通り。 下記のほか、諸川新田、生子新田、幸田新田、猫実新田、神田山新田、大口新田、内ノ山村(いずれも幕府領)が存在したが、記載されていない。 内ノ山村はに、その他は同名の村に含まれているものと推測される。 また、東山田村(新田)、東山田新田吉左衛門受は東山田村に、馬立村(新田)は馬立村に含める。 4年() - ・が の管轄となる。 明治2年() - の管轄地域に を設置。 明治4年• () - により下総関宿藩、下総古河藩、下野壬生藩、丹後峰岡藩がそれぞれ 、 、 、 となる。 (1871年) - 第1次により峰岡県が に統合。 当面の間、旧峰岡県のを管轄。 (1871年) - 第1次府県統合により全域が の管轄となる。 (明治6年) - 印旛県がと統合して が発足。 (明治8年) - 千葉県管下の下総国のうち利根川以北の区域が に移管。 (明治11年) - の茨城県での施行により、行政区画としての 猿島郡が発足。 境町に「猿島西葛飾郡役所」が設置され、とともに管轄。 (明治19年) - 馬立村新田と大浜新田が合併して大馬新田となる。 (1町80村) 町村制以降の沿革 [ ] 1. 古河町 2. 新郷村 3. 勝鹿村 4. 岡郷村 5. 桜井村 6. 香取村 7. 五霞村 11. 静村 12. 長田村 13. 八俣村 14. 幸島村 15. 猿島村 16. 森戸村 17. 生子菅村 18. 逆井山村 19. 七重村 20. 沓掛村 21. 弓馬田村 22. 飯島村 23. 神大実村 24. 岩井村 25. 七郷村 26. 中川村 27. 境町 28. 長須村 (紫:古河市 赤:境町 桃:坂東市 青:五霞町)• (明治22年)• - 下記の町村の統合が行われる。 (1町17村)• (単独町制。 現境町)• (単独村制。 現坂東市)• - 上記1町17村がを施行。 (明治29年)• 4月1日 - 猿島郡・の区域をもって、改めて 猿島郡が発足。 旧西葛飾郡の 、 、 、 、 、 (現古河市)、 (現五霞町)の1町7村が本郡の所属となる。 (2町23村)• - を施行。 (明治33年) - 岩井村が町制施行し、 となる。 (3町22村)• (12年)4月1日 - 郡会が廃止。 郡役所は存続。 (大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。 以降は地域区分名称となる。 (7年) - 新郷村伊賀袋、立崎の一部が(現)に編入。 (昭和10年)時点での当郡の面積は301. 85平方km、人口は120,810人(男58,643人・女62,167人)。 (昭和25年) - 古河町が市制施行し、 となり郡より離脱。 (2町22村)• (昭和29年) - 沓掛村が町制施行し、 となる。 (3町21村)• (昭和30年)• - 生子菅村・逆井山村が合併し、 が発足。 (3町20村)• - 幸島村・八俣村がと合併し、 (みわむら)が発足。 (3町19村)• - 岩井町・中川村・七郷村・神大実村・飯島村・弓馬田村・七重村・長須村が合併し、改めて 岩井町が発足。 (3町12村)• - 新郷村が古河市に編入。 (3町11村)• (3町4村)• 勝鹿村・岡郷村・桜井村・香取村が合併し、 が発足。 境町・静村・長田村・猿島村・森戸村が合併し、 が発足。 (昭和31年)4月1日 - 沓掛町・富里村が合併し、 富里町が発足。 富里町は即日改称して となる。 (3町3村)• (昭和43年) - 総和村が町制施行し、 となる。 (4町2村)• (昭和44年)1月1日 - 三和村が町制施行・改称し、 (さんわまち)となる。 (5町1村)• (昭和47年)4月1日 - 岩井町が市制施行し、 となり郡より離脱。 (4町1村)• (8年) - 五霞村が町制施行し、 となる。 (5町)• (平成17年)• - 猿島町が岩井市と合併し、 が発足したため郡より離脱。 (4町)• - 総和町・三和町が古河市と合併し、改めて 古河市が発足したため郡より離脱。 (2町) 変遷表 [ ] 明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和元年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在 境町 境町 境町 昭和30年3月16日 境町 境町 境町 静村 静村 静村 長田村 長田村 長田村 猿島村 猿島村 猿島村 森戸村 森戸村 森戸村 岩井村 明治33年7月4日 町制 岩井町 昭和30年3月1日 岩井町 昭和47年4月1日 市制 平成17年3月22日 坂東市 坂東市 七重村 七重村 七重村 弓馬田村 弓馬田村 弓馬田村 飯島村 飯島村 飯島村 神大実村 神大実村 神大実村 七郷村 七郷村 七郷村 中川村 中川村 中川村 長須村 長須村 長須村 沓掛村 沓掛村 昭和29年3月20日 町制 沓掛町 昭和31年4月1日 猿島町 生子菅村 生子菅村 生子菅村 昭和30年2月1日 富里村 逆井山村 逆井山村 逆井山村 幸島村 幸島村 幸島村 昭和30年2月11日 三和村 昭和44年1月1日 町制 平成17年9月12日 古河市 古河市 八俣村 八俣村 八俣村 結城郡 名崎村 結城郡 名崎村 結城郡 名崎村 西葛飾郡 古河町 明治29年3月29日 猿島郡 昭和25年8月1日 市制 古河市 西葛飾郡 新郷村 明治29年3月29日 猿島郡 新郷村 昭和30年3月15日 古河市に編入 西葛飾郡 勝鹿村 明治29年3月29日 猿島郡 勝鹿村 昭和30年3月16日 総和村 昭和43年1月1日 町制 西葛飾郡 岡郷村 明治29年3月29日 猿島郡 岡郷村 西葛飾郡 桜井村 明治29年3月29日 猿島郡 桜井村 西葛飾郡 香取村 明治29年3月29日 猿島郡 香取村 西葛飾郡 五霞村 明治29年3月29日 猿島郡 五霞村 五霞村 平成8年6月1日 町制 五霞町 地理 [ ] 首都・から60 km圏にあって、沿岸の低湿地と中央部の猿島台地からなる。 やなど多くの沼地は干拓され、水田として利用されている。 主産業は近郊農業で土地の大部分が農地に利用されており、旧三和町・総和町があった現在の古河市や境町では工業化が進展して、丘里・北利根・配電盤など工業団地が造成された地域がある。 郡の中心部を鉄道が通過しておらず、県最西端の古河市を通るを利用する。 道路網は発達しており、国道や県道が縦横に走っており、北端を、南端をが東西に走り、南北方向にが貫く。 近年は高速道路である(圏央道)の開発が進められ、一部で開通している。 1964年(昭和39年)に開通したは、県西地域と東京都心へと結ぶ短絡路にあたり、交通量が多い。 行政 [ ] 猿島・西葛飾郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 明治11年(1878年)12月2日 明治29年(1896年)3月31日 廃官 猿島郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 明治29年(1896年)4月1日 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官 脚注 [ ].

次の