シャドウサイド 小説。 千葉雄大には“2つの顔”がある!?『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』インタビュー(1/2)

妖怪ウォッチ シャドウサイド 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

シャドウサイド 小説

もうすぐバレンタインだが、さくら元町では洋菓子店やスーパーからチョコレートが消える事件が相次いでいた。 「うすらぬら」にも「さくら元町・呪いのチョコ狩り事件」というタイトルで書き込みが寄せられており、なんと、チョコだけでなくチョコレート菓子を作るショコラティエたちも姿を消しているらしい。 妖怪探偵団は書き込みにあったケーキ店で、聞き込みを開始。 どうやら町内のほかのお店でも同じような事件が起こっているようだ。 トウマは幻魔・義経を憑依させて、現場に残された痕跡からこの事件に関わる妖怪を探ることに。 すると義経は「激しい怨みの念を感じる」と言う。 被害を防ぐため、ナツメ達がまだ被害が出ていないケーキ店を探していたところ、とある店から川の水のようにチョコが流れ出していて!? 学校でうさぎ当番の順番が回ってきて、かわいいうさぎを触り放題!と喜ぶケースケ。 しかし、「うすらぬら」に「闇へ導くうさぎ」にまつわる投稿が寄せられており、用心したほうがいいとアキノリに言われる。 なんでも、街にいるはずのない真っ黒いうさぎが突如現れて、そのうさぎを追いかけたところ、数えきれないほどのうさぎに取り囲まれたとのこと。 さっそくナツメたちは調査を開始。 すると、書き込み主のようなケースの他にも、うさぎが恐ろしい顔をしていたり、巨大なうさぎに遭遇したケースもあったりと、状況は様々だ。 次の日、うさぎ当番のケースケたちがうさぎのエサを買いに行き、エサ袋を持って歩いていると、路地からかわいい黒ウサギが現れて……。 ゲーム好きのクラスメイト・二階堂が、なんだか「VR戦記」というゲームに怯えているように見えて、違和感を抱いたナツメ。 みんなに二階堂の話をすると、「うすらぬら」にも「VR戦記」にまつわる書き込みがあった! なんでも、このゲームで対戦して相手のキャラクターを倒すと、黒いマントの騎士が出現し、剣で襲ってくるらしい。 ナツメたちがさっそく二階堂に話を聞きに行ってみると、やはり彼も同じような目に遭い、その後、そのときの対戦相手の大学生・シュンとは連絡が取れなくなってしまったという。 今度はシュンのアパートを訪ねてみたナツメたち。 鍵の開いたドアから恐る恐る様子をうかがっていると、辺り一面がゲーム内のような闘技場に変わって……!?

次の

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 (小学館ジュニア文庫)

シャドウサイド 小説

世の中の全てのことには、 表と裏があります 社会、学校、政治、人間関係… あらゆるものに、裏の世界があるのです もちろんそれは、 妖怪にも… 概要 「」をプロローグとしたの新シリーズ。 2018年4月13日から2019年3月29日まで放送された。 テレビアニメ化により映画で出演した声優の都合上、ナツメは、トウマはに声優が変更された。 また前作の主要キャラクターを演じた声優の多くが引き続き続投している。 映画で活躍したナツメ、トウマ、アキノリ、そしてナツメの弟であるケースケで構成される妖怪探偵団が怪奇案件を調査するのが基本的な流れ。 前作に比べると暴行シーン等のハードな展開や「死」が描かれる展開が多い。 また、戦闘シーンがしっかりと描写されるようになったのも特徴。 ただ、前作同様「子供向けアニメ」として製作されていることもあって、話によっては呆れるオチがあったり、随所にコミカルなシーンがあったりと前作の要素も多く残している。 製作陣曰く「2期」にあたるらしいが、ゲームや漫画などでは従来のシリーズも並行して展開されており、ある種の作的な側面も存在している。 4年も続けていく内にあらゆる面で幼児向けに傾きつつあったため、もっと幅広い世代の視聴者に見てもらいたい(ぶっちゃけ 化回避)ということで制作に踏み切った。 対象年齢層が上がった事や路線変更などによる批判があった一方で男子小学生からの評判(関連グッズ売れ行き・世代別視聴率)は良かったらしい。 本作終了後の2019年4月から『』が放送されたが、妖怪ウォッチエルダや妖怪アークは引き続き登場し、ライトサイドとシャドウサイドの代わりにワンチャンサイドという新要素が追加された。 ゲームとしてはの「」として制作され、ケータが当作品の世界や、映画「」の世界を訪れる模様。 あらすじ ケースケは「東京・さくら元町」に住む小学5年生。 最近帰りが遅い姉のナツメを追ってたどり着いたのは、なんと妖怪探偵団! 幽霊やUFO・・・まして妖怪の類は信じないケースケ。 しかし、それ以来、世にも不思議な怪奇事件に巻き込まれることになる・・・。 主要人物• (声:) ケータの娘にしてケースケの姉である中学生。 2つの姿を持つ妖怪を呼び出す「」の持ち主。 (声:) かつて心に闇を抱えていたナツメの幼馴染。 自身とを一体化させる「」と、を憑依させるの一つ「フドウ雷鳴剣」の持ち主。 (声:) 代々妖術を用いた占いを生業とする有星家の跡継ぎ。 当初は妖怪ウォッチを持ってはいなかったが、後にを呼び出す「」の持ち主となる。 (声:) ケータの息子にしてナツメの弟である小学生。 ふとした事から妖怪が引き起こす恐怖案件に巻き込まれる事になる。 怖がりで認めたくないという気持ちからオカルトを否定する発言をする一方で、意外に強情な面がある。 各話の冒頭で登場する妖怪の解説をする。 強力な妖術の持ち主で色々な発明をこなす器用さもある。 (声:) 第15話から登場。 ナツメとトウマの通う中学校に転校して早々、ファンができる程の美貌の持ち主。 勉強も運動もできる才女。 妖怪たち• (声:) ずいぶんと姿は変わったが、中身は全く変わっていない妖怪執事。 以前より出番は減ったが、サポート面で活躍する場面が多くなっている。 (声:) かつてのドルオタな少年から、色々と擦れた中年と化したネコの地縛霊。 (声:) マイペースな白き狛犬。 元々は若きオババの愛犬だったが、狛犬の像に下敷きになった事で妖怪となった。 これまでアニメなどに登場したコマさんとは同名であるが、全く別の妖怪。 (声:) 邪悪な大蛇から一転、ヒーローを志している元祖ボス妖怪。 ナツメを守ろうと日々、体を鍛えているのにそこまで強くない。 (声:) ある妖怪と深い関係がある妖怪。 自分が見たものであれば変身できる能力を持っている。 (声:) 第27話から登場。 強い正義感を持っているカエルの妖怪。 コマさんと同じく狛犬の像に下敷きになって妖怪になった。 コマさんとは強い絆で結ばれている。 これまでアニメなどに登場したコマじろうとは全く別の妖怪。 ハルヤ一派• (声:) ナツメが通う学校に転入してきた、謎の少年。 正体は。 洞潔やフクロウを動かして、 「姫」と呼ばれる存在を探している模様。 さらに姫の力を覚醒させるために必要な5本の妖聖剣を探している。 妖聖剣の一つである「アシュラ豪炎丸」を所有している。 (声:) ハルヤの配下だが、組織内での立場は洞潔より格下。 姫を捜索する為、欲望を抽出した「兆しの矢」を妖怪などに撃ち込み事でへと変えてしまう。 謎の妖怪• 戦いに敗れて力尽きようとするフクロウに力を与えて異形の怪物に変化させるなど、強大な力を持っている。 その目的と正体は……。 関連動画 関連タグ :系列では、シャドウサイドの前に放送される繋がりのサッカーアニメ。 :こちらもがコミカル要素が強かったのに対し、ハード路線で製作された作品で、前作から未来の出来事を描いた作品であることも共通している。 また前作との間に何があったのかが明言されてないという共通点もある。 関連記事 親記事.

次の

妖怪ウォッチシャドウサイドの最終回はいつ?どうなる?続編となる「妖怪ウォッチ!」2019新シリーズとは?

シャドウサイド 小説

もうすぐバレンタインだが、さくら元町では洋菓子店やスーパーからチョコレートが消える事件が相次いでいた。 「うすらぬら」にも「さくら元町・呪いのチョコ狩り事件」というタイトルで書き込みが寄せられており、なんと、チョコだけでなくチョコレート菓子を作るショコラティエたちも姿を消しているらしい。 妖怪探偵団は書き込みにあったケーキ店で、聞き込みを開始。 どうやら町内のほかのお店でも同じような事件が起こっているようだ。 トウマは幻魔・義経を憑依させて、現場に残された痕跡からこの事件に関わる妖怪を探ることに。 すると義経は「激しい怨みの念を感じる」と言う。 被害を防ぐため、ナツメ達がまだ被害が出ていないケーキ店を探していたところ、とある店から川の水のようにチョコが流れ出していて!? 学校でうさぎ当番の順番が回ってきて、かわいいうさぎを触り放題!と喜ぶケースケ。 しかし、「うすらぬら」に「闇へ導くうさぎ」にまつわる投稿が寄せられており、用心したほうがいいとアキノリに言われる。 なんでも、街にいるはずのない真っ黒いうさぎが突如現れて、そのうさぎを追いかけたところ、数えきれないほどのうさぎに取り囲まれたとのこと。 さっそくナツメたちは調査を開始。 すると、書き込み主のようなケースの他にも、うさぎが恐ろしい顔をしていたり、巨大なうさぎに遭遇したケースもあったりと、状況は様々だ。 次の日、うさぎ当番のケースケたちがうさぎのエサを買いに行き、エサ袋を持って歩いていると、路地からかわいい黒ウサギが現れて……。 ゲーム好きのクラスメイト・二階堂が、なんだか「VR戦記」というゲームに怯えているように見えて、違和感を抱いたナツメ。 みんなに二階堂の話をすると、「うすらぬら」にも「VR戦記」にまつわる書き込みがあった! なんでも、このゲームで対戦して相手のキャラクターを倒すと、黒いマントの騎士が出現し、剣で襲ってくるらしい。 ナツメたちがさっそく二階堂に話を聞きに行ってみると、やはり彼も同じような目に遭い、その後、そのときの対戦相手の大学生・シュンとは連絡が取れなくなってしまったという。 今度はシュンのアパートを訪ねてみたナツメたち。 鍵の開いたドアから恐る恐る様子をうかがっていると、辺り一面がゲーム内のような闘技場に変わって……!?

次の