大村 知事 韓国。 台湾高雄市で韓国瑜市長のリコール決定、愛知大村知事はどうなる?

大村秀章知事は韓国から帰化?経歴や学歴、妻や子供についても調査

大村 知事 韓国

2019. 17 未分類 stfrko619 【韓国 制裁】大村知事・圧倒的支持率がネットで話題に!! 【韓国 反応】【韓国経済】 お疲れ様です。 いちかです。 今日のニュースと戯言・独り言をはじめます。 ニュースの内容 夕刊フジは15日午後1時過ぎから16日午前6時まで、 公式サイトで緊急アンケートを実施した。 回答者からはさまざまな意見が寄せられた。 厳しい意見としては、「どの面さげて陛下にお会いになるんですかね」 「我が身に置き換えて考えました。 これが祖父の写真なら許せません」 「あなたの行動の意味を知っていますか」 「参列はもうダメやろ。 ダブルスタンダード」 「行ったけど門前払いが面白いんじゃないか」 「次の選挙で愛知県民の怒りを知ることになると思います」 などがあった。 他には、「謎だらけの作品の存在を積極的に報道しなかった、マスコミもある意味同罪」という意見もあった。 すごいアンケートになりましたね。 それではネットの反応をみていきます。 「想像以上の逆風が吹いていますね」 という感じで、本人はあいちトリエンナーレ閉幕で終わったつもりかもしれませんが、 河村市長も動くようですし、はっきり言ってこれからが始まりです。 「いくらなんでも辞退するよね」 「人としてお祝いの場面にふさわしいか判断できるよね」 と言う感じで、辞退しなければ日本人ではありません。 日本人であれば、今回の問題に責任を感じ、期待するはずです。 「大村秀章を、皇居の入り口で、強制退去するのがいい。 強制退去理由は、天皇陛下の安全確保のため」 という感じで、あれだけ危険な思想を漂う作品を税金を使って平気で展示した人物ですからね。 天皇陛下の安全確保のためにも強制退去が妥当ですね。 「大村県知事が出席したら大騒動が起きる」 と言う感じで、大村県知事が出席しようものなら、 今回の天皇侮辱作品に怒りを持ち国民が激怒し、 暴動につながる可能性もありますからね。 竹田恒泰氏もおっしゃられてますが、あの作品を税金を使って展示させたい人が、 即位の礼に参加する資格はありません。 何せあの作品を認めた人物ですから、そんな人物を天皇即位の礼に参加させれば世間が許さないでしょう。 なんだか日本版のムンさんみたいな感じですね。

次の

大村秀章(愛知県知事)がダウン症で韓国人?無能という声も多数!

大村 知事 韓国

大村知事(Wikipedia:編集部) 先に愛知県から述べれば、日ごろ保守的な言動で知られる美容外科医院経営者の高須克弥氏が、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」(以下、アイトレ)をめぐり、 「税金から補助を与えるのが一番許せない」(朝日報道) として、大村知事リコールの団体を作るというもの。 これに、メディアやネットでは、アイトレの内容と同様に賛否が飛び交っている。 が、リコールは地方自治法で定められた極めて民主的な制度だ。 住民は、都道府県知事や市町村長(首長)、地方公共団体議員などの要職者に対し、任期中の解職請求や地方自治体議会の解散請求ができる。 筆者は、法律に定められた権利の、住民による自由な行使が妨げられることなどあってはならないと考える。 なので「なぜ、大村知事がリコールされなければいけないのか、全く理解不可能」など述べる某識者らには与しない。 なお、筆者のアイトレの展示内容に関する意見はの通りだ。 有権者の3分1以上• 有権者総数が40万人を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上• 請求が成立すると60日以内に投票が行われる。 都道府県知事の場合、少なくとも投票日の30日前に投票の告示がなされる。 投票の結果、有効投票総数の過半数が賛成すれば、その首長は失職する。 換言すれば、署名を87万集めて請求が成立しても、投票で反対がそれを上回れば失職を免れる。 結果、賛成93. 9万票、反対2. 5万票と圧倒的大差がつき、得票率も40%を超え、リコールが成立した。 韓国瑜氏(Facebook:編集部) 韓氏は一昨年12月、民進党支持者の多い高雄市長選に国民党候補として挑戦し、勝利した。 が、就任後、半年しか経っていない、以降「帯職参選」 なる、選挙期間中は休職し負けたら復職、という何とも奇異な制度を使い、市政を横に選挙運動に東奔西走した。 のは周知の通り。 そして大敗した韓氏を待っていたのがこのリコールだ。 就任後半年で市政を放り出したことに、元来反国民党の高雄っ子の反発は大きく、高雄の蔡英文票は100万を超えた。 有権者約230万人によるリコール要件の第1段階は1%(23,000人)以上の署名。 これは1月に28,560人分が集まった。 これも4月に377,662人分が集まった。 リコール投票を4日後に控えた3日の反国民党と思しき英字紙Taiwan Newsは、「韓國瑜氏、民主主義を操作してリコール投票の屈辱を回避」と題する、邦訳で4千字余りの長い韓氏批判記事を掲載した。 そこに書かれた「操作」が中国共産党風で、余りに露骨で幼稚で可笑しいのでいくつか紹介する。 リコール請願の有効性を決める権限を持つ高雄市選挙管理委員会を率いるのは、韓氏が任命した副市長の一人。 明らかに利益相反だが誰も何もできない。 韓氏の弁護士が投票差し止めを求める訴えを起こした。 理由は韓氏が就任後1年経つ前に集めた署名は違法とするものだが、行政裁判所によって即座に却下された。 韓氏の弁護士が試みた次の手は、コロナウイルスを口実に、高雄市民は安全に投票に行けないとの主張。 台湾中央選挙委員会は、消毒その他の手立てで実施可能、と退けた。 高雄市選挙管理局は学校に対し、いつもは投票で使う教室を、コロナを理由に投票所として使用させないよう圧力を掛けた。 が、高雄では50日間感染者はゼロ。 次に同委員会は学校に対して、教室を1つないし2つだけを貸すよう圧力をかけた。 その目的は、長い列を作らせて投票を諦めさせたり、時間切れにさせたりして25%の投票率を割らせること。 韓氏はコロナを理由に3人以上の集会を禁止する厳格な新しい規則を導入、警察と役人に公共の場所にいる3人以上のグループを解散させるよう厳しく指示した。 標識を掲げたり、チラシを配ったり、夜市を訪れたりする活動も禁じられた。 選挙では投票カードなどの書類はいつも里長(村長)から世帯に配られる。 今回は里長に投票カードへの署名を義務づけ、投票していない者が判るようにした。 以上、他にもまだあるが馬鹿々々しいものは省いた。 真偽のほどは不明だが、Taiwan News紙は「このように脅威を使用することは、韓國瑜の愛する中華人民共和国では一般的かも知れないが、台湾のような民主的な国ではあり得ない」と記事を結んでいる。 今回のリコール成功は、韓氏自身の問題も多かろうが、民進党蔡政権がコロナ禍を目下ほぼ完璧に抑え込んでいること、WHO総会へのオブザーバー参加を中国に阻まれたこと、投票直前のタイミングでの北京による香港への国家安全法導入採択など、ここにも反中国・反国民党の風が吹いたことが大きかろう。 さて、愛知のリコール騒動、高雄のこの出来事の報道のされ方次第では、その帰趨に影響を与える可能性がないとはいえまい。

次の

大村秀章知事「愛知県に慰安婦像を設置する会会長」で韓国から帰化人確定!証拠画像!

大村 知事 韓国

こんにちは坊主です!! 今回は、『大村秀章(おおむらひであき)』氏を取り上げます。 秀章氏といえば、愛知県知事(公選代17代・18代)としてその名前を広く知られています。 1991年に農林水産省の官僚としてそのキャリアをスタートさせています。 1995年には自由民主党愛知県第13選挙区支部長に就任し、翌年1996年に衆議院総選挙にて初当選。 その後、2000年から2009年まで5期連続当選を果たしています。 またこの間に、2006年から2007年の第1次安倍内閣で内閣府副大臣や2008年から2009年までの麻生内閣で厚生労働副大臣等を歴任し、国政に携わっていました。 2011年より愛知県の知事に就任し、2017年現在でも数々の政策を行っています。 そんな華麗なる経歴の持ち主である秀章氏が、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。 それは、2017年10月10日から行われている衆院選で、 が代表を務める「希望の党」の応援を事実上撤回した事が報じられ世間の注目を集めています。 秀章氏は以前から、今回の衆院選で希望の党からの候補者を応援すると明言していましたが、事実上撤回を表明しています。 なぜ、秀章氏は方針を変更したのでしょうか? そこで今回は、秀章氏について調査してみました。 大村秀章愛知県知事が希望の党応援撤回! 冒頭でも掲載しましたが、秀章氏は2017年10月10日に行われている衆院選で、希望の党の候補者の応援を撤回した事が報じられ世間の注目を集めています なぜ、秀章氏は今回の方針を変更したのでしょうか? この事について調査したところ、2017年10月11日に配信された『朝日新聞DIGITAL』は次のように報じています。 特定のところを応援するかは現段階では考えていない」 と述べた。 従来、 希望の党を支持する姿勢を示してきたが、 一転して距離を置いた。 大村氏は9月30日、 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)と 大阪市で記者会見して連携をアピール。 今月2日の記者会見では 「希望の党を応援する」 と明言し、 「3人で合同街頭演説をやろう、 ということになったので、 具体的に日程調整にも入っている」 と発言していた。 ところが、 東京・銀座で7日にあった小池、 松井両氏らの街頭演説には参加しなかった。 この演説には、 両氏とともに河村たかし名古屋市長(地域政党・減税日本代表)が参加。 衆院選での連携をアピールした。 大村氏は11日の記者会見で、 不参加について 「3人で相談して段取りをしてきたが、 希望の党の演説会ということになったので、 それは少し違うかな、 と遠慮した。 政党の演説会は遠慮していきたい」 と述べた。 「(選挙後には)3大都市圏連合で国にものを申していきたい」と、 地方分権などには引き続き意欲を示した。 また方針変更理由について、秀章氏は明らかにしていません。 しかし、街頭演説不参加については、希望の党の演説会のためだと明らかにしています。 また今回の報道を受けて、秀章氏の私生活について感心が集まっています。 秀章氏は私生活を公表しているのでしょうか? そこで、今回は秀章氏の私生活について調査していました。 大村秀章愛知県知事の結婚歴や家族(息子,娘)の現在は? 嫁画像あり! 上記でも掲載しましたが、今回の報道を受けて、秀章氏の私生活に関心が集まっています。 そこで秀章氏の妻を調査したところ、秀章氏には結婚して30年近くなる「史子(ふみこ)」さんが居る事が判明しました。 その妻である史子さんの画像はこちら。 しかし、史子さんは一般の方ということもあり、詳細な素性は公表されていませんでした。 また子供について調査したところ、「一男三女」が誕生しており、4人の子供の父親である事が判明しました。 この事について、2015年1月17日に配信された『中日新聞』は次のように報じています。 昨春、 長女と長男がともに親元を巣立った。 次女、 三女の進学や進路の相談にも乗る。 しかし、同紙では子供達について言及されていません。 そこで、子供達の2017年現在の子供達の素性などを調査しましたが、こちらも妻・史子さんと同様に一般の方という事もあり、非公表となっていました。 従って、家族の現在については不明です。 大村秀章愛知県知事は中国or韓国からの帰化? 家族の素性調査に伴い、一部ネット上では、秀章氏の過去について関心が集まっています。 秀章氏は、以前は中国や韓国の海外の国籍であり、2011年の知事選に伴い帰化したと噂されています。 果たしてその噂は事実なのでしょうか? そこで、この噂を元に調査したところ、2011年12月25日に配信された『國民新聞(こくみんしんぶん)』に次のように報じています。 民主党には 小沢一郎(実父が済州島出身、 実母は在日朝鮮人)、 菅直人(実母が済州島出身) (中略) 自民党は 山崎拓、 河野太郎、 加藤紘一、 衛藤征士郎、 河村建夫、 中川秀直、 ・大村秀章、 野田毅、 太田誠一、 二階俊博、 大野功統、 馳浩。 本紙に一覧表を提供した吉田滋氏は、 「この資料の真実性はほぼ間違いない。 火のない所に煙立たずだ」 と述べている。 そこで、この真相を調査しましたが、秀章氏の公式プロフィールやWikipediaには帰化したという記述はありません。 また一部個人ブログでは、韓国から帰化したと断定しているサイトも存在します。 しかし、秀章氏から帰化したという公言や記述がないため、このような噂を断定する事は出来ません。 従って、この噂の真相は不明です。

次の