横浜 市 南 区 六ツ川 郵便 番号。 横浜市南区の郵便番号一覧

横浜市南区の郵便番号一覧

横浜 市 南 区 六ツ川 郵便 番号

イドガヤカミマチ• イドガヤシモマチ• イドガヤナカマチ• ウラフネチョウ• エイラクチョウ• エノキチョウ• オオオカ• オオハシチョウ カ行• カノエダイ• カラサワ• キョウシンチョウ• グミョウジチョウ サ行• サンノウチョウ• サンヤ• シミズガオカ• シュクチョウ• シロガネチョウ• シロタエチョウ• シンカワチョウ タ行• タカサゴチョウ• タカネチョウ• トオリチョウ ナ行• ナカザト• ナカザトチョウ• ナカジマチョウ• ナカムラチョウ• ナガタキタ• ナガタサンノウダイ• ナガタダイ• ナガタヒガシ• ナガタミナミ• ナガタミナミダイ• ニシナカチョウ ハ行• ハチマンチョウ• ハナノキチョウ• ヒエチョウ• ヒガシマイタマチ• フシミチョウ• フタバチョウ• ヘイラク• ベッショ• ベッショナカザトダイ• ホリノウチチョウ マ行• マイタチョウ• マエサトチョウ• マガネチョウ• マンセイチョウ• ミナミオオタ• ミナミヨシダチョウ• ミハルダイ• ミヤモトチョウ• ムツカワ• ムツミチョウ ヤ行• ヨシノチョウ ワ行• ワカミヤチョウ.

次の

神奈川県横浜市南区六ツ川3丁目

横浜 市 南 区 六ツ川 郵便 番号

地理 [ ] 横浜市南区西部に位置し、西端は・・に接する。 一丁目から三丁目がV字形の形状をしており、戸塚区に食い込むように四丁目が西に張り出す。 正式な表記は六 ツ川だが 、六 つ川 や六 ッ川 の表記も混在する。 東西に(平戸桜木道路)、南北にが通りがあるが、町内にインターチェンジは設けられていない。 二丁目西部にはがあり、隣接する港南区にかけては医療機関が集積する地区となっている。 三丁目には横浜パークタウンや六ッ川台団地など集合住宅が立ち並ぶ。 またとの隣接地にはがある。 沿革 [ ] 古くは引越村で、(22年)に周辺の村と合併、大字引越となる。 (2年)4月1日に横浜市に編入、横浜市六ツ川町となる。 六ツ川の地名は、古い広域地名の「多々久郷」が弘明寺・中里・別所・最戸・久保・引越の六ヶ村に分かれたこと、市町村制施行時に大岡川村となったことに由来する。 また、鮫ヶ谷・久保谷・マンヶ谷・九田谷・荒戸谷・御堂谷の谷側に由来するとの別説もある。 1927年(昭和2年)に区制施行、となったのち、(昭和18年)に新設したに編入された。 (昭和42年)に六ツ川町の町名が廃止され、六ツ川一丁目から三丁目を新設。 次いで(昭和44年)に四丁目が新設された。 なお、追加で新設された四丁目は上記の六ツ川とは本来別個の地域で、古くは永谷村の一部。 (22年)に上野庭村、下野庭村および平戸村飛地と合併、の一部となる。 (11年)にに編入、の一部となり、下永谷町となる。 (昭和18年)に分区によりに編入、(昭和44年)10月1日に下永谷町のうち、北端で六ツ川三丁目に隣接した地域(字山谷)を六ツ川四丁目としたものである。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 六ツ川一丁目 2,794世帯 5,570人 六ツ川二丁目 3,655世帯 7,786人 六ツ川三丁目 3,487世帯 7,411人 六ツ川四丁目 1,010世帯 2,174人 計 10,946世帯 22,941人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 六ツ川一丁目 1〜131番地、133〜235番地 239〜248番地、250番地の2〜3 250番地の6〜7、251〜253番地 258〜263番地 249番地〜250番地の1 250番地の4〜5・8 388番地 132番地 310番地 崖の上 668番地 その他 六ツ川二丁目 1〜13番地、15〜38番地 41〜46番地、48番地 50〜51番地 79番地〜110番地の4 14番地、57番地の7 62番地の24〜32、63〜78番地 110番地の5〜終り その他 六ツ川三丁目 1〜16番地 横浜市立六つ川小学校 その他 六ツ川四丁目 全域 横浜市立六つ川西小学校 施設 [ ] 教育機関 [ ]• 横浜市立六ツ川中学校• 横浜市立南中学校• 横浜市立六つ川西小学校• 横浜市立六つ川台小学校• 神奈川県立横浜南養護学校 公共施設 [ ]• 六ッ川交番・大池交番• 横浜市南消防署六ツ川消防出張所• 横浜六ッ川郵便局• 横浜六ッ川一郵便局 商業施設・金融機関 [ ]• 六ッ川店• 六ツ川店• 横浜六ツ川支店• 六ツ川支店 その他 [ ]• 横浜市こども植物園 その他 [ ] 女優、歌手のの出身地である。 脚注・参考資料 [ ].

次の

六ツ川

横浜 市 南 区 六ツ川 郵便 番号

地理 [ ] 横浜市南区西部に位置し、西端は・・に接する。 一丁目から三丁目がV字形の形状をしており、戸塚区に食い込むように四丁目が西に張り出す。 正式な表記は六 ツ川だが 、六 つ川 や六 ッ川 の表記も混在する。 東西に(平戸桜木道路)、南北にが通りがあるが、町内にインターチェンジは設けられていない。 二丁目西部にはがあり、隣接する港南区にかけては医療機関が集積する地区となっている。 三丁目には横浜パークタウンや六ッ川台団地など集合住宅が立ち並ぶ。 またとの隣接地にはがある。 沿革 [ ] 古くは引越村で、(22年)に周辺の村と合併、大字引越となる。 (2年)4月1日に横浜市に編入、横浜市六ツ川町となる。 六ツ川の地名は、古い広域地名の「多々久郷」が弘明寺・中里・別所・最戸・久保・引越の六ヶ村に分かれたこと、市町村制施行時に大岡川村となったことに由来する。 また、鮫ヶ谷・久保谷・マンヶ谷・九田谷・荒戸谷・御堂谷の谷側に由来するとの別説もある。 1927年(昭和2年)に区制施行、となったのち、(昭和18年)に新設したに編入された。 (昭和42年)に六ツ川町の町名が廃止され、六ツ川一丁目から三丁目を新設。 次いで(昭和44年)に四丁目が新設された。 なお、追加で新設された四丁目は上記の六ツ川とは本来別個の地域で、古くは永谷村の一部。 (22年)に上野庭村、下野庭村および平戸村飛地と合併、の一部となる。 (11年)にに編入、の一部となり、下永谷町となる。 (昭和18年)に分区によりに編入、(昭和44年)10月1日に下永谷町のうち、北端で六ツ川三丁目に隣接した地域(字山谷)を六ツ川四丁目としたものである。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 六ツ川一丁目 2,794世帯 5,570人 六ツ川二丁目 3,655世帯 7,786人 六ツ川三丁目 3,487世帯 7,411人 六ツ川四丁目 1,010世帯 2,174人 計 10,946世帯 22,941人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 六ツ川一丁目 1〜131番地、133〜235番地 239〜248番地、250番地の2〜3 250番地の6〜7、251〜253番地 258〜263番地 249番地〜250番地の1 250番地の4〜5・8 388番地 132番地 310番地 崖の上 668番地 その他 六ツ川二丁目 1〜13番地、15〜38番地 41〜46番地、48番地 50〜51番地 79番地〜110番地の4 14番地、57番地の7 62番地の24〜32、63〜78番地 110番地の5〜終り その他 六ツ川三丁目 1〜16番地 横浜市立六つ川小学校 その他 六ツ川四丁目 全域 横浜市立六つ川西小学校 施設 [ ] 教育機関 [ ]• 横浜市立六ツ川中学校• 横浜市立南中学校• 横浜市立六つ川西小学校• 横浜市立六つ川台小学校• 神奈川県立横浜南養護学校 公共施設 [ ]• 六ッ川交番・大池交番• 横浜市南消防署六ツ川消防出張所• 横浜六ッ川郵便局• 横浜六ッ川一郵便局 商業施設・金融機関 [ ]• 六ッ川店• 六ツ川店• 横浜六ツ川支店• 六ツ川支店 その他 [ ]• 横浜市こども植物園 その他 [ ] 女優、歌手のの出身地である。 脚注・参考資料 [ ].

次の