ブラ を 捨て 旅 に 出 よう つまらない。 あ行の作家: BABOF

水原希子、インドの富豪に見染められる!? Huluオリジナルドラマ「ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~」第3話予告

ブラ を 捨て 旅 に 出 よう つまらない

首都ディリの空港。 写真提供/歩りえこ でも、 日本人観光客があまり行かないような国って情報が本当になくて93カ国を旅していたとしても、正直結構不安だったりする。 が、日本出発直前の仕事の打ち合わせ先でたまたま出会った日本人の映像クリエイターさんに「3日後、東ティモールに行くんです」と話したら、『東ティモールに知り合いのドイツ人女性が住んでいるから紹介しようか?』というまさかの展開! これは……ツイてる! アメリカやヨーロッパならよくありそうな話だが、なんせ東ティモールというマイナーな国だ。 日本人にとって全くメジャーではない国に行こうとしている3日前に、現地で生活している人を知っている仕事関係者にたまたま遭うなんて、もはや運命すら感じてしまう。 しかもその知り合いというのがまた予想外にも、ドイツ人の元スーパーモデルだった。 パリコレにも出たことがあるという長身美人さんだと言う。 モデルを辞めてから彼氏と一緒に東ティモールに住んで映像制作の仕事をしているらしいのだ。 その日本人映像クリエイターさんは早速コンタクトを取ってくれ、ドイツ人女性と彼氏さんが「 東ティモールは交通の便も良くないし、あなたの友人なら現地でぜひ彼女をサポートしたい」と言ってくれていると言う。 なんてありがたい! 早速そのドイツ人女性レナ(仮名)からフェイスブックのメッセンジャーでメッセージが届いた。 すると、レナは新しいカメラを買うために東ティモールからシンガポールに来ているそう。 しかも、 私が予約しているフライトと全く同じ便でシンガポールから東ティモールに帰るというではないか……。 なんたる偶然! レナは女性だけど、これが男性なら、全然タイプじゃなくても運命を感じてしまいそうなレベルの偶然だわ(笑)。

次の

あ行の作家: BABOF

ブラ を 捨て 旅 に 出 よう つまらない

人はみな認知バイアスの罠に陥っている 前回()「認知バイアス」について簡単に触れたが、いまやネットで「認知バイアス」と検索すれば、数多くのバイアス例を知ることができるし、解説書もたくさん出版されている。 そして、人間一般に見られる認知バイアスを知ることは、ことのほか楽しいし、新しい知見を得て賢くなった気分にもなれる。 たとえば、ほとんどの人間は自分の知能やスキル、性格などに対する評価が甘くなる「楽観バイアス」を持っており、それを証拠づけるデータや事例は事欠かない。 仕事を引き受けたときには、納期や締め切りに間に合うと思っているし、結婚するときには、誰もが「自分たちは離婚しない」と考えている。 運転手の9割は、自分の運転能力は平均以上だと思っている。 私自身を振り返っても、耳の痛いことばかりだ。 あるいは、一度申し込んだ定期購読の雑誌やメルマガを、読みもせずに継続している人は少なくないはず。 これは「現状維持バイアス」と呼ばれるものだ。 さらに、身内びいきの「マイサイド・バイアス」や、自分の思い込みに対する否定的要素を受け付けない「確証バイアス」など、挙げていけばキリがない。 いずれにしても、こうした認知バイアスは、人間の不可思議で非合理な性質を教えてくれるし、それを知った自分は俯瞰的な視点に立った気になる。 多くの啓発書でも、認知バイアスをまぬがれるためには、自覚することが第一歩だという結論で終わるものが多い。 しかし、認知バイアスは、直感的に知ったり自覚したりすれば治るようなものではないと、哲学者のジョセフ・ヒースは『啓蒙思想2. 0』(NTT出版)のなかで力説している。 <知識は私たちを解放するか? 残念ながら、心に関しては、答えはノーである。 バイアスについて知っているだけでは、バイアスにかかりにくくはならない。 それどころか、知識は逆効果になりかねない。 バイアスのことはよく知っている、まさにそのために、影響を免れられると思い込んでしまう> もちろん、まったく知らないよりは知ったほうがいいし、注意すればいくらかは誤りにくくなることだってあるかもしれない。 でも、その効果はたかが知れている。

次の

水原希子、インドの富豪に見染められる!? Huluオリジナルドラマ「ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~」第3話予告

ブラ を 捨て 旅 に 出 よう つまらない

アメリカでノーブラの人に出会い、衝撃を受け、世界一周旅行をしちゃった著者の話。 世界には危険がいっぱいで、 その分、すてきなこともいっぱいなんだな、と。 今はやりの世界一周。 それに先駆けた文庫本なのかな? バックパッカーがどんなものかわからないけど、実は一回はやってみたいと思っている。 でも、いつも旅行に行くとき、すごい荷物になるからこりゃ無理かもなと諦めつつもある。 笑 読むと元気になるね、この本は。 すごいこと レイプ未遂とか強盗とか にあってもとにかく前に歩き続ける著者に元気付けられる。 それと同時に毎日通勤し、毎日同じオフィスで働くわたしがなんだかつまらないものに思えたりもする。 本の章ごとにある写真の中の著者の笑顔がすごい、眩しくて。 世界は広い。 私もどこかに旅に出たい。

次の