千堂 あきほ wikipedia。 新任判事補

かんさい土曜ほっとタイム

千堂 あきほ wikipedia

概要 [ ] のドラマデビュー作で、メンバー全員が本人役で出演していた。 とは途中他局のドラマ撮影のため、不在の期間があった。 他に、当時メンバーで、SMAP同様このドラマがデビュー作となった(現・)、(現・)、(現・TOKIO)が出演。 また、前作まで主演を務めていたのメンバーのうち、と佐藤敦啓(現・)が出演していた。 舞台はにある渚学園中等部。 放送部員である6人とその他の人物が、様々なトラブルを解決していく。 ドラマ本編の途中には「SMAP特別編集」というバラエティコーナーがあった。 番組の最後には、SMAPが視聴者に向けて「・で公道を走らないでください」と書かれたボードを掲げて注意喚起を行っていた。 本作の最終回をもって、『シリーズ』およびテレビ東京の学園ドラマ枠は終了した。 2006年から2007年まで流された、発行の無料クーポンマガジン『』のCMで本作の映像が使われていた(声は別人による)。 出演者 [ ] 渚学園放送部 [ ]• - 放送部MC・中居正広役。 当時16歳。 - PTA会長の息子・木村拓哉役。 当時15歳。 - 放送部ディレクター・稲垣吾郎役。 当時14歳。 - 放送部カメラマン・森且行役。 当時14歳。 - 草彅電気店の息子・草彅剛役。 当時14歳。 - 放送部MC・香取慎吾役。 当時11歳。 その他の出演者 [ ]• (当時)• (当時光GENJI)• () - 先生役兼コーナー司会。 (ホンジャマカ) - 化粧バリバリ怪しい用務員役。 - 黒潮学園の番長・川崎経由役。 - 黒潮学園・辻堂始発役。 - 渚学園新聞部員役。 当時11歳。 - 新聞部員(リーダー格)役。 - 新聞部員役。 本作と並行してテレビ東京月曜18:00枠の『』にも出演していた。 - 渚学園中等部生徒・辻堂の実妹役。 - 黒潮学園・中川雄二役。 - 黒潮学園 主題歌 [ ]• (歌:光GENJI) - 歌詞ならびにアレンジが、IとIIで使用されたレコードヴァージョンと若干異なる。 外部リンク [ ]•

次の

千堂あきほ

千堂 あきほ wikipedia

キャスト [ ] 東京地方裁判所八王子支部 [ ] 椎田美奈子 演 - 刑事第18部の新人判事補。 左陪席。 実家で父と祖母との三人暮らし。 大岡淳三 演 - (第1作・第2作) 刑事第18部の部長判事。 森山房枝 演 - (第2作・第3作) 刑事第18部のベテラン判事。 右陪席。 美奈子の10期上の先輩。 仙台地方裁判所から異動してきた。 喫煙者。 認知症の母と同居している。 その他 [ ] 椎田辰蔵 演 - 美奈子の父。 植木屋「植辰」の主人。 椎田幸子 演 - 辰蔵の母。 美奈子の祖母。 山岡護 演 - 植木屋「植辰」の従業員。 都議会議員の息子。 大岡 演 - (第1作・第2作) 大岡の妻。 ゲスト [ ] 第1作「ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件! 」(1994年)• 片瀬(鑑定人) -• 長谷部浩次(東京地方裁判所八王子支部 判事) -• 長谷部(長谷部の妻) -• 尾上(事務官) - 第2作「毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官」(1995年)• 石黒与四郎(美和の夫・婿養子) -• 石黒美和(石黒茂吉の娘) -• せつ子(スナック「せつ子」ママ・石黒茂吉の娘・美和の姉) -• 事務官 -• 弁護士 -• 検事 -• 大長寺 住職 -• 小宮(小宮商店 店主) -• 森山(の母・認知症) -• 交番巡査 -• 与四郎の実弟 -• 石黒一夫(与四郎と美和の息子) - 第3作「殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎」(1996年)• 大河内恭子(佐藤聖吉の妹) -• 津村睦子(家政婦) -• 大濱広信(バー経営者) -• 不動産屋 -• 新高総一郎(弁護士) -• 新高昌子(新高の妻) -• 末吉(国選弁護人) -• 政木(検察) -• 田所 -• 日野原誠(東京地方裁判所八王子支部 部長判事) -• 碓井哲夫(右判事) - スタッフ [ ]• 原作 - 「生きている裁判官」(中央公論社)(第1作〜第3作)、「刑事裁判ものがたり」(潮出版社)(第1作)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 - 、• 企画 -• プロデューサー - (近代映画協会・オセロット)、(近代映画協会・オセロット)、• 制作・著作 - 、• 制作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 1994年10月25日 ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件! 佐木隆三「生きている裁判官」 渡部保夫「刑事裁判ものがたり」 国弘威雄 森崎東 2 1995年 05月23日 毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官 佐木隆三「生きている裁判官」 3 1996年 02月 06日 殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎 増田天平 脚注 [ ].

次の

千堂あやか

千堂 あきほ wikipedia

1987年「ロッテ CMアイドルはキミだ!」の全国大会に進出し、スカウトされて芸能界入りしたのが「千堂あきほ」さんでした。 ちなみに、このコンテストのグランプリは相川恵里さん、準グランプリは島崎和歌子さんだったことも追記しておきます。 さて、千堂あきほさんが突然テレビから姿を消した原因は盗聴器事件にありました。 事の真相を詳しくみていきたいと思います。 またバラエティ番組でも存在感を発揮し、人気絶頂時に出演した「マジカル頭脳パワー!」では、多忙を極める千堂さんの代わりに、民進党の代表も務めた蓮舫さんらが回答者席に座ることもあったほどでした。 ちなみに、千堂さんがテレビに出始めの頃、関西人の多くは「宝塚歌劇出身」だと勘違いしたといいます。 というのも「千堂あきほ」という芸名が、宝塚の娘役にいそうな名前だったから… 兵庫県尼崎市出身の千堂さんは、週刊誌に「尼崎のお嬢様」と書かれたことがありますが、これに対して島田紳助さんが「尼崎にお嬢様はいない!」と発言し、物議を醸したこともあります。 そんな千堂さんが芸能界から消えた理由は、フェードアウトではありません… ある事件をきっかけに、一線を退いたのです。 その事件とは、自室に盗聴器が仕掛けられていたというもの… 警察による捜査で、犯人はなんと当時のマネージャーだったことが発覚します。 稼ぎ頭だった千堂さんが結婚・引退することを恐れ、事務所ぐるみで盗聴器を仕掛けていたのでした。 この出来事で人間不信に陥った千堂さんは、交際していた男性が住む北海道へ移住… そして、千堂さんと事務所とのいざこざは業界でもひと騒動となり、事務所を退社した千堂さんは、あっという間に業界から消えてしまいました。 2000年に交際していた男性(現・所属事務所の社長)と結婚し、 現在は2児の子を持ち幸せな生活を送る千堂さん… 今は以前よりは力のない事務所に在籍しているのですが、2016年4月にはTOKYO MXの「5時に夢中!」へ出演したり、北海道文化放送の情報番組や、NHKのラジオ番組に出演するなど、徐々にメディア露出が増えています。 芸能界の力関係はありますが、千堂さん本人にやる気があるようなら、再びスポットライトを浴びることも可能でしょう。 Sponsored Links.

次の