うじ が わい た。 うじたまい、『独りうた〜September調子はどうだい〜』本日より先行予約開始!|(株)スターミュージック・エンタテインメントのプレスリリース

北条氏邦

うじ が わい た

氏名と書いてうじめいと読みます。 士族間で門中の事を話すと「貴方は何氏の方ですか?」と聞かれます。 沖縄の士族は全員が、日本の名乗り(姓名)以外に必ず中国風の姓名(唐名)を持っておりました。 これは、ずっと昔の事ではなく、沖縄では明治12年、廃藩置県で琉球王国がなくなるまで、士族の方々は中国風の姓名をもっています。 中世の琉球で大政治改革を行った沖縄の偉人として讃えられる羽地朝秀は、唐名を向象賢といいます。 この向象賢は「向」が中国風の姓で「象賢」がこの人の中国風の名前です。 中国の姓は普通一字です。 例えば現代共産中国を建国した「毛沢東」は「毛」が姓で「沢東」がその人の名前になっています。 沖縄では明治の12年まで全ての士族は中国風の姓名をもっており、この中国風の「姓」の事を氏名・うじめいと云っております。 琉球王朝の本家は尚氏で、分家は向氏となっています。 ですから琉球王朝の本家の方々は尚の「姓」から始まる中国風の姓と名前を持っています。 一方分家の方は「向」の中国風「姓」と名前を持ち、向象賢というと「向」の姓があるから琉球王朝の分家筋だとすぐに判断がつく訳です。 ちなみに琉球王朝の直系・傍系も名乗頭は「朝」がついており、名前に「朝」が付いている人は琉球王朝の系統だとすぐに見分けがつきます。 沖縄では四大名門門中というのがあり、「向氏」「翁氏」「毛氏」「馬氏」の四姓で、琉球王府の主要ポストはすべてこの一門で独占されておりました。 四姓ともすべて首里士族出身です。 氏名・うじめいを知ればその一門がどのような系統の一門で、元祖が誰で分家はどういう方々かすぐに分かります。

次の

うじいえ

うじ が わい た

生涯 [ ] 従来の通説では氏康の四男で、正室・瑞渓院を母としていると考えられていたが、元亀2年()における北条家中での序列がこれまで弟とみられてきた氏規どころか氏康の養子(実際は甥)である北条氏忠よりも下に置かれていたことが判明し、氏規よりも年下でなおかつ側室の子と考えられるようになった。 その後、天正10年()の時点では氏忠よりも上位に位置づけられ、天正14年()頃には氏規を抜いて氏照に次ぐ地位に位置付けられている。 黒田基樹によれば、氏邦が嫡出で年長であった氏規よりも高い政治的地位に位置付けられることは通常ではありえない事態であり、この判断は「御隠居様」としてなお北条家最高権力者の地位にあった氏政の判断とされている。 北条家の関東支配において、氏邦の担う役割の重要性を十分に認識し、氏邦の功績に鑑みて氏照の次点としたとされる。 そのために、瑞渓院と養子縁組が行われたとする。 元年()には武蔵北部の最大有力国衆の藤田氏の養子になったとされる。 永禄11年()甲斐武田家との抗争が始まると新たな本拠としてを構築した。 領国は鉢形領と称されるようになった。 永禄12年()から開始された越相同盟の交渉において、かつて上杉家に従属経験のあるとその由良への指南役を務める氏邦がそれを取り纏める中心的な役割を果たした。 元亀2年()同盟が破棄された後は上野の領国化をすすめる役割を果たした。 4年()、安房守を名乗るようになる。 安房守は、室町時代に上野守護職を歴任したの歴代の名乗りであった。 氏邦がそれを名乗ることは山内上杉家に代わり上野の国主になることを表明するものであった。 天正6年()5月、の家督争いであるが起こると弟の上杉景虎の援軍要請に応じた長兄氏政の名代として、次兄氏照と共に景虎支援のためにに出陣。 北条勢はを越えて坂戸城を指呼の間に望むを奪取し、攻略に着手した。 しかし景勝方はよく守り、冬が近づいてきたこともあって、北条勢は樺沢城に氏邦・らを置き、を遊軍として残置しての撤退を強いられた。 そして景虎は翌年滅亡という悲運を辿った。 天正8年()には織田氏に従属の表明の際、氏邦は負担として黄金3枚を負担している。 天正10年()の後のでは、甥で当主のを補佐しを壊走させている。 直後のにも参戦している。 天正10年7月までは藤田家を称していて 、それ以降から天正15年()11月までの間に北条姓に復姓している。 天正11年もしくは12年頃に氏政の子直定を養子に迎えている。 天正17年()、7月24日頃沼田領の請取が行われ、それを氏政は氏邦が管轄させ、氏邦はそれをさらに宿老でかつ沼田城代の経験もある猪俣邦憲に管轄させることにし、9月には猪俣邦憲は領域支配を開始させている。 10月22日、真田家で留保されていたで内紛があり、中山九郎兵衛が城代を追放し、猪俣邦憲に加勢を求め、邦憲は軍勢を派遣した(名胡桃城奪取事件)。 天正18年()、のの際にはに籠もることに反対して大規模な野戦を主張したが容れられず、居城・に籠もって抗戦する。 しかし、圧倒的な大軍を前に、上野・下野・武蔵北部を経略され、鉢形城を包囲されると、出家姿になり、藤田家の菩提寺正竜寺に蟄居して降伏・開城している。 戦後は攻撃の大将であったの家臣となり、慶長2年(1597年)、にて50歳で病没した。 金沢で荼毘に付された後に、遺骸は武蔵正龍寺に移された。 その時の大法要に集まった参列者はひと山を越える長さに及んだといわれ、かつての威勢と人望を偲ばせた。 妻の大福御前は鉢形に残ったものの2年()に病死したとも、自害したとも言われている。 その後 [ ] 氏邦の死去後、利家は京都紫野でとなっていた末子を召し出して北条庄三郎として還俗・元服させ、氏邦の知行を相続させた。 その後采女と通称を改め、前田家臣で前田家縁戚でもあるの娘を妻とした。 その後、采女は死去し、子主殿助が家督を継ぐ。 主殿助は4年()6月に病死した。 男子がなかったため、知行は収公され、娘に5人扶持が与えられた。 一方、養子の直定は小田原開城後氏直らと共ににて蟄居した後はに仕え、に家臣として付された。 人物 [ ] 次兄の氏照同様に武勇・統治に優れ、北関東の最前線、上野方面の軍事を任された。 とのをはじめ各地を転戦し、いくつもの武功を挙げ、領土拡大に大きく貢献した。 短慮により北条氏の滅亡のきっかけとなったと言われる名胡桃事変の当事者(代の指揮官)であり、藤田家における義弟(養父・康邦(重利)の実子)のを謀殺したこともあって、非常に激しやすい性格と見なされることもある。 同じく義弟(重連の実弟)にあたるは、に仕え、北条と敵対することになる。 武人としての名声に加えて、、などの殖産にも熱意を燃やし、大きな業績を残した。 この時代のではを除くと、こそ日本における各国の主要産業であった。 氏邦は養蚕を北武蔵、上野の主要産業とすべく尽力し、生糸の一大拠点を築き上げた。 にて、氏邦の業績が展示されている。 偏諱を与えた人物 [ ]• (家臣、沼田城代、初名は富永助盛) 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 「堀尾古記」• , pp. 87、93. 「正龍寺文書」「狭山藩史料一」所収北条系譜• 166. 「新編武蔵国風土記」• 「鉢形城之由来並町田家譜」• , pp. 96、209-210. 戦国遺文後北条氏編3334• , pp. 148. 「武州文書」戦国遺文後北条氏編2358• 「薄郷薬師堂鰐口銘写」戦国遺文後北条氏編3318• , pp. 254. , pp. 257. , pp. 231-232. , pp. 232. , pp. 「利家夜話」• 「温故集録」• 「古組帳抜粋」• , pp. 167-168. , pp. 218. 参考文献 [ ]• 黒田基樹『戦国 北条一族』新人物往来社、2005年9月。 黒田基樹; 編 『北条氏康の子供たち』 、2015年。 黒田基樹『北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名』〈中世から近世へ〉、2017年12月。 黒田基樹『北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す』〈ミネルヴァ日本選評伝〉、2018年2月。 関連項目 [ ]• - 氏邦が鉢形城に入城する前の居城.

次の

乙宝寺[おっぽうじ]新潟県胎内市

うじ が わい た

うじたまいのニューシングル『独りうた〜September調子はどうだい〜』が2月28日(金)に配信限定シングルとしてリリースされる。 また、本日より先行予約が開始され本作のジャケット写真が公開された。 うじたまいの優しい表情や、本人直筆のタイトルが印象的なジャケットになっている。 先行予約開始に際し、うじたまいからの動画コメントが到着した。 <うじたまい コメント> 本日からiTunes StoreとGoogle Playストアにて先行予約がスタートしたので、是非チェックして欲しい。 中学生からベースボーカルとしてバンド活動をはじめ、音楽に没頭する。 その後は声優アーティストを目指し専門学校へ入学、そこで自分の表現したいものを型に捉われず自由に表現したいと強く思うようになり、フリーで活動を始める。 代表作「 しまうまになりたいな」は チャレンジとなり、9,300万再生を超えTikTokのトレンドとして大流行。 さらにTikTokへ投稿した自分自身に歌った「September調子はどうだい」も、多くのユーザーに拡散され瞬く間にSNSで大流行した。 うじたまいへの問い合わせは、 info starmusic. jp よりご連絡ください。 また、うじたまい本人へのコメントやインタビューなども可能です。

次の