プロ ボックス タイヤ サイズ。 トヨタ プロボックス のタイヤサイズ

タイヤサイズ > トヨタ プロボックス

プロ ボックス タイヤ サイズ

軽トラや軽バンの車高を上げるリフトアップカスタムが流行ってきていますが、今回紹介するのはとても珍しいトヨタ・サクシードのリフトアップ車です。 サクシードというのはあらゆる道でよく見かける、営業マンの方などが乗ることの多いバン/ワゴンモデルですね。 このサクシードのワゴン4WD仕様をベースに、ワイズゲートとハーディーズがリフトアップカスタムを施しました。 フロントはサスペンションのストラットアッパー部分に専用スペーサーをセットしています。 リヤはスプリングとショックが別体式の構造なのでそれぞれにスペーサーを追加しました。 これによって前後2インチ=約5cmのリフトアップを実現しています。 なお、このときスタビライザーが障害となってしまうので前後とも除去しています。 また車高を上げるとサスペンションのジオメトリー(各部位の位置関係や動きのこと)が狂ってしまうのでこれを補正してあげています。 こうして5cm車高アップしたサクシードリフトアップに乗ってみました。 乗り込む際に気づくのが、ルーフ高が上がったことで車両全体の存在感が増していること。 車格が上がったかのような気がします。 ドアを開けて乗り込む際には、シート位置が高くなったおかげで立った姿勢から楽に座ることができました。 車内からの眺めは想像していたよりも大きく変化します。 サクシードの車高を高めた感じというよりも、ハイエースなどに近い印象を感じます。 これはサクシードは車内寸法を大きく確保するために窓が垂直に近く立っており、かつインパネもすっきりとした造形だった点がもともとハイエースの雰囲気に近いからだと思われます。 そこに視界の良さが加わってこのような印象になっているのでしょう。 走行してみるととても新鮮な感覚です。 というのはミニバン的に視点が高くなっているにもかかわらず足を前方に投げ出した乗用車的なドライビングポジションは変わっていないからです(ミニバンはフロアに対して高く座る)。 車高を上げたことでハンドリングに変な癖が出るのでは?と危惧していましたが実際にはとても自然に操作ができました。 これはサスペンション・ジオメトリーの補正をしっかりしていることが効いていると思われます。 なおワイズゲートとハーディーズでは今回のような車両のコンプリート販売はもちろん、車両持ち込みでのカスタムオーダーも受け付けているとのこと。 このサクシードリフトアップ、ワイズゲートの櫻田さんによれば「河原に入りたいなどの要望を持つレジャー用途にする方も多いのですが、雪国での実用車として使いたいという方の問い合わせも多いんですよ」とのこと。 深い雪を走るためには4駆というメカニズムはもちろんですが、それ以前に最低地上高の確保が大前提だからだそうです。 ドレスアップだけではなく実用面でのメリットも大きいのがサクシードリフトアップの特徴なのでした。 (写真・動画・文/ウナ丼)。 【関連リンク】 ワイズゲート ハーディーズ by カテゴリー : , , , , , , タグ : ,.

次の

プロボックス タイヤ&ホイールセット特集

プロ ボックス タイヤ サイズ

トヨタプロボックスバン・2WD・1. 5DX・5MT[CBE-NCP51V-EXMDK]の純正タイヤサイズ トヨタ プロボックス [CBE-NCP51V-EXMDK] バン・2WD・1. 5DX・5MT 2005年08月〜2014年08月 の純正標準設定 タイヤサイズは、フロント、リヤ共に 165R13-LT6PRです。 タイヤ幅、扁平率、リム径、タイヤ外径サイズについては、下記の一覧をご覧下さい。 トヨタ プロボックス バン・2WD・1. フロント・リヤ共通 [ 165R13-LT6PR ]の互換適合タイヤサイズ トヨタ プロボックス バン・2WD・1. 5〜5. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜7. 5〜5.

次の

リフトアップProbox のススメ

プロ ボックス タイヤ サイズ

ちなみに二番は福岡マウンテンバイク友の会についてのやつです。 こちらがブログのメイン部分ですので、こちらもなにとぞ、、、! そしたらリフトアップPROBOXの話を。 ベースはバン DXコンフォートパッケージ どうせ全塗装するし車だから丈夫だろ、ということで外装のきれいさや走行距離はあまり気にせずにベースの車体を探してもらいました。 その結果、2005年式 走行距離 11万kmで33万円というかなりいいかんじのベース車両が出てきました。 運転席だけパワーウィンドウでしたけど、まあ結果オーライ はじめは何の変哲もないPROBOX やっぱりこの姿もかっこいいな。 旧型の PROBOX 当然ですが値段下がりまくってていいですね。 結果としてザックリ 車体33万円、カスタム費50万円、諸費用10万円の合計90万円くらいになりました。 カスタム費が車体代を上回るという、いまの時代では珍しい感じになりました。 色はグリーン(JA22の純正色)のちょいつや消し。 完全マットにしてしまうのも悩んだんですが、ちょっとやりすぎ感がでるかなと思い、ちょいつや消しくらいに抑えています。 他にこんな色を検討してました。 つかえて本当によかった、 グレーとサンドベージュは最後まで候補に残ってました。 けど結果的にグリーンにして後悔なしです。 塗装は内側までまわしています。 当然、費用は高くなりますがこれをするだけでグッと純正感がでます。 全体を通して、なんというか「頑張ってカスタムしたぜ!」っていう感じをあまり出さないように気を付けました。 こう合理性を求めた結果こうなりましたよ、みたいなサラッとした感じ?それを目指してます。 のリフトアップキットで2インチリフトアップして、ホイールを1インチ大きく(15インチ)してます。 ブロックをかませて車高をあげる方式のキットなんですが、足回りがガチガチに固くなるような感じもなく、ふつうにいい感じの乗り心地です。 あと車高をあげるに伴って、純正でついてるスタビライザーを外してます。 けど別に高速走行時にふらつく感じも特になく快適な乗り心地です。 (比較対象が平成元年式のPAOなので参考にならんかもしらんですが、、、) ホイールはなんかの純正スチールホイールの新品をオークションで購入。 新車の時点で、ホイールをいいやつに交換する人とかたくさんいるんで、そのときにになったホイールですね。 4つセットで1万円という破格の安さでした。 タイヤはMAXXISのMT-753 Bravo にしました。 BFGoodrichとかのホワイトレターのタイヤもいいかな~と思ったけど、上で書いたように「頑張ってカスタムしたぜ!」感をあまり出したくなかったので、ホワイトレターじゃないこのタイヤをチョイスしました。 車とか中東とか走ってるガチの車なんかはホワイトレター履くわけないし、このタイヤをチョイスして正解だと思ってます。 僕が車屋さんで、販売する事を考えたら絶対ホワイトレターのタイヤにするっすね。 んで色はつやありのサンドベージュとか。 そっちのが絶対カワイイし売れると思う。 僕の趣味がアレなので、この色・このタイヤです。 全体を通して「本物感」がどうやったらでるかを考えて製作していきました。 だからなるべく、ムダと感じるカスタムは省きました。 なんちゃら国立自然公園みたいなとこのパカー、みたいな雰囲気が理想です。 そうなってるか不安ですが、そうなってるならうれしいな~と、、、 は結構あるっす。 インチアップしてる関係もあり、そのままではタイヤがハウス内に収まらなかった(ステアリングをMAXできったらタイヤとハウス内が干渉)ので、タイヤハウスを叩いて少し凹ませています。 それと純正では白色のハウス内を黒に塗装しています。 うーん、、、最高の車。 この車、汚れた状態がカッコいいと思うんで、ほぼ洗車しなくていいから楽です。 (そういうことにしとく) のアニマルバー、しっかり取り付いてるので座ったりしてもOK。 マッドフラップを自作しようかとも思いましたが、それすら男らしくないんじゃないかと思いやめました。 (めんどくさくなっただけかも、、、?) 営業車ということで積載量も申し分なし! PAOのときはこの荷物で割とパンパンだったんですけど、全然楽勝。 砂浜も結構走れました。 (最後はスタックしたけど) たぶん乗る人1人だけだったらスタックしないはず。 おしりには自作のテキトーステンシルをシュシュっと。 ちょっとでもオフロードがあると、いっちゃうようになりました。 車体がしっかりしてると、まったく不安がなくて楽しい。 インテリアはハンドルをウッドハンドルにしただけでおしまい。 営業車特有のそっけない感じが最高です。 あとドリンクホルダーが無駄にたくさんあったりして最高。 とかなんかハンドルにいっぱいついてるボタンとかいらんとです。 マジでいい車です。 1500ccで、無理すれば5人乗れて、燃費もそこそこで、丈夫で、オフロード走れて、荷物のって、死ぬほどカッコいい。 トータル100万円ちょっととかで、完全に自分オリジナルの車が手に入るって最高だと思います。 専門外だったと思うんですが、ノリノリでつくってくれた さん、ありがとうございました!! (福岡のにある、専門店です) 本当にセンス良くて、僕の気持ちをいい感じにくみ取っていただきました。 妻のJA11のときもそうでしたが、最高の仕上がりです。 という感じで、リフトアップPROBOX 最高におすすめです。 ほとんど自慢ですみません。 自慢したくなる車です。 ぜひぜひ。

次の