消防設備士 乙4 問題。 【1ヶ月で満点合格】消防設備士乙6の難易度は?公論での勉強方法

消防設備士 甲種4類・乙種4類の独学前編‐1発合格の重要試験情報と、傾向と対策

消防設備士 乙4 問題

消防設備士乙4の勉強方法 勉強開始時期、勉強時間 私は試験の1か月半前というギリギリでの開始だったため、平日でも1時間半~2時間ほど詰め込み、 合計で85時間ほど勉強しました。 消防設備士乙6の免状を持っているので消防関係法令(共通部分)の免除を受けていたのですが、もし受けていなかったら プラス7~8時間は必要だったと思います。 働きながら平日に勉強時間を確保するのはなかなか大変ですし、 第4類は甲乙ともに 合格率3割程度で内容もハードなので、 3か月程度は余裕をみておいた方がよさそうです。 いくつかの科目を同時に勉強する 『写真鑑別』と『構造』など、 セットで学習することにより理解が深まる科目もありますので、各科目を一つひとつクリアしていくのではなく、いくつかの科目を並行して勉強していくと効率が良いです。 特に私のように文系出身の方は『電気に関する基礎知識』がネックになるでしょうが、最初に気合いを入れてそこばかりに集中してしまうとキリがないですし、 難しくてやる気が失せてしまうこともあるかと思います 私は完全にそのパターンでした…笑。 ちなみに私は、 電気に関する基礎知識、 消防関係法令、 その他の3つに分けて同時に学習を進めていきました。 苦手分野は思い切って捨てる 私は『電気に関する基礎知識』でかなり手こずり、電気関連の本を読み漁ったものの結局よく分からず、相当な時間を費やしました。 しかしながら、消防設備士乙4で出題されるのは たったの5問。 そのうち40%、 つまり2問だけ正答すれば 足切りを免れることができます。 この後でご紹介する『 』によると、• 抵抗またはコンデンサの合成問題が、毎回のように出題される• 計測では、計器の構造や作動原理、交流用か直流用か、また記号に関する問題が必ず1問は出題される• 変圧器の計算問題が毎回のように出題される とのことでしたので、この3点のみ重点的に学習してあとは思い切って捨てました。 これだけでも全部正答すれば60%、 仮に1問落としても足切りのボーダーである40%は確保することができます。 最短で合格を目指すのであれば、思い切って捨ててしまうのもひとつの手です。 テキストを薄くしてやる気アップ ほとんどの消防設備士対策用の参考書がそうだとは思いますが、私が使用した参考書も甲乙両用で『製図』についても解説されていました。 今回受けた消防設備士乙4では不要な部分でしたので、免除科目の部分もろとも カッターでバッサリ切って使いました。 念のため製本テープで補強はしましたが、この後ご紹介する工藤本シリーズは分割してもバラバラになることはありませんでした。 参考書や問題集を薄くすることで 『これだけ覚えればいいんだ』というゴールが見えやすくなり、やる気アップにつながりました。 甲種の方も、免除科目がある場合はバッサリ分割してみるのはいかがでしょうか。 消防設備士乙4のおすすめ参考書&問題集 おすすめ参考書 テキスト これも同じ工藤本シリーズです。 参考書にもオマケ程度に問題は載っていたのですが、問題数が足りなかったため購入しました。 こちらも大当たりで、 同じ問題が本試験にそっくりそのまま出題されました。 それも複数。 この問題集のおかげで、 実技試験で95%の正答率をGETすることができました。 消防設備士乙4の試験当日について 本試験は、意外と時間に余裕があります。 ザッとみたところ、 半数以上の受験者が時間内に終わって途中退室していました。 私も30分ほどで解き終わりましたが、試験終了時間まで何度も見直しをしました。 消防設備士乙4は『考えて解く問題』は少なく『知識を試す問題』がほとんど。 わからない問題に時間をかけるのではなく、うっかりミスで点を落とさないよう繰り返し見直しをしておくのがおすすめです。 私の消防設備士乙4試験結果 正答率 合格通知 この記事の冒頭の写真 には、試験の正答率も載っています。 私の正答率は、• 消防関係法令… 100%• 電気に関する基礎知識… 80%• 構造機能および点検整備の方法… 93%• 実技試験(鑑別等)… 95% でした。 実技試験で9割以上とれたのは自分でも驚きました…!快挙。 思い切って捨てたはずの『電気に関する基礎知識』も8割とれていて安心しました。 消防設備士乙4 まとめ• 消防設備士乙4は 合格率3割程度• 参考書&問題集は 工藤本がおすすめ• 試験時間はわりと余裕アリ その他、、についての記事もありますので、ぜひご覧ください。 皆さまの合格をお祈りしております!.

次の

消防設備士乙種4類に挑戦

消防設備士 乙4 問題

「乙4の実技試験って何するんだろう?」 「どうやって対策すればいいの?」 乙種4類の試験を控えている方、または資格を取ろうか迷っている方は、 こんな風に悩むことがあるのではないでしょうか。 結論から言うと消防設備士の実技試験は、 ペーパーテストですです。 主に、火災報知設備に関するいろいろな機器の写真やイラスト等を見ながら、 問題に対して記述式で解答するという内容です。 実際に機器をいじるような試験ではないので安心してください。 この記事では、例題がたくさん載っているオススメの問題集や、スマホの対策アプリに変わる勉強方法等をご紹介します。 是非、実技試験の勉強を行う際にご活用いただければ嬉しいです。 乙種4類 実技試験の心構え 乙種4類の実技試験ってどんな試験? 冒頭でもお伝えしたように、乙種4類の実技試験では、 鑑別といって火災報知設備に関するいろいろな機器の写真や イラスト等を見ながら、問題に対して記述式で解答します。 実技試験というのは名前だけで、実際に火災報知器を点検したり、いじったりするような作業はありません。 例えばこんな問題が出題されます。 上記の問題のように、火災報知設備 感知器等 や消防設備士が現場で使う試験器・工具に関する問題が出題されます。 機器の名前や使い方を答える問題や、設置基準・作動原理を答える問題など、出題パターンは様々です。 問題数は5問。 実技試験を合格するには 60%以上の正解率が必要なので、最低でも3問は正解しないといけません。 4択問題の筆記試験と違って記述式なので、2つ気を付けて欲しいことがあります。 1つ目は「 解答欄を空欄にしない」こと。 実技試験では部分点があるので、分からなくて空欄を作るよりも、何かしら書いて1点でも多く稼いだ方が合格に近づきます。 (勘で書いたものが当たっていたなんてこともありますからね!) 2つ目は「 機器の名称は漢字で書けるようにしておく」こと。 間違った漢字を書いてしまうと不正解になるかもしれないので、 勉強するときは漢字を正確に書けるようにしておきましょう。 漢字が分からない場合はひらがなで書いてもOK 乙種4類 実技試験のココが大変 続いては、乙種4類の実技試験で、「ココは覚えるのが大変そうだな」と感じたところをお伝えしたいと思います。 まずは下記の写真3枚を見てください。 上記の写真は試験で出題されそうな感知器やペンチのほんの一部です。 これ以外にも一番右の図のように、試験器・表示灯・発信機など、いろいろな機器を覚えなくてはいけません。 乙種4類の試験は、写真やイラストを見ながら解答する問題がほとんどなので、機器の名称や使い方などをセットで覚ることが大切です。 受験者の方からは、「感知器の種類が沢山ありすぎて、名前と使い方がゴチャゴチャになる」との声もお聞きしました。 名前と使い方がゴチャゴチャにならないようにするには、 機器ごとに特徴を見つけて暗記するのが良いでしょう。 ~具体例~ 【さまざまな感知器】の 3 『蛍光灯のように丸くなっている感知器:差動式スポット型感知器』・・・蛍光灯のように丸くなっているところが特徴 【さまざまなペンチ】の 2 『先端が鋭くとがっている:ラジオペンチ』 こんな風に、機器の特徴を見つけて勉強していくと、 覚えやすくて効率よく暗記できると思いますよ! 乙種4類 実技試験、どうやって対策すればいい? 次は、乙種4類の実技試験を勉強する際にどんな 対策方法があるのか、3つご紹介したいと思います。 『のぞき見勉強』でイメージアップ まず1つ目は『 消防設備機器のカタログを覗いてみる』という方法です。 わたしはこれを『 のぞき見勉強法』と 名付けました。 消防設備機器のカタログには、感知器や発信機、 受信機などのさまざまな機器が豊富に載っています。 問題文が載っていないのは当たり前ですが、写真の数はテキストよりも断然豊富です。 「実際の現場でどんな機器が使用されているのか」 「機器がどんな構造になっているのか」を学ぶには、 良い対策方法だと思っています。 実際に、この『のぞき見勉強法』を試した人は、こんなコメントをしていました。 テキストだけではなんだか物足りず、「もっと実物を見て勉強出来たらいいのになぁ」と悩んでいました。 でもある時、ふと会社に置いてあった消防設備のカタログに目が留まったんです。 パラパラとページをめくっていると、テキストよりも機器の 写真が多く載っているという事に気が付きました。 はじめは参考書のつもりで「こんな機器もあるんだ~」程度にしか使っていなかったのですが、じっくり見てみると、機器の名前や構造まで詳しく書かれている事を知りました。 問題こそ載っていないものの、「この機器はこういう建物に使うんだぁ」 とイメージを掴むのには十分だと思います。 最近では、消防設備機器のカタログを ネット上で公開している会社も沢山あります。 スマホでも手軽に見ることが出来るので、スマホアプリで勉強できない分、 消防設備機器のカタログを覗いて勉強する方法もアリなのではないでしょうか。 ネットで『消防設備機器 カタログ』と検索すると、いろいろなカタログがヒットすると思うので、 自分が良いなと感じたものを選んで覗いてみてください。 実技試験に特化したテキストを選ぼう 2つ目は、勉強する際にテキストを選ぶときに 『 実技試験に特化したテキストを選ぶ』ことです。 なぜかというと、書店などで販売されているテキストのほとんどが、 筆記試験と実技試験の範囲が一緒に記載されているからです。 実技試験のページ数は、筆記試験と比べると少ないことが多く、 十分に対策できないかもしれません。 そこで今回は、実技試験の内容が豊富に記載されていて、 受験者の方にも好評を得ているテキスト2冊をご紹介したいと思います。 テキストを選ぶ時などに、ここで読んだ情報をご活用して頂ければ嬉しいです。 今回はその中から、 消防設備士4類の筆記試験と実技試験の鑑別に特化した専門のテキストをご紹介したいと思います。 このテキストは、 乙種4類の試験を勉強する際にピッタリのテキストです。 普通のテキストなら、乙種4類と甲種4類の内容が一緒に記載されていますが、このテキストには製図が含まれていません。 ですから、筆記試験と実技試験 鑑別 の勉強だけに集中して行うことが出来ます。 これ1冊で筆記試験も実技試験も勉強出来るので、 テキストを購入すると決めた時点でこのテキストを選んでみてもいいと思いますよ! 最終手段で『対策セミナー・通信講座』に通うのもアリ 3つ目は『 対策セミナーや通信講座に通う』ことです。 対策セミナーや通信講座は「どうしても勉強の仕方が分からない」「ひとりで勉強するのは不安」というような人にオススメ出来ます。 実際に対策セミナーや通信講座を活用して資格を取った人からは、 会社 受講料金 受講期間 A社 22,000円 4ヶ月間 B社 20,000円 4ヶ月間 C社 40,000円 7ヶ月間 D社 32,000円 記載なし 市販のテキストや問題集が、2,000円~4,000円程度で買えるのに対して、対策セミナーや通信講座の受講料金は、数万円するものが多く、とても高価なものになっています。 値段だけを見ると「高いな~」という印象を持ちますが、どのセミナー・講座も、内容はそれなりに濃くて、価値があると考えてよいでしょう。 対策セミナーや通信講座に行くか・行かないかを判断するのは自分次第です。 しかし、どうしても1人だけで勉強していると行き詰ったり、どう勉強したらいいのか分からなくなったりすることがあるかもしれません。 もしそうなった時は、 『最終手段で対策セミナーや通信講座に行く』という事を頭の片隅に入れておくと気持ちが楽になるかもしれませんね! 乙種4類 実技試験、初心者の方にオススメする勉強方法 乙種4類の試験が初めての方でしたら、どうやって勉強を進めていけばいいのかわからないという悩みを持っている方もいらっしゃると思います。 今回はそんな方のために、勉強の進め方のイメージを考えてみました。 ぜひご参照ください! 自分に身近なもの・見たことあるもの・イメージ湧きやすいものから手を付ける 実技試験は記述式で解答しなければいけません。 また、問題数は5問と少ないのに、試験範囲が広いので、「どこが出題されるか分からない」という不安や、 「正確に覚えなければいけない」というプレッシャーもあると思います。 そんな不安やプレッシャーを少しでも軽減するために、まずは『 自分に身近なもの・見たことがあるもの・イメージの湧きやすいもの』から手を付けていくと良いでしょう。 例えばこんなイメージです。 1 最初は消防設備士が使う工具から勉強します。 理由:一番身近で、ペンチとかニッパーは使ったことがあるから。 ペンチとかニッパーは色々な種類があるので、ゴチャゴチャにならないように、「名称」と 「どんな時にどのように使うのか」が一致して答えられるようになるまで暗記しましょう。 2 次は火災報知設備の感知器について勉強します。 理由:感知器の実物を見たことがあるから。 自宅にも設置されているから。 感知器は、私たちの生活にとても身近な存在なので、誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。 実物を見る事でイメージも湧きやすくなり、「どの感知器をどこに設置するか」が覚えやすくなりますよ! 設置基準や作動原理を『単語帳』に書いていつでも勉強できるように準備 火災報知設備の「名称」や「どんな時にどのように使うのか」を覚えたら次は「設置基準」や「作動原理」を覚えましょう。 「設置基準」や「作動原理」の勉強方法の1つとしてオススメなのが 『単語帳』を使った勉強方法です。 下記の画像のようなイメージです。 「単語帳なんて子供くさい」「いちいち書くのが面倒くさい」と思う方もいるかもしれませんが、実は単語帳って有能なんですよ! 繰り返しになりますが、乙種4類はケータイの対策アプリがほとんどありません。 とはいえ、移動時間や休憩中等のすきま時間に勉強できないのは勿体ないと思いませんか? でも、大きくて重いテキストを持ち運ぶのも大変だし…そんな時に役立つのが単語帳です。 【1週目】 まずはテキストを見ないで、問題集を普通に解いてみて、採点してみましょう。 間違っていた問題をノートにピックアップして、「どうして間違ったのか」をテキストと解答集を見ながら確認して、正しい答えを暗記します。 【2週目】 1周目で間違った問題の正しい答えを暗記できたなと思ったら、問題集の2週目を解いていきます。 解き終わったら2週目も、1週目の時と同じ要領で、間違っていた問題をノートにピックアップしましょう。 また、当たったけどちょっと不安な問題も一緒にピックアップして、テキストなどで確認しておくと良いですね。 【3週目】 3周目は最終確認のつもりで問題を解いていきましょう。 3周目なので、1周目のときと比べると理解度もアップしていると思います。 もっと問題をたくさん解いておきたいという方は、更に問題集を追加して勉強するのもいいですよ! まとめ いかかでしたでしょうか。 今回は消防設備士 乙種4類の実技試験に関して、試験の心構えや対策方法・勉強方法などご紹介してきました。 よく、『実技試験は筆記試験よりも難しい』と言われていますが、今回お伝えした対策方法や勉強方法を駆使していけば、合格に近づく確率は高くなると思います! 今後、乙種4類の実技試験を勉強するときは、ぜひこの記事で読んだ情報をご活用していただければ嬉しいです。

次の

実技‐煙感知器:消防設備士 乙種4類の公式過去問+解説

消防設備士 乙4 問題

点検・整備用の計測機器、工具• 感知器• 受信機• 地区音響装置の鳴動方式• 電線の種類• 感知器の接続方法• 試験器 などが出題されやすいです。 「構造・機能および工事または点検・整備の方法」の項目を基礎として出題されることが多いです。 まずは 「構造・機能および工事または点検・整備の方法」の項目を理解しておきましょう。 第4類消防設備士の写真鑑定問題 第4類消防設備士の写真鑑定問題では、多くの機器や工具などが出題されます。 分かりやすいものから徐々に時間をかけて覚えることが重要です。 また、第4類消防設備士の機器は比較的たくさんの施設に設置されていますので、 日常でも確認しながら覚えると身につきやすいです。 以下に出題が多い機器を紹介していきます。 機器の写真については、ニッタンのホームページを見るのがオススメです。 P型1級受信機 受信機に関しては、用途などを問われることはあまりないと思います。 出題傾向としては「回線数」が問われるくらいだと思いますので、「構造・機能および工事または点検・整備の方法」でしっかりと理解しておきましょう。 P型1級受信機は「多回線」「1回線」と出題しにくいので、出題されるとしても 名称のみとなる場合が多いです。 「名称と写真の 回線数を答えよ。 」、 「名称と 回線数まで接続できるか答えよ。 」といった出題が出ます。 デジタル表示になっていればR型になりますので、答えやすいかと思います。 P型受信機の機能に、ガス漏れ検知器から発せられた信号を受信して、ガス漏れを報知する(G型受信機)の機能を併せもつ受信機です。 火災通報装置 火災通報装置に関しては、出題される可能性は高くも低くもないです。 たまに出題されますが、試験では受話器タイプが出題される確率が高いです。 しっかりと覚えておきましょう。 用途を問われることもあるので、覚えておきましょう。 第4類消防設備士試験】です。 本当に分かりやすく絵付きで説明されており、ややっこしい部分は語呂合わせなどで説明してあります。 上記のみですと問題数が少ないため、これも 「工藤本」の 【 本試験によく出る!第4類消防設備士問題集 】 で多くの問題を解いてください。 鑑別等試験及び製図の部分においてもこの「工藤本」は分かりやすく丁寧に記載されています。 今回紹介した写真鑑定問題も 「工藤本」を参考に紹介させていただきました。 第4類消防設備士試験 第4類消防設備士を受験される方のほとんどは、この 『わかりやすい!第4類消防設備士試験』を購入されます。 試験会場で周りを見ても、大体の方が使用していました。 タイトルのとおり分かりやすく解説されているので、全類共通部分に関しては復習もかねて使うことが可能です。 売り切れになることも多いので、受験される予定の方は早めにご購入されることをオススメします。 本試験によく出る!第4類消防設備士問題集 上記の『わかりやすい!第4類消防設備士試験』のデメリットは、練習問題が少ないことです。 この 『本試験によく出る!第4類消防設備士問題集』はそんなデメリットを穴埋めしてくれます。 『わかりやすい!第4類消防設備士試験』を購入せず 『本試験によく出る!第4類消防設備士問題集』だけで受験される方もいらっしゃるので、とても人気のある問題集となります。 こちらも売り切れになることも多いので、受験される予定の方は早めにご購入されることをオススメします。 まとめ この記事では• 第4類消防設備士の実技試験『鑑別等試験』• 第4類消防設備士の写真鑑定問題• 第4類消防設備士のおすすめ参考書 について解説させていただきました。 写真鑑別問題は『暗記』あるのみです。 今回紹介してない、見たこともないような問題も出題されることがあります。 そこは正直運が絡んできますが、取あえず今回紹介した機器を覚えておけば問題ありません。 『構造・機能および工事または点検・整備の方法』をしっかりと勉強し、鑑別等試験の勉強に励んでください。 また、試験でここに掲載していない写真鑑定問題が出題されたら、教えていただけるとうれしいです。 どんどん追加していきます。 すこしでも参考にしていただけたら幸いです。 では、でした。 Twitter: もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

次の