エヴァ破 アスカ 死亡。 エヴァンゲリオンのアスカについてですが、9匹の(使徒?)に襲われた...

映画「エヴァ破、BD版2.22」見ての修正点や感想

エヴァ破 アスカ 死亡

もくじ• 加持リョウジは生きている? 加持リョウジは生きているかを考察します! 加持リョウジは、ネルフの諜報員(スパイ)で、ミサトの元恋人でした。 劇場版では、エヴァ破からの登場になります。 彼は、ネルフからのミッションで、第3使徒と仮設5号機を破壊し、碇ゲンドウの元に「ネブカドネザルの鍵」を届けました。 彼自身、ネルフの本当の狙いまでは知らない設定となっていました。 大人はさ、ズルイぐらいがちょうどいいんだ。 新世紀エヴァンゲリオン(加持リョウジ) — 感動!漫画名言集 1997Scottrice そんな加持ですが、エヴァQでは、全く登場しませんでした。 そのため、生存していない説もありますが、生きていると予想されます! 理由は、ヴィレの操縦者が、加持の名前を出していたからです。 亡くなっていた場合、謹慎ムードなので、あえて口にすることはないと思われます。 また、加持は海洋生態系保存研究機構に関係していました。 海洋生態系保存研究機構がヴィレの前身となる組織だとすれば、続編で加持は重要なキャラクターとして戻ってきそうです。 エヴァQを見る限り、スパイでネルフに潜入している様子はなかったので、どこかの拠点にいると思われます。 エヴァ序からの登場で、妹の件でシンジを傷つけるが、最後には友人になった人物です。 エヴァ破では、一緒に海洋生態系保存研究機構の水族館に行くほど、仲良くなっていました。 そして、衝撃的だったのが、トウジのシャツが配給されたことです。 鈴原サクラが、表向きは前向きですが、影のある感じで接していることを見ると、トウジは亡くなったと予想できます。 また、シャツが配給されたことは、シンジを追い詰めるような演出だったのだと思われます。 ニアサードインパクトの犠牲者を、印象づけるためです。 そのため、鈴原トウジが亡くなったことが、続編では描かれると考えています。 ペンペンはどうなった? ペンペンはどうなったかを考察します! ペンペンは、ペンギンですね(笑) シンジとアスカとミサトと同居していました。 ペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンペンんペンペンペンペンぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんぺんペンペン!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破TV版」この後すぐ! — アンク@金曜ロードSHOW! 赤い海では住めないことを考えれば、生存は怪しいと思います。 ですが、 ヴィレが海洋生態系保存研究機構の前身となると考えれば、ブンダーに乗っていることはないにしても、どこかの拠点にいるかもしれません。 エヴァ破では、ラストシーンで、シンジを応援していましたよね〜 ですが、14年後の対面は、何も説明をしないで、厳しい態度でしたね。。 ミサト「だからこそ現状を変えて後顧の憂いを断つ。 ニアサードインパクトを起こしたのはシンジです。 それを応援したのは、ミサトです。 ミサトの性格上、シンジだけに、罪を背負わせたくないと思っているでしょう。 それに対し、乗務員は、ニアサードインパクトで、何かしらの犠牲を背負った方です。 そんな状況なので、あえて、シンジには厳しくしないといけなかったのかもしれません。 その証拠に、シンジが離脱した際は、チョーカーを使いませんでした。 単純に、シンジと世界を天秤にかければ、チョーカーを発動させていましたよね。 ミサトも、罪を背負って悩んでいることが、冷たく接する理由だと思いました。 まとめ 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の加持リョウジと鈴原トウジとペンペンの行方について考察しました! 鈴原トウジは、鈴原サクラの登場で、生存が怪しいと思いますが、加持リョウジは今後の鍵になると思っています。

次の

ヱヴァンゲリヲンQの加持とトウジとペンペンの行方は?ミサト冷たいのはなぜ?|MoviesLABO

エヴァ破 アスカ 死亡

Contents• 全エヴァファンが衝撃を受けた!旧劇場版の衝撃ラスト 写真: livedoor Blog 旧劇場版と呼ばれる作品は、「新世紀エヴァンゲリオンAir/まごころを、君に」が正式名称です。 アニメシリーズでは語ることがなかった第弐拾五話と最終話を完全リメイクし、新作として劇場公開されました。 公開は1997年の夏。 多くのエヴァンゲリオンファンが劇場に詰めかけました。 もともとエヴァンゲリオンは謎が多く、アニメシリーズでは様々な謎に対しての回答は提示されないまま終了してしまいました。 考察が好きなファンはアニメ作品内で描かれた暗号やモチーフなどを読み解き、どの説が真実なのかを必死で探していました。 そして、ついにすべてが明かされるというこの最終章を心待ちにしていたのです。 そして迎えた旧劇場版のラストは、ファンの期待を様々な意味で裏切るものでした。 巨大化する綾波レイ、量産機によって弐号機ごと串刺しされてしまうアスカ。 主人公以外のすべての人間が死に絶えるという衝撃のエンディングだったのです。 point 492 1 旧劇場版の与えたトラウマの大きさ 写真: アユネットドットコム 碇シンジとアスカ以外が死亡し、謎ははっきりとした回答を提示せずに旧劇場版は終了しました。 実はこれにはエヴァンゲリオンシリーズの総監督である、庵野氏の考えがあったのです。 あまりにも熱狂するファンたちに「もう疲れたから、この作品は終わり」ということを伝えたかったというのがその主たる思いであることを、のちのインタビューで明らかにしています。 旧劇場版はそのためか、登場人物が次々と死亡していくシーンのオンパレードです。 最もファンにトラウマを与えたのは、もうひとりのヒロインであるアスカの死亡シーンと言われています。 9体の量産機に弐号機ごと捕食されていくシーンは、非常にグロテスクです。 他にも世界を侵食していく綾波レイが巨大化し、頭部を真っ二つに引き裂かれたり、眼球から出血するなど過激な死の表現が散りばめられています。 point 441 1.

次の

エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

エヴァ破 アスカ 死亡

2007年からはじまった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの第3作目にして、2019年時点での最新作でもある『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』。 あらたな人物やキーワードも登場し、エヴァの壮大な世界へと観客を引きずり込んだ本作は、観客動員数が382万人を突破し、興行収入は52億円を超えるヒット作となりました。 2012年の年間興行ランキングのなかでも、第4位という成績を収めています。 しかし、前作の『破』から14年という月日が経過している時点からはじまる 難解なストーリーは、ファンの間で今でも賛否両論の意見があるとともに、物語のさまざまな考察が展開されています。 謎が多く散りばめられた「エヴァQ」の緻密な世界を、考察も交えて徹底的に解説してみたいと思います! エヴァンゲリオン新劇場版とは? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、 1995年から1996年にかけてテレビアニメとして放送されていた『新世紀エヴァンゲリオン』を、あらたに作り直す「リブート企画」として立ち上がりました。 2007年に第1作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、2009年には第2作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が劇場公開され、第3作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、2012年に公開となりました。 前作の『破』や、前々作の『序』では、TV版で描いていた物語に沿った展開がベースとなっていました。 しかし、 今作からは今まで描かれたことのないあらたな展開へと突入し、その内容も非常に難解なうえに、『破』の公開時点で描かれていた次回予告とは一切異なる内容であったことからも、ファンの間では多くの賛否を巻き起こすものとなりました。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』複雑なあらすじをショート解説 『Q』の物語は、 前作『破』の時点から14年の月日が経過した世界が舞台です。 『破』のエンディングから14年後、「式波・アスカ・ラングレー」と「真希波・マリ・イラストリアス」の手によって、封印されていた「エヴァ初号機」が宇宙空間から回収され、「碇シンジ」が14年の眠りから覚めるところからはじまります。 シンジが目覚めた場所は、「ネルフ」ではなく新たに作られた組織「ヴィレ」の艦隊「AAAヴンダー」のなかでした。 初号機から助け出したはずの綾波レイの姿もなく、十分な説明もないまま翻弄するシンジのもとに、零号機によく似たエヴァが現れ、そこから聞こえてくるレイの声に誘われるようにヴィレを脱出しネルフ本部へと向かいます。 辿り着いたのは変わり果てたネルフ本部。 シンジは、父である碇ゲンドウに再会し、そこで「渚カヲル」と出会います。 ゲンドウは、あらたに製造された「エヴァ13号機」にカヲルとともに搭乗することをシンジに命令しますが、シンジはエヴァに乗ることを拒みます。 しかしシンジは、カヲルとピアノを通じて親交を深め、次第に打ち解けていきます。 そしてついに シンジは、カヲルとともにエヴァに乗ることを決意します。 しかし、物語は思わぬ方向へと動き出してしまいます。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』でミサトらが所属する「ヴィレ」とは? その目的は? 葛城ミサトを中心とした旧ネルフ職員は、新組織「ヴィレ」を立ち上げています。 ヴィレには赤木リツコらを含めたかつてのネルフ職員に加えて、あらたなメンバーによって構成されています。 ヴィレは、ネルフのエヴァをすべて倒し、ネルフ壊滅のために作られた組織であることが物語のなかで語られていますが、ヴィレがネルフと対立することになった理由については、一切明らかになっていません。 ちなみに「ヴィレ」という名称は、ドイツ語で「意志」を意味する言葉です。 エヴァに登場する組織などの名前は、すべてドイツ語が由来になっています。 「ゼーレ」は「魂」を意味し、「ネルフ」は「神経」を意味する言葉です。 ヴィレの艦隊「ヴンダー」も、ドイツ語が由来となっており「奇跡」を意味する言葉が用いられています。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』での変わり果てた世界の真実と明かされる過去 物語の中盤で、シンジは支給されたYシャツに書かれた、「鈴原トウジ」の名に気づいたことで、外の世界に目を向けるようになります。 そこでカヲルはシンジを外へと連れ出し、14年が経過した本当の世界の姿を明かします。 そこにあったのは荒廃した世界。 赤く染まった大地。 眼前には月にも見える不気味な天体が浮かんでいました。 そしてカヲルは、シンジに衝撃の真実を告げます。 「君が初号機と同化している間に起こった、サードインパクトの結果だよ」 「すべてのきっかけは、君なんだよ」 真実にショックを受けたシンジに対し、さらに追い打ちをかけるように、冬月コウゾウからシンジの母親「ユイ」の知られざる過去を告白されます。 母親のユイはエヴァ初号機のコアへのダイレクトエントリーの被験者となり消滅し、現在は初号機の制御システムになっているという事実を知ることになります。 さらに、シンジが知っている 綾波レイは、ユイの情報をコピーして作られた複製体であることも明かされます。 『エヴァンゲリオン 破』のラストに起きていたこと=ニアサードインパクトとは? 『破』のクライマックスで、シンジはエヴァ初号機から綾波レイを救出したと思われていました。 しかし、その行為によってエヴァ初号機は「神に近い存在」となってしまい「サードインパクト」を発動させてしまいます。 しかし、 月から飛来した渚カヲルが、カシウスの槍を初号機のコアへ打ち込み、サードインパクトを未然に防いだのでした。 この事件のことを、劇中では「ニアサードインパクト」と呼んでいます。 この「ニアサードインパクト」を引き起こした代償として、シンジはヴィレによって「DSSチョーカー」という首輪を装着されてしまいます。 「DSSチョーカー」とは、エヴァに搭乗して覚醒状態になった場合に、 自動的に作動し装着者の命を絶たせる装置です。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』でなぜアスカは年を取っていないのか? 『Q』の世界は、『破』から14年が経過しています。 しかし、 アスカの見た目が14年前とほとんど変わっていません。 アスカは「人間」ではなくなってしまったのでしょうか? この疑問についてアスカは、劇中で「エヴァの呪縛」という言葉を口にしますが、この言葉の意味に関しては、残念ながら一切語られていません。 しかし、物語のなかに意味をひも解くキーワードとなるセリフが出てきます。 それは物語のラスト、シンジを迎えに来たアスカのセリフにあります。 「ここじゃエル(L)結界密度が強すぎて助けに来れないわ」 「リリンが近づけるところまで移動するわよ」 エヴァの世界で「リリン」とは「人間」を指す言葉です。 つまり、アスカたちは、そのとき人間では近づけない場所にいることになります。 なぜアスカたちは「人間では近づけないところ」で生きていられるのでしょうか? これは、アスカたちは「リリン(人間)以外の何か」になっていることを裏づけています。 さらにアスカは、 今作から左目を眼帯で隠した状態で登場しています。 眼帯をつけている理由について劇中で説明はされていませんが、映画本編では眼帯が青く光るシーンがあり、そのカットをよく見てみると 「使徒封印用呪詛文様」が刻まれていることがわかります。 「使徒封印用呪詛文様」とは、使徒の力を封印、あるいは抑制する力があると考えられています。 そのため、 アスカが眼帯をつけている理由は「使徒を封印するため」だと捉えることができます。 これらのことから、「エヴァの呪縛」によって人ではなくなったことで、アスカは歳を取らなくなっているのではないかと考えられています。 その発表とともに、最新の予告映像も公開されましたが、物語の全貌はまだ明かされておらず、どんなストーリーが待ち受けているのか、ファンの間では早くも議論が展開されています。 次回作は、はたしてハッピーエンドとなるのか、バッドエンドとなってしまうのか。 今後のあらたな発表に目が離せません! 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』まとめ 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじに触れながら、劇中に散りばめられた「疑問」や「謎」について踏み込んでみました。 難解なストーリーだからこそ、観るたびにあらたな発見や、観た人なりの解釈が生まれる稀有な作品なのかもしれません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の