シャーロックホームズモンスト どっち。 モンストガチャ時間帯でおすすめ当たりが出やすいのはいつ?

【モンスト】シャーロックホームズの最新評価と適正神殿|超獣神祭限定

シャーロックホームズモンスト どっち

・友情コンボの火力が高い• ・広範囲の敵を攻撃できるSS• ・2種のアンチアビリティが優秀 順位: 光属性7位• ・殲滅力のある友情コンボ• ・回転率の高い号令SS• ・単体火力の高い友情• ・ギミック対応力が高い• ・全体殲滅力のない友情 順位:圏外• ・カウンターキラー持ち• ・コピー友情持ち• ・2種類のアンチアビリティ持ち 順位:圏外• ・2種類のキラーとアンチアビリティ• ・自強化&追撃系のSSが強力?• ・2種類の火力の出せる友情 順位:圏外• ・3種類の貴重なアビリティ• ・自強化&追撃系のSSが強力?• ・2種類の火力の出せる友情 順位:検証中• ・友情ブーストの乗る強友情• ・弱点強化効果の付く自強化SS• ・3種類のアンチアビリティ 順位:検証中• ・強力な友情コンボ持ち• ・3種類のアンチアビリティ 順位:検証中• ・2種類の敵全体を攻撃できる友情• ・12ターンで敵全体を攻撃できる友情• ・を総合Aランクに追加• ・を水最強2位に追加• ・を火最強8位に追加• ・を火最強7位に追加• ・を光最強8位にランクイン• ・を総合Bランクに追加• ・現環境を考慮し順位を大幅に変動• ・を総合Aランクに追加• ・を水属性6位に追加• ・を水属性6位に追加• ・を闇属性12位に追加• ・をSランクに追加• ・をAランクに追加• ・をCランクに追加• ・8ターンで高火力が出せるSS• ・貫通強友情で扱いやすさ抜群• ・貴重なアビリティセット 4位• ・広範囲、高火力の友情コンボ• ・トップクラスの直殴り性能• ・超高火力のジャンケンSS 5位• ・刹那マラソンのエース• ・直殴りに優れた性能• 新たに3位に君臨したパンドラは強力な新友情を獲得したため、ローレライやエクスカリバーにも引けを取らない友情火力を出せます。 順位 キャラ 強い点 1位• ・2種の頻出ギミックに対応 2位• ・弱点キラーの乗る追撃貫通弾• ・スピードアップ友情持ち• ・確定麻痺効果のある状態異常SS 3位 運極おすすめランキングTOP10 順位 キャラ 強い点 1位• ・友情コンボ「放電」が超強力• ・ 貫通かつギミック対応力が高い• ・雑魚処理にも使えるSS 2位• ・全降臨キャラ最強火力を誇るSS• ・誘発もできる高火力友情• ・2つのギミックに対応 3位• ・強力な友情コンボ持ち• ・艦隊編成時は運枠最強レベル• ・貴重なトリプルアビリティ 4位• ・誘発もできる高火力友情• ・3種ギミック対応で汎用性が高い 5位• ・チップソーが強力• ・12ターンで打てる自強化SS• ・ゲージなしで2種のギミック対応 7位• ・高威力且つSS短縮できる友情• ・2種の頻出ギミックに対応• ・HP吸収メテオが強力 8位• ・超強スパークバレットが強力• ・味方の友情コンボをコピー• ・味方を加速させるSS• ・需要の高いギミックに対応 10位• ・強力な砲撃型のレーザー友情• ・貴重な状態異常回復持ち 攻略班が選ぶ実は強いキャラ3選 狂闇なるしゃま ついに那由他マラソンに終止符を打ったしゃまが選んだキャラは桜木イヴ、レビィ、宝蔵院胤栄です。 3体の注目点として、高いギミック対応力と特定の高難度クエストに適正を持っています。 リュウト 攻略班No. 1ストライカーであるリュウトが選んだキャラは風魔小太郎、アマツミカボシ、ジュジュアロメロです。 3体とも降臨キャラとは思えないほどの友情コンボを持ち、艦隊編成時には強力な火力を発揮します。 れっど 攻略班唯一の無課金であるれっどが選んだキャラはビナー、ビリーザキッド、エメラルドです。 中でもビナーは汎用性の高さに加え、 友情が強力で誘発時には敵をロックオンして発射されるため弱点にあたった時のダメージが強力です。

次の

【モンスト】シャーロックホームズの評価・適正とわくわくの実

シャーロックホームズモンスト どっち

シャーロックホームズの評価点 神化と進化の評価点 キャラクター名 評価点 美しき私立探偵 シャーロック・ホームズ 神化 9. 0点 異彩の名探偵 シャーロック・ホームズ 進化 9. 加えて神化は砲撃型の広範囲友情を持ち、進化はキラーの乗る自強化SSが強力です。 どちらも用途が全く異なるため、行くクエストに応じて使い分けましょう。 シャーロックホームズにおすすめのわくわくの実 神化のわくわくの実 Sランク 同族の絆・加撃 「地雷」を所持した時の直殴り火力を強化でき、直殴り倍率が上がっているクエストを中心にアタッカーとして活躍可能です。 熱き友撃の力 2つの友情威力を底上げできるため、ザコ処理能力がさらに上がります。 Aランク 同族の絆・加命撃 同族の絆・加撃速 速必殺の力 進化のわくわくの実 Sランク 同族の絆・加撃 ギミック展開時とキラーでの直殴りを強化し、クエスト全体でダメージソースとなるアタッカーとして活躍できます。 撃種の絆・加撃 同じアビリティセットのキャラは反射タイプが多いため、パーティ全体の総火力を強化できます。 主要ギミックの「地雷」と「ワープ」に対応できるため汎用性が高く、味方に触れながら戦うことでメテオSSを使いやすくなります。 【神化】使いやすく高火力のメテオSS SSは、壁すりぬけチェインメテオです。 壁に触れると反対方向から出てくるため、軌道を読むことができれば全ての敵に当てることもでき、触れた敵の数が多い程メテオの威力が上がるので、敵にたくさん触れることで最大火力を発揮します。 また自強化倍率が 2. 5倍入るため、単体の敵に対してはメテオ自体でダメージを稼げませんが、自強化として使ってダメージを稼ぐことも可能です。 「ウォールムービンバレット」は、壁際を沿う属性弾が近くの敵を確実に攻撃するものとなっており、配置次第では複数の敵を同時に攻撃できますが、弱点に狙ってヒットさせるのが難しくなっております。 「跳弾」は、画面上の全ての敵を攻撃できザコ処理に優秀です。 またボスの周りに「シールド」や「ビットン」があれば、ダメージ判定を複数拾うことができ大ダメージを与えることができます。 「地雷」と「ダメージウォール」が展開されることで自身の攻撃力を上げることができ、加えて同じ敵に複数ヒット時はキラーで更に高火力を出すことができます。 ヒット数に応じて倍率が上がっていき、11ヒットすることで最大の 2倍火力を叩き出すことが可能です。 また、「スピードダウンウォール」が多いクエストでは無視して動けるため、クエストのコンセプトを崩壊させられるキャラになります。 【進化】扱いやすい自強化SS SSは自強化です。 キラーと相性が良く、単体の敵をSSを使って壁カンすることで「連撃キラー」と 1. 5倍の自強化が相まって、大ダメージを与えることができます。 また20ターンで使えるため、クエストを通して複数回使えるのも魅力です。

次の

【モンスト】シャーロックホームズの評価適正|7つの強いポイント

シャーロックホームズモンスト どっち

人物 [ ] 少年時代を家族と共にで過ごす。 卒業後、聖トーマス病院に入って医学博士号を取得、第二次に軍医として従軍し、英軍が敗れた ()で負傷した。 傷病兵として本国に送還され、ロンドンで下宿を探していた際、友人のスタンフォードにホームズを紹介され、ので共同生活を始めるようになる。 当初はホームズの行動に対して懐疑的だったが、『』事件においてホームズと共に事件に関わり、ホームズの探偵としての姿を目の当たりにすることとなる。 そして、ホームズが事件を見事に解決したにもかかわらず、その手柄を警部らに全て取られる形となったことを(ホームズ自身は気にしていないが)不満に思ったワトスンは、ホームズの活躍をいずれ物語として世に発表することを宣言する。 『』事件で知り合った と結婚し、一旦ベイカー街を出たが、『』の後でホームズとの共同生活に戻っている。 その理由として、メアリーとの離婚、あるいは死別等諸説があるが、ワトスン自身が「悲しい別離」と語っていることから、死別であったとする説が一般的である。 いくつかの事件の年代と結婚についての記述が矛盾することや、ずっと後年の『』ではワトスンが妻のためにホームズと別居していたという記述があることから、メアリーとの結婚が終わった後にメアリー以外の女性と再婚していたとする説もある。 『四つの署名』で、父親の名前の頭文字がHであり、物語で描かれた時期よりかなり前に亡くなったことや、兄がいたことが語られている。 ワトスンのファーストネーム「ジョン John 」については、妻が「ジェームズ James 」と呼びかける場面(『』)があり、ホームズ研究者()たちを悩ませてきた。 1943年にが「ドクター・ワトソンの洗礼名」を発表し、ミドルネームの Hは「ジェームズ」のにおける異形である「 Hamish 」なのであろう、という解決策を提示している。 そして、なぜ妻がジョンと呼ばなかったかについては、彼女の父親の死に関係したジョン・ショルトー少佐 Major John Sholto と同じ名であるため、嫌ったのだとしている。 当人が『四つの署名』で記述しているところでは、「三大陸にまたがる女性遍歴」を持つ。 この「三大陸」はへの従軍経験を持つことなどから、「アジア・アフリカ・ヨーロッパ」のこととする見方が強いが、(少年時代を過ごした)オーストラリアを含める説や、当人が語っていないだけで、アメリカ大陸へ渡った時期もあるのではないかとする説もある。 ホームズも「女性は君の領分だ」(『』)と認めたほどだったが、(少なくとも当人の一人称による作中では)本人が豪語するほど「女たらし」な一面は描かれていない。 ワトスンは、『空き家の冒険』で死んだはずのホームズと再会した際に、初めて気を失ったとされている。 描写 [ ] ホームズに比べれば能力が見劣りするとはいえ、コナン・ドイルはワトスンを愚鈍な人物としては描いていない。 ホームズは何度も、ワトスンの勇気や能力を賞賛する言葉を口にしており、ホームズはある意味でワトスンに依存していたと見る向きもある。 そして、ホームズと対比するとワトスンは実直な常識人として描かれており、職業とも相まって大半の読者から受け入れられる人物像といえる。 『』事件においては、ホームズの指示で短期間に中国のについて猛勉強し、陶器の権威であるグルーナー男爵と対峙しても、ある程度の受け答えが可能となる水準にまで知識を高めている(最終的にはであることを見破られてしまうが、これはホームズの計算通りの出来事であった)。 また、時にはホームズに調査を頼まれることもあり、ほとんどの場合は後々ホームズに駄目出しをされてしまうものの、『』では偶然とはいえホームズの隠れ家を探し出し、ワトスンが送った報告書もホームズが感心するほど詳細なものであった。 『』事件では、依頼人アンバリー氏の持っていた演劇の切符の座席番号を(自分の少年時代と関わりのある番号だったためではあるが)確認しており、「満点だ」とホームズに言わしめている。 『』では毒物の効果を自ら確かめる実験をホームズと行った際に、毒物の影響で朦朧としながらも目の前のホームズが危険な状態だと悟ると彼を連れて外へ脱出した。 『』では、ホームズはワトスンの医者としての腕も評価しており、仮病と悟られないために辛辣な言葉を使って近寄らせないようにした。 ホームズはワトスンに対してもそっけない態度をとることが多く、ワトスンも自身をホームズが円滑に推理を行うための道具の一つとまで発言したことがある。 しかし、『』でワトスンが殺し屋エヴァンズに撃たれたときには、ホームズはひどく動揺した様子でワトスンに安否を尋ね、エヴァンズに対して「もしワトスンが死んでいたら、お前を殺すところだった」と言い放った。 また、『悪魔の足』でも、毒物の効果を確かめる実験に付き合わせたことに対して、謝罪と感謝の言葉をかけ、彼を感動させている。 さらに、『』では、遺書として書いた手紙の中で、自身の事を「(ワトスンの)真実の友 シャーロック・ホームズ」と書いている。 更にホームズは、『白面の兵士』にて、ワトスンが結婚して同居を解消したことに対して、「私たちの付き合いの中で、これがワトスンの唯一の自分本位の行動だった」「私は一人ぼっちだった」と複雑な心境を語っている。 なお、軍医時代の軍用拳銃(型式名称は不明。 の物語なので、であることは確実。 自動拳銃は20世紀に入ってから発明された)を所持し続け(『』)、危険な事件の際にはホームズの身を案じて携行することもあった。 ワトスン自身は、ホームズは一度事件に没頭すると身の安全も顧みない男だったので、自分の拳銃でその窮地を救ったことは「一度や二度ではない」(『』)と書いている。 その「ソア橋」事件においては、ワトソンの拳銃がトリックの再現に役立っている。 本編中での発砲シーンは「」(ホームズと同時に発砲。 撃たれたトンガは死亡したが、どちらの弾が致命傷になったかは不明)、「」(命中したかどうかは不明)、「」(犬の頭を撃ち抜いてる)。 その他にも「」でホームズの喉を掴んだ犯人の頭を拳銃の尻で殴ったり、「」でホームズと格闘する犯人のこめかみに銃を突きつけたりしてホームズを助けている。 ワトスンは昔はアスリートであった。 『』ではワトスンがかつて(有名な古いロンドンのクラブ)でをプレーしたことが言及されている。 評価 [ ] シャーロック・ホームズシリーズが文学的に成功したのは、読者と同レベルの知能を持つワトスンをとして導入し、ワトスンの目を通すことで、手がかりを読者にあからさまでない形で提示できるようになったという点によるものが大きい。 また、ワトスンはポーの「私」とは異なり名前が(ミドルネームを除き)判明しており、医師という社会的地位もあることから、名探偵と読者との中間にある第三者(「私」は主人公と同様に奇人であるが、読者にとっては仮託しうる対象ともなる)として、物語に介在していることが大きな特色といえる。 この有用な形式は以後多くの推理小説で踏襲されることになる。 ちなみに、ホームズはワトスンの書く文章を批判していたが(ただし、彼は自身の名前が世に出ることをあまり好ましく思っていない割にはワトスンを「僕の伝記作家」と評したり、「この事件は君の物語には合わない」など、事件をワトスンが公表することを前提とした発言をすることがある)、あまりに批判されたので遂にはワトスンが怒ってホームズ自身に物語を書くことを要求し、その結果ホームズも読者を喜ばせるためにはワトスンと同じ書き方をしなければならないのだと考え直し、反省した(『』)。 代名詞 [ ] シャーロック・ホームズシリーズが成功したおかげで、ワトスンは名探偵の相棒()の代名詞となった。 でもサイドキックの例としてワトスンが例示されている。 シャーロック・ホームズシリーズ以降の探偵小説において、物語の語り部や探偵の助手など、ワトスンと同等の役を務める登場人物を「ワトスン役」と称することがある()。 演じた俳優たち [ ] ホームズ同様、ワトスンもまた多数の俳優によって演じられてきた。 特筆されるワトスン俳優として、「アメリカ最高のホームズ」と言われたとコンビを組んだがいる。 ブルースが映画やラジオで演じたのは、うっかり者で怒りっぽく大事な場面でへまばかりする、ホームズの引き立て役としてのワトスンだった。 ブルースのワトソン像はファンの支持を集め、ラスボーンがアメリカ最高のホームズ俳優とされたのと同じく、ワトスン役のイコンとなった。 晩年、ラスボーンからオリジナルの舞台でワトスンを演じて欲しいと要請されたブルースは大いに乗り気であったが、開幕の数週間前に病死した。 その他、、、らの評価が高い。 特にハードウィックは、最高のホームズとして全世界に名を馳せた主演によるグラナダ・テレビ製作のテレビドラマシリーズ『』で2代目ワトスンを演じ、ナイジェル・ブルースとは全く異なるワトソン像を確立した。 ハードウィックの演じたワトソンは、ドイルの原作で本来描かれていたワトスン像であった。 すなわち、高潔な英国紳士にして好奇心と勇気があり、陰ながらホームズをサポートする素晴らしい相棒としてのワトスン博士である。 なお、ワトスンの負のイメージの払拭という意味では、同シリーズの初代ワトスンであったも、男性的で行動力溢れる元軍医としてのワトスンを演じている。 初のホームズ映画でワトスンを演じたレジナルド・オウエンがそうだったように、ワトスンとホームズを両方演じた俳優も数名存在する。 ワトスンを演じてから後にホームズに「出世」するケースが多く、逆にホームズを演じてからワトスンを演じる俳優は少ない。 作品によってはワトスンが女性や少年に変更されるケースもある。 日本のでは、がアニメ『』でワトスンを演じた。 この作品は映画版から内容がそのままテレビ版にコンバートされる際、声優の一部が交代しているが(演ずるホームズもテレビ版から)、富田はそのまま続投している。 表記は「ワトソン」。 2008年に監督による映画『』において、ワトスン役にはが抜擢された。 公式の日本語表記は「ワトソン」。 日本語吹き替えは劇場公開版では、テレビ朝日版ではが担当している。 2010年から始まったのTVシリーズ『』では、が演じている。 ホームズとは現代風にシャーロック、ジョンと呼び合うこともある。 公式の日本語表記は「ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン」。 舞台は21世紀のイギリスに変更されているが、卒で(21世紀の)帰りの陸軍医、勇敢で誠実な人物、射撃の名手、友人に紹介されてホームズとルームシェアを始める、女好きなど、原作に忠実な設定も多い。 一方で、足の怪我に関してはによるもので、肉体に問題があるわけではないと変更されている。 またホームズと行動を共にすることが多いため、ゲイと勘違いされるシーンが何度もある。 演じるフリーマンは、本作での演技により英国アカデミー賞のテレビ部門最優秀助演男優賞を受賞した。 日本語吹き替えは森川智之が担当している。 森川はガイ・リッチー監督の映画の吹き替え版(劇場公開版)でもワトスンを担当したため、複数の作品でワトスンを演じた珍しい声優となっている。 2011年にで制作された『』では、が演じている。 この作品はホームズより15歳年上のワトスンが主人公の作品である。 2013年からで始まった『』は、舞台が21世紀のニューヨークであり、ワトスンに相当する役は「ジョーン・ワトソン」という、元外科医で薬物依存者回復支援員となった女性という設定であり、が演じている。 日本語表音及び和文表記は「ワトソン」。 日本語吹き替えはが担当している。 2014年に放送が始まった、の『』では、からビートン校に転校して来た生徒という設定になっている。 表記は「ジョン・H・ワトソン」で、声の出演はである。 ベイカー寮221Bでホームズと同室になり、当初はホームズの行動に戸惑ったり、左脚の負傷でをやめたりしたことから自分を見失いがちになっていたが、その後ホームズを理解するようになり、退学することになった生徒を励ましたりして、自分を取り戻す。 ホームズの事件解決をに記録し、それを元に学内のに記事を執筆している。 脚注 [ ].

次の