仕事 が できる 人 特徴。 僕が実際に雇った仕事ができる人の6つの特徴

仕事できる人のプライベートの特徴10個|仕事ができない人の特徴3つ

仕事 が できる 人 特徴

Contents• なぜ他人の仕事に口を出すのか 他人の仕事に口を出す理由は思っている以上に簡単。 それは…• 助けてあげたいと思っている• 仕事ができると思っている …からです。 意外ですか? 「自分は仕事ができると思っている」のは何となく理解できるはず。 でも「助けてあげたいと思っている」のはかなり意外ですよね。 口出しするのは助けてあげたいから 他人の仕事に口出しするのは、「自分のほうが仕事ができるし、教えてあげれば相手も助かるはずだ」と、思っているからです。 かなり意外な理由かもしれませんが事実です。 しかもこの上司は、ぼくとは何の関係もない部署の管理職です。 まぁ、とにかく口を出さないと気が収まらない性格なんでしょうね。 ただ本人に悪気は一切ありません。 一度「いつもアドバイスありがとうございます」とお礼を言ったら、「気にするな。 俺にできることならなんでも言ってくれ」と言っていました。 つまり本人は「口を出している」というより、助け船を出している感覚なのです。 仕事ができると思っている そして他人の仕事に口を出す人は、例外なく「自分は仕事ができる」と思っています。 考えてもみてください。 自分より仕事ができる人に、「その仕事はこうしたほうがいい」とは言えませんよね。 自分は仕事ができる(少なくともあなたよりは)と思っているから、他人の仕事に口を出してきます。 「仕事ができる私が、仕事ができないあなたにアドバイスすれば、あなたは助かるでしょ?」 まぁ悪気はありませんし、ばかにしているわけでもないんですけどね。 ただ人の仕事に口を出す人は、自分は仕事ができると思っているものです。 他人の仕事に口を出す人の対処法 他人の仕事に口を出す人への対処法は次の2つ。 相手にしない• 話をしっかりと聞く そしてぼくがおすすめする対処法は、「話をしっかりと聞いて、お礼を言う」です。 まずは「相手にしない」から説明します。 相手にしない 他人の仕事に口を出す人への対処法として「最悪」なのが、「相手にしない」です。 なぜなら相手は良かれと思って口を出しています。 口を出しているというよりは、アドバイスをしているつもりなのです。 それなのに「相手にしない」のは失礼ですよね。 確かに関係のない人に口を出されると、面倒臭いしウザイものです。 ですが相手の気持ちを考えてください。 良かれと思ってアドバイスをしたのに、全く相手にされなかったらどう思いますか? 「仕事に口を出されるのは面倒だ」と思っても、相手にしないのは間違った対応です。 話をしっかりと聞く たとえ関係のない人が仕事に口を出してきても、しっかりと話を聞きましょう。 そのうえで「アドバイスありがとうございます」と、お礼を言うのも忘れないでください。 相手はあなたのためを思って、アドバイスをしています。 あなたにとっては「仕事に口を出された」と感じますが、相手はアドバイスだと思っているのです。 なのでしっかりと話を聞き、お礼を言うのが対処法として正解です。 必要のないアドバイスは軽く流す もし必要のないアドバスなら、お礼を言った後に「参考にします」と軽く流しましょう。 どんなアドバイスをもらっても、その仕事をやるのはあなたです。 アドバイスをくれた人がやってくれるわけではありません。 なので「アドバイスありがとうございます。 参考にします。 」と、軽く流せばOKです。 ただしちゃんとお礼はいってください。 あなたのためを思ってのアドバイスですから、お礼を言うのは当たり前です。 きちんと話を聞けば味方になってくれる ぼくの経験上、他人の仕事に口を出す人でも、きちんと話を聞いてお礼をすれば、困ったときに助けてくれます。 なぜなら「あなたのことを思ってアドバイスとしてくれている」からです。 そしてアドバイスをするたびに「ありがとう」と言われれば、相手も悪い気はしません。 なので困ったときに「どうしたらいいでしょう?」と助けを求めれば、率先して力になってくれるものです。 自分の人脈を使って助けてくれた上司 完全に余談ですが、先ほど紹介したやたらと口を挿んでくる上司に、かなりやばい状況を助けてもらったことがあります。 この時もぼくが相談したわけではなく、上司が横から口を挿んできて、気が付いたら完璧な対応をしてくれたのです。 それは、納期まであと2日しかない状況で、必要な工程を忘れたことに気が付き、途方に暮れていた時のことです。 誰に話しても「どうにもならない」と言われたのに、普通なら1週間かかる工程を、上司の人脈を使って1日で仕上げてくれました。 このことがあったからこそ、 仕事に口を出してくるのは相手のことを考えているからだと気が付いたのです。 最後に 他人の仕事に口を出してくる人は、はっきり言ってウザイし面倒臭い。 ですが、仕事に口を出してくるのは、あなたのことも考えているからです。 少しでも役に立ちたいと思っているからこそ、仕事に口を出してきます。 なので話はしっかりと聞いて、ちゃんとお礼を言いましょう。 そうすることで、良好な人間関係を築くことができます。 ただ、必要のないアドバイスは軽く聞き流すようにしないと、ウザイし面倒臭いですけどね。

次の

「仕事ができる人」の特徴・習慣・仕事への取り組み方など仕事ができる人のすべてを解説

仕事 が できる 人 特徴

実は仕事ができる・本当に仕事のできる人の特徴とは? 実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人はどのような特徴があるのでしょうか? 筆者が見てきた人物の中でも「こいつ…!実はできる…ッ!」と感心してきた人の特徴をご紹介していきます。 先が見えているので期限内に仕事を片付けられる人 実は仕事が出来る人は先が見えているため、どんな仕事も期限内に終わらすことができ、いつも余裕を持っています。 逆に仕事の出来ない人は、• 納期前まで仕事を溜め込む• 仕事を早く終わらせすぎて逆に仕事を振られる• 何をすればいいかわからないまま無駄な時間を持て余す …など、先が見えないばかりに目の前のタスクに追われがちです。 もし、職場にいつも余裕を持っているような人物がいたなら、それはもしかしたら「実は仕事のできる人」かもしれないので、仕事っぷりを観察してみるといいでしょう。 仕事で手を抜くのが上手い 実は仕事ができる人は、 仕事で手を抜くのが上手いです。 関連: 容量良く上司の指示を無視する 実は仕事の出来る人は、意外なまでに 他人の指示を無視して、一見すると言うことを聞いてないように思われる人が多いです。 ですが、なぜか周りから嫌われたり、反感を買うようなことはあります。 それはなぜか? 上司にしろ、取引先やクライアントにしろ、必ずしも正しい指示をするとは限らないです。 たとえば、上司が「〇〇の資料集めておいて」と頼んだ場合、仕事が出来る人はその指示を無視して資料を集めないこともあります。 それは「なぜ、上司は資料を集めろと頼んだのか?」と考え、一手先を読んで行動するからです。 仮に上司の目的が「クライアントに向けてのプレゼンを作るための資料」だとした場合、実は仕事ができる人であれば、• 資料が必要なくなるほど、その分野に詳しい人を紹介する• 先にプレゼン相手の調査を行っておき「実は資料を用意する必要がない」と気づき、上司を説得• 上司が資料を参考にする手間がなくすために、資料の要点や概要をまとめた上で上司に報告 …など、 結果的に上司の指示を無視したにも関わらず、上司の要求に応えてしまうわけです。 もちろん、それを独断でやれば思い違いを起こすこともあるので、やりすぎは禁物です。 また、このレベルまで仕事ができると 「言わなくても出来る人=忖度出来る人」という状態が生まれてしまい、都合よく使われる可能性も高まる点にも注意。 安易に他人に手を貸さない 実は仕事ができる人は、安易に他人に手を貸しません。 なぜなら、人の仕事を奪いすぎると、• 自分の負荷が増えてしまう• 職場内に「困ったらあの人に頼めばいい」と甘えが生まれる• 周りや部下が育たない …など、チーム全体としてはマイナスの影響があるからです。 また、前述のように「言わなくても助けてくれる=忖度、暗黙の了解」という甘えが生まれ、仕事のできる人ほど割りを食って不満を抱えがちになります。 そして悲しいことに、他人に頼られる・仕事ができてしまう人ほど不満を抱えたまま転職してしまい、職場が崩れてしまうのです。 関連: これは何も社員単位の話ではありません。 会社にしても、あまりに取引先から仕事を安請け合いし過ぎると、• 相手の要求に応えられない低品質な成果物を納めざるを得ない自体になる• 不当に低い報酬で受注してしまい、それが当たり前になる• 自社のキャパを越える業務量を請け負ってしまい、人手不足のブラック企業になる …など、安易に仕事を安請け合いすることは、リスクを生むこともあるのです。 仕事を断るのが上手い 実は仕事ができる人は、仕事を断るのがとても上手です。 上記の通り、仕事を安請け合いし過ぎることはあまり褒められたことではないのですが、かと言って安易に断りすぎるのも考えものです。 ですので、断る際に、• 相手を立てておき、仕事をもらったこと自体には感謝しておく• 断る理由を説明した上で、代案を提示しておく• しつこい相手にはわざと嫌な顔をして断る …など、 場合に合わせた断り方を用意しているものです。 一方で、仕事のできない・相手の気持ちを汲めない人間は、バカ正直に「出来ません」と答えてしまいます。 人の話を聞くのが上手い 仕事においては、話上手よりかは聞き上手の方が重宝されやすい存在です。 それがなぜかと言うと、• 職場の複雑な人間関係・人間感情を理解しやすい• 仕事の愚痴・悩みを聞くことで、相手の弱みを知れる• 同僚の不満などをいち早く察知して、対策を練れる• 取引先の隠れた要求・要望を引き出せる …など、仕事上においても多くのメリットがあるからです。 また、聞き上手であることは、それだけ会社の人間からも信頼されている証拠でもあります。 「努力するだけではどうにもならない」と知っている 実は仕事ができる人は、努力だけではどうにもならないこともあると、よく知っています。 それがなぜかと言うと、 本気で取り組んで結果が出せない挫折を味わったことがあるからで、自分の限界を弁えているのです。 ですので、無理しない程度に適度に努力し、仕事での時間配分や労力も上手く分散できます。 一方で「努力すればなんとなる」と思っている人は、何度も同じやり方で失敗してしまい、原因や改善策に気づかず、同じ過ちを何度も繰り返し続けます。 また、会社自体が「努力したところで大してリターンがない」という仕組みですと、多くの場合は努力しすぎない方が、結果として上手く行くものです。 仕事のできる人ほど転職を考えている理由• 自身の人材価値を高めるキャリアに関して知っておくため• 万が一、今の会社で思うように仕事を任さられなくなった場合に備えて• 社内の人事に不当評価されて、割を食った場合に備えて• 倒産・リストラに備えて とくに現代の日本では、終身雇用制度が崩壊してしまっており、転職が盛んな時代になっていますので、仕事ができる人は常に転職を意識しています。 一方で、仕事のできない人は「左遷させられてから転職を初めて考える」「退職してから転職活動を始める」など、事前の準備や情報集めを怠った状態から転職活動を行います。 そうすると、 「30歳以降で未経験職への転職が困難」 「市場価値を高めてこなかったので、他の会社で通用しない」 「年収を上げるための資格・経歴を作ってこなかったので、収入が下がる」 …など、転職先選びにも妥協せざるを得ません。 将来そうならないためにも、早いうちに転職して「常に仕事ができる人」を目指してみてください。 「仕事ができない」のは会社にも原因があるかも? 実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人は、今の会社に原因があって思うように仕事が出来ていないのかもしれません。 1…国内第1位のリクルートのエージェント。 求人数20万件以上。 対応がスピーディで3ヶ月内の転職も可。 経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。 有名企業・大手企業の求人がバンバン届く。 中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。 1…世界No. 1の外資系企業アデコの手がけるエージェント。 求人情報に一切広告色がなく精度や質が高い。 アドバイザーが利用者と企業の両面営業を担当しているため非常に融通が利く。 これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。 全て 完全無料で利用できる 採用企業側が費用を負担しているため• 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい 電話だけの面談もOK• 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能• プロのアドバイザーが多数在籍しているので、 自分と相性の良い担当者を見つけやすい• 大手でサービスの質が安定しているので、 転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる• 大手企業が運営しているので、 紹介先企業も信用できる企業ばかり• 事前調査をしているため ブラック企業はない• 効率重視なので、早ければ 最短3ヶ月での転職も可能• 逆に「 転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる• 転職サイトとしての機能もあるので、 メールで求人情報を受け取る使い方も可能• 担当者がサポートしてくれるので、 専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる 転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。 確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。 しかし、これだけメリットだらけですと 「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。 ですが、安心してください。 転職エージェントは いつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。 むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で 「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。 転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。 転職エージェントは 時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。 転職エージェントについてもっと詳しく ・ ・ 転職エージェントの登録方法 転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、 興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。 転職はタイミングが重要です。 とくに 今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので 行動は早めにしておくべきです。 転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、 5分もあれば登録は完了します。 登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

次の

仕事ができる人の特徴とは?周囲から一目置かれる人材になるための3つの方法

仕事 が できる 人 特徴

いくら丁寧に仕事をする人でも、期限を守れないと相手の信用をなくしてしまいます。 遅れてしまう理由は、スケジューリングが苦手なこと。 メモをとらない・忘れっぽい・自分の限界以上の仕事を引き受けてしまう・手帳やアプリなどのスケジューリングツールを使いこなせないなど、身に覚えのある人は、注意が必要です。 また、「少しくらい大丈夫だろう」という甘い気持ちがあり、周りに迷惑をかけてしまうかもしれないという想像力が欠如している場合もあります。 締め切りを守らないと相手にも迷惑をかけますし、自分の信用もなくしてしまいます。 そのような理由で、締め切りを守れない人は仕事ができないと言われてしまうのです。 職場で仕事ができない人の特徴2. ホウレンソウ 報連相 ができず、相手の要望や指示をきちんと理解しないまま業務にあたってしまう 自分のために上司や同僚の時間を不必要に割かせてしまう行動も、仕事ができない人の特徴です。 具体的には、同じミスを繰り返すことで、 上司や同僚に注意やフォローするための時間を割かせてしまうことが挙げられます。 上司や同僚から何度も同じ指摘をされると本人も辛いですが、周りの人もイライラさせてしまい悪循環です。 同じミスを繰り返してしまう人にはメモをとらない人・不注意・やる気を失っている・うつ病などの理由が考えられます。 また、仕事の内容を理解しきれていない新人にも比較的多い傾向があります。 何度も同じミスを繰り返してしまうことは、誰の得にもなりません。 もし身に覚えがある人は一度自身の行動を見直して原因をはっきりさせて、改善に努めるようにしましょう。 職場で仕事ができない人の特徴5. 基本的に仕事に対してやる気がない 仕事に対するやる気がない人は、自身の仕事の進行が遅いだけならず、そ の言動で周囲の脚を引っ張ることが多いです。 そもそもの仕事に対するやる気が周りに比べて少ないため納期に贈れることやレスが遅いことも多く、同僚や取引先をイライラさせてしまうことも。 仕事優先の生き方をしていない人も中にはいますが、周りの足を引っ張るほどのやる気のなさは悪循環です。 やる気のなさで仕事ができないと言われている人は、周りにも悪影響を及ぼしてしまうことで、降格や首切りの対象にもなりやすいです。 もし仕事内容が合っていない場合は、転職や辞めることも視野に入れていくのが良いでしょう。 職場で仕事ができない人の特徴6. メールや電話、受け答えなど全体的にレスが遅い 仕事には1人でできることは少なく、周りの人や取引先との連携が不可欠です。 もしわからないことがあって連絡しても、 レスが遅いと業務の進行に支障をきたしてしまいます。 連絡をした側としてはすぐに返事が欲しい場合も多く、レスが遅いと仕事がスムーズに進まなくなってしまい、段取りしていたことに支障が出る場合も考えられます。 キャパシティオーバーしがちな新人にも、レスが遅くなってしまう傾向が強いです。 これらの理由で、レスが遅い人は仕事できない人といわれる傾向にあります。 メールや電話はできるだけすぐにレスをして、 相手の業務もスムーズに進められるよう配慮していきましょう。 職場で仕事ができない人の特徴7. 仕事に対して受動的で指示待ち人間になってしまう 積極的にかかわることができない人は「使えない」といわれることが多く、一度一緒に仕事をしても「また組みたい」と思ってもらえない場合が多いです。 そもそも仕事では積極的に自分のやるべきことを見つけなければならないことも多く、すべてにおいて指示待ちになってしまうと同僚や取引先の手を煩わせてしまうからです。 特に、 経験が乏しい新人に指示待ちになってしまう人が多い傾向にあります。 もし、周りばかりが忙しく自分が周りに対してどのような対応をすれば良いのか分からない場合には、直属の上司や同僚・相手先と積極的にコミュニケーションをとり、自分がするべきことを明確にするのが良いでしょう。 職場で仕事ができない人の特徴8. 毎日のように残業をしている 残業が多い人は他の人よりたくさんの業務を与えられている場合もありますますが、ダラダラ仕事をしてしまう人も少なくありません。 決められた時間内で仕事ができない人と周りに思わせてしまうことで、仕事できない人といわれてしまう場合があります。 特に、周りの人と業務に大差がないのに決められた時間内に仕事を終えられないと、職場の利益を損なってしまうからです。 具体的には残業代や電気代など、不要なコストがかかってしまう点が理由として挙げられます。 また、仕事が遅いから残業をしていると周りに思われてしまうことも。 もし負担が大きすぎる場合は、上司に相談するなどしながらできるだけ時間内に業務を終わらせて、会社に不要なコストをかけさせないようにしましょう。 職場で仕事ができない人の特徴9. 責任感が弱く、ミスや失敗を人のせいにしようとする 責任感が弱い人にはなかなか仕事を任せられません。 責任感が弱い人に仕事を任せて、もし何かの間違いがあった場合にミスや失敗をなかなか認められないと、間違った状態のままずっと進行してしまうこともあります。 自分の失敗を認められない理由には、責任感の弱さやプライドの高さなどがあります。 仕事が正しい方向に進むよりも、自身のメンツが大事なのです。 自身のメンツを優先してミスや失敗を人のせいにして自ら手を打たないことで、 結果的に進行が遅くなったり間違った方向に進んでしまうことも多いため、責任感が弱い人は仕事できない人といわれてしまいます。 職場で仕事ができない人の特徴10. 「でも」「だって」「疲れた」とネガティブな言動が多く見受けられる 自分が仕事できないと自覚がある場合は、周りの人から指摘されてしまったら、積極的に学びの機会を持ちましょう。 具体的には、 仕事に役立つビジネス書を読んで実行していくことがおすすめです。 特に、仕事術や生産性向上といった内容の書籍が役立つことが多いです。 社内の人からは仕事の具体的な進め方は教えてもらえますが、ロジカルシンキングやプレゼンテーションなど体系化されたビジネスにおける技術は、ビジネス書などを読む方が効率的に学べる場合が多いからです。 当然読むだけではなく、実践が必要。 必要なビジネス書を読んだら、すぐに実行するようにしましょう。 仕事ができるようになる方法7. 仕事ができる先輩や上司を徹底的に真似てみる どう行動して良いのかわからず仕事に対して受け身になってしまう人は、人の指示を待つのではなく、 どうすれば良いのか考えてから相手に尋ねるようにすると良いでしょう。 少しずつ自分で考える癖を付けることで、積極的に動くことが少しずつ習慣になっていきます。 今は受け身で仕事ができないと言われていても、積極的に動くことが習慣付くと自然に能動的に動けるようになるからです。 ポイントは「少しずつ」。 一気に自分の行動を変えようとしても難しい場合が多いですが、少しずつなら変えられる場合が多いです。 少しずつの変化を習慣化させ、能動的に動ける自分に変わっていきましょう。 いくら頑張っても仕事ができず辛い、辞めたいと思うなら、転職して環境を変えるのもアリ スケジュール管理に工夫したり、ビジネス書を読んだり、積極的に動いたりすることで努力を重ねても、どうしても成果を出せなず辛いという人も中にはいます。 いくら頑張っても成果を出せず辛い思いをして辞めたいという気持ちは止まらない人もいることでしょう。 そのような場合、辞めることも生き方としての選択肢のひとつです。 転職しないのも生き方としては立派ですが、 環境を変えることで自分に合う環境や仕事を見つけられる場合もあります。 無理をして頑張りすぎてしまい心身に不調を感じてしまう人もいるので、無理しすぎるのもおすすめできません。 どんなに頑張ってもダメな場合には、転職して環境や生き方を変えるのも選択肢として考慮しておきましょう。

次の