悲しい とき 愛する。 衛星劇場

韓国ドラマ【悲しいとき愛する】の相関図とキャスト情報

悲しい とき 愛する

画家のマリ(パク・ハナ)は自分の顔に亡き母の面影を重ねる夫のイヌク(リュ・スヨン)からの常軌を逸したDVに苦しんでいた。 イヌクから逃れるため形成外科医のジョンウォン(チ・ヒョヌ)の病院を訪ね、顔を変えてくれるよう懇願する。 一度は手術を拒否するジョンウォンだったが、事故で長年昏睡状態だった最愛の妻ハギョン(パク・ハンビョル)が亡くなり、自責の念からマリの手術を決意する。 ジョンウォンは事情を抱えたマリを心配し自分の家にしばらく滞在させることに。 亡き妻と瓜二つのマリに戸惑いつつも次第に惹かれていくジョンウォン。 一方マリもジョンウォンとの生活に安らぎを感じるが、姿を消したマリの行方をイヌクが執拗に追っており…。 #1『私は明日死にます』 韓国有数の財閥ゴンハグループのカン・イヌクの妻であるユン・マリは、イヌクからの激しい束縛や暴力に耐えながら、今の生活から抜け出す方法を探していた。 マリはジョンウォンの病院を訪れ、顔を変えてほしいと懇願するのだが…。 #2『あなたは私の希望です』顔を変えてほしいという依頼をジョンウォンに断られたマリ。 しかし、イヌクに支配される生活から一刻も早く逃げ出したいマリは、もう一度ジョンウォンと話そうと、大雨の中病院のビルの前で待つ。 一方、マリがいなくなったと部下から報告を受けたイヌクは、マリをおびき寄せようと、彼女の母のいる介護医療院を訪れ…。 #3『あなたが私をよみがえらせてくれた』イヌクから、自分の女である限り逃げられないと銃を突き付けられたマリは、ゴンハグループの介護医療院にいる母を秘密厳守の介護医療院に移し、自分は遺書を残して自殺を装うことに。 そんな中、5年間寝たきり状態だったジョンウォンの妻・ハギョンが亡くなる。 納骨を終え、放心状態で車を走らせていたジョンウォンの前に…。 #4『私に答えてください』亡き妻に何もしてあげられなかったという自責の念から、ジョンウォンはマリの望みを聞き入れて顔の手術をする。 退院後、マリは仕事を探し回るが、なかなか思うようには見つからない。 肩を落として帰る途中、酔っ払いに絡まれ、警察沙汰に発展してしまう。 警察署で沈黙を続けるマリの前に、身元引受人としてジョンウォンが現れ…。 #5『恐怖が私を訪ねてくる』ジョンウォンの好意により、しばらく彼の家に滞在することになったマリ。 しかし手術して変わった自分の顔がジョンウォンの亡き妻とそっくりであることを知り、このままそばにいるのはよくないと考え、出ていくことに。 マリが腕を振るい二人で最後の夕食をとっていると、失踪事件の捜査に協力してほしいと、突然イヌクが訪れてきて…。 #6『あなたがそばにいてくれるなら』ギャラリーに訪れてくるようになったイヌクがゴンハグループの人間だと知ったヘラは、マリと関係があると疑われているジョンウォンが危険な目に遭うのではと危惧する。 その一方で、治安の悪い地域に一人で暮らすマリのことをしきりに心配するジョンウォン。 それに腹を立てたヘラは、亡き妻・ハギョンが不倫していたことを告げ…。 #7『あなたに出会えたことは幸運でした』生活するために自分が描いた絵を売りに回るマリだったが、連絡先を教えられないなら代理人を立ててほしいと断られてしまう。 そこでマリは、しばらく連絡を絶っていた大学時代の友人であるウソンに連絡し、母校で会う約束をする。 ハギョンが事故に遭い5年間寝たきり状態だったという情報を得たイヌクは、療養先だったジョンウォンの実家を訪れ…。 #8『あなたの愛はずっと私の心の中に』ハギョンの療養先に来たイヌクからハギョンがソウルに帰った日を聞かれた看護部長は、ジョンウォンから彼女の死を口止めされていたため、亡くなった日をその日として伝える。 マリが消えた日と同じ日だと気付いたイヌクは2人が接触していると確信する。 ギャラリーが経営難に陥る中、ハギョンに会わせないと取引をやめるとイヌクに脅されたヘラは…。 #9『愛の魔法にかかりました』ジョンウォンが大切に思っているギャラリーを守るため、マリは館長だったハギョンのフリをしてイヌクに会うことを決心する。 ギャラリーを訪れたイヌクに対してマリは堂々とした態度で振る舞う。 その頃、実家を訪れたジョンウォンは、マリの顔をハギョンとうり二つの顔に変えてしまったことを母に告白する。 #10『あなたの気持ちを知って幸せです』ヘラがマリにハギョンのフリをさせたうえにイヌクと契約させたことを知ったジョンウォンは怒り、契約を解除するとヘラに言い放つ。 ジョンウォンがマリの味方をするようになり焦燥感を抱いていたヘラは、ハギョンが現れる前から好きだったとジョンウォンに打ち明ける。 ヘラがジョンウォンを思っていることを知ったイヌクは、ヘラを呼び出し…。

次の

韓国ドラマ【悲しいとき愛する】の相関図とキャスト情報

悲しい とき 愛する

2020. 6% 最高視聴率第6回・第10回13. 愛はありふれているが、真実の愛は難しい時代に、真実の愛を見つけていく男女の激情ラブストーリー。 画家のマリ(パク・ハナ)は自分の顔に亡き母の面影を重ねる夫のイヌク(リュ・スヨン)からの常軌を逸したDVに苦しんでいた。 イヌクから逃れるため形成外科医のジョンウォン(チ・ヒョヌ)の病院を訪ね、顔を変えてくれるよう懇願する。 一度は手術を拒否するジョンウォンだったが、事故で長年昏睡状態だった最愛の妻ハギョン(パク・ハンビョル)が亡くなり、自責の念からマリの手術を決意する。 ジョンウォンは事情を抱えたマリを心配し自分の家にしばらく滞在させることに。 亡き妻と瓜二つのマリに戸惑いつつも次第に惹かれていくジョンウォン。 一方マリもジョンウォンとの生活に安らぎを感じるが、姿を消したマリの行方をイヌクが執拗に追っており…。 3・4話が2話となります。 新しい顔で新たな人生をスタートさせようとしたヒロインは、手術をした美容整形外科医のソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)と恋に落ち、夫は妻が生きていることに気づくと彼女を追跡する姿が主なストーリー。 自殺で母を亡くした夫カン・イヌク(リュ・スヨン)は、母に似た女性、ユン・マリ(パク・ハンビョル)を妻に迎え入れ、幸せな結婚生活を送るはずが、歪んだ恋は家庭内暴力へと発展し、妻への執着は深まります。 ドラマはスタートから最終話まで、緊張感溢れる展開が続き、愛し方を知らない夫の姿にハラハラする。 夫カン・イヌクを演じるリュ・スヨンの悪役ぶりが強烈で、その執着の強さにイライラさせられることも! 韓国では放送前から、ナム・サンミ主演の「彼女はといえば(原題)」とドラマの内容が似ていることが話題になりました。 両方のドラマを視聴した感想としては、夫の暴力から逃げるため顔を手術する部分は似ているけど、全く違う印象を受けました。 「彼女はといえば(原題)」は、整形手術を受けたヒロインが後遺症で、記憶喪失になり、自分自身を見つけていく、サスペンス的な色が強い作品でした。 「悲しいとき恋する」は、原作「美しい人」を韓国風ドラマにアレンジした感じ。 最も違った点は、手術を受けたヒロインの新しい顔に秘密が隠されています。 リメイクされたこの作品でも、オリジナルのドラマでも、ストーリーの展開や登場するエピソードに合わせてハーブや花言葉が共通して登場しますが、愛し方を知らない夫カン・イヌクが迎えるエンディングは、原作とは異なる物でした。 ユン・マリとソ・ジョンウォンの恋愛物語も、原作とはかなり違う展開となっています。 韓国ドラマって様々な困難を乗り越え、ハッピーエンドを迎えるパターンが多いので、曖昧な結末ではなく、しっかりと分かりやすいエンディングを迎え、原作とは違うテイストのドラマに仕上げられています。 手術を受け顔が変わる前のユン・マリをパク・ハナが演じています。 本当に短い出演でしたが、夫に怯えるパク・ハナの演技に、第1話から引き付けられました。 正直、パク・ハンビョルの演じるユン・マリはヒロインとしては物足りない感じでした。 最終話までドラマが楽しめたのは、チ・ヒョヌやリュ・スヨンが演じる主人公の演技がよかったからかもしれません。 韓国では月曜日から金曜日まで毎日放送されるドラマの枠があり、長編ドラマの場合が多いですが、「白夜姫」、「輝け、ウンス」、「人形の家」などの長編ドラマで主演を務めるほどの演技力を備えた女優、パク・ハナがドラマのスタートを上手に切った印象を強く受けました。 一方的すぎる愛しかできなかった夫カン・イヌクの姿とは対照的に、ユン・マリとソ・ジョンウォンの愛は、信頼をベースに築かれた、試練までも乗り越えるほどの強い愛でした。 ドラマのタイトルが「悲しいとき恋する」の理由は、最終話の花言葉と関係があるので、登場する花言葉の意味を一つ一つ知っていく楽しみもあって、ゆっくりと恋愛ドラマを楽しみたい方にお薦めしたい作品です。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

悲しいとき愛する(原題)|衛星劇場

悲しい とき 愛する

【チュ・ヘラ役】ワン・ビンナ 【イム・ヨンファ役】ムン・ヒギョン 【ハ・ソンホ役】コ・ジュウォン 【チェ・ウソン役】キム・ユンジェ 【ユン・マリ役】パク・ハナ 悲しい時愛する【韓国ドラマ】紹介 本作は1999年に日本で放送された野島伸司が脚本を手掛けたドラマ「美しい人」を原作にリメイクされたものです。 高身長でスマートな佇まいと年々磨きがかかる演技力で魅力的なチ・ヒョヌさんがヒロインを亡くなった妻と同じ顔に変える形成外科医を熱演しています。 人気作「千回のキス」や「イニョン王妃の男」で演じた役柄とは違ったシリアスで激情な世界観で新たな大人の魅力を表現しました。 そして整形し暴力をふるう夫から逃げるヒロインには結婚、出産により本作が復帰作となったパク・ハンビョルさん、狂気に満ちた愛で、妻を追いかける御曹司にリュ・スヨンさんが抜擢され好演しています。 「人形の家~偽りの絆~」や「ファン・ジニ」などに出演されたワン・ビンナさんをはじめ助演の演技にも注目です。 スポンサーリンク 悲しい時愛する【韓国ドラマ】あらすじ 形成外科医のジョンウォン チ・ヒョヌ のもとに、美しい顔をした女性マリ パク・ハナ が顔を全て変えてほしいと訪ねて来ました。 夫からのひどい暴力から逃れるためでしたが、ジョンウォンは一度は手術を拒否するのでした。 その後も懇願するマリの訴えに応えることにしたジョンウォンは、事故で亡くなってしまった最愛の妻ハギョン パク・ハンビョル と同じ顔に手術をしてしまいます。 手術を終え、新しい顔になったマリを心配するジョンウォンは自分の家でしばらく滞在させるうちに、亡き妻と同じ顔をした彼女に戸惑いつつも、愛情を感じるように。 その頃、マリの夫イヌク リュ・スヨン は居なくなったマリの行方を執拗に捜していて・・・。 本作の撮影中に、暴力的な夫を演じたリュ・スヨンさんが右手を負傷したことが伝えられました。 激怒した演技をしている途中で鉄のフェンスを拳で殴ることで怪我をしたということでした。 直ちに撮影が中断され現場で応急処置を受けましたが、ご本人の意志で撮影が再開されることになり右手には包帯を巻いたまま出演。 負傷するほどの体当たり演技で臨んだリュ・スヨンさんの役者魂とプロ意識に感心の声が集まりました。 ご自身は 「キャラクターと現実が全く違うので容易ではなくとても苦しかったです。 毎シーン、挑戦する気持ちで演じました。 」 と語っています。 キャスト降板要求殺到が視聴率に影響? 結婚と出産によりしばらく女優業を休んでいたパクハンビョルさんは本作で復帰しました。 「ほぼ3年ぶりなのでとても緊張しましたが、やはり良い共演者やスタッフの皆さんに恵まれて幸せに過ごすことができました。 冬が過ぎれば春がくるように温かい未来に向かって進んでいくヒロインを真心を持って演じました」 と語っており、ファンにとってもご本人にとっても期待の復帰作でした。 ところが、放送開始直前ご主人ユインソク氏が韓国を震撼させた「バーニングサン事件」に関与している疑いが報道されると、パクハンビョルさんに降板要求が殺到しました。 ご主人はBIGBANGスンリ氏と事業パートナーであったためです。 当初パクハンビョルさんサイドは 「その事実だけで、共犯にされるとはこちらがむしろ被害者だ」というような主張でしたが、パクハンビョルさんご自身も接待ゴルフに参加していた疑惑が出て警察の取り調べを受けることとなりました。 放送直前に事件が発覚し、ドラマ放送の2か月間ずっとご主人の疑惑がニュースとなっていました。 そしてドラマ最終話放送直前、夫のユインソク氏は事件の関与を認めています。 パクハンビョルさんは視聴者の降板要求に対し「降板はしない」と発表し、最後まで演じ続けましたが、ご主人が認めたことでこの作品を最後にしばらく芸能活動を自粛することとしました。 最高視聴率は6話と10話の13. 0%、その後最終の40話まで落ち続けたのはこの事件の影響と言われています。 スポンサーリンク 悲しい時愛する【韓国ドラマ】感想 チ・ヒョヌさん演じるジョンウォンはとても穏やかな性格で争いを嫌い優しさ溢れる男性ですが表情や振る舞いひとつひとつが温かくチ・ヒョヌさんにピッタリ合った役柄でした。 一方、リュ・スヨンさん演じたイヌクの恐ろしいまでの執念深さはまさに恐怖そのもので顔を完全に変えて別人になってもありとあらゆる手段で追ってくる気迫の演技は、太陽なようなチ・ヒョヌさんと対照的で更に際立っていました。 全てを包み込み見守る愛と恐怖によって支配する愛、そんな対極する愛の形を描いた内容を、花言葉や絵のモチーフを抽象的に所々で織り込むように展開したところがとても綺麗であり単純なドロドロした三角関係のドラマではない深さを感じられるドラマでした。 日本ドラマ「美しい人」との比較は? このドラマを見た後に原作となった日本のドラマ「美しい人」も見てみました。 大筋は似ていましたが、韓国版の方がすっきりとして後味は良かったように思います。 日本版ではチ・ヒョヌさんの役を田村正和さん、パク・ハンビョルさんを常盤貴子さん、リュ・スヨンさんを大沢たかおさんが演じられていました。 脚本家、野島伸二さんの作品は少しキザだなと思うほど台詞回しがドラマチックで、重みをもった言葉の表現が独特の世界観を持っているものが多いですが、美しい分、暗さや切なさ、愚かな人間のどこか報われない悲しさが詰まっている印象です。 日本版である「美しい人」も同様な雰囲気でしたがそんな作品を明るく、救いのあるようにリメイクされた韓国版「悲しい時愛する」が多くの人に受け入れられ愛される作品であってほしいなと感じられる良い作品だと思いました。 最後に ドラマの評判はキャストの不祥事の影響を大きく受けます。 主演のパクハンビョルさんのご主人が事件に関わっていたことが視聴率に影響した感は否めません。

次の