雅子 様 何 ヶ国 語 話せる。 皇后雅子さまは何か国語喋れる?#通訳なしの雅子さまの英語力・語学力はどれくらい?CEFR基準で考えてみた!|本当のマルチリンガルになるブログ

雅子さまの自信復活通訳なしで何カ国語話せるの?皇室外交の実力発揮

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

「令和」初の国賓として天皇・皇后との宮中晩餐会に出席したトランプ大統領。 両陛下はトランプ夫妻と通訳なしで会話された。 主役は、皇后雅子さまだった。 「日本の国民は、雅子皇后が流暢な英語でメラニア・トランプ夫人と話すのを見て、感動した」 「トランプ氏と会話する雅子皇后のイメージは、彼女が外交能力を活かしてソフトパワーを促進するのを助け、ひょっとしたら、厳しい家父長制の皇室で、新しい女性のあり方を確立することになるかもしれない」 さらに同紙は、皇后への期待を盛り込んだ。 「素敵かっこいい!憧れる? どんどん本領発揮していっていただきたい」 両陛下とも英語ペラペラなんだね。 通訳なしだ。 雅子さま確か5ヶ国語くらい話せるんだよね。 素敵かっこいい!憧れる? どんどん本領発揮していっていただきたい。 雅子さまの輝かしい笑顔!キラキラしてる!華やか!こんなに華のある方だったんだ。 あー雅子さまの舞台ってこっちだよこっち!外交だよ!って、すごく思う。 同紙は、雅子さまが「優先すべきミッションは、皇室に後継者をもうけるという女性の役割に縛られていたが、日本でも女性の地位や役割が変化している」と指摘。 雅子さまが、伝統的な役割に縛られずに公務を果たしていくことに期待する学識者の意見などを示した。 歓迎イベントに対して米メディアからは厳しい意見が相次いだ。 「安倍首相ほどトランプ大統領を喜ばすのに腐心した国家首脳は、他にはいなかったのではないか」 という書き出しは、ワシントン・ポスト。 訪日前の記事になるが、新天皇に会見する最初の首脳になっただけでなく、大相撲観戦では特別に席を作り、前例にない「トランプ杯」まで作った「戦略」について、 「国内で疑問の声が上がるとともに、同情心まで買っている。 日本のリーダーは、もっとも大切な同盟関係を維持するためなら、やれることはなんでもやるとまで見られている」(同紙) と報じた。 しかし、日本の経済界や与党は、安倍首相の「おもてなし」戦略は、トランプ氏が日本車に対する関税導入を決断するかもしれない時に、国家の利益を守るために必要で効果的とみられていると解説する。 同時に、日本の主要メディアには「政治風刺」という伝統がなく、安倍首相が過去にトランプ氏とのゴルフ中にバンカーに転げ落ちたことや、ノーベル平和賞にトランプ氏を推薦したという発言についても、こう指摘した。 「コメディアンや大衆が、(安倍首相を)笑い者にすると思いきや、(日本では)ほとんど誰もそんなことはしなかった」 おもてなしは外交失敗を隠すため? 升席には大統領夫妻、安倍首相夫妻のために特別席が設けられた。 米中貿易戦争が日本に飛び火する可能性や、北朝鮮のミサイル問題など、緊張した課題が山積みであるにもかかわらず、安倍首相が4日間にわたりトランプ氏を「おもてなし」攻勢の予定を組んだことを皮肉っている。 その象徴が、「お金では買えない」(同紙)おもてなしである、大相撲観戦の際の「トランプ杯」であり、新天皇による晩餐会だったと。 同紙はこんな山口二郎・法政大教授のコメントを引用している。 「安倍首相は外交活動の観点では、何の成果や結果を得ていない。 (おもてなしは)安倍首相の外交での失敗を隠す、表面的な政治ショーだ」 北朝鮮をめぐる日米の温度差 北朝鮮に対しては日米両首脳の見方に温度差が……。 5月27日の日米首脳会談後の記者会見で、5月上旬の北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射についての質問で、トランプ氏は「気にしていない」としたのに対し、安倍首相は「極めて遺憾だ」と発言した。 トランプ氏はさらに、こう加えた。 「米国民は、国連安全保障理事会決議違反かもと思っているかもしれない。 そんなことはどうでもいい。 北朝鮮がもはや核実験や長距離ミサイルの発射をしていないということが、私が理解する全てだ」 「私は違う見方をしていて、人間としてみると、(金正恩朝鮮労働党委員長が)注意を引きたがっているのかもしれないし、そうでないかもしれない。 誰にそんなことが分かるか?」(トランプ大統領) AP通信はこれに対し、 「この食い違いは、安倍首相が国益を引き出すために、トランプ氏に親切心を浴びせかけている長期的戦略に限界があることを明らかにしている」 と、安倍首相の「おもてなし外交」の限界を指摘した。 トランプ氏は5月27日夕(米東部時間)、こうツイートした。 「安倍首相との会談は、すごくうまくいった。 新天皇と皇后の両陛下と共に過ごせたのは、素晴らしい栄誉だ」 I will be making two stops this morning in Japan to visit with our Great Military, then a quick stop in Alaska and back to D. Meetings with Prime Minister Abe went very well, and getting to spend time with the new Emperor and Empress of Japan was a great honor! — Donald J. Trump realDonaldTrump ツイートだけは、安倍首相が願った通りになったようだ。 (文・津山恵子).

次の

【雅子皇后】マクロン大統領夫妻と笑顔で対話。令和の皇室外交に更なる光

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

トランプ夫妻との身長差も何のその!ww 両陛下のオーラがキラッキラで、特に雅子さまのキリリとした表情にはウットリしちゃいましたよ~涙 宮中晩餐会の画像を見て、筆者的には >心労でゲッソリされた >カチコチに固まった >余裕スマイルで の3点も気になりましたけど 笑 1993年クリントン大統領とも… 実は、 雅子さまがアメリカ大統領の横に座られたのは、今回が初めてではありません。 ご結婚からわずか1ヵ月後の1993年、 当時のビル・クリントン米大統領と、ボリス・エリツィン露大統領を迎えての晩餐会。 両氏の間に座りった雅子さまは、 英語とロシア語で通訳無しで、 それぞれの言語で軽やかに会話をしているのを見て、当時の人々は大感激でした。 the new empress of Japan was the star. 「トランプ訪問で雅子皇后は日本のスターに!」 トランプ米大統領の訪日を伝えるニューヨーク・タイムズ記事の、2019年5月7日付けの記事タイトルです。 記事の主役はトランプ大統領でもなく安部総理でもなく、 皇后雅子さまでした。 「日本国民は、Masakoが流暢な英語でメラニア・トランプ夫人と話すのを見て感動した」 「ハーバード大卒で元外交官・ 5か国語を話すMasako。 トランプ氏と会話する皇后のイメージは、日本の皇室の世界で、 新しい女性像を確立することになるかもしれない」 最後にニューヨーク・タイムズは、雅子皇后への今後の期待も。 She is awesome and cool. I admire her. I hope she will demonstrate her ability more and more. ! 「彼女素晴らしくて聡明・そしてかっこいい!深く尊敬し感心いたします。 彼女の能力がますます発揮されることを願っています」 スポンサーリンク 通訳者の出る幕ナシ 2019年5月27日付けの『The Japan Times』紙は、 Changing monarchy on display as imperial couple greets Trump and first lady using English. 「天皇皇后両陛下がトランプ大統領夫妻を英語で出迎えたことは君主制の変化の表れ」 という記事タイトルで、両陛下が皇室外交で新風を吹かせたと絶賛。 両陛下が英語で大統領夫妻を出迎えられ、通訳者は出る幕がないほど、言葉の壁はなかった。 日本の歴史の中で最も国際的志向のある皇室かもしれない。 それは日本の君主制と他国との繋がりにおいて、決定的変化を表すものだ。 日本でも 「#通訳なし」というハッシュタグがトレンド入りするなど、 両陛下の語学力の高さについては、日本中の注目の的となりました。 雅子様が話せる外国語は何か国語? ハーバード大卒で元外交官、5か国語が堪能と海外メディアでも絶賛の雅子さま。 外交官になられて、1986年に天皇陛下と出会うまでの雅子さまのご経歴も華々しいものですが、 を辿るだけでも• ロシア語• フランス語• ドイツ語• スペイン語 と日本語を合わせると 6か国語はペラペ~ラでお話になられます。 2019-04-02 16:52 雅子様の英語力についてのネットの反応 両陛下とも英語ペラペラなんだね。 通訳なしだ。 雅子さま確か5ヶ国語くらい話せるんだよね。 素敵かっこいい!憧れる😍どんどん本領発揮していっていただきたい。 — vamosaJJ vamosaJJ 宮中晩餐会を中継してる。 雅子さまの輝かしい笑顔!キラキラしてる!華やか!こんなに華のある方だったんだ。 あー雅子さまの舞台ってこっちだよこっち!外交だよ!って、すごく思う。 高円宮久子様 元祖パリピ女王の異名をもつの母・高円宮久子さまは、 もともとプロの英語の通訳者。

次の

トランプ氏訪日で「雅子皇后はスター」。米メディアは日米首脳会談どう報じたか

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

皇后 雅子さまは、 英語だけでなく「超マルチリンガル」なんです! 雅子さまの語学力は、 海外メディアも絶賛だそうです。 では、雅子さまが、そこまでなった、 生い立ちや その、出身校などをまとめてみました。 Sponsored Link 皇后・雅子様は何ヶ国語話せる?外国語や語学力! 皇后 雅子さまは 英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語の 5ヶ国語に堪能と言われています。 もちろん、日本語も話されるので、 6ヶ国語が堪能ということです。 では、そんな雅子さまの生い立ちはどうだったのでしょうか? 皇后・雅子様の生い立ち 皇后・雅子様の生い立ち ー 出生 1963年(昭和38年)12月9日 外務省職員であった父、小和田恆さんと、 母の優美子さんの間に長女として生まれる。 母の優美子さんは慶応大学卒業後、エールフランスに入社されていたそうです。 2歳の終わりごろから、モスクワ市立の保育園に通園した。 ロシア語はすぐに上達。 妹たちにロシア語で話し掛けたり、 寝言もロシア語で言うほどになった。 ロシア在住の間に、母は、スイスで雅子様の双子の妹を出産。 アメリカ合衆国のニューヨーク市に渡る。 ニューヨーク市立の幼稚園、その後、パブリックスクールに通います。 この頃、学校以外にも、 日本語の補習授業を行う学校にも通っていました。 目黒区立の小学校1年に編入し、5月には新宿区立の小学校2年に転校。 その後1972年(昭和47年)4月、 女子の有名私立学校、田園調布雙葉学園(ふたば)の小学校の3年に編入。 高校まで、雙葉学園(ふたば)学園に進学。 ボストン市郊外のベルモント市にある 州立ベルモント・ハイスクールの11年生(日本の高校2年生)に転入。 「成績優秀者」として、常に表彰されていた。 また語学の面でも、 ドイツ語で、ドイツ政府運営の賞なども受賞している。 ドイツには住んだことないはずなのに… 自分で勉強してたんですね。 在学中には、心身障害児の運動指導や フランス語のサークル、 また雅子様ご自身で、 日本文化を紹介するクラブを設立したしたりもした。 皇后・雅子様 ハーバード時代の外国語の勉強 1年生の夏休みには、 ドイツに2ヶ月留学し、ドイツ語の特訓を受ける。 2年生の夏休みには、フランスに留学し、 フランス語の夏期講座に参加した。 1985年(昭和60年)6月 ハーバード大学を卒業する 成績優秀な学生に贈られる賞も受賞した。 雅子様は、「米国に残ったら根無し草になってしまうような気がして 日本に帰りたかった」のだそう。 東大在学中に、外交官を志し、合格。 1987年(昭和62年)に 東京大学を中退し、外務省に入省。 1988年(昭和63年) 外務省の研修留学として、 オックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学 国際関係論を専攻していたそうです。 1990年(平成2年)6月 研修留学から帰国 皇后・雅子様の外務省での勤務 外務省での職歴は、 ご結婚までの、5年10か月(留学期間を省くと4年) 週に3日は、帰宅が午前様になるなどの激務だったとのこと。 また、外務省として、 様々な通訳も担当されていたとのこと。 皇后・雅子様は何ヶ国語話せる?外国語や語学力! 皇后 雅子さまが堪能な、 英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語の5ヶ国語。 ところが今まで見てきた生い立ちや経歴の中で、 スペイン語が出てきません。 いつ勉強されたのでしょう? ただ、 スペイン語は、世界の中で、公用語として使われている国も多く、 アメリカの西海岸などでは、 皆 当たり前のようにスペイン語は話せるようです。 そんな中で、 ご自身でスペイン語も学ばれたのではないでしょうか? 皇后・雅子様は何ヶ国語話せる?外国語や語学力!生い立ちや出身校 まとめ 外務省出身とはいえ、 こんなに何ヶ国語も話せる方は、 そうそういらっしゃらないと思います。 各国大統領や、大統領夫人などと、ざっくばらんに話ができるというのは、 今後の皇室にとって、大きな力になると思います。 雅子様には、 せっかく身につけた能力を、 存分に発揮していただきたいと思います。 では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! Sponsored Link.

次の