ドライ フルーツ ラム 酒 漬け。 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中!

洋酒漬けドライフルーツ作り

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

返品・交換 万が一当社の発送ミスや不良品(賞味期限切れ、破損等) がありましたら返品・交換をさせていただきます。 お電話またはお問い合わせフォームにて商品到着後 1週間以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品についてはをご覧ください。 *食品につきましては返品をお受けできません。 *お客様のご都合による交換は承っておりません。 ご注文後の変更・キャンセル ご注文後の変更・キャンセル 追加・一部変更はご利用になれません。 一度ご注文をキャンセルしていただき、改めてご注文をお願いいたします。 キャンセルはマイページのご注文履歴で【未配送】の場合のみ可能です。 ご利用環境について TOMIZオンラインショップを安心してご利用いただく為に、ご購入の前にCookie、JavaScript、SSLの設定が有効になっていることをご確認ください。 お問い合わせはこちら(一般・法人).

次の

ドライフルーツのラム酒漬け

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

ドライフルーツのラム酒漬けとは? ドライフルーツのラム酒漬けと聞くと、あまり耳馴染みのない言葉かもしれません。 しかし、どなたもラムレーズンはご存知ではないでしょうか?ラムレーズンもドライフルーツのラム酒漬けの1つであり、ラム酒に漬けられたドライフルーツです。 ドライフルーツのラム酒漬けは仕込みさえ行えば、後は待つだけで完成するお手ごろさが魅力であり、お菓子作りや毎日の食卓を彩る使い勝手の良さを持ち合わせた人気の料理です。 家庭でも彩り豊かな美味しいドライフルーツのラム酒漬けを簡単に作れますので、作るうえで押さえておきたいポイントをご紹介します。 ラム酒漬けに合うドライフルーツは? ドライフルーツのラム酒漬けはラムレーズンだけではありません。 ラム酒に漬けて良いフルーツには決まりはないのです。 どんなドライフルーツを使用しても問題ありません。 強いて条件をあげるのであれば、 シュガーコーティングされていないドライフルーツがおすすめです。 シュガーコーティングされたドライフルーツを処理せずに使用すると、 砂糖がラム酒に溶けてドロドロになってしまいます。 ですので、使用するドライフルーツは可能な限りシュガーコーティングされていない物を選びましょう。 レーズンはもちろんおすすめですが、彩を美しくしたいのであれば、 ベリー系やチェリーがおすすです。 フルーツの種類を増やせばよりカラフルで美しくなります。 また、珍しい物であれば、 干し柿やイチジクも上品な味わいで美味しいのでおすすめです。 スパイスやハーブもラム酒漬けに合う ラム酒はシナモンやナツメグ、バニラビーンズなどの スパイスやハーブとの相性も非常に良いです。 ドライフルーツのラム酒漬けの香りに良いアクセントが付きますので、スパイスやハーブをフルーツの最後に入れるのもおすすめです。 ラム酒漬けにおすすめなのはライト?ダーク? ドライフルーツのラム酒漬けはどんなフルーツでも作れるのは前述した通りですが、使用するラム酒はどうなのでしょうか。 ラム酒はサトウキビから作られる蒸留酒であり、製法や熟成期間によって 種類が異なります。 ホワイトラムやゴールドラム、ダークラムなど種類によって味や香りが異なります。 結論から申し上げると、ドライフルーツのラム酒漬けを作るのであれば、 ラム酒も特に種類は何でも問題ありません。 しかし、種類によって特徴の変化はありますので、鮮やかなドライフルーツの色を活かしたいのであれば、色味の薄い ホワイトラムがおすすめです。 また、香り豊かに仕上げたいのであれば、濃厚な風味の ダークラムがおすすめです。 ドライフルーツのラム酒漬けの作り方 では実際に ドライフルーツのラム酒漬けの作り方をご紹介します。 手順はたったの7ステップですので、あなた好みのドライフルーツのラム酒漬けを作る参考にしてみて下さい。 まずは密閉可能なビンを用意し、煮沸消毒する• 用意したドライフルーツをレーズンサイズに刻みます• オイルや砂糖でコーティングされているドライフルーツであれば、湯通しする• 可能な限り水気を拭き取る• 殺菌済みのビンにドライフルーツを入れる(上限7割~8割)• づルーツがすべて漬かる様にラム酒を注ぐ• 1週間程度で食べられる(3か月後から6か月後が一番おいしい) ドライフルーツのラム酒漬けの使い方 ドライフルーツのラム酒漬けはそのまま食べてももちろん美味しいですが、様々な料理に使えるなど多くの使い道があります。 その中でも 特におすすめのドライフルーツのラム酒漬けの使い方をご紹介します。 洋菓子の材料 ドライフルーツのラム酒漬けは、 洋菓子の材料として使うのもおすすめです。 特にパウンドケーキやマフィンがおすすめであり、ラム酒の香りを活かした香り高い洋菓子が完成します。 他にもクッキーやパン作りにも良く使われており、非常におすすめのドライフルーツのラム酒漬けの使い方です。 アイスクリームに添える アイスクリームにドライフルーツのラム酒漬けを添えるだけで、お店の味になります。 ドライフルーツのラム酒漬けの豊かな香りと一緒に頂くアイスクリームは大人のデザートです。 私も大好きな非常におすすめのドライフルーツのラム酒漬けの使い方です。 カクテル ドライフルーツのラム酒漬けを カクテルに使うのもおすすめです。 普通のラム酒ベースのカクテルでは出ない、フルーツの弾けるような香りと豊かな彩が魅力のカクテルとなります。 ワンランク上のカクテルを作れるおすすめのドライフルーツのラム酒漬けの使い方です。

次の

ドライフルーツのラム酒漬け

ドライ フルーツ ラム 酒 漬け

シュトレンやフルーツバターケーキに必須の洋酒に漬けたドライフルーツ、私はラム酒を使いますがブランデーでもキルシュでもお好きなもので作れます。 かろやかシフォンケーキもフカフカスポンジケーキもシットリチーズケーキもそれぞれおいしくて大好きだけど、やっぱデブはデブるものが好きなもので、私は正統なレシピで焼いたバターの香り豊かなパウンドケーキが一番スキです。 非常に高カロリー&高脂肪なのでめったに作りませんが、ラム酒漬けのフルーツがたっぷり入ったケーキを焼き上げてから布で包み、さらにラム酒をかけて寝かしておいたもののおいしさ&作成達成感はもうフルマラソン完走に匹敵するレベル(個人的にフルマラソン完走経験はありません)! ウキウキ感はドライフルーツを刻むところから味わえるのでお得ですね! ドライフルーツは好みで何をお使いになってもいいのですが、私はレーズン、チェリー、クランベリー、オレンジピールを使います。 他にはナツメヤシ、アプリコット、いちじく、レモンピール、パイナップルなんかもいいですね。 好みの問題ですが、あざやかな赤や緑に着色されたドレンチェリーやアンゼリカは私にとっては化粧がうまいブスと同じものであるので、私はフルーツケーキにこれらは使用しません。 しかし巻き髪&つけまつげ&細脚でさえあればそれでイイという人や状況もあるように、チャリティ出品するカップケーキやクリスマス時期のクッキーなど味やスタイルよりも見てくれ重視のお菓子にはガンガン使用します。 オレンジピールは適当な大きさに刻んでおきます。 やかんにたっぷりお湯を沸かしておきます。 すべてのドライフルーツを大きめのボウルにいれましょう。 ボウルはプラスティックとかじゃなく、アルミかホウロウなんかのほうがいいでしょう。 なぜならアツアツのお湯をかけまわすからです。 レーズンなど糖分の多いドライフルーツは互いにくっつきあわないようにオイルコーティングされていることが多いので、湯通しして油を流したほうがいいのです。 以前に湯通しせずにそのままラム酒に漬けてみたことがありますが、ラム酒がうまくしみこまず硬くて小さな粒&漬け酒もドロドロして色が濃くなり、香りもイマイチな残念な結果に終わってしまいました。 熱湯に注意。 ざっと混ぜて1分ほど待ってザルにあげます。 色が鮮やかになってふっくらしちゃいました。 ザルなどにひろげて冷まし、清潔な布巾またはキッチンペーパーなどでギュッと圧迫しながらできるだけ水分をとります。 カビが心配ならコレをさらにフライパンにひろげて乾煎りもしくは酒炒り(乾煎りして水分を飛ばしてからラム酒をかけまわし、これも水分がなくなるまで炒る)すると万全なのですが、ラム酒はアルコール度数がけっこう高いのでそんなに気にしなくても大丈夫みたいです。 私はキッチンペーパーで水気を絞っただけのものを漬け続けておりますが、カビが生えたことは一度もありません。 清潔な瓶に入れ、フルーツがすっかりラム酒に覆われるようにたっぷり酒を注ぎいれます。 急ぐなら次の日からでも使えますが、やっぱり一週間くらいは漬けておいたほうがおいしいです。 また、ラム酒に限らずブランデーを使用したり、ラムとブランデーを混ぜてしまったりしても香り高いですね。 好みでシナモンやナツメグ、クローブなどを一緒に漬けてしまうのもアリでしょう。 いろいろお試しください。 このレシピいいな!と思ったらクリックしてね。

次の