自宅 ヘア カット。 【世界一受けたい授業】自宅でヘアカットのやり方|オダギリジョー担当の人気美容師が教える

不器用ママでも自宅で子供のヘアカット。プロにコツを聞いてきました。|ふーたいむ

自宅 ヘア カット

自宅での簡単セルフヘアカット術は? ヘア&メイクアップアーティストの砂原ちょきみ先生が教えてくれました。 用意するもの 散髪用ハサミ すきバサミ クシ ヘアクリップ 散髪ケープ(100円ショップ) レジャーシート 前髪 髪は乾いた状態で切ってください。 ハサミは、親指と薬指を入れてください。 1.前髪をクシで真っすぐおろします。 2.眉の外側で髪を分けて、外側をヘアクリップで留めます。 左右同じにします。 (前髪の幅は眉の外側くらいです。 ) 3.散髪バサミで、真ん中部分を先に切って長さを決めます。 4.斜めにハサミを入れ、少しずつ前髪を、真ん中からサイドに向かって切っていきます。 長さをチェックしながら切ってください。 ショートヘア ボリュームを抑えたいときは、すきバサミで、髪の毛をひとつまりとり、垂直に引き出し、ねじってすきバサミで切ってください。 ボリュームが気になるところを、ねじって切っていってください。 バリカン もみあげをバリカンで切るときは、コメカミと耳の上を結んだ位置にラインをひきます。 へクリップで留めて、上のラインをひいてください バリカンは、毛の流れと逆向きにゆっくりと、下から上に刈っていきます。 アタッチメントは、長いものから徐々に短くしていきます。 えりあしをバリカンで切るときは、耳上と後頭部のくぼみをつなげだところでラインをひきます。 えりあしを切るときは、クシにバリカンを当てて下から上に頭皮から離していくようなイメージで! まとめ:「世界一受けたい授業」自宅でヘアカット?前髪カットのコツは? ここでは、「世界一受けたい授業」で紹介された、前髪カットのコツなどのセルフヘアカット術にうついてまとめました。 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

不器用ママでも自宅で子供のヘアカット。プロにコツを聞いてきました。|ふーたいむ

自宅 ヘア カット

子育てに追われるパパやママであれば、自分の時間を取るのもなかなか難しいでしょう。 そんな中で、子どものヘアカットをどうするか頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 「自宅でのカットにチャレンジしたいけど、やり方がわからない」「子どもが動き回るのでセルフカットではさみを使うのが怖い」など、子どもの髪の毛に関する悩みは尽きないもの。 子どものヘアカット初心者の親御さんにおすすめなのが、バリカンを使ったカット方法です。 ご自宅で安全かつ簡単に子どものヘアカットをすることができます。 今回は、子ども専門美容室「」のスタイリストである塩澤陽子さんに、子どものヘアカットに必要な準備や気をつけるべきポイント、初心者でも失敗しないカットの方法を伺いました。 女の子の髪のお手入れの方法も紹介しているので参考にしてみてください。 美容室でのカットは特別な時に。 ちょっとした髪のお手入れであれば自宅でも可能! 今回お話を伺った「CHOKI・CHOKI 横浜店」では、首の座った0歳からヘアカットができますが、 美容室デビューは1歳~2歳のお子さんが多いです。 美容室デビューまでは、自宅でカットされる方が多く、 前髪が顔にかかって気になり始めた時が初めてのカットのタイミングです。 お店でカットをする場合はカットを受け付ける年齢は異なりますので、行きたいお店に問い合わせてみてくださいね。 子どものヘアカットで美容室を利用するタイミングとしては、 初めて切る髪の毛で胎毛筆を作る時や入園・入学式や七五三といったイベントの前が多いそうです。 特別な日にはプロの手を借りて、いつも以上にかわいい・かっこいい姿でのぞむ方が多いようです。 また、美容室デビュー後も 普段のカットであれば、自宅で行っているという方も多くいらっしゃいます。 「美容室に行く時間がない…」「ちょっとした髪のお手入れなら自宅で簡単に済ませたい」という方であれば、子どものヘアカットの方法を覚えておくとよいでしょう。 ハサミやバリカン、敷き物だけじゃない!子どものヘアカットに必要な物リスト 準備するもの ・はさみ(刃先が丸いカットばさみ、すきばさみ) ・バリカン(刈りの高さを幅広く調節でき、音が小さいもの) ・くし ・ヘアクリップ(前髪などを切る時に余分な髪を押さえておく) ・クロス(レインコート、食事用クロスなどナイロン製品で代用可) ・静電気防止スプレー(毛の付着防止のためクロスにかけておく) ・タオル ・しきもの(レジャーシートや新聞紙など) ・粘着テープ ・DVDやおもちゃ(子供がカットを嫌がる場合に用意する) ハサミ、バリカンなど、道具はどんなものを使った方がいいの? 長さが気になる部分はカットばさみやバリカンを使います。 バリカンは、 刈りの高さを幅広く調節できるものを選ぶとよいでしょう。 シャープなデザインを作りたい時や髪の厚みを取りたい時はすきばさみを選びましょう。 バリカンに髪をすくアタッチメントがある場合は、そちらを代用することも可能です。 バリカンを使うと子どもが音や振動を怖がらない? 慣れるまで音や振動を怖がる子もいるので、 音や振動の少ないバリカンを選ぶようにしましょう。 プロ用のものも扱っているテスコムのバリカンは音も小さく振動も少ないのでおすすめです。 バリカンを嫌がる場合はハサミで気になる所を少しずつ切るなどして、 まずは髪を切ることに慣れるのを目標にしてみてください。 カットが楽しいものになるように、 おもちゃで遊ばせてみる、カットを頑張ったご褒美をあげるといった工夫をするのもよいでしょう。 子どもがケープを嫌がってしまう場合はどうしたらいい? また子供がケープを嫌がる場合は、 肌触りのよいタオルを首に巻いてカットをするのがおすすめです。 自宅でのカットの場合、どこで切ったらいいの? 自宅でのセルフカットにおすすめなのが、 お風呂場や洗面所です。 片付けも簡単にでき、鏡があるのがポイントです。 お子さんに「前を見てごらん」「誰が映ってる?」などと話しかければ、注意を引くことができるので、安全にカットできます。 カット中に子どもが飽きたり嫌がってしまったら? DVDやおもちゃを用意して、子どもが飽きない工夫をしてみましょう。 また慣れるまでは大変ですが、ヘアカットは30分以内など、短時間で済ませるようにしましょう。 【実際にやってみた】自宅で簡単!バリカンを使ってできる子どものヘアカット 今回は、テスコムのバリカン()を使って子どものヘアカットを実践しました。 は、簡単なダイヤル操作で 1mm~70mmまで1mmずつ刈りの高さを変えられるのが特徴です。 少しずつ様子を見ながらカットできるので、 バリカンの使用は初めてという方でも失敗しづらく安全に使えます。 また、髪をすくことができる付属アタッチメントの「スキ刈りコーム」を使えば、 髪の毛を撫でるように動かすだけで簡単に毛量の調節が可能です。 さらに、 刃を開いたまま本体を丸洗いして毛くずを洗い流せるので、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。 音が小さいため、お子さんが怖がることなくカットできます。 バリカンを使う時は 髪の毛が完全に乾いた状態でカットを始めましょう。 また、寝ぐせや結きぐせがあると、髪が引っかかり子どもが嫌がることがあります。 一度全体的に髪を濡らしてから乾かし、くせを取りましょう。 毛量が多い子の場合は髪の毛が絡まりやすいため、 先に髪をすいて毛量を減らしておくのがおすすめです。 髪の毛が長い場合は、はさみであらかじめ仕上がりイメージにプラス2〜3cm位の長さにカットしてからバリカンを使うと、カット時間が短縮でき、失敗も少なくなります。 今回のお子さんのようにそれほど髪が長くない場合は、 最初は15mmに設定し、3〜5mmずつ、最後は1mmまで徐々に短くしていきましょう。 設定した刃の長さで髪の毛が拾えなくなり、刈る音がしなくなったらアタッチメントの設定を調整するタイミングです。 【えりあし】髪の毛を縦に4分割し、バリカンを動かす まず、えりあしからカットしていきます。 子供が怖がらないよう、 刈り始めは耳周りより後ろからバリカンを入れましょう。 また、頭にあてる前に「ブイーンっていうよ」など、 ひと声かけてから始めるとよいでしょう。 カットをする目標のラインよりも手前で、バリカンを頭皮から離すとイメージ通りの長さで髪を切ることができます。 その子の頭の丸みに沿って、すっと抜くイメージでバリカンを動かしましょう。 【耳周り】お子さんの耳を押さえながら、耳の形に沿ってカット 耳周りなど特にはさみを使うのが怖い部分は、バリカンでカットすると時間もかからず安全です。 えりあしよりアタッチメントの設定を、3~5mmずつ短くして刈っていきます。 けがをしないように 空いた手でお子さんの耳をたたんで押さえながらカットをするのがコツ。 もみあげの位置にある産毛は自然に残すとよいでしょう。 耳にかかっている毛は、耳の形に沿ってカットしてあげるとすっきりします。 【トップ】「スキ刈りコーム」で毛束を引き出しながら髪全体をすいて行く トップ(後頭部・側頭部)はバリカンでカットするのではなく、 髪をすくのがポイントです。 今回は、バリカンに 「スキ刈りコーム」のアタッチメントを装着し、髪の毛の量を全体的にすいていきます。 髪をよくとかしてからすきたい部分の毛束を少しずつ手にとり、 毛の流れにそって上から軽くなでるようにして、全体のバランスを見ながらすいていきましょう。 すきばさみを使う場合は、はさみを毛の流れに対して 縦方向(並行)に入れるようにしてください。 毛の流れに対して横向き(垂直)に切ると、髪の毛に不自然な線が入ってしまいます。 頭頂部の髪をすくと、髪が立ってしまうことがあるので注意してください。 すいたあとに髪の長さが気になったり、そろっていなかったりする場合は、カットばさみを使ってもよいでしょう。 この時もはさみを毛の流れに対して 縦方向(並行)に入れるのがコツ。 【前髪】「スキ刈りコーム」で髪の厚みをとり、目にかかる部分だけハサミでカット 髪の厚みが気になる場合は、先に 「スキ刈りコーム」ですきます。 クリップで表面の髪を留めておくと失敗しづらいでしょう。 目にかかる部分はカットばさみで切りましょう。 長さを整える場合は、下を向かせたまま切ると短くなってしまうので、正面を向かせてカットするようにしましょう。 自宅でできる簡単ナチュラルヘアの出来上がり! えりあしと耳周りもスッキリ。 アタッチメントの長さの設定を少しずつ短くしてカットすることで、バランスが良いヘアスタイルにできました。 最後にアタッチメントを外し、産毛を軽く剃って仕上げることでなめらかな仕上がりに。 バリカンを使うと、はさみでは難しいえりあしと耳回りも簡単にお子さんのカットを行うことができました。 バリカンを使った女の子の髪のお手入れの方法 今回使用したテスコムのバリカン()は、 「スキ刈りコーム」を使えば、髪が重い時のお手入れや前髪をすく場合など女の子の髪もお手入れ可能です。 後頭部の髪をすく場合は、すきたい部分をブロッキングしてから行うとよいでしょう。 「スキ刈りコーム」を使って髪の半分の長さから下へ向かってなでるようにすいていきます。 すく髪の量を均一にするのがポイント。 外側に短い毛ができてしまうと髪全体のまとまりがなくなってしまうため、髪の表面にバリカンを入れないよう注意しましょう。 【番外編】絡まってしまう、細くて柔らかい子どもの髪の毛はどうしたらいいの? 子どもの髪の毛は細く柔らかい髪質なので、絡まりやすいのも悩みどころ。 子ども用のリンスは油分が少なく、静電気が起きやすいため、日々のブラッシングに、静電気を抑えることができるブラシを使ったり髪に油分を補ったりすることで対策ができます。 油分は 大人用のリンスを5㎜程使ってあげることで対策できるでしょう。 子どもの髪は細いのでリンスの油分が多すぎると逆に髪が乾かなくなったり、べたついたりする原因となるので様子を見て使いましょう。 こちらの は、マイナスイオンと音波振動でブラッシング時の静電気を抑え、絡まった髪をやさしくときほぐします。 ブラシに椿オイルも配合されているので、静電気を抑えたいお子さんやツヤやパサつきの気になるママにもおすすめです。 バリカンを使えば簡単!子どものセルフカットにチャレンジしてみよう バリカンを使えば、動き回るお子さんでも安全かつ簡単にカットができるようになります。 美容室デビューのタイミングが悩ましかったり、美容室で髪を切る時間がなかったりする場合は、自宅でのカットをマスターしてみてはいかがでしょうか。 今回ご紹介したヘアカットの方法を参考に、お子さんとコミュニケーションを取りながらカットを楽しんでくださいね。

次の

自宅でセルフカット!ママもパパも出来る!男の子のヘアカット編

自宅 ヘア カット

髪の毛を自分で切る場合はテクニックが必要になります。 ただ鏡をみて、だいたいの目安で切ってしまう…。 これでは失敗するだけではなくて、顔全体の印象をアンバランスにさせてしまいます。 失敗しない為の方法を理解しておきましょう。 自宅でヘアカットをするときは、どの場所でもいいのですが床が汚れないように新聞紙を引いておくと良いでしょう。 片付けも簡単になるのでオススメです。 すきバサミは難しい さて本題のカットについてまず覚えておくことは「すきバサミ」を使うのは危険ということを知っておかないとなりません。 初心者の人がすきバサミを使うと殆どが失敗します。 それはハサミを入れる「位置」が悪いからです。 つまり、すきバサミを使う場合は慎重にならないといけませんし、初心者の方はかなり注意をして下さい。 実際にはこのすきバサミを使ってカットをしていくので、失敗しない為にもすきバサミについては扱いに注意をしましょう。 自分でカットをする場合は、頭を前、後ろ、左右で分割したときに「前に当たる部分」を切りすぎてしまう場合が多いので、得に前を切る場合は「切り過ぎない」ことを心がけておきましょう。 ハサミの使い方は一番注意が必要!鏡をみたときを想定しよう! すきバサミの場合、はさみを最後まで閉じたほうがいいの?閉じないほうがいい?という疑問をお持ちの方も多いと思います。 結論からいいましょう!はさみを最後まで閉じることはしないでOKです。 大体半分よりちょっと閉じるぐらいの感覚で十分ですので覚えておきましょう。 勿論「閉じる」切り方もありますが、これは初心者の方やセルフカットを行う人には適していないということです。 そして更にすきバサミの使い方をレクチャーしていきましょう。 これが出来れば安全にはさみを使うことが出来るようになりますよ! すきバサミの場合は、一度はさみを軽く入れて、2回目に髪の毛に沿ってというか、髪の毛に向かって少しずつ切っていくのがコツです。 「チョッキン、チョッキン」というようにバッサリおこなうのは美容師だけなので気をつけましょう。 何より大事なのは切りすぎないように長さを多めに保つこと! セルフカットで一番大事なのは、切りすぎないように長さを多めに残しておくことです。 ただ、セルフカットをおこなったことがある人は分かると思いますが、途中で「バランスが悪い」と感じてどんどんエスカレートしてはさみを入れてしまうケースがあります。 このときは一度ストップです!まずは長い場所を少しずつはさみを入れていき整えましょう。 そうすれば失敗をすることなくバランスを整えることが出来ます。 「切り過ぎないこと」これが何より大事なことなので覚えておきましょう!セルフカットには多少のなれも必要なので少しずつおこなうと良いでしょう。

次の