近鉄 ひのとり 乗車時間。 近鉄の新型特急 ひのとりを徹底解説!!

「ひのとり」誕生で注目集まる「近鉄特急」その車両の魅力に迫る

近鉄 ひのとり 乗車時間

近鉄は大阪~名古屋間を結ぶ新型名阪特急 『ひのとり』を来春2020年3月14日より運行することを発表しました。 同区間の名阪特急は、2003年の『アーバンライナー・ネクスト』以来17年ぶりとなります。 最大の特徴は、6両or8両編成中の1両に設けている 『プレミアム車両』。 これまでの特急車両にあるようなクロスシートではなく、各座席がそれぞれ独立した形になっていて、 【グリーン車以上、ファーストクラス未満】の快適車内でくつろぐことができます。 大阪(大阪難波)~名古屋間の 停車駅は5駅、所要時間約2時間で結びます。 そして今回この記事では、来春デビューする『ひのとり』の• 新幹線や従来特急との違い• プレミアム車両の詳細• 予約、記念乗車券 の案内について説明していきます。 Contents• 新幹線・従来特急との違い スポンサーリンク 停車駅について 近鉄HPで公開されている路線情報です。 大阪難波~名古屋までの停車駅は、• 大阪難波• 大阪上本町• 大和八木• 名古屋 の5駅分です。 kintetsu. ただし、甲特急でも大和八木駅に停車するものはひのとりと同じになります。 乗車料金について 続いて、乗車料金について。 近鉄HPではすでに、各停車駅間の運賃を公開しています。 kintetsu. レギュラー車両:4,540円• プレミアム車両:5,240円 となります。 それが高いのか安いのか、従来の名阪特急・アーバンライナーや新幹線、JR在来線と比較してみました。 鉄道会社名 区間駅名 料金(合計) 所要時間 備考 近鉄ひのとり 大阪難波-名古屋 ¥5,240 ¥4,540 2時間 上段:プレミアム 下段:レギュラー 近鉄アーバンライナー 大阪難波-名古屋 ¥4,260 2時間25分 JR東海 (新幹線) 新大阪-名古屋 ¥5,830 50分 JR西日本・東海 (在来線) 新大阪-名古屋 ¥3,350 2時間38分 乗換2回 料金でいえばJR在来線が最も安くなりますが、なにせ乗り換えが2回もあります。 また、特急列車ではなく新快速列車になるため所要時間が最も長く、指定席でないため 最悪の場合ずっと立ちっぱなしになることもあります。 そして、所要時間でいえばさすが新幹線!1時間を切っています。 『ひのとり』プレミアム車両よりも590円高いだけなので、 急ぎの出張とかなら断然新幹線に軍配です。 そのへんは近鉄も意識していて、新幹線に比べたメリットを出すために先の通りシートの快適性にこだわっています。 【決して急ぎ旅はしたくない!旅気分をじっくり味わいたい】 という客層にオススメかと思います。 mynavi. これなら、従来のアーバンライナーよりも高くなるのも納得ですね。 なお、近鉄ではこの 『ひのとり』のプレミアム車両の座席展示を実施しています。 展示は計5回、それぞれ別の場所で行われます。 大阪上本町駅 地上コンコース < 8月 31 日(土)~ 9 月 8 日(日)>• 大阪阿部野橋駅 地上コンコース < 9 月 9 日(月)~ 9月 17 日(火)>• 近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店 2 階ウエルカムガレリア < 9 月 18 日(水)~ 9月24日(火)・ 10月 2 日(水)~10月 8 日(火)>• あべのハルカス16階ロビー < 9 月 25 日(水)~10月 1 日(火)>• あべのハルカス17 階オフィスロビー <10月 9 日(水)~10月17日(木)> また、プレミアムではない 『レギュラー車両』でも、他の特急に比べて特別感があります。 atpress. また、前後のシート間隔も116センチとこれまでの近鉄特急の中では最大間隔になっていて、レギュラーながらも快適性がアップしています。 展示会に行った人の感想 昨日は上本町に早速展示された新型特急「ひのとり」の座席展示会へ 通行く人の注目度合いも高く、体験会にはざっと40人ほど並んでおられました 座席はレザーっぽい素材で、ちょっといい感じの席という感じ — Osaka-Subway. しかし、2019年3月にデビューした西武鉄道新型特急車両『Laview』の場合、 運行開始日の約1か月前からチケットの受付を開始していたため、『ひのとり』も約1~2か月前から何らかの動きがあると思われます。 記念乗車券 新しい車両がデビューした場合、必ずと言っていいほど記念乗車券の販売があり、多くの鉄道ファンに不動の人気ぶりです。 『ひのとり』記念乗車券についてもまだ正式な情報はありませんが、西武鉄道『Laview』の場合、 初回第1便運行日と同日に一般発売されました。 販売場所ですが、『ひのとり』停車駅が少ないことから 停車駅全駅で販売される可能性が高いでしょう。 さらに、『Laview』の場合、 各駅で平均500セットの販売数でしたので、『ひのとり』も同じくらいの販売数になると予想されます。 最大の特徴は、各車両の座席シート。 特にプレミアム車両では新幹線並みの乗車料金であることから、所要時間ではなく快適性で勝負を挑んでいます。 また、レギュラー車両も他の乗客に気を遣わせない工夫がこらされていて、こちらも従来のクロスシートよりも格段に快適性がアップしています。 レギュラー車両でも従来の近鉄特急・アーバンライナーより¥280値上がりしていますが、これらの工夫が付加価値を高めたと言えます。 そして、 運行ダイヤは1日に6本。 停車駅は5駅、大阪~名古屋の 所要時間は約2時間です。 事前予約や記念乗車券の販売などは今のところ情報はありませんが、2019年3月デビューの西武鉄道特急『Laview』を例に出すならば、• 事前予約:運行開始約1~2か月前• 記念乗車券:運行開始日に一般販売、先行販売は1週間前 となっています。 決して急がず、快適でゆったりした旅を提供するコンセプトから、リタイアした老後の旅行に好まれるかも知れません。 スポンサーリンク.

次の

近鉄最強特急「ひのとり」、乗ったらここに注目!

近鉄 ひのとり 乗車時間

皆さんこんにちは!! 今回は近鉄特急の一般型、いわゆる汎用特急の紹介です。 近鉄特急はひのとり、しまかぜ、伊勢志摩ライナー、アーバンライナーなど名称がついている車両が多いですが汎用特急車両と呼ばれる比較的多方面で活躍できる特急車両も多く走っています。 汎用特急車両は影は薄いですが縁の下の力持ちでこの頃は近鉄もリニューアル工事を施すなど汎用特急の車内設備も向上してきています。 京都駅にやってきました。 近鉄京都駅はかなり綺麗で常に多くの人で賑わっています。 京都駅は増設工事が行われて4線を有しています。 特急列車は1. 2番線を使用しています。 今回は京都駅18時30分発の奈良行き特急に乗車しました。 奈良駅までは35分ほどの短い乗車時間です。 それでは乗車しましょう!! 車内はこんな感じで2-2の座席配置となっています。 見てもらったら分かるようにシンプルな車内となっています。 また少し古さも感じます。 座席はこんな感じで昔の特急車両の座席といった感じです。 座席のマガジンラックも古いですね。 テーブルはインアームタイプのテーブルとなっています。 大きさも小さくて使い心地はそこまで良くありません。 近鉄特急は車両によって設備に格差が生じすぎるのですが個人的には面白くて好きですよ笑 リクライニングはこちらの白いレバーで操作します。 フルで倒してみましたがほとんど倒れません。 車内を後ろから見るとこんな感じです。 座席にコンセントなどはもちろん付いていません。 デッキにやってきました。 かなり暗めの照明となっています。 車内に入るとすぐに洗面台があるという昔の列車のデッキのような感じです。 男女兼用のトイレが設置されています。 トイレ内はリニューアルされておりウォシュレット機能なども付いてます笑 また近鉄特急は車内では禁煙でタバコは喫煙ルームを使うことになります。 喫煙ルームが設置されているだけ有難いですね! 京都駅を発車した時点での乗車率は2割程度でかなり空いていました。 平日は通勤需要もかなり多くて混み合いますが土曜日だったのでかなり空いていましたね。 近鉄丹波橋駅に到着しました。 京阪本線との接続駅です。 この駅で少しの乗車がありましたが空席が目立っていました。 この駅を出ると高の原駅に止まります。 大和西大寺駅に到着しました。 この駅で2号車の乗客は私以外全員降りたので貸切状態になりました。 大和西大寺駅を出ると5分で終点の奈良駅に到着します。 京都駅を出て35分。 終点の奈良駅に到着しました。 今回はかなり古い車両に乗りましたがやはり同じ特急料金を払うなら新しい車両の方が良いなと思いました。 YouTubeでも活動しておりブログとは違った視点からレビューしてます。 現地での観光記、施設紹介などはYouTubeで行なっています。

次の

近鉄の新型特急 ひのとりを徹底解説!!

近鉄 ひのとり 乗車時間

近畿日本鉄道(近鉄)は12月4日、2020年3月14日から営業運行を開始する名阪特急向けの新型特急車両80000系『ひのとり』のプレイベントを2020年2月から3月にかけて開催すると発表した。 サービス設備としてはベンチスペースやカフェスポット、無料WiFi、案内用大型液晶ディスプレイ、ロッカー付き大型荷物置き場が設置され、セキュリティ対策として、客室やデッキ、大型荷物置き場に防犯カメラが取り付けられる。 運行開始に際しては6両編成3本が登場し、2020年度中には6両編成5本、8両編成3本を増備。 最終的に11本72両が投入される計画。 プレイベントでは、2020年2月8日の有料試乗会ツアーを皮切りに、同年3月1日にかけてお披露目会や有料撮影会ツアー、無料試乗会が開催される。 有料試乗会ツアーはA~Dの4コースに分けて開催。 A・Bコースは大阪上本町(大阪)発着、C・Dコースは近鉄名古屋(名古屋)発着の往復ツアーだが、『ひのとり』の乗車は片道のみとなる。 『ひのとり』の時刻は、Aコースが大阪上本町8時42分発~近鉄名古屋12時29分着、Bコースが近鉄名古屋13時35分発~大阪上本町16時25分着、Cコースが近鉄名古屋9時35分発~大阪上本町12時23分着、Dコースが13時04分発~近鉄名古屋15時59分着。 各コース200人を募集し、旅行代金はプレミアム車両が大人1万700円・子供6850円、レギュラー車両が大人1万円・子供6500円。 申込みは近畿日本鉄道運輸部営業課「新型名阪特急ひのとり有料試乗会係」まで往復ハガキで受け付ける。 締切りは12月20日(消印有効)。 申込み多数の場合は抽選となる。 お披露目会は2020年2月15日に五位堂検修車庫(奈良県香芝市)で開催され、10時~15時30分の間、毎時0分、30分開始で計12回開催。 各回50人計600人を募集する。 1回ごとの所要時間は1時間程度。 申込みは12月6日10時から12月26日22時まで近鉄のウェブサイトで受け付ける。 申込み多数の場合は抽選となる。 有料撮影会ツアーは2020年2月16日に青山町車庫(三重県伊賀市)で開催。 当初登場する『ひのとり』3編成が並ぶ。 9時~、11時~、13時~の3回に分けて開催され、各回100人計300人を募集する。 旅行代金は大阪上本町発の場合、大人1万円・子供8840円。 申込みは12月9日から2020年1月31日まで大阪難波・大阪上本町・大和西大寺・橿原神宮前・名張・京都・大阪阿部野橋・近鉄名古屋・近鉄四日市・津・宇治山田各駅の営業所で先着順に受け付ける。 無料試乗会はレギュラー車両に往復乗車できるもので、2020年2月22~24・29日、3月1日に開催される。 大阪発着と名古屋発着のコースが設定され、各日各コース3回運行される。 各日各コース160人計480人を募集するが、3月1日は小学生以下の子供を連れた人が優先的に参加できる。 時刻は、大阪発着が大阪上本町10時2分発~榛原10時44分着・10時54分発~大阪上本町11時46分着、大阪上本町13時02分発~大和朝倉13時40分着・13時48分発~大阪上本町14時29分着、大阪上本町15時02分発~榛原15時42分着・15時53分発~大阪上本町16時36分着。 名古屋発着が近鉄名古屋9時48分発~近鉄四日市10時33分着・10時40分発~近鉄名古屋11時29分着、近鉄名古屋12時04分発~近鉄四日市12時39分着・12時45分発~近鉄名古屋13時29分着、近鉄名古屋14時18分発~塩浜15時04分着・15時12分発~近鉄名古屋15時59分着。 申込みは12月6日10時から12月26日22時まで近鉄のウェブサイトで受け付けるが、申込み多数の場合は抽選となる。 このほか、KNT-CTホールディングス傘下のクラブツーリズム、近畿日本ツーリスト関西・中部が主催する乗車ツアーが2020年2月9日に開催される。 大阪上本町~近鉄名古屋間を2往復するが、乗車は片道となる。 《佐藤正樹(キハユニ工房)》.

次の