志村けん ブレア。 【悲報】志村けんさん、新型コロナウイルス性の肺炎で亡くなる…どこで感染したのか

志村けん 感染経路が銀座ブレア説はデマ!白石明日香のツイッター判明!

志村けん ブレア

この記事の目次• 銀座ブレアの白石明日香さんが否定! 志村けんさんが新型コロナに感染した場所としてネット上に流れたのは、東京・銀座にあるクラブ『ブレア』です。 ところが、銀座ブレアのママ・ 白石明日香さんが一連の情報に対して 完全否定。 デマだったことが判明したのです。 「捨て垢からの デマによる中傷で周りの方の悲しみがさらに増えていることをここにお伝えします。 」として説明。 志村さんの誕生日会が2月23日に銀座ブレアで開催され、そこに北新地から藤崎さんが来ていたという噂はまったくのデマだという。 この度は志村さんがご逝去されたことを心よりご冥福をお祈りすると共に、その傍、捨て垢からのデマによる中傷で周りの方の悲しみがさらに増えていることをここにお伝えします。 志村けんの誕生日パーティー しかし、銀座ブレアの内観の写真を見ると、全く異なることは一目瞭然です。 銀座のクラブ『ブレア』 志村けんさんに陽性反応が出たのは 3月23日。 潜伏期間は最長で2週間であるため、 3月9日より前にコロナウイルスをもらっていること自体があり得ません。 いずれにしても、感染した場所が銀座ブレアというのは完全なるデマでしょう。 北新地『クラブ藤崎』のママも否定! 出典: また、大阪北新地にある『クラブ藤崎』のママ・ 藤崎まり子さんが、自身が感染経路にあることを 完全否定しました。 「現在、私たちに関する様々なデマが飛び交っており私も大変胸を痛めております」と挨拶。 一部で藤崎さんが新型コロナウイルスに感染しているとの情報が出ていることに対し、「私は新型コロナウイルスに感染しておりません」と否定。 ネット上に流れている情報として、 「北新地にあるクラブのホステスが旅行先のスペインでコロナに感染。 帰国後に藤崎ママと接触し感染。 そして藤崎ママが志村けんの誕生日パーティーに出席し、志村けんさんに移した」というのが一連の流れで、「会場が銀座ブレアだった」というデマがセットです。 しかし、そもそも 藤崎ママはコロナに感染しておらず、2月~3月に志村けんさんと会っていないそうです。 仮に2月23日の誕生日パーティで会っていたとしても、志村けんさんが陽性反応が出る1ヵ月前に会った藤崎ママが感染源であることはあり得ません。 どの角度から見ても、藤崎ママが志村けんさんの感染経路にあるという情報は間違っています。 それに伴い、 「阪神タイガースの藤浪晋太郎投手に移した」という情報もデマになります。 3月25日から『クラブ藤崎』は休業していますが、それは コロナ感染により営業停止しているのではなく感染拡大を防ぐために自主的に閉めていると説明しました。 感染経路デマに悪質な誹謗中傷が… 出典: 志村けんさんの感染経路について、「銀座ブレアで行われた誕生パーティーで藤崎ママが移した」というデマに伴い、 白石明日香ママに対する 悪質な誹謗中傷が飛び交っています。 画像にも書かれていますが、このような悪質な誹謗中傷に対し、銀座ブレアの白石ママは弁護士に相談。 書き込みした人のIPアドレスを開示し、訴訟することを検討しています。 「事業主への名誉棄損」をした場合の慰謝料は 50万円~100万円になるそうですが、これは自業自得ですよね。 また、藤崎ママも訴訟を明言していないものの、何か行動を起こすべきかどうか真剣に考えているようです。 日本中が新型コロナウイルスと闘っているのに、新型コロナウイルスを使ったデマをねつ造している人がいて、更にそれを拡散して喜んでいる方がいるということは本当に悲しく、 このまま放置したままでよいか、何かすべきことがあるのではないかを今、真剣に検討しています」 最初に感染経路のデマを流したのは? 志村けんさんの感染経路に関するデマが出はじめたのは3月30日。 このツイートから始まったかどうかは定かではありませんが、『銀座ブレア』や『藤崎ママ』のことまで書かれています。 志村けんさんの誕生日パーティーが銀座ブレアで行われたことも、藤崎ママがコロナに感染したことも完全にデマ。 したがって、 志村けんさんの感染経路に銀座ブレアと藤崎ママがないことは明白なので、こういった悪質なデマに踊らされないようにしたいですね。

次の

【志村けん】志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活|日刊ゲンダイDIGITAL

志村けん ブレア

3月10日 東京・六本木のテレビ朝日にて「あいつ今何してる?」の収録 3月16日 東京・台場のフジテレビにて予定されていた「志村でナイト」の収録が中止し、控え室滞在後に帰宅 3月17日 倦怠感の症状で自宅療養 3月19日 発熱と呼吸困難の症状 3月20日 訪問診療した医師の判断により都内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断後そのまま入院 入院時は咳や発熱に加えて、肺全体に影が見られる。 一時は、気道を確保する気管挿管の処置も取られる 3月23日 PCR検査で新型コロナ陽性反応が確認。 しかし、感染経路はわからず。 3月24日 人工心肺装置をつけるため転院 3月25日 所属事務所が新型コロナ感染を発表 17日に倦怠感、19日には呼吸困難、23日に新型コロナ陽性反応で29日に帰らぬ人に。 検査を受けなかったのか、受けられなかったのか。 検査のルールと現状と対処が分からないのがなんともいえません。 新型コロナが 早期発見できていれば、もしかするも志村けんさんは助かっていたかもしれません。 おそらく時期的にも医療崩壊してない日本の最高の医療を全力で受けても高齢で喫煙歴あり、基礎疾患ありというリスクの下で新型肺炎発症から数日ほどで志村けんさんは力尽きました。 この現状を日本国民はどの程度わかっているのでしょうか? 海外の王族や芸能人の志村けんさんがこの世を去ったということは、手厚い最先端の最高の医療を受けられたとしても、疾患があれば今の医療では助けることが困難だということがわかります。 「コロナウイルスなんて若いから大丈夫」と言って外出する若者達にも大切な家族や恋人、友人が居ると思います。 若者達が感染して発症しなくても誰かに新型コロナを移してしまう事は考えられます。 ウイルスが周り回って大切な人を亡くすかもしれないことを考え行動していただきたいですね。 志村けん新型コロナ感染経路が判明? 3月29日に新型コロナ感染により、この世を去った志村けんさんの 新型コロナ感染経路が判明との噂がありました。 2月 大阪・北新地の会員制クラブ「クラブ藤崎」のホステス2人がスペイン渡航して感染帰国し藤崎まり子ママにも感染 2月23日 「東京銀座ブレア」にて志村けん誕生パーティー開催 その場にいた藤崎まり子ママから志村けんさん感染 3月17日 志村けんさんが倦怠感の症状 3月23日 志村けんさん新型コロナ陽性反応 3月24日 ホステス2人が新型コロナ陽性反応 3月25日 クラブ藤崎営業停止 との噂がありました。 ちなみに大阪・北新地の「クラブ藤崎」で3月14日に開催されたホワイトデーパーティーには阪神タイガースの 藤浪選手達が来店とのこと。 3月24日にホステス2人が新型コロナ陽性反応が確認された情報が藤浪選手の耳にも入り、藤浪選手は焦って医療機関を受診し、3月26日に藤浪選手達が新型コロナ陽性反応が確認されています。 味覚や嗅覚異常とのことでしたが関わったホステス2人の陽性反応の連絡があったのではないかとされています。 「都知事緊急会見」「海外旅行者」「ナイトクラブ」「志村けん」「藤浪選手」「感染経路不明」とまるでパズルのピース全てが繋がりそうな雰囲気です。 しかし、 感染経路はあくまで噂なので信憑性が高いのかはわかりません。 藤浪選手は合コンとかパーティー参加と言われていますが実際にはどういう場所だったのか。 志村けんについては感染経路は不明とのことです。 一部の報道や憶測で判断するのも難しいです。 志村けんさんと藤浪選手の感染経路が共通しているかもと知って、事実かどうか以上に今は不要不急に出歩くのは本当に避けた方が良い状況ですよね。 志村けんさんの訃報に対するネットの反応 ずっと志村けんのこと考えてていなくなったなんてまだ信じられないんだけど。 なんかもやもやする。 亡くなっても袋にいれられたまま火葬。 家族と会えるのはお骨になってからなんて😭 志村けんさんの無念さが、悔しさが分かって涙が止まらない。 志村けんという芸人は年齢性別の垣根を越えて多くの人に愛され、それ故に悲しみは深いのだと思います。 また、コロナウィルスによる発症から落命までが思いのほか早く、ショックを増大させる一因になったように思います。 続く — 紀浩麿 hirox55ki 志村けんの発症からの経過を見ると、せめて高齢者や持病のある人や妊婦とかだけでも、倦怠感とか何らかの違和感を感じた時点で即検査してくれよ…と思わずにいられない。 発症から3日後に入院、その3日後にやっと陽性判明って何なん。 日本全国で悲しみの言葉があふれました。 新型コロナ感染の過程として、早期発見できていたら状況は変わっていたかもしれません。 感染経路は噂話であるので信憑性はいかがなものかと思いますので、一部の報道や憶測ではなく正式な発表をしていただきたいですね。 発症から6日と、あんなに元気だった志村けんさんが旅立つとはいまだに実感が湧きません。 全国のお茶の間を賑やかせていた志村けんさんには心よりご冥福をお祈りいたします。

次の

志村けん感染経路が『銀座ブレア』『クラブ藤崎』はデマ!誹謗中傷で訴訟も検討 | SandoraNEWS

志村けん ブレア

この記事では、志村けんの 新型コロナウイルス感染経路とされる 夜のお店の生き残り方についてご紹介します。 不況で客足が途絶えて息も絶え絶えだった夜のお店たちにとって、足しげく通ってくれる太っ腹な志村けんさんの存在は、 まさに神様のように感じていたのではないでしょうか? 銀座や六本木、歌舞伎町では感染者が現在急増しています。 志村けんさんも夜のお店の常連客だったことから、新型コロナウイルスに感染してしまったことは、本当に不幸な出来事だったと言わざるを得ませんね。 志村けんさんの訃報は、 まさに日本中を覆う悲劇となってしまったんです。 それがましてや東京の銀座や、大阪の北新地のような高級店ともなりますと、足しげく通える客数は限られてきます。 不景気+新型コロナのWパンチを食らって窮地に陥った夜の高級店。 不景気を吹き飛ばす勢いで、志村けんさんが夜のお店たちを励ましていた姿が、なんだか目に浮かぶようですね。 いまだに保健所の調査に応じないホステスや、店舗も数多いと言われています。 この 隠ぺい体質が、ますます夜のお店たちを窮地に陥らせる原因となっているのですが…。 それでは夜のお店はこの先、お先真っ暗で廃業するしか道は残されていないのでしょうか? 実はこの窮地のさなか、業績を上げているサービスがあるんです! 不況+新型コロナの逆風が吹き荒れる中、 発想の転換で生き残っている新サービスを紹介したいと思います。 新型コロナ感染拡大でも大繁盛?宅配サービスのブーバーイーツに学べ! 集まらない・近づかない・ 閉め切らない 新型コロナ対策の3密の条件を満たさない飲食店からは、客足が減少する一方です。 その一方で、繁盛しているのが 出前や持ち帰りといった、自宅で楽しめるサービスを展開しているお店たち。 たとえば、餃子の王将や吉野家などのチェーン店は、お持ち帰りが出来るため自宅で飲食が可能ですよね? ファーストフードの雄・ マクドナルドも業績は絶好調! 人間だれしもお腹は空きますし、食べなければ生きていけません。 それが ブーバーイーツ Boober Eats です。 「トップレス・フード・デリバリー」というこの新しいサービスの内容は、 ストリップダンサーたちが 裸で食事のデリバリーをするというもの。 宅配代行の ウーバーイーツのパロディのようなネーミングですが、目の付け所がさすがアメリカン!! お店の中で客が来るのをただ待っているのではなく、 自分たちから積極的に客に会いに行く。 デリバリー形式にすれば良い。 ブーバーイーツを見習えば? — ぶぶーすりー bubuthree この攻めの姿勢は、日本の夜のお店でも見習う点があるのではないでしょうか? 風俗業界ではすでにデ〇ヘルというサービスを展開していますが、今や高級クラブといえども、背に腹を変えられない状態に追い込まれつつあります。 出張キャバクラというサービスもすでに存在していますが、今後はクラブやキャバレーといった夜のお店たちも、 出張サービスが主流になっていくのではないでしょうか? もし、志村けんさんが新型コロナ感染の危険性を認識されていたら…ご自宅にホステスを呼ばれるように変わっていたかもしれませんね。 少なくとも 濃厚接触する可能性は大幅に減らすことが出来るのですから! まとめ 以上、志村けんの新型コロナウイルス感染経路とされる夜のお店の生き残り方についてご説明いたしました。 多くの客やホステスたちが 狭い店内で密着するようなサービスを展開。 とりわけ土地代が高い東京都内の夜のお店は狭いことが多く、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するのは当たり前の結果だったんですね。 長年築き上げてきたブランド力も、 ウイルスという見えない敵には勝てません! 銀座や六本木、歌舞伎町といった夜のお店に通う人の数は、今後ますます減少していきます。 いつまでも、志村けんさんという偉大な存在を失った悲しみに、落ち込んでいるヒマはありません! アメリカのブーバーイーツのような、 画期的な出張サービスといった新たなビジネスチャンスも掘り起こされていますので、この機会に ビジネス形態を変える気構えが必要ですね!! 風評被害やデマ情報などが拡散されて、休業中のお店もあるようですが、自粛自粛では息が詰まる人たちも世の中には存在しているんです。 隠されたニーズをいち早くキャッチして、新しい 形態に柔軟に変化できること。 これが今後の夜のお店や飲食業界のみならず、すべての業界に求められる条件となる。 そんな未来が既に始まっているようにウアリンは感じました。 自分たちのやりたいことにこだわらず、 プライドも実績もすべて捨てて、 0から再スタートするお店だけが生き残れる時代が来るのかもしれませんね。 小池百合子都知事の 「夜の街へ行くな」発言に腹を立てる暇があるのなら、自分たちのサービスを必要としている方たちに、新たな形態で提供できるように転換する。 後ろを向かずに前を向いて、 時代の流れに逆らわず 進化・適応していく方がきっと日本でも出てくるハズ! それが志村けんさんをはじめとして、夜のお店にお金を落としてくださる、お客様たちへの誠意になるのではないでしょうか? 大変な時代になりましたが、 世の中に役立つサービスがスタートするのを、ウアリンは心から応援しています! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の