消した動画復元。 削除した動画を復元する方法

動画復元:削除されたや消えた動画・ビデオを復元・復旧する方法

消した動画復元

誤ってから消してしまった写真・動画を取り戻す方法をご紹介します。 方法その1:写真アプリで復元する 写真アプリから写真や動画を消しても、一時的に保管する場所に移されるだけで、30日間はそのままiPhoneに残っています。 写真アプリを開きましょう。 画面右下の【アルバム】をタップ。 【最近削除した項目】をタップします。 この中に入っている写真・動画を復元するには、画面右上の【選択】をタップ。 画面右下の【すべて復元】をタップしましょう。 写真・動画を個別に選んで復元することもできます。 方法その2:ほかのアプリから復元する 『』やメッセージアプリなどで送った写真や動画は残っているかもしれません。 ただし、設定や方法によっては画質が落ちていたり、送信から一定の期間が過ぎていると消えていたりします。 たとえばメッセージアプリでは、以下の方法で写真をカメラロールに保存できます。 メッセージアプリで会話を開き、画面右上の【i】をタップ。 【イメージ】をタップし、カメラロールに戻したい写真をタップ。 画面左下のボタンをタップし、【画像を保存】をタップしましょう。 『Google フォト』をお使いなら、自動で写真や動画が保存されているかもしれません。 ただし、Google フォトでも設定次第では画質が落ちていることがあります。 画面上のボタンをタップ。 メニューの保存ボタンをタップすると、カメラロールに保存されます。 ただし、以前からiCloudフォトライブラリやフォトストリームを使っている場合、写真や動画はバックアップの対象に含まれていないので、この方法でも取り戻せません。 写真や動画だけを復元することはできないので、iPhoneの全データが過去の状態に戻ります。 そこで写真・動画の復元には以下の6つの工程が必要です。 過去のバックアップを探す・保護する• 現在の状態をバックアップする• 初期化を行い、過去のバックアップでiPhoneを復元する• 写真・動画を別の場所にコピーする• 初期化を行い、最初に作成したバックアップで現在の状態に戻す• 写真・動画をiPhoneにコピー・同期する かなり手間がかかる上に、復元してみないと写真・動画があるかは分かりませんが、ほかの方法ではダメだった写真・動画を取り戻せるかもしれません。 iPhoneがもう1台ある場合は、そのiPhoneを過去のバックアップで復元して、写真や動画を救出することができます。 今回は1台のiPhoneで行う方法をご紹介します。 過去のバックアップを探す・保護する まずは、取り戻したい写真・動画を消す前に作成したバックアップがあることを確認しましょう。 iCloudでバックアップしている場合、設定アプリを開きます。 前回のバックアップの日付を確認しましょう。 今回はMacでの操作方法をご紹介します。 リストにあるバックアップの日付を確認しましょう。 これでバックアップが上書きされる恐れはなくなります。 現在の状態をバックアップする 普段はiCloudでバックアップしている場合でも、現在の状態を別にバックアップできるiTunesを使います。 詳しい手順は以下のページでご紹介しています。 過去のバックアップでiPhoneを復元する つぎに過去のバックアップで復元を行います。 手順はAppleのウェブページで詳しく紹介されています。 写真・動画を別の場所にコピーする 過去のバックアップで復元できたら、iPhoneの写真アプリを開き、取り戻したい写真・動画があるかを確認しましょう。 それらの写真・動画をPCやアプリ・ウェブサービスに避難させます。 最初に作成したバックアップで現在の状態に戻す iTunesで作成した、現在の状態を残したバックアップで復元を行います。 復元後、ほかのアプリのデータが元に戻っているか・問題なく利用できるかを確認しましょう。 写真・動画をiPhoneにコピー・同期する これで最新の状態に戻ったので、避難させた写真・動画をiPhoneに入れます。 後悔しないための写真・動画バックアップ術 写真や動画はGoogle フォトでバックアップしましょう。 容量無制限で保存できるので、バックアップにピッタリです。 ただし、注意しなければならない点もあります。 以下のページで詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

次の

動画復元:削除されたや消えた動画・ビデオを復元・復旧する方法

消した動画復元

iPhoneの動画を誤って削除してしまったら、どう復元しますか。 私の持っているiPhoneにも、そのようなデータはたくさん入っています。 確かにiPhoneを使えば便利に動画を撮影できますが、容量の制限がありますから、常にデータを整理しなければなりません。 うっかりiPhone中の動画を誤って削除したこともあるかもしれません。 その消したiPhoneの消した動画を復元する方法を求める方はたくさんいると思います。 今回紹介したのはパソコンで運用しているiPhone動画復元アプリ「」です。 これらのiPhone動画復元アプリを使って、iPhoneの動画などのデータを、あらかじめ消しておいたものを復元していきたいと思います。 簡単な操作でiPhoneの消した動画を復元します。 無料体験が可能です。 以下よりiPhone動画復元ソフトの無料試用版をダウンロードしてPCにインストールしてみましょう。 iPhoneの消した動画を復元する手順 ステップ1:パソコンとiPhoneをケーブルで接続します。 まずパソコンでiPhone動画復元ソフト「」をアプリケーションとして起動します。 メイン画面の「データ復元」ボタンをクリックします。 iOS端末のUSBケーブル(ライトニングケーブル)を使って、パソコンに接続します。 iOSデバイスから復元するか、iTunesバックアップから復元するか、またはiCloudバックアップから復元するか、この3つから選ぶことができました。 今回は、2番目の「iTunesバックアップファイルから復元」にします。 iPhoneをパソコンに接続しましたら、iPhoneの消した動画の該当バックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。 iTunesバックアップファイルのデータをスキャンし始めます。 ステップ2:iPhoneの削除した動画をスキャンします。 今回の復元対象は、iPhoneの動画に絞ることにしました。 「カメラロール」の「ビデオ」というファイルをクリックすると、削除したビデオをプレビュー確認できます。 ステップ3:iPhoneの削除した動画を復元します。 いよいよiPhoneの削除した動画の復元作業開始します。 復元したい動画ファイルにチェックを入れ、右下の「パソコンに復元」ボタンをクリックして、ファイルの復元を開始します。 私は当初もっと時間掛かるものと思っていましたが、10分程度ですべての動画復元作業を完了させて復元が終了しました。 途中、分からないとこもなく問題もなく簡単に作業を行うことができました。 この結果には、私はとても満足です。 iPhone動画復元ソフト「」なら、余計な気を使わずに、誰でも簡単にiPhone復元することができるでしょう。 そう実感しました。 完璧なiPhone動画復元ソフト 今回復元したiPhoneの動画データは、なかなか大きな容量のものであったのですが、私の予想よりもかなり早く終わってしまいました。 最初は、あまりにも早過ぎて、きちんと復元できているのかと、ちょっと不安になりました。 このiPhone動画復元ソフトは完璧に復元してくれていました。 使ってみての率直な感想としては、「便利」この2言しか私の頭に浮かんできませんでした。 このiPhone動画復元ソフトの便利さは使えばきっとわかるはずです。 私はこの「iPhone復元」をより多くの人に使ってもらいたいと思います。 それだけ価値のある案外だと私は思うからです。 このiPhone動画復元ソフトは非常に良くできています。 Mac(MacBook Pro、 MacBook Air または iMac)でiPhone動画や写真写真を復元する場合は、Mac版のiPhone復元ソフト「」をダウンロードしてください。

次の

Androidから消した動画を復元するアプリ

消した動画復元

iPhoneの動画を誤って削除してしまったら、どう復元しますか。 私の持っているiPhoneにも、そのようなデータはたくさん入っています。 確かにiPhoneを使えば便利に動画を撮影できますが、容量の制限がありますから、常にデータを整理しなければなりません。 うっかりiPhone中の動画を誤って削除したこともあるかもしれません。 その消したiPhoneの消した動画を復元する方法を求める方はたくさんいると思います。 今回紹介したのはパソコンで運用しているiPhone動画復元アプリ「」です。 これらのiPhone動画復元アプリを使って、iPhoneの動画などのデータを、あらかじめ消しておいたものを復元していきたいと思います。 簡単な操作でiPhoneの消した動画を復元します。 無料体験が可能です。 以下よりiPhone動画復元ソフトの無料試用版をダウンロードしてPCにインストールしてみましょう。 iPhoneの消した動画を復元する手順 ステップ1:パソコンとiPhoneをケーブルで接続します。 まずパソコンでiPhone動画復元ソフト「」をアプリケーションとして起動します。 メイン画面の「データ復元」ボタンをクリックします。 iOS端末のUSBケーブル(ライトニングケーブル)を使って、パソコンに接続します。 iOSデバイスから復元するか、iTunesバックアップから復元するか、またはiCloudバックアップから復元するか、この3つから選ぶことができました。 今回は、2番目の「iTunesバックアップファイルから復元」にします。 iPhoneをパソコンに接続しましたら、iPhoneの消した動画の該当バックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。 iTunesバックアップファイルのデータをスキャンし始めます。 ステップ2:iPhoneの削除した動画をスキャンします。 今回の復元対象は、iPhoneの動画に絞ることにしました。 「カメラロール」の「ビデオ」というファイルをクリックすると、削除したビデオをプレビュー確認できます。 ステップ3:iPhoneの削除した動画を復元します。 いよいよiPhoneの削除した動画の復元作業開始します。 復元したい動画ファイルにチェックを入れ、右下の「パソコンに復元」ボタンをクリックして、ファイルの復元を開始します。 私は当初もっと時間掛かるものと思っていましたが、10分程度ですべての動画復元作業を完了させて復元が終了しました。 途中、分からないとこもなく問題もなく簡単に作業を行うことができました。 この結果には、私はとても満足です。 iPhone動画復元ソフト「」なら、余計な気を使わずに、誰でも簡単にiPhone復元することができるでしょう。 そう実感しました。 完璧なiPhone動画復元ソフト 今回復元したiPhoneの動画データは、なかなか大きな容量のものであったのですが、私の予想よりもかなり早く終わってしまいました。 最初は、あまりにも早過ぎて、きちんと復元できているのかと、ちょっと不安になりました。 このiPhone動画復元ソフトは完璧に復元してくれていました。 使ってみての率直な感想としては、「便利」この2言しか私の頭に浮かんできませんでした。 このiPhone動画復元ソフトの便利さは使えばきっとわかるはずです。 私はこの「iPhone復元」をより多くの人に使ってもらいたいと思います。 それだけ価値のある案外だと私は思うからです。 このiPhone動画復元ソフトは非常に良くできています。 Mac(MacBook Pro、 MacBook Air または iMac)でiPhone動画や写真写真を復元する場合は、Mac版のiPhone復元ソフト「」をダウンロードしてください。

次の