焼肉のたれ レシピ。 本格!自家製、焼肉のタレ。玉ねぎたっぷり♪使いきれる分量で。【農家のレシピ帳】

「焼肉のたれ」は自家製がオススメ! 家にある材料で作れる、簡単&ヘルシーな「自家製焼肉だれ」レシピ

焼肉のたれ レシピ

しょう油 100cc• 砂糖 大さじ4• いりごま(白) 大さじ1• おろしにんにく 1片分• おろししょうが 1片分• コショウ 少々• 一味唐辛子 適量 【作り方】 全ての材料をよく混ぜるだけ!砂糖が少し多く感じるかもしれませんが、この方が美味しい!ごまがたっぷりなので香ばしくてやみつきになりますよ。 《欲しい分だけ!自家製タレ》 【材料】• しょう油 大さじ3• 味噌(ダシ入り) 小さじ1• みりん(または酒) 小さじ1• 砂糖 10~20g• 七味唐辛子(または豆板醤) 適量 【作り方】 全ての材料を混ぜ合わせるだけでOK。 小さい子供がいたり、お酒が苦手な人はみりん(酒)は一度沸騰させてアルコールを飛ばしてください。 少量から作れるので必要な分だけ作れるのがオススメです。 《おろし玉ねぎがポイント!甘辛焼肉のタレ》 【材料】• しょう油 50cc• みりん 50cc• 砂糖 大さじ3• ごま油 大さじ1• すりごま 大さじ1• おろしにんにく 1片 【作り方】 全ての材料を小鍋に入れて軽く煮立たせるだけで完成です。 ピリッとさせたい時は豆板醤をお好みで加えてくださいね。 味噌 大さじ1• 酒 大さじ1• しょう油 大さじ1• みりん 大さじ1• 砂糖 小さじ1• おろしにんにく 1片• すりごま、いりごま 各大さじ1 【作り方】 全ての材料をよく混ぜるだけで完成です。 アルコールが気になる時は一度沸騰させてください。 長ねぎ 1本• にんにく 1片• 鶏がらスープ(粉末) 小さじ1• まず長ねぎをみじん切りにし、にんにくはおろしておきます。 全ての材料を混ぜ合わせれば完成! 焼肉以外にも チャーハンやサラダにも合う万能塩ダレです。 レモン汁を加えるとさっぱり感がUPしてこれまた美味しい! 《レモン塩ダレ》 【材料】• ごま油 小さじ4• 塩 小さじ3• はちみつ 大さじ1• 鶏がらスープ(粉末) 小さじ1• 長ネギ(みじん切り) 3cm• おろしにんにく 1片• おろし玉ねぎ 大さじ3• スポンサーリンク 焼肉のタレを使ったアレンジ料理3選 市販のタレもこれなら使い切れる!オススメのアレンジレシピ3選です。 どれも美味しくて簡単なので早速今日のランチや晩御飯にいかがでしょうか。 《焼肉のタレが!マグロユッケに!》 【材料】2人分• マグロ 1パック• 卵黄 1個• 焼肉のタレ(しょう油ベース) 大さじ3• ごま油 大さじ1弱• ネギ 【作り方】• 玉ねぎは薄くスライスしてから水にさらして辛みを飛ばしておきます。 マグロは薄めの削ぎ切りにして、焼肉のタレとごま油で和えて冷蔵庫へ。 玉ねぎは水気をしっかり切ってから皿に盛り付けて、和えたマグロをその上に乗せ、さらに卵黄を乗せれば完成です。 お好みで刻みネギを散らしても美味しいですよ。 もも肉 300g• 揚げ油 《A》• 焼肉のタレ 大さじ3• おろししょうが 1片 《B》• 片栗粉 大さじ3• 薄力粉 大さじ2 【作り方】• 鶏肉は大きめの一口大に切っておきます。 ビニール袋に《A》と切った鶏肉を入れてよく揉み込みましょう。 時間があれば冷蔵庫で一晩寝かすとGood!この状態で冷凍しておくことも可能です。 揚げる直前に《B》を入れて衣をつけ、170度の油できつね色になるまでこんがり揚げれば完成です。 《チャプチェも焼肉のタレがあれば簡単手間なし!》 【材料】• 春雨 35g• 豚肉 50~100g• にら 1束• にんじん 5cm• お好きなきのこ 適量• ごま油 適量• 焼肉のタレ 適量• 酒 大さじ1• ごま お好み量 【作り方】• 春雨は3分程熱湯で茹でてから食べやすい大きさに切ります。 豚肉は一口大に。 豚肉はお好きな部位でOK!切ったら焼肉のタレ(少量)で揉みこんで下味をつけておきます。 他の野菜も食べやすい大きさに切っておきましょう。 フライパンでごま油を熱し豚肉から炒めていきます。 うっすら色が変わったらニラ以外の野菜を加えて炒めましょう。 春雨とニラ、酒、焼肉のタレを加えてさらに炒め、春雨が水分をしっかり吸って味が染みてきたら完成です。 市販の焼肉のタレには 野菜や果物が入っているので、1本でいろんな料理にアレンジが出来るんですよ。 いつものチャーハンや焼きそばに少し足すだけでも味が深まってとっても美味しくなります。

次の

りんごと玉ねぎたっぷりの絶品焼肉タレの作り方

焼肉のたれ レシピ

焼肉といえば、お肉を焼いてタレをつけて食べるというイメージですが、韓国ではお肉を漬け込んでおき、それを焼いて食べるというのが一般的なスタイルなのです。 漬け込むことでお肉が柔らかくなりますし、そのまま食べても美味しいというメリットがあります。 漬け込んだお肉を冷凍しておけば、節約、時短にもつながりますよ。 漬けて焼くだけと簡単ですが、ごちそう感もあっておもてなしにもピッタリ。 今回は、原則自宅にありそうな調味料ですぐに作れる漬けタレを紹介します。 甘じょっぱくて子どもも好きそうな醤油ダレ、ピリっと辛くてあと引く美味しさの辛ダレ、さっぱりした味付けのレモン塩ダレ、どれも最高に美味しいですよ。 牛、豚、鶏など好きなお肉とタレの組み合わせを見つけてみてくださいね。 () こんにちは。 韓国出身の料理研究家 キムヨンハです。 韓国の代表的なグルメといえば、断然 「」ですよね! 日本のは焼いたお肉にタレをつけて食べますが、韓国ではあらかじめタレに漬け込んでおいた肉を焼くスタイルが一般的。 タレに漬けておくことで肉が柔らかくなりますし、下味がついているからそのまま食べても美味しいんです。 しかも、肉が安いときにまとめ買いしてタレに漬け込んで冷凍しておけば、2~3週間は保存できちゃいますよ!節約にもなるし、焼くだけだから時短にもつながります。 それでいてってごちそう感があるので、おもてなしにもピッタリ!家族や親戚、友人などで集まることが多い年末年始に便利すぎます。 屋さんで食べるのもいいけれど、好きなお肉を好きなだけ食べられるし、家も最高~!暖かくなったらバーベキューに持っていくのも良いですね。 とにかく、何かと活躍してくれるので、ぜひ覚えておいてほしいのです。 今回は、原則自宅にある調味料で、簡単&すぐに作れる漬けダレ3種類紹介します!漬け込み時間も長くないので、思いついたときにすぐ作れます。 ご飯にもお酒にもばっちり合う味付けですよ~! 1. 【牛肉+醤油ダレ】子どもも大人も大好きな甘じょっぱ系! 材料(2人前) 【お肉】• 牛バラ肉・・・・500g 【醤油ダレ】• 醤油・・・・大さじ4• 砂糖・・・・大さじ2• おろしにんにく・・・・小さじ1• 刻みネギ・・・・大さじ3• こま油・・・・大さじ1• コショウ・・・・少々• いりごま・・・・少々 作り方• ボウルに醤油ダレの材料を全て入れて混ぜ合わせ、お肉にタレをもみ込んだら5~6分置く。 子どもも大人も大好きな甘じょっぱい醤油ダレで牛肉を漬けてみました! 牛肉本来の味を生かしながらも、醤油の香ばしさが加わってさらに美味しくなります。 今回は牛バラ肉を使いましたが、牛カルビやステーキを漬けても美味しいですよ! お肉と一緒に玉ねぎやピーマンなど好きな野菜を漬けるのもオススメ。 余ったお肉は、ホットドッグなどにしても美味しいです。 そのほか、醤油ダレは炒め物やナムルにも使えますよ! 2. 【豚肉+辛 ダレ】豚バラの脂との相性がとてつもなく素晴らしい…! 材料(2人前) 【お肉】• 豚バラ肉・・・・500g 【辛ダレ】• コチュジャン・・・・大さじ2• 唐辛子・・・・小さじ1• 醤油・・・・小さじ1• 砂糖・・・・大さじ1• おろしにんにく・・・・大さじ1• ごま油・・・・大さじ1• コショウ・・・・小さじ1 作り方• ボウルに辛ダレの材料を全て入れて混ぜ合わせ、お肉にタレをもみ込んだら5~6分置く。 やっぱり辛いものも欠かせないですよね。 ということで活躍するのがこの辛ダレ!家に唐辛子粉がない場合は七味で代用できます。 今回は豚バラを漬けてみました。 程よく脂がある豚バラ肉と辛いタレは素晴らしいコンビなんです……!サンチュに包んで食べるとお野菜もモリモリ食べられますよ。 もうひとつ、どうしても紹介したいのが「豚キムチチャーハン」! 肉を焼いたフライにご飯、残りの肉とキムチを入れて、さっと炒めるだけ。 を食べた後の〆としてオススメです。 作らないともったいないというくらい、 めちゃくちゃ美味しいです! 3. 【鶏肉+レモン塩ダレ】さわやかな酸味が食欲をそそる…! 材料(2人前) 【お肉】• 鶏もも肉・・・・500g 【レモン塩ダレ】• ハーブソルト・・・・小さじ1• オイル・・・・大さじ3• コショウ・・・・小さじ1• レモン汁・・・・ 小さじ1• 刻み長ねぎ・・・・大さじ2 作り方• ボウルにレモン塩ダレの材料を全て入れて混ぜ合わせ、お肉にタレをもみ込んだら5~6分置く。 さっぱりした味付けのレモン塩ダレ!鶏肉に漬けてみました。 レモンのさわやかな酸味が食欲をそそりますよ。 著者プロフィール.

次の

黄金の味 中辛のレシピ一覧|おいしいレシピ

焼肉のたれ レシピ

酷暑でバテ気味な時には、スタミナ満点の焼肉が食べたくなりませんか? 自宅で焼肉をする場合、タレは市販のものという方が多いと思いますが、今回は都内有名焼肉店(残念ながら閉店してしまいました)のレシピを素に、焼肉の漬けこみタレを作ります。 長ねぎと白ごまをたっぷり入れた自家製は、味の調節ができる上に何より美味しい! 安い牛肉でもこのタレに漬けこめば、1ランク上の焼肉が楽しめます。 作り置きもでき、牛肉の他に豚肉、鶏肉と何にでも使えるのでとても便利です。 「焼肉のタレ」の作り方 焼肉のタレは焼いてからつけて食べるタイプと、生肉を漬けこむタイプがあります。 今回は漬けこみタイプです。 味がしっかり付くので、弁当のおかずにももってこいです。 分量は少し甘めですので、お好みで調整してください。 【材料】500~800gの肉が漬けこめるぐらいの量 ・醤油:100cc ・日本酒:大さじ5 ・砂糖:大さじ5 ・ごま油:大さじ1 ・長ねぎ:1本 ・すりにんにく:1かけ分(チューブでも可。 【作り方】 1. /鍋に日本酒を入れ、強火で沸騰させてアルコールを飛ばしてから火を弱め、砂糖を入れてよく溶かす。 酒を沸騰させてから砂糖を投入 2. /1を弱火のまま5分ほど煮て、少しとろみがついてきたところで醤油、にんにく、一味唐辛子または胡椒、いりごまを入れて火を止め、ごま油を入れて出来上がり。 1日程度置くと味が落ち着いて美味しくなるが、すぐに使う場合は、完全に冷めてから肉にもみこむ。 玉ねぎやピーマンなどの野菜も一緒にこのタレに漬けこんでおく。 たっぷりの長ねぎが合う! 激ウマ焼肉の出来上がり!.

次の