ダーク ソウル 3 ボス ランキング。 【2020年最新版】ダークソウルシリーズ人気おすすめランキング10選

【2020年最新版】ダークソウルシリーズ人気おすすめランキング10選

ダーク ソウル 3 ボス ランキング

フロム・ソフトウェアが発売している、「デモンズソウル」「ダークソウル」「ブラッドボーン」。 いわゆるソウルシリーズですね。 これらのゲームはどういう順番で遊ぶと楽しいの?というか挫折せずに遊べるの? 初めての方でも問題なく遊べるように、難易度の簡単な順からランキング分けしてみました。 参考にしていただければ幸いです。 デモンズソウル 2. ダークソウル 3. ダークソウル2 4. ブラッドボーン 5. ダークソウル3 6. SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE となっています。 発売された順番や好きな順 ビビっと来た順 に遊んでもいいかと思いますが、このページではゆるやかに難易度が上がっていくように並べています。 「ダークソウル2」とどちらにしようか迷ったのですが、1作目から順番ということで、こちらを選びました。 難易度的には、おそらく最も簡単です。 いや難しいですが、序盤で心折れてやめてしまう可能性が一番低いのではないかと思います。 最初から進めるエリアも複数あり、一つのエリアに飽きたら他のエリアを探索。 そうこうしているうちにレベルが上がっていき進みやすくなるかと思います。 普通の進め方をすれば最初のボスが絶対に倒せないほど、ツライ状況にはなりづらいかゲームです。 「ダークソウル2」はソウルシリーズの中では特殊なシステムを採用しています。 それは『敵が枯れます』。 具体的にはザコ敵を10回ぐらい倒すと、その敵は二度と復活しません 特殊なアイテムを使うと復活します。 この「枯れる」のにはメリットとデメリットがあります。 メリットは、その場の敵がいなくなるわけですから先へ進めやすくなること。 デメリットは、ソウルが手に入れづらいこと=レベルアップしづらい。 つまり死んだ時のソウルをあまりにも回収できずに枯れていくと詰む可能性があること。 ただこのデメリットがあり得るのは最序盤だけです。 中盤以降ならソウルを得る方法はいくらでもあるので、さほど心配しなくても大丈夫です。 最初のプレイでオススメした「ダークソウル」1作目と難易度の上がり方にあまり違いはありません。 ですのでこの「敵が枯れる」かどうかで選んでもらえればいいかと思います。 おそらく初めてのソウルシリーズに選ぶと、最初のステージをクリアできずに投げ出してしまうかと思います。 このゲームは最初のステージのみレベル上げができません。 しかもそのステージは長く、途中に篝火 剣のセーブポイント がありません。 そこさえ突破できればレベル上げもできますし、武器やアイテムも増えますし、あとは少しずつ進められます。 3番目のプレイにオススメしたのは、「ダークソウル」「ダークソウル2」をクリアできていれば、この最初のステージは楽勝ということです。 初めてソウルシリーズを遊んだ方にはつらいだけなのですね。 クリアするほどの実力を持っていれば、もう全然問題ない難易度です。 もう一つ、「デモンズソウル」は2018年にオンラインサービスを終了したため、血痕やメッセージなどのシステムが動いていません。 もちろん白霊を呼んでの協力プレイもできません。 その点での難しさがあるため、3番目としました。 もっともこれらの不安も、「ダークソウル」「ダークソウル2」をクリアしていれば全く問題ないでしょう。 ここまで挙げた3作をクリアしていれば、操作性がほぼ同じな「ダークソウル3」は朝飯前の難易度となっていると思います。 「ダークソウル3」は最初のボスが強いです。 しかもそこをクリアしないと別のエリアに進めません。 初めてのソウルシリーズに選ぶには、この最初のボスが突破できない可能性が高いですが、ここまでの3作をクリアしていれば、全く問題なく倒せるかと思います。 その後の難易度はシリーズ中でも低めです。 「ダークソウル」や「ダークソウル2」の中盤の激ムズを突破できているあなたなら、むしろ最も簡単に思えるゲームかもしれません。 4番目のプレイでオススメした理由はもう一つあります。 この「ダークソウル3」は、「ダークソウル」と「ダークソウル2」の世界観をそのまま投影しているためです。 繋がっているとも言えます。 思わずニヤリとする場面に遭遇しますので、先に1作目と2作目のプレイをオススメします。 このゲームは他のソウルシリーズとはひと味違います。 銃を使った遠距離攻撃が可能となり、キャラクターの操作感などはソウルシリーズなのですが、なんとなく難易度に違和感を感じられます。 物量による暴力的な難易度の高さもありますが、このゲームは序盤にめちゃくちゃ難しいボスがいます。 トロフィー取得率から見ると、このボスを倒せないでやめたユーザーは半分です。 そして他のソウルシリーズをクリアした人でも、このボスには手を焼くと思います。 ボスが登場するのは、それこそ序盤の序盤。 そこで挫折してしまうのはもったいなく、ここさえ突破できれば最後までクリアできる難易度です。 そのため5番目のプレイにオススメとさせていただきました。 本作は、世界観が日本ですが、戦国時代を舞台にしたソウルシリーズです。 このゲームがソウルシリーズで最も難しいと思います。 その理由は単純で、盾がないから。 そうなんです。 ソウルシリーズ定番の、盾をガン構えしながら敵と戦うということができないのです。 刀と刀のやり取りですから、敵の攻撃を距離を取ってかわしたり、ローリングで回避したり、盾という概念がありません いちおう刀でのガードはある。 また、敵にダメージを与えるにはパリィを常に使わないといけない、というこれまでにないほどの難しさがあります。 このゲームの戦闘は「体幹」というものが軸にあります。 敵に対し乱打したりパリィをすることで体幹を崩し、そこから致命の一撃を当てることで倒す。 といった仕組みになっています。 これまでのシリーズでは考えられない難易度です。 過去シリーズをクリアしてきた人でも手こずるゲームだと思います。

次の

【ダクソ3】対人戦向け武器まとめ【ランキング形式】

ダーク ソウル 3 ボス ランキング

プレイ時の攻略法:犬のデーモンを瞬殺しタイマンに持ち込む。 通称 「犬のデーモン」と呼ばれるボスです笑 その由来は、 ボスと同時に出現する雑魚敵の犬2匹がいやらしいほど邪魔してくるところから来ています。 このボスはタイマンだとそれほど強いボスではないのですが、お供の犬2匹とステージの狭さが相まって難易度が底上げされたボスです。 ボス戦突入後すぐにステージ奥の階段に上がり、そこで犬が登ってくるのをひたすら待ち盾チクで倒してからボスに挑む、という戦法を知っていればそこまで苦戦はしません。 ですが、初見の時はこれがわからず、ボス戦突入後すぐに3匹から攻撃をもらい何度も瞬殺されてしまいました。 第4位「薪の王グウィン」 プレイ時の攻略法:鍛え上げた(レベル爆上げ)戦士で真っ向勝負! DLCのボスとして登場する「黒竜カラミット」の出会いは、初見殺しから始まりました。 あるキャラクターから黒竜カラミットを撃ち落としてもらわないと、一方的に蹂躙されてしまいボス戦どころではありません。 モーションはさほど避けるのが難しいものはないのですが、尻尾破壊がソロだととても難しいです。 尻尾への攻撃が届く時間がほとんどないので、尻尾破壊を狙っているうちに倒してしまうことがソロだと多かったですね。 またこのボスを倒した時にもらえる「災厄の指輪」には、「被ダメージを2倍にする」効果が付与されるのですが、 誰がこんな指輪を装備するんですか? プレイ時の攻略法:立ち回りを覚えてひたすら攻撃あるのみ! 周回を重ねるごとに、その凶悪さが如実に現れるボスです。 ソウルシリーズはゲームクリア後、難易度を上げてもう一度最初からプレイできます。 ダークソウルでは7周すると難易度カンストと呼ばれる状態になり、それ以上敵の攻撃力やHPが上昇しません。 難易度カンストの「四人の公王」とのバトルはまさに地獄でした。 (軽く詰みかけました) 最初は1体だけ出現するのですが、時間経過とともに次々とボスが追加されていきます。 早く捌いていかなければ、同時に4対のボスから攻撃を受ける、まさに四面楚歌の状態になってしまいます! カンスト攻略で、最も攻略に時間がかかったボスが、「四人の公王」でした。 第1位「竜狩りオーンスタイン&処刑者スモウ」 ダークソウルに登場する火防女、アナスタシア。 声が可愛い。 ダークソウルではステージ制を廃止し、プレイヤーが自由に探索できるオープンワールド的な形式になりました。 その分、探索の楽しみやステージ間のつながりをより強く感じられるようになり、冒険する楽しさが増したような気がします。 そして、ボスの数もデモンズソウルとより多く(中には倒さなくてもクリアできるボスもいます)攻略難易度が上がっています。 初見で倒せてしまうボスや何十回も死んでようやく倒せたボスなど、それぞれのボスにたくさんの思い出があります。

次の

ボス攻略

ダーク ソウル 3 ボス ランキング

破壊された「アノール・ロンド」の沼地のような遺構での戦いで、邪悪なエルドリッチは半分ドロドロした蠕虫、半分吸収された影の太陽グウィンドリンという形態で登場する。 光の矢など、グウィンドリンと同じような魔法も使う。 特に大量の矢を降らせる攻撃は大きなダメージを与える。 矢はプレイヤーの体力がある限り、しつこく追跡してくる。 このラスボスがかつてグウィンを倒して火を継いだ英雄たちの集合体かどうかについて議論もあるが、彼が多様な才能を持つ素早い騎士という事実に変わりはない。 王たちの化身は、スタンダードな剣と、杖、曲剣、槍、巨大な剣という複数の武器に姿を変えるコイル状の剣を持って、様々な行動パターンをしてくる。 王たちの化身を倒すためには、高度の注意力と即座の反応、事前の計画が必要だが、この戦いの面白さはまさにここにある。 ヤツはこれまで遭遇した全ての敵の集大成であり頂点であるという事実は、このボスとの出会いをドラマチックなものにしている。 そして、ファンが熟知する"あの"ピアノのリフが始まると、戦いは後半戦に突入する。 さらにパワーアップした王たちの化身に直面して、ラスボスとの戦いはついにクライマックスを迎えるのだ。 3位:冷たい谷の踊り子 - 8. 本当に優秀なプレイヤーでないと、ヤツを早期に倒すことが極めて難しい。 一般のプレイヤーが無謀な戦いを挑むのは自殺行為だ。 この霜のような騎士は、両手に曲線状の刃を持って、ロスリック城に行こうとするプレイヤーを激しく攻撃する。 長い回転剣舞に巻き込まれると、ほぼ間違いなく即死する。 2位:法王サリヴァーン - 8. 法王サリヴァーンが協力プレイで最も人気のあるボスキャラクターの1つだということも納得できる。 2体になって一緒に攻めてくる嫌な敵に対して、私たちも同じことをやり返すべきだ! 1位:無名の王 - 50. 大きな鐘を鳴らした後、古竜の頂の曇った空間で戦いが始まる。 古竜(嵐の竜)に搭乗して巨大な槍を持つ無名の王は、古竜と一緒に(後に単体で)プレイヤーとプレイヤーが召喚させられる3人の仲間を徹底的に破壊する。 オプションボスではあるが、ファンとしてこんな印象深く、難しく、素晴らしい戦いを逃すわけにはいかないだろう。 で彼女をフォローしよう。

次の