世界 の 市況。 銅価格の推移

株式ニュース[市況・為替・投資家動向]

世界 の 市況

海外の市況のうち特にナスダック総合指数やNYダウ30種類平均をを含んだ米国の市況は翌日の日本の株式市場に影響を与えます。 米国がくしゃみをすると世界が風邪を引くとも表現される程です。 なかでも米国市場に上場している日本企業の証券(ADR)は特に日本の株価と連動性が高い為にADR銘柄の動向は注目されます。 SOX指数 フィラデルフィア半導体指数 とは、フィラデルフィア証券取引所の半導体の設計、流通、製造、販売を手掛ける19の代表企業株で構成される指数。 セミコンダクター(半導体)の先行きを占う指数として、とても注目度の高い指数です。 ラッセル2000指数とは、フランク・ラッセル社が毎年5月末に米国株9000社のうち時価総額上位3000社の株式をランク付けし、そのうち下位の2000 社でつくった株価指数がRussell 2000 と呼ばれ、米国小型株の代表的な指標とされています。 中南米 株価指数 ボベスパ ブラジル 22:00~ メルバル アルゼンチン 23:00~ IPC メキシコ 23:30~ BRICsやIBSACといった用語が注目されています。 新興市場国として将来が期待されている国の総称です。 【 BRICs】 <ブリックス> ブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の頭文字から経済成長が著しいブラジル・ロシア・インド・中国の 4 か国の総称。 レポートでは現状のまま経済が発展していくと,2050 年には世界の GDP 上位 6 位までにこの 4 か国が入ると予測されており,今後の世界経済の動向に大きな影響を与える新興大国群として注目されている 【 IBSAC】 <イブサック> ブリックスに対して・ロシアを除いて南アフリカ(South African Republic)を追加した 4 か国の総称。 原油市場の価格の変動要因には世界の景気動向、産油国の生産動向、最大の消費国である米国の在庫量、国際政治情勢などが挙げられます。 一般的に原油価格の上昇は、インフレ懸念から株安に影響します。 原油価格は世界経済に大きな影響を及ぼす商品でその影響は重要な株価変動要因のひとつとしてとらえることができます 金先物相場は外国為替相場がドル安円高になれば国内の金価格は一般に下落し、逆にドル高円安になれば国内の金価格は上昇するというドル相場と逆相関係にあるのが普通です。 また政情不安、インフレ、生産減少なども金価格の上昇の要因となります。 CRB先物指数は、Commodity Research Bureau社が算出する商品先物指数。 商品市況の指数では最も注目される指標であり商品市場への資金流入やインフレの傾向を計ることができます。 この指数を構成する19品目は、原油、無鉛ガソリン、暖房油、天然ガス、金、銀、銅、アルミニウム、ニッケル、トウモロコシ、大豆、小麦、綿花、生牛、豚、コーヒー、ココア、オレンジジュース、砂糖。 日経平均株価指数は、東京証券取引所1部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄で構成される株価平均指数です。 構成される個々の銘柄株価は業績好不調や企業への期待増加や失望などの要因により騰落し、日経平均株価は変動します。 日経平均の動向を予測するためには、各企業の株価の動向を知ることも大切ですが、株式市場全体に大きな影響を与える要因を把握することも重要です。 主な要因の例として急激な為替の変動(円高・円安)や原油価格の高騰、世界の株価指数の急落(ニューヨーク市場・NYダウの急落)などがあります。 このような日経平均株価に大きな影響を与える世界経済の市況は日頃からチェックをしておき、急な変動に対処できる準備が必要です。 このページを見れば本日の世界市況の流れが一目瞭然!というサイトを目指して世界の株価指数や主要指数の当日チャートを一覧にしました。 日々の株式投資、為替取引、先物取引 等のお役に立てれば幸いです。 リンクフリーです。 他サイトへの リンクは広告も含めて全て新しいウィンドウで開きます。

次の

世界の市況 :マーケット :日経電子版

世界 の 市況

米調査会社のGartner(ガートナー)は2020年の世界半導体市場の売上高を4599億米ドル(前年比9. 9%増)と予測し、2019年12月の前回予測4707億米ドル(同12. 5%増)から108億米ドル下方修正したことを明らかにした。 新型コロナウイルスの影響を加味した形だが、この予測は2020年2月にAppleが収益予測の下方修正を発表する前の時点のもので、中国湖北省での新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めが2020年3月末までに終わるというベストケースでの想定だった。 Gartnerのシニアプリンシパルアナリスト、山地正恒氏は、新型コロナウイルスがいつ終息するか分からないため予測は困難としつつも、「その後の状況を加味すれば、より大きく下方修正することになるだろう」としている。 生産できても、オーダーが止まる状況 山地氏は、新型コロナウイルスは現在のところ半導体メーカーの生産体制に直接的な影響を及ぼしてはおらず、「オーダーさえあれば生産は可能な状況だ」と説明。 今回の予測は中国内にある電子機器メーカーの工場の稼働停止や生産能力低下に伴って、半導体メーカーの受注が減少、在庫積み増しが続く、という状況を想定している。 山地氏は「工場が止まれば半導体メーカーへのオーダーが止まる。 2020年第1四半期は相当な影響を受けると考えられる」と述べた。 また、Samsung ElectronicsとSK hynixという大手メモリメーカー2社を有する韓国において感染者が急増しているが、山地氏は、仮に韓国内の工場が稼働停止となった場合も「依然として在庫があるので、すぐに足りなくなるということにはならないだろう」と説明。 そのうえで、「もともと2020年中に需給バランスが戻ることで価格が上昇に転じ、市場も大きく伸びると予測をしているが、その価格上昇が大きく加速する可能性はある」としている。 自動車メーカーの工場停止に関する影響に関しては、「現在のところ、特に影響は聞いていない」という。 また、車載市場において日系半導体メーカーの中国、韓国依存度は低いため、「影響が大きくなると懸念されるのは欧州系の半導体メーカーだろう」とも説明していた。 売り上げ増見込みの5割が車載、産業機器市場 ただ、中長期的には世界半導体市場が成長へ向かうという予測は変わらない。 山地氏は、「工場の稼働が再開すれば、需要に応えるため当初の予定よりも生産を拡大してリカバーする流れになるだろう」と見通しを述べる。 今後の成長について市場別で見ると、特に車載、産業機器市場はそれぞれ半導体市場全体の1割前後という比較的小規模な市場ながら、向こう5年間で見込まれる売り上げ増の約5割を占めているという。 山地氏は、「ストレージ市場も大きく伸びが期待されるが、その恩恵が得られるのはごく限られたメーカーだけだろう。 一方で車載、産業市場は、非常に幅広い半導体メーカーに恩恵がもたらされる」と、その可能性に言及している。 【訂正:Gartnerからの申し出により、図版を削除しました。 (2020年3月2日午前9時48分/編集部)】 関連記事• 現時点で、市場調査会社のアナリストは、コロナウイルスによる影響をどのように見ているのか。 新型コロナウィルス拡散が半導体/エレクトロニクス市場、さらにはマクロ経済にどれほどの影響を与えうるのだろうか。 ある程度の前提を定めた上で、おおよその影響を定量化してみたい。 米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は2020年2月3日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が前年比12%減の4120億米ドルだったと発表した。 SIAは、「進行中の世界的な貿易紛争や製品価格の周期性などのさまざまな要因が重なった」と分析している。 エレクトロニクス業界の回復を担う技術、今後の開発動向や成長が注目される技術を、10個取り上げる。 2020年はどんな年になりそうなのか。 半導体デバイス、半導体製造装置業界の2020年見通しについて考えてみたい。

次の

田中貴金属工業株式会社|マーケット市況情報

世界 の 市況

48 -167. 43 -0. 68 -18. 24 -1. 38 -178. 77 -0. 81 -112. 83 -1. 04 -1. 85 -1.

次の