ママスタ 芸能人。 木下優樹菜【アンチ】

市川海老蔵の隠し子(かくしご)の相手は芸能人!男なのにママスタにアンチ多数の原因は?

ママスタ 芸能人

10(トウサン)19(イクジ)の語呂合わせにちなんで、日本記念日協会に認定されています。 そして毎年10月半ば頃に開催される「イクメン オブ ザ イヤー」では、その年に育児を楽しみ、頑張ったパパたちが部門別に表彰されます。 は、2018年7月に第1子が誕生したばかりの、動画クリエイターのSEIKINさんが受賞しました。 子どもたちに大人気のSEIKINさん。 動画クリエイターになったきっかけは、実の弟であるHIKAKINさんが活躍していたからだといいます。 子どもの頃からずっと仲良しで、ケンカをした記憶もほとんどないという2人の関係について、詳しくお話を伺いました。 時々イラッとはしますけど(笑)。 ぶつかることはないです。 それは僕の奥さんとの関係とも同じで、それぞれ意見がありますけど、どっちかが折れるんですよ。 というのも、いま弟に強く言えるのは僕くらいなんですよ。 だからこそ「違うだろ」というふうに、兄として正すことはあります。 やっぱりHIKAKINは弟なので、自己中心的なところなど、次男っぽいところがあるんですよ。 と言いつつ、僕のほうが曲がらないことも多いので、弟が合わせてくれていますよ(笑)。 昔のHIKAKINは大雑把。 ただ弟は、昔はだらしなかったんですけど、今は完璧主義になってきました。 弟は仕事になると「テロップが2ミリずれている」「音が何デシベル(音の強さを表す単位)大きい」という、本当に細かいところまで気にします。 僕もそうですが(笑)。 ただ、動画を見てくれる視聴者に届けるからという理由が大前提としてあります。 「とにかく良いものを届けたい」という思いから、どんな動画をリリースするにしても、兄弟2人とも制作に時間がかかるんですよ。 SEIKIN:変化が激しいので僕らも変化していかなければなりません。 HIKAKINが動画を始めたころはBGMもテロップもなにもなかったんですよ。 新しいものを求められるけれど、作っていくのはすごく大変です。 クリエイターも増えて、今では編集のクオリティもどんどん上がってきているんです。 もちろん兄弟なので、気が許せるパートナーというか仲間というか、友達的な感じですかね。 昔から変わっていないですね。 SEIKIN:尊敬しているとすれば、ストイックな部分ですかね。 HIKAKINを知っている人なら、みんなそう言うかもしれませんが、HIKAKINは人一倍ストイックなんですよ。 「そこまでやる?」と言いたくなるくらいに突き詰めます。 心配ですが、尊敬していますね。 いつも「俺が、俺が」的なところ。 弟なので、仕方がないかなとは思いますけどね。 40歳過ぎのおじさんになってから今のような「チョコ100個買う!」というような動画を作っても笑ってもらえないかもしれません。 もしかしたらこの先、若手育成をしているかもしれないし、まったく違う仕事に就いているかもしれません。 SEIKIN:僕は家で仕事をすることが多いので、奥さんが家でどんな風に子育てをしているのかを見ているし、子育ては本当に大変だなと思います。 大変だとは思うんですけど、子どもは未来の宝だと思っているので、これからも一緒にがんばっていきましょう。 全4回にわたってお届けしてきたSEIKINさんインタビューも今回が最終回となります。 今まで「子どもが夢中になっているYouTuber」と思っていたママも、インタビューを通してSEIKINさんの魅力が伝わったのではないでしょうか? また子どもたちが知らないSEIKINさんの意外な一面をお子さんにも伝えてあげることで、SEIKINさんを目指してがんばる子たちも出てくるかもしれません。 ぜひ親子で一緒に記事を読んでみてくださいね。 取材、文・間野由利子 編集・北川麻耶.

次の

木下優樹菜【アンチ】

ママスタ 芸能人

10(トウサン)19(イクジ)の語呂合わせにちなんで、日本記念日協会に認定されています。 そして毎年10月半ば頃に開催される「イクメン オブ ザ イヤー」では、その年に育児を楽しみ、頑張ったパパたちが部門別に表彰されます。 は、2018年7月に第1子が誕生したばかりの、動画クリエイターのSEIKINさんが受賞しました。 子どもたちに大人気のSEIKINさん。 動画クリエイターになったきっかけは、実の弟であるHIKAKINさんが活躍していたからだといいます。 子どもの頃からずっと仲良しで、ケンカをした記憶もほとんどないという2人の関係について、詳しくお話を伺いました。 時々イラッとはしますけど(笑)。 ぶつかることはないです。 それは僕の奥さんとの関係とも同じで、それぞれ意見がありますけど、どっちかが折れるんですよ。 というのも、いま弟に強く言えるのは僕くらいなんですよ。 だからこそ「違うだろ」というふうに、兄として正すことはあります。 やっぱりHIKAKINは弟なので、自己中心的なところなど、次男っぽいところがあるんですよ。 と言いつつ、僕のほうが曲がらないことも多いので、弟が合わせてくれていますよ(笑)。 昔のHIKAKINは大雑把。 ただ弟は、昔はだらしなかったんですけど、今は完璧主義になってきました。 弟は仕事になると「テロップが2ミリずれている」「音が何デシベル(音の強さを表す単位)大きい」という、本当に細かいところまで気にします。 僕もそうですが(笑)。 ただ、動画を見てくれる視聴者に届けるからという理由が大前提としてあります。 「とにかく良いものを届けたい」という思いから、どんな動画をリリースするにしても、兄弟2人とも制作に時間がかかるんですよ。 SEIKIN:変化が激しいので僕らも変化していかなければなりません。 HIKAKINが動画を始めたころはBGMもテロップもなにもなかったんですよ。 新しいものを求められるけれど、作っていくのはすごく大変です。 クリエイターも増えて、今では編集のクオリティもどんどん上がってきているんです。 もちろん兄弟なので、気が許せるパートナーというか仲間というか、友達的な感じですかね。 昔から変わっていないですね。 SEIKIN:尊敬しているとすれば、ストイックな部分ですかね。 HIKAKINを知っている人なら、みんなそう言うかもしれませんが、HIKAKINは人一倍ストイックなんですよ。 「そこまでやる?」と言いたくなるくらいに突き詰めます。 心配ですが、尊敬していますね。 いつも「俺が、俺が」的なところ。 弟なので、仕方がないかなとは思いますけどね。 40歳過ぎのおじさんになってから今のような「チョコ100個買う!」というような動画を作っても笑ってもらえないかもしれません。 もしかしたらこの先、若手育成をしているかもしれないし、まったく違う仕事に就いているかもしれません。 SEIKIN:僕は家で仕事をすることが多いので、奥さんが家でどんな風に子育てをしているのかを見ているし、子育ては本当に大変だなと思います。 大変だとは思うんですけど、子どもは未来の宝だと思っているので、これからも一緒にがんばっていきましょう。 全4回にわたってお届けしてきたSEIKINさんインタビューも今回が最終回となります。 今まで「子どもが夢中になっているYouTuber」と思っていたママも、インタビューを通してSEIKINさんの魅力が伝わったのではないでしょうか? また子どもたちが知らないSEIKINさんの意外な一面をお子さんにも伝えてあげることで、SEIKINさんを目指してがんばる子たちも出てくるかもしれません。 ぜひ親子で一緒に記事を読んでみてくださいね。 取材、文・間野由利子 編集・北川麻耶.

次の

理想の芸能人ママパパランキング!!1位は松嶋菜々子&つるの剛士

ママスタ 芸能人

年中になったばかりの娘には、年少のときから仲良しのAちゃんがいました。 何をするのも、どこへ行くのもずっと一緒。 「ずっとこのまま仲良しでいようね~」というふたりの姿に、私はいつも微笑ましく見守っていました。 しかし、夏を過ぎた辺りから娘に元気がありません。 話を聞いてみると、いつものようにAちゃんに「遊ぼう!」と誘う娘に対し、Aちゃんは「Bちゃんと遊ぶから!」と、仲間に入れてくれないとのこと。 あんなに仲が良かったのに……。 私:「一緒に入れてって言ってみたら?」 娘:「言ったけど……ダメって……」 今にも泣きそうな娘に、ただただ「辛かったね」と抱きしめることしかできない私。 Aちゃんと遊びたい娘と、他のお友達と遊びたいAちゃん。 一方通行の矢印に、どうしたものかと悩み、先生に聞いてみることにします。 私の質問に答えて下さったのは園長先生でした。 つまずいても「立ち上げる」ことの方が大切だと教えてくれた園長先生の言葉は、本当に胸に沁みました。 女の子の人間関係は、年齢を重ねるごとに複雑化していくでしょう。 友達との衝突があったときに、それをかわして進んでいく強さを身に着けることも大切なのだなと考えさせられました。 脚本・渡辺多絵 イラスト・.

次の