ハニー レモン ソーダ 11巻 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ 42話/11巻のネタバレ!最新話は2人初めての夏休み

【『ハニーレモンソーダ』7巻ネタバレ感想】ついに結ばれた二人

ハニー レモン ソーダ 11巻 ネタバレ

もくじ• 羽花 うか は話をしなければと、一人奈乃に会いにきていた。 奈乃「会いに来てくれたの?うれしいな」「三浦くんは渡さないって言いに来たのかな?」 笑顔で羽花を挑発する奈乃。 「うん」と答えようとした羽花を、奈乃が遮るように話し始めた。 奈乃「大丈夫だよ 私別に三浦くんのこと好きじゃないから」「どうして羽花ちゃんばっかり 私の欲しいもの手に入れられるんだろう」 羽花と自分は似ているはずなのに、なぜ現在 いま がこんなに違うのか。 苦しそうに話しその場を離れようとする奈乃の腕を、羽花は掴んだ。 奈乃「…離して」 羽花「離さない!」 奈乃「羽花ちゃんが私を苦しめる」 自分にまっすぐぶつかってくる羽花に、さらに苦しそうな表情を見せる奈乃。 そこへ界 かい やあゆみ達がやってきた。 奈乃の目的が分からず困惑するクラスメイト達。 口を開いたのは、奈乃だった。 中学時代、羽花と同じようにクラスに馴染めず存在感なく過ごしてきた奈乃は、高校で自分と似ている羽花がどんどん変わっていく様子を見て、「私もああなりたい」と羽花の真似を始めたのだった。 奈乃「うまくいきすぎて思った このままいっそ羽花ちゃんになりたいって」 羽花「…そのまま私になってたら 本来の奈乃ちゃんはどこに行くの?」 そんな羽花の問いかけに、いらないと答える奈乃。 奈乃「羽花ちゃんだって 私のこともう嫌いでしょ?」 そう言って全てを諦めようとする奈乃に、羽花はまっすぐ想いを伝える。 羽花「そのままの奈乃ちゃんをもっと教えて」 「私が奈乃ちゃんを大好きになるから」 奈乃「…嘘」 まっすぐすぎる羽花の言葉を受け止められない奈乃だったが、これまでいつも優しく・強く自分に接し続けてくれた羽花の姿を思い出し、思わず涙がこぼれた。 奈乃「…羽花ちゃんが眩しくて苦しかった」「こんなはずじゃなかった…ごめんなさい」 奈乃がずっと心に抱えてきた傷に触れた羽花は、何も知らず、誤解し疑ってしまったと屋上で一人奈乃のことを考えていた。 そこへ界がやってきた。 界「おまえ何も悪くねぇからな」 そう言って羽花の隣に座る界。 一人強くなっていく羽花に、界は素直な気持ちを伝える。 界「それ以上強くなるな オレに守らせろ」 「だいぶ勝手なこと言ってんのは分かってんだけど 離したくないんだわ」 奈乃との一件で、界を独占したい気持ちに気付き、そんな自分勝手な気持ちを界に知られてはいけないと思っていた羽花だったが、界も同じように羽花への想いを持ってくれていると知り、安心と嬉しさの涙を流す羽花。 羽花「三浦くん 大好きだよ」 改めて絆を深めた界と羽花だった。 奈乃が、ばっさりショートヘアになっていたのだ。 羽花と和解した奈乃は、クラスメイトにも少しずつ本当の顔を見せることが出来るようになっていた。 奈乃との一件で、界との関係に対して、自分がどんどん欲張りになっている事に気付きモヤモヤしていた。 テスト最終日、界と羽花は久しぶりに2人でデートすることに。 界が連れていってくれたのは、なんと遊園地だった。 初めての遊園地に興奮する羽花。 そんな羽花を見て楽しそうに笑う界。 界「連れてきたらどんな反応するかとずっと思ってた」 界の想像の中に毎日自分が出てきていることに驚きつつ喜ぶ羽花。 相変わらず、界の一挙一動が羽花の心を動かす。 慣れるどころか、羽花の界への気持ちは日に日に増していく。 界と一緒に過ごし、隣で笑ってくれるだけで幸せを感じる一方で、どんどん欲張りになる自分自身の気持ちに、羽花はまたモヤモヤしてしまう。 羽花が乗り物の整理券の枚数を確認し、界の元へ戻ると2人の女の子が界に話しかけていた。 以前は何とも思わなかったそんな光景も、今は羽花をモヤモヤさせる。 羽花「あの」 界「…連れとはぐれたんだと」「逆ナンかと思った?」 事情を知った羽花は、また自分勝手な気持ちを抑えられなかったことに困惑する。 そんな羽花をよそに、界は羽花の鞄に可愛いマスコットのキーホルダーをつけた。 界「…あれもっかい言えよ」「『三浦くんは私の』って」 そう言いながら付けてくれたマスコットは、途中立ち寄ったお店で羽花が欲しいと思ったペアのキーホルダーだった。 界「おそろいとか初めてだわ」 そう言って自分の鍵につけたお揃いのマスコットを見せる界。 そんな界に羽花は思わず抱きついた。 『もう どうしようもない』 日々増していく界への気持ちは抑えきれないと、羽花は改めて気付かされた。 界「甘い方が好き?」 羽花「…どちらかと言えば」 界「じゃあそっち多めで」 甘いアメを自分の口に入れ、そのまま羽花へ口移しする界。 想像以上の界の甘さを受け止めきれるだろうかと心配しつつ、幸せをかみしめた羽花だった。 高校で初めての宿泊行事にわくわくしながら、クラスメイトの女子たちと恋バナをしていると、話題は羽花と界の話に。 恋バナをしている内に羽花は界がなぜ自分と付き合っているのか、どんな女の子がタイプなのか、何も知らないことに気付き、『自分は何の努力もせずに界と付き合っているのではないか』と、急に焦りを感じてしまう。 『界の好きなタイプになりたい』と思った羽花は、まずは界の好きなタイプを探ることに。 ウォークラリーの人数調整でクラスを超えて、同じグループになれた羽花と界。 途中のポイントでお互いの好きな所は?というクイズに答えた2人だったが、羽花は「いじめられっこ」と答え、界を怒らせてしまう。 羽花「自分で探しておきます!」 と宣言したものの、ウォークラリーが終わっても羽花はその答えにたどり着けずにいた。 ホテルに到着し、部屋着に着替えた羽花。 『私は今日何をやってるのかな』 1日を振返り落ち込む羽花。 と、そこへ体調が悪いと聞いた界たちが訪ねてきた。 界にこんな姿は絶対に見せられないと、部屋のドアを開けられないよう必死に抵抗する羽花。 体調不良では無さそうな羽花の様子に気付いた界は、ドア越しに羽花に質問する。 界「…石森 探したか」 しかし羽花は、 羽花「見つかりません」 としか答えることが出来なかった。 そんな羽花の返答を聞き、ついにキレた界は勢いよくドアを蹴破った。 界「オレ おまえの顔も体も普通に好みだからな!」 界からの予想外の言葉に驚く羽花。 しかし界の勢いは止まらない。 女子力皆無な部屋着を着ていることがバレてしまった羽花に、自分が来ているTシャツを掴み、 界「着るか!?」「着替えるなら閉めるぞ!」 と他の同級生たちを部屋の外に追い出した。 2人きりになり、ようやく羽花は自分の正直な気持ちを界に打ち明けた。 界の言葉で、ようやく『界を好きな気持ちだけでいいんだ』と思えた羽花。 お互いの「好き」の気持ちを再確認し、静かにキスを交わした2人だった。 お風呂上がりでいつもと雰囲気が違う女子たちに湧き上がる男子たちの様子を見た羽花は、『これが女子力』と感心しながら、自分も『三浦くんにドキドキしてほしい』と密かに思うのだった。 夜、肝試しで界とペアになれた羽花。 一方、林間学校で悟との仲を進展させると意気込んでいたあゆみも、悟とペアになることが出来ていた。 しかし、肝試しの前に事件が起こる。 あゆみの気持ちを知らない悟が、あゆみに気があるクラスメイトの男子を紹介しようとしてしまったのだ。 歩きながら、悟を好きになったきっかけや悟への想いを羽花に話すあゆみ。 あゆみは悟を大好きだという気持ちを、これまで一度も伝えてこなかったことに気が付く。 一方悟も、界と話しながらこれまで気付いていなかったあゆみへの想いを自覚していた。 あゆみの元へ走る悟。 想いを伝えることで今までの関係が変になったらどうしよう、と不安がるあゆみの背中を、羽花は優しく押す。 羽花「ならないよ」「2人なら大丈夫だよ」「いってらっしゃい」 ようやくお互いの想いを伝え合えたあゆみと悟。 11年越しの恋がようやく実ったのだった。 そんな2人を見ていた羽花は、人生を変えてくれた界と両思いになり、一緒にいられることがどれだけ大きな奇跡であるかを改めて実感していた。 お堂の前で待ってくれていた界と合流した羽花。 羽花「三浦くん 私と付き合ってくれてありがとう」 界といられる奇跡に改めて感謝し、羽花は初めて自分からキスをした。 恥ずかしくて抱きついた界の胸からは、速い心臓の音が聞こえてくる。 界が自分にドキドキしていることに嬉しくなった羽花は、界にも自分のドキドキを伝えようと界の手を自分の胸元に持っていこうとしたが、途中で我に返った。 羽花「ち 違いますねこれは ごめんなさい」 慌てて界の手を離す羽花。 しかし… 界「…あー お前が悪いからな」「石森 ちょっと口開けろ」 羽花と界の恋が、より近くそして深くその先へ進もうとしていた。 U-NEXTでは、今無料お試し会員に登録すると、漫画を読むためのポイントが600円分もらえます。 このポイントを使って漫画ハニーレモンソーダ7巻を無料で読むことができるので是非この無料お試し会員になってポイントをGETしてくださいね😊 ハニーレモンソーダの価格は1冊430ポイントなので、600-400となり無料で読めちゃうということになります。

次の

ハニーレモンソーダ6巻のネタバレ感想と漫画を無料で読める電子書籍を紹介|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

ハニー レモン ソーダ 11巻 ネタバレ

前回までのあらすじ 界のいる教室は渡り廊下の向こう側 『三浦くんの環境を壊さない』と勝手に自分でルールを決めて寂しく感じていた羽花 しかし、会えないのを寂しく感じていたのは界も同じで…? 2人は今後図書室で一緒にお弁当を食べようとルールを決めたのでした ハニーレモン sparkle54 高校3年生 羽花はクラス替えで、あゆみやゆるとクラスが離れてしまった それでも2人は彼氏(さとると桐生君)が同じだと知り、自分のことのように喜ぶ羽花 新しい場所でもっと楽しい毎日が送れるよう頑張ろうと奮起します 教室に向かい、界は何組だろうと思いを馳せる 就職組は渡り廊下の向こう側の教室なので、これからは毎日会いに行こうと考えていると、なぜか隣の教室に入ろうとしている界の姿が 「……え?」 「進学する。 以上、報告」 それ以上はめんどくさいから聞くなと教室に入ってしまう界 なかなか会えないと思っていた所に、まさか隣のクラスになれるとは思わず、理解が追いつかない羽花 さらに教師たちに興奮気味に名前を呼ばれ振り向くと、羽花に憧れて入学してきた真面目そうな1年生の姿 「お前みたいに高校で人生変えたいって」と先生に言われ、1年生には「先輩」と呼ばれ、幸先の良いスタートにバチが当たってしまいそうと感じる羽花 席に座ると、担任の青木先生が入ってくる 自己紹介をしていたところに、隣のクラスから「界、一緒かー!」と賑やかな声が聞こえ、思わず微笑む羽花 「石森羽花!何をニヤついてる!!」 急に青木先生に怒鳴られ驚く羽花 「彼氏と隣のクラスなのがそんなに嬉しいのか。 いいか、お前たちは受験生だ。 もっと気を引き締めろ」 高圧的に話す青木先生の声は隣の界のクラスにも聞こえたらしく、界も微妙な表情 意気込みが空回り 新入生への学校紹介が体育館で行われ、今日は『男子バージョン』のプレゼン 羽花は整列しながら「後輩たちの手本になってくれ」と今朝先生達に言われたことを思い出し、無意識にニヤついていたのを反省して気を引き締めようと自分に言い聞かせる 「満開の桜が、みなさんのご入学に彩りを添えているようです。 八美校へようこそ」 壇上に立つ界の姿に驚く羽花 「あいつあんなんまでやるようになったの?」 「なるべくやるんだって。 最後の1年だから」 あゆみとさとるの会話を聞きながら新入生に目を向けると、アーチをくぐり入場してくる初々しい姿に思わず和む羽花 そのアーチの紐が緩み、崩れそうなのに気付いた羽花は、新入生の子を庇うように飛び出す 大きな音を立てて崩れたが、羽花に衝撃はない 壇上の界達が間一髪のところで支柱を支えてくれていた それでも羽花が庇った女の子は倒れた際に足を痛めたようで保健室へ連れて行く 朝、先輩と呼んでくれた新入生の真面目そうな女子生徒 彼女から「友達の作り方を教えてほしい」「本当に憧れです」と言ってもらい、絶対うまくいってほしいと心から思う羽花 「話しかける!」と後輩にアドをした羽花は、自分も頑張ろうと新しいクラスで積極的に話しかけにいくが、なかなかうまくいかずに落ち込んでしまう 足りないものは勇気と自信 3年生の教室まで羽花に会いに来た新入生が、青木先生に捕まっているのを庇うように間に入る羽花 「すみません、私が呼びました」 「石森お前、入学当初から随分変わったな。 先輩後輩までするようになったか。 に恋人」 「…ご」 「まぁいい。 そのうち今までの環境が甘かっただけだと気付くさ」 そう言い置いて去っていく青木先生 恐縮する後輩に要件を聞くと、友達を作ろうと話しかけたが失敗してしまったらしく、羽花にコツを聞きに来たと言う 自分も新しいクラスに馴染めずにいた羽花は、何もアドが出来ず、謝るしかなかった… 教室でひとり落ち込んでいると、レモンを持って界が入ってくる 「おまえに今足りないものは?」 「…勇気」 「もう一声」 「自信」 満足そうに笑顔になる界 翌日の学校紹介『女子バージョン』 やあゆみ達が壇上に上がり、寸劇を見て欲しいと話し出します 『むかしむかしあるところに、ひとりの地味目な女の子がいました』 ナレーションが読み上げられると、体育館の脇で魔法に掛かる前のシンデレラの格好をした羽花にスポットライトが当たる シンデレラのストーリーが展開され、舞踏会があると知る女の子 『これは変わるチャンスだと、女の子は自分で妖精を探し始めました』 そして出てくる魔法使いや妖精に扮したやあゆみ達 『妖精たちは喜んで女の子の手助けをします。 なぜならそれまでの頑張りを見ていたから』 そしてボロの服から八美津の制服に着替えた羽花 『そして晴れて女の子は王子様に会いにいきました。 めでたしめでたし』 そう締めくくられたナレーションに「これで終わり?!」と戸惑う生徒たち しかしナレーションは続きます 『他人に優しくなれたか。 勇気を出せたか。 今の自分に満足しない。 高みを目指して、奇跡は自分で起こす』 魔法使いや妖精の衣装を脱ぎ、壇上で制服で待っている達 その舞台に羽花も上がり、真ん中に立ちます 『守られるだけじゃない。

次の

ハニーレモンソーダ8巻のネタバレ感想と無料で漫画を読む方法!|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

ハニー レモン ソーダ 11巻 ネタバレ

羽花は家族で流しそうめんをしている時にふと、もうすぐ花火大会があることに気が付きます。 …が、その日は界のバイトの日。 諦めることにしました。 すると、突然羽花のスマホが鳴ります。 界からメッセージです。 そして当日。 界の住んでいるところはマンションの上層部。 大きさに驚きつつ、インターホンを押してから服装が大丈夫か不安になります。 緊張しつつ、界の部屋の前へ… ドアが開くとそこには、お風呂上りでTシャツを着ていない界がいました。 驚きのあまり、羽花は赤面しながらドアを閉めます 笑 …仕切り直しって、部屋へ入っていくと、なんとも界らしい部屋が現れました。 キョロキョロ見渡し、羽花の目に飛び込んできたのは、片付いている部屋と少し散らかった机の上。 それと延長コードに刺さったたくさんの充電器です。 界「さて、どうするかな。 何するとか全然考えてないんだよな。 」 羽花から手土産を受け取ると界はつぶやきます。 羽花は、どうして自分のことを家に呼んでくれたのか、疑問に思ってしまいました。 その時、シャワーを浴びたまま髪を乾かしていなかった界がくしゃみをします。 羽花「私、乾かします!あと、ごはんまだですよね?!洗濯はしましたか?!掃除は?!」 界「家政婦か?」 羽花「はい!!」 即答する羽花に界は根負けし、「頼む」と言ってくれました。 初めて界の髪を触った羽花。 想像以上に硬い毛質に驚きながらも、髪をかわかしていきます。 そして、乾かし終わった後につけるオイルを渡されつけていきます。 その香りは抱きしめられたときに、香ってくる界の香りです。 羽花は思わずそのことを口走ってしまい、界に抱きしめられてしまいます。 その後は、洗濯! 準備をしていると… 界のお腹から「ぎゅるるるる」と音がします。 羽花「三浦くん!この辺にスーパーは…」 界「材料買ってある。 オレ作る」 目を丸くする羽花はさておき、めちゃくちゃ手際のいい界。 料理ができないと思っていた羽花は度肝を抜かれてしまいました。 出来上がった料理はお店並においしいパスタ。 羽花は大量に写メを取ります。 ご飯を食べ終わりまったりタイム。 羽花はベランダに出てみました。 そこにはお花が並んでいます。 界が飲み物を持ってきてくれた時に思わず口に出してしまいました。 羽花「自分は大丈夫って私に伝えるために呼んでくれたんですね。 …眠れない夜はきっとない。 」 界「あるよ」 そういうと、羽花の前にしゃがみ「オレを守りに来たんだろ?」と聞いてきます。 界は家に来てからの、羽花の言動で思っていたことを感じ取っていたのです。 羽花は思わず泣いてしまいました。 その姿をみて界はそっとキスをします。 その後、2人はコンビニに行くことになりました。 すると、目に入ってきたのは花火大会の張り紙。 羽花は意を決して界を誘ってみます。 羽花「花火大会、一緒に行きたいです!」 界「…いいよ」 加速していく2人の恋。 高校2年生の夏は今しかありません。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 界の浴衣姿。

次の