マイクロソフト アカウント。 マイクロソフトアカウント作成の手順・方法を解説【画像付き】

【Windows10】マイクロソフトアカウントとローカルアカウントの違いとは?

マイクロソフト アカウント

お問い合せ:マイクロソフトアカウントとは何ですか? 最近パソコンを使っていると「マイクロソフトアカウントでログイン・・・」という表示をよく見かけますが、マイクロソフトアカウントとは何ですか? 回答:マイクロソフト製品やサービスを使うために必要なアカウントです マイクロソフトアカウントは、WindowsやOfficeなどの製品や、OneDriveなどのサービスを利用するために使うアカウントです。 Windows 8. 1、Office 2013以降、特に重要な役割を持つアカウントなので、作成したアカウントは厳重に管理するようにしましょう。 マイクロソフトアカウントの重要性 最近のマイクロソフト製品(WindowsやOffice)では、マイクロソフトアカウントがとても重要なものになっています。 マイクロソフトアカウントがわかならくなったために、購入したOfficeがインストールできない! という事態もあり得ますので、取扱には十分注意しましょう。 マイクロソフトアカウントとは? マイクロソフトアカウントは、マイクロソフトの製品やサービスを利用するために必要なアカウントです。 jpなどのマイクロソフトの提供するoutlool. comのアカウント、または自分の所有するメールアドレスをマイクロソフトアカウントとして登録して利用します。 Apple IDやGoogleアカウントと同じ位置づけ iPhoneやMacなどのアップル製品ではApple ID、AndroidのスマートフォンやタブレットではGoogleアカウントを設定しますが、マイクロソフトアカウントもそれらと同じもの・・・というとわかりやすいでしょうか。 WindowsやOffice、そしてWindowsストアで購入するアプリなどを一元管理するのがマイクロソフトアカウントです。 Officeはマイクロソフトアカウントで管理される 一般的なユーザーの場合、マイクロソフトアカウントの一番重要な役割は Officeアプリの管理 です。 マイクロソフトは、Office 2013以降でOfficeはマイクロソフトアカウントに紐付けて管理するシステムにしました。 現在流通するOffice Premiumでは、初回インストール時にマイクロソフトアカウントでのログインを求められ、アカウントを持っていない場合は新規に作成してそのアカウントの管理下でインストールすることになります。 Office付属のパソコンを購入しても、アカウントでログインしてインストールしないとOfficeを使うことはできません。 Officeは初回インストール時にマイクロソフトアカウントに紐付けられます。 Officeの再インストールは、マイクロソフトアカウントでログインし、インストールプログラムを入手してインストールする、という作業になります。 このため、マイクロソフトアカウントが不明、またはパスワードが不明でログインできない場合、Officeをインストールすることはできません。 プロダクトキーがあっても、マイクロソフトアカウントでログインできないとインストールプログラムの入手ができないのです。 最悪の場合、 購入したOfficeがインストールできない=使えない という事態になることもあります。 Windowsのログインに使うこともできる マイクロソフトは、Windowsのログインでマイクロソフトアカウントでログインすることを推奨しています。 最初のセットアップの際も指示通りに進むと、マイクロソフトアカウントでログインする設定になります。 Windowsにマイクロソフトアカウントでログインすると、OneDriveやストアといったマイクロソフトサービスに改めてログインすることなくスムーズに使えたり、同じアカウントでログインする別のパソコンと設定やお気に入りを同期できるといった便利な機能が使えます。 ただし、パスワードを忘れるとWindowsを起動できなくなるのでご注意ください。 マイクロソフトアカウントでのログインはパスワード必須になる マイクロソフトアカウントでログインする設定にすると、パソコンを起動すると必ずパスワード(またはPINコード)を入力する必要があります。 個人で使う場合などはそれが面倒でいやだ!・・・という方も多いので、この場合は従来通りのローカルアカウントでのログインをおすすめします。 ログイン方法は設定で変更できます。 Windowsストアでのアプリ購入に使う Windows 8以降で搭載されたWindowsストアで、アプリ(ソフト)を購入(無料のアプリもあり)する際は、マイクロソフトアカウントが必要です。 有料のアプリを購入する場合は、マイクロソフトアカウントにクレジットカードを登録して決済します。 マイクロソフトアカウントは厳重に管理を! マイクロソフトアカウントをいい加減に扱って、ログインできない状態になると、Officeをインストールできなくなったり、Windowsにログインできなくなったりという事態になります。 アカウントやパスワードを忘れた場合は、マイクロソフトに問い合わせることになりますが、状況によっては復旧不可能ということもあるようですので、作成したマイクロソフトアカウントはくれぐれも厳重に管理するようにしましょう。

次の

【マイクラスイッチ】Switch版でマイクロソフトアカウントでサインインする方法

マイクロソフト アカウント

ウィンドウズ10では、起動時にパスワードを入れてログインします。 マイクロソフトアカウントでログインできるようになり、これを機にマイクロソフトアカウントを作ったという人もいることでしょう。 はたして登録では本名を入力すべきでしょうか。 また利用がうまくいかない場合の復旧方法は?• マイクロソフトアカウントとは? マイクロソフトのサービスを利用するためのアカウントです。 基本的に刃1つのアカウントでウィンドウズ10やワンドライブ、オフィスの利用ができるようになります。 作成するには? 以下サイトより作ることができます。 アカウントは本名で入れるべき? アカウント登録画面はこんな感じです。 現時点では 本名必須ではないようです。 また登録名がいろんなアプリ使用時に表示されたりします。 プライバシーなどの観点ではかえって本名はお勧めできません。 しかし友達があなたをネット上とかで見た場合にその名前が表示されます。 普段のニックネームなどで認識されやすいものにしておいたほうがよいでしょう。 なお、場合によってはあまりでたらめな情報で登録していると、かえってパスワード忘れなどのときにアカウントが復旧できないという場合もあるかもしれません。 従って 電話番号だけはきちんと登録し、事前に2段階認証できるようにしておくとよいでしょう。 どのメールアカウントがいい? マイクロソフトアカウントは、メールアドレスと紐づけられています。 メールアドレスのドメインでは「hotmail. com」や「outlook. jp」などがあります。 一体どれを選べばよいのでしょうか。 文字数で選ぶ スマホなどで文字入力が多いと面倒です。 少しでも短いドメインのものを選ぶと便利です。 有名でないのを選ぶ 「hotmail. com」はフリーメールの代名詞ともいえるほど有名なドメインです。 そのためにかえってフリーメール利用をブロックするために「hotmail. com」での登録をNGとするサイトもあります。 そう考えると、かえってマイナーなドメインのほうがいいかもしれません。 マイクロソフトアカウント、パスワードを忘れたら? Windows 10ではネットサービスとより密接になっており、マイクロソフトアカウントがますます重要になっています。 大昔作ったホットメールのアカウントなどでもログインできますが、パスワードを忘れていると大変です。 パスワードをうろ覚えなんて場合には新規にアカウントをつくってからウィンドウズ10の利用をされたほうがいいでしょう。 そしてパスワードが分かる今のうちに、 アカウントに電話番号を登録しておくことをお勧めします。 こちらがパスワード忘れの場合の復旧画面です。 メールにパスワードを送ってもらう場合、パスワードがわからずメール自体にアクセスできないとお手上げです。 しかし電話番号があれば、SMS通知などで確認できます。 もし電話番号も登録しておらず絶体絶命!となると最後の綱はマイクロソフトのサポート。 直接連絡してみましょう。 一定期間アクセスがないと削除される? マイクロソフトアカウントは、5年に最低1回はサインインしないと非アクティブ扱いとなります。 実際にされるかどうかは別としても、停止や削除がされる可能性が高くなります。 ところが規約改定により、今後は2年に最低1度はサインインするように期間が変更されます。 こうなると、年末とか正月は一度アカウントの確認を必ずしておく... みたいな対策がいるかもしれません。 参考: マイクロソフトアカウントの不具合 アカウント登録でエラーになる アカウント登録でエラーになるような場合、制限にひっかかっているかもしれません。 アカウント名は基本、英数字が中心です。 スペースなどが入ると登録できません。 また、パスワードがあまり長すぎると登録できないかもしれません。 参考: アカウントが停止された? アカウント利用規約を変更され、「サインインしない状態が2年以上続くと、アカウントが停止」される可能性が出てきました。 あまり使わない場合でも年に一度は(年末の大掃除の時にでも?)、アクセスして利用できることを確認しておくのがよさそうです。 参考: ローカルアカウントの使い方 ローカルアカウントとは? 他の人にPCを使わせる場合や、現在ログインしているマイクロソフトアカウントで不具合がある場合など、一時的に別アカウントでサインインしたい場合があります。 ローカルアカウントを使うと、いちいちメールなどを登録しなくても別アカウントでサインインしなおせますので便利です。 ローカルアカウントでログインするには? 「設定>アカウント>メールとアカウント」で「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」を選びます。 するとまず現在のパスワードを入れます。 次にローカルアカウントの名前とパスワードを入れます。 任意の文字を入れればOKです。 「サインアウトと完了」を実行します。 マイクロソフトアカウントに戻すには? 「設定>アカウント>メールとアカウント」で「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」を選びます。 現在のパスワードを入れてプロセスを進めます。 途中PINコード入力が出てきますが、キャンセルでも大丈夫(だと思います)。 エッジの場合 エッジの場合、マイクロソフトアカウントでパソコンへサインインしていると自動的にエッジにもログインされます。 それを避けるにはローカルアカウントでログインしなおすしかありません。 実際にサインインしなおしてみると、エッジを起動しても以下のようにアカウント設定がされていない状態になります。 ストアの場合 ローカルアカウントでマイクロソフトストアで購入を押すとどうなるのでしょうか。 下のようにマイクロソフトアカウントのパスワードの入力が求められます。 正しいパスワードを入れれば購入の確認画面へと続きます。 apicode.

次の

マイクロソフト・アカウントのまとめ 本名が必要?登録エラー?

マイクロソフト アカウント

=== 手順(画面推移)に変更がありましたので一部修正・加筆しました(2019年7月30日) === 新しくWindows10のパソコンを購入すると、OSの初期設定の途中でマイクロソフトアカウントの設定を求められます。 マイクロソフトアカウントを持ってない場合は、そこで作成するよう促されるのですが、 とりあえず無視してオフラインアカウント(ローカルアカウント)にて先に進めましょう。 理由は色々あるのですが、ざっくり言うと最悪の場合詰みます。 で、オフラインアカウント(ローカルアカウント)の作成の画面では、ユーザー名を 半角英数字 にしましょう。 間違っても日本語(漢字)で設定しちゃダメです。 何も考えずに userにするのがおすすめです。 「じゃあマイクロソフトアカウントはいつ作るの?作らなくていいの?」 OS初期設定が終わってから作りましょう。 めちゃくちゃ簡単です。 そもそもマイクロソフトアカウントって何?作らなきゃダメなの? 超簡単に言うと、 マイクロソフト(Windows)の会員登録だと思ってください。 Amazonで買い物するにはAmazonの会員登録が必要なように、Windows10の様々な機能を使うにあたって、マイクロソフトアカウントの登録が必要になりました。 NECや富士通、東芝のような国内メーカーのパソコンの場合、最初から入っている(プリインストールと言います)オフィス製品(ワード、エクセル、outlookなど)を使うのに、同梱のプロダクトキーの認証が必要なのですが、それに合わせてマイクロソフトアカウントの設定が必要となります。 つまり、 マイクロソフトアカウントを持ってないと(作らないと)、オフィスが使えないというわけです。 なんだか地味に面倒な仕様になってしまったのですが、まぁ簡単なんでさくっとやっちゃいましょう。 マイクロソフトアカウント作成の手順・方法 というわけで、さくっとやっちゃいましょう。 めちゃくちゃ簡単です。 安心してください。 色々ググって移動するのは大変なので、いきなりマイクロソフトアカウントを作成するページまで飛んじゃいましょうか。 そして「Microsoft アカウントを作成」をクリックしましょう。 そうすると次のような画面になります。 ご了承ください。 既に持ってるメアドを使う場合 既にメアドを持ってる場合、(Gmailとかヤフーメールとか、プロバイダ支給のメアドとか。 携帯キャリアのメアド(@docomo. jpとか@softbank. jpとか)はダメよ。 )そのアドレスを使用してマイクロソフトのアカウントを作ることができます。 イメージはAmazonや楽天などの会員登録をする感じです。 ここに、自分のメールアドレスを入力してください。 入力したら「次へ」をクリックです。 そうしたら、マイクロソフトアカウント用のパスワードを設定します。 英数字組み合わせ8桁以上で設定してください。 なんでもいいです。 これ超重要だから 絶対メモ取っておきましょうね! そしたら 先ほどのアドレス宛にマイクロソフトから4桁の番号(コード)が送られてくるので、その数字を打ち込みます。 こんな感じで「Microsoftアカウントチーム」というところからメールが届きます。 本文に セキュリティコードという 4桁の数字が載っています。 これを先ほどのところに打ち込みましょう。 そうすると次は、よくある「画像の文字を入力して」っていうやつです。 見にくかったら「新規」ボタンを押せば違う文字に切り替わります。 画像に映ってる文字を入力しましょう。 この場合は「GGSk5y」ですね。 大文字と小文字にも気をつけて入力してください。 無事成功すると「セキュリティ情報は正確ですか?」という画面に切り替わります。 「問題ありません」をクリックしましょう。 ヤフーメールで登録すると、この画面が出る率高い気がします。 この画面になったら、無事マイクロソフトアカウント作成の完了です。 最後に画面上部の「セキュリティ」をクリックします。 「更新情報」をクリック。 「***********にメールを送信」をクリック。 同じく「Microsoftアカウントチーム」というところから「セキュリティコード」が送られてきました。 今度は 8桁の数字です。 こいつを打ち込みます。 「今後、このデバイスでこのメッセージを表示しない」にチェックが入ってることを確認してから「確認」をクリックします。 「パスワードなしのサインインを試す」というのが出てきますが、まぁとりあえず無視でいいでしょう。 たぶん使いません。 「キャンセル」をクリックです。 「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 「新しいメール」と書かれてるところに、希望のアドレスを入力します。 単純な文字列、例えば「abcd」とか「kawakami」とかは無理です。 既に使われている可能性が絶大なので作れません。 おそらく 誰も使ってない英数字の組み合わせで作ると良いでしょう。 今後このアドレスを使ってメールをするつもりがないなら何でも(テキトー)良いと思います。 忘れないようにメモだけ取っておけば問題ありません。 入力したら「次へ」をクリックします。 続いてはパスワードを決めます。 英数字組み合わせ8桁以上であれば何でもOKです。 忘れないようメモ取っていてくださいね。 入力したら「次へ」をクリックします。 次は名前を入力します。 ぶっちゃけ本名じゃなくても作れてしまいます。 入力したら「次へ」をクリック。 続いて、国を選んで生年月日を入力します。 入力したら「次へ」をクリック。 お待ちかねの画像認証です。 表示されてる文字を入力しましょう。 この場合は「6Sy4LS」ですかね。 入力したら「次へ」をクリック。 最後の仕上げは電話認証です。 電話番号を入れて、「テキスト」か「電話」を選んで「次へ」をクリックしてください。 携帯電話の場合は「テキスト」のが楽でしょう。 (テキストとはSMS(ショートメール)のことです) 家の固定電話の場合は「電話」しか無理です。 状況によっては今でも「テキスト」しか選べないかもしれません。 そうすると固定電話では認証できないので、携帯電話が必須になります。 携帯電話に届いたSMSに記載の4桁のコードを入力します。 こんな感じで届きます。 これを入力して「次へ」をクリックすると… まーた本人確認と称してSMSを送ってこようとするので、面倒ですが、「***********にSMSを送信」をクリックしましょう。 その場合は、上の「セキュリティ」をクリックして 「更新情報」をクリックしてください。 そうすると「ご本人確認のお願い」と出てくるはずですので、そのまま続けてくれればOKです。 「電話番号の最後の4桁」と書かれたところに、先ほどの電話番号の下4桁を入力して「コードの送信」をクリックします。 こんな感じでもう1度SMSでコードが届きます。 今度は7桁の数字になっていますので、こいつを入力します。 コード入力したら「今後、このデバイスでこのメッセージを表示しない」にチェックが入ってることを確認してから「確認」をクリックします。 これにチェック入れてないと、毎回毎回本人確認入るので、非常に面倒です。 「パスワードなしのサインインを試す」という画面が出ますが、これはよっぽど必要ないので「キャンセル」をクリックしておきましょう。 使いたければご自由にお試しください。 完了! お疲れ様でした! これにてマイクロソフトアカウント作成の手順・方法の解説は終了です パソコン用で何かメールアドレスを持っていれば比較的サクサク終われますが、何もないとちょっと面倒ですね。 なお、ここで作ったマイクロソフトアカウントは他のPCでも使うことができます。 別でもう1台パソコンを買ったり、買い替えのときには、再度作り直す必要はありません。 今回作ったものをそのまま使いましょう。 ということで、今回作ったアカウントのID(メールアドレス)とパスワードは絶対忘れないように、保管しておいてくださいね。 ちなみに言うと、オフィスを再インストールするときにも必要になりますので、絶対なくさないようにしてください。 楽ちん美味い!.

次の