岡山県知事炎上。 (2ページ目)「今は来ないで」岡山県は大炎上、島根県は絶賛……明暗を分けたのは“言い方”?

コロナ巡り岡山県は大炎上で島根県は絶賛 明暗を分けたのは言い方か

岡山県知事炎上

新型コロナウイルスの感染対策で、全国の自治体が「今は来ないで」と訴えている。 5月2日~6日のゴールデンウイーク期間中などに、帰省や旅行で人の出入りが激しくなれば、感染が広がる恐れがあるからだ。 だが、ものは言いようだ。 「来たら後悔させてやる」と言わんばかりの発言をした知事には抗議が殺到した。 「会いたいからこそ、今は『会わない』ようにしませんか。 それが収束を早める」と訴えた県には、「素敵なメッセージが心に響いた」と賛意が寄せられた。 いずれ感染症が収まれば、外出自粛で景気や社会活動が低迷した分、観光客や定住者の誘致が課題になるだろう。 しかし「今の言動が地域のイメージを左右し、後になって明暗が分かれるのではないか」と指摘する声もある。 岡山県庁には「2日間で50件程度の苦情」 「後悔」と口にしたのは、伊原木(いばらぎ)隆太・岡山県知事だ。 山形県が来県者の検温を始めたのに触発され、岡山県でも「県外からの帰省者や旅行客の流入抑止に向けた啓発活動」として実施しようと考えた。 高速道のパーキングエリアで4月29日、職員らが県外ナンバーの車に乗った人などの検温を行うと決めた。 その内容を発表した4月24日の記者会見で、「いかに歓迎していないか、警戒しているかっていうことを、主に他県の皆さんにお伝えできる人数」に対して検温し、「声を掛けられた人が、『マズイところに来てしまったな』と、後悔をしていただくようなことになればいいなと思っています」などと述べた。 これが報道されると、県庁には抗議の電話やメールが相次いだ。 「2日間で50件程度の苦情がありました。 妨害してやる、危害を加えるというような内容もありました」と公聴広報課の職員は話す。 「職員が疲弊してしまう」 結局、伊原木知事は検温を中止すると発表した。 そして、「皆さんがビックリするぐらいの言葉を使わなければ、県外で配信してもらえないという思いで、わざと使った面もある。 大変多くの方に不快な思いをさせてしまった」と釈明した。 一方、「来ないで」というメッセージに多くの共感が集まった県がある。 島根県だ。 帰省者は、戻るのを待ち望む人がいるから帰って来る。 そこで4月29日、県民向けに「会いたいからこそ、今は『会わない』ようにしよう。 それが収束への早道だ」と訴える全面広告を地元紙に掲載した。 地域ごとの方言で「帰省自粛」を呼びかけ 担当した広聴広報課の職員は「ウイルスの流行以前から、出身者に『ぜひ帰って来てください』と呼び掛けてきた県です。 『帰ってくるな』とだけは言いたくありませんでした。 そこで、方言を使ったら否定的なニュアンスが和らぐのではないかと考えました」と話す。 島根県は東部の出雲地域と、西部の石見(いわみ)地域に分けられ、それぞれ言葉が違う。 このため出雲地域用は「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。 」、石見地域用は「早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。 」と大書した。 さらに全県共通のメッセージとして「ここ島根で生まれたそのつながりは、距離に負けるほど弱くはないと思うのです。 近いうちに、いつも通り会える日が必ず来ます」と記した。 そして 県の公式Facebook にも載せた。 大きな反響があった。 Facebookには「とても素敵なメッセージで心に響きました。 この新聞をきっかけに島根にいる親と会話したり、普段のGWでは電話をすることのない島根の祖母とも電話をし、改めて地元が好きになりました」とコメントした人もいた。 「いいね」は5月1日までに1200件を超えた。 6市町村は太平洋に面していることからサーフィンに訪れる人が多い。 しかし、高齢化が進み、医療資源も乏しいため、感染が拡大すると致命的な影響を受ける。 そこで「苦渋の決断」で自治体所有の駐車場を閉鎖した経緯を説明した。 「新型コロナウイルス感染症の危機が去りました暁には、わたくしどもの地域をあげて、従来にも増す熱意で皆様をお迎えさせて頂くことをお約束いたします」として、その時には「お互いに大輪の笑顔で、再会を祝しあえるように」とメッセージに書き込んだ。 何を発信するか。 危機にこそ試されるのかもしれない。 その影響と結果は、収束後に明らかになるのだろう。

次の

「今は来ないで」岡山県は大炎上、島根県は絶賛……明暗を分けたのは“言い方”?(文春オンライン) 新型コロナウイルスの感染対策で、全国の…|dメニューニュース(NTTドコモ)

岡山県知事炎上

石川県知事「自粛するな接触しろ」と反政府発言し大炎上中!? 4月9日に石川県の谷本正憲知事は 「東京から大阪などから外出を控えるように露骨にいうべきか。 国民が分断されていると感じた。 感染しているのは都民の数%であとの90%以上は感染していないと思わないといけない。 」といった旨の独自解釈した発言をした後、 東京脱出などと言われる対象地域からの県内の流入について 「交流を増やすのは互いの地域を活性化させる。 自粛はしない」と発言して問題となっている。 もちろん政府や対象地域の知事が緊急事態宣言を受けて自粛を呼びかけている中での発言です。 8日までの5日間で一気に増えた理由を聞かれても 「コロナは峠を超えたという根拠のない憶測で多くの人が外に出た」と どこか他人事のようだが、実はこの突如感染者が増えたのも谷本石川県知事の不用意な発言が原因でもあるのだ。 実はこの知事は3月末にもコロナ感染拡大で日本中が困惑している中 「無症状の人は石川にお越しいただければ」と発言し大問題に。 そして結局現在感染者数日本14位で66名と決して少なくは無い人数となっている。 が、東野本人は本気でそう思っている節がありどこ吹く風のようです。 もちろん近隣の県知事は大迷惑をしている。 岡山県知事の自粛要請に対しても「岡山県はよく言うね、くる人を拒むのは言い過ぎな気がする」と疑問視した。 ・・・。 「石川県は終わりの始まりだ」とネットで騒がれている理由がわかったと思いますが、この知事は一切コロナのことを考えず人と人の交流が大事と考える少し皆と違う考えを持った人です。 ゾンビ映画では中盤に痛い目にあうタイプです。 もちろん石川県民が黙っているわけもなくネットでは大炎上中です。 感染が更に広まれば、活性化どころではなくなるのが未だに受け入れられないとは、あまりにも愚か。 県民を守ろうという意志が感じられない。 それとも先の時代にいるのでしょうか。 多分、谷本さんは新型コロナ騒動で4月4日から延期になってた金沢港のクルーズターミナルオープンを4月25日に決行する気。 80億円くらいかけた県の一大事業。 世間の反応を確かめてるのだと思う。 今は県民の安全第一でお願いします。 自粛お願いします。 まとめ:石川県脱出するしかない この発言を間に受けて日本中の外国人旅行客や東京都内で行き場を失った人たちが一挙に集まった結果困るのは石川県民ということが何故わからないのでしょうか? 逆に、石川県に一気に押し込めて封じ込めをしようとする谷本知事の玉砕政策なのでは? なんであれ石川県民にとっては大迷惑ですよね・・・。 お祈りしかできません。 頑張ってください。 以上です。

次の

【GoToキャンペーン】岡山県知事「疲弊した観光業を中心とする地域経済を活性化する趣旨で、国を挙げてやることなので、ぜひ成功させたい」

岡山県知事炎上

ただし、伊原木知事は検温の撤回時、「高速道路会社には、県内の高速道路の効果的な場所でインターチェンジを閉じていただくようお願いする」と新たな他県民の流入抑止策をぶち上げた。 これがまた物議を醸すことになり、「土木部の担当課は今も電話が鳴りっぱなしです。 それはもう職員が疲弊してしまうほどです」と前出の職員がため息をつく。 西日本高速道路の中国支社は「もちろんどこも封鎖していません。 岡山県への物流を滞らせるわけにはいきませんから」と話す。 5月1日までの交通量は通常の7割ぐらいに減っているといい、「走行しているのはトラックなどの物流関係に絞られてきています」と語る。 流入抑制のターゲットになった観光地はどうか。 美観地区を抱える同県倉敷市の観光課は「県外からの観光客はほとんど来ていません。 施設はほぼ休みですし、開いてる店舗も数えるほど」と言う。 観光関係者の1人は「知事発言で今後の観光に影響が出るかもしれないと不安です」と眉を寄せる。 「コロナ禍が収まっても岡山には行きたくない」という声が出ているからだ。 「新型コロナウイルスの影響とダブルパンチにならないことを願うだけです」と言葉少なだった。 県外ナンバーへのあおり運転や投石が発生 県知事の発言は徳島でも話題を呼んだ。 徳島県内で4人目の感染者が確認されたことを公表した4月21日、飯泉(いいずみ)嘉門知事が「県内の各施設で県外ナンバー車の実態調査を行う」と明らかにした。 神奈川県から帰って来た人が感染するなどしていたのが理由だ。 この発表が引き金となって、県外ナンバーの車へのあおり運転、投石、傷つけ、暴言が発生した。 飯泉知事は「強いメッセージになり過ぎたかもしれない」と、他県ナンバーの車に嫌がらせをしないよう県民に呼び掛ける事態になった。 一方、「来ないで」というメッセージに多くの共感が集まった県がある。 島根県だ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の