バーチャル ユーチュー バー まとめ。 バーチャルYouTuberデビューにはいくら必要? 基礎知識&手軽に挑戦できるアプリを紹介|Real Sound|リアルサウンド テック

2018年に絶対売れるバーチャルユーチューバーランキングTOP5

バーチャル ユーチュー バー まとめ

内容はよくある切り抜き動画のように切り抜きを繋げて強調したいところで字幕をつけて頂くイメージです。 納期や金額はDMでご相談したいと考えております。 2,693 views 16 comments• 1,602 views 13 comments• 1,440 views 15 comments• 1,387 views 1 comment• 1,155 views 0 comments• 1,082 views 6 comments• 1,051 views 0 comments• 970 views 0 comments• 949 views 7 comments• 883 views 4 comments• 827 views 3 comments• 826 views 5 comments• 806 views 2 comments• 790 views 6 comments• 789 views 3 comments• 716 views 0 comments• 693 views 0 comments• 691 views 0 comments• 652 views 1 comment• 643 views 0 comments.

次の

おすすめバーチャルブイチューバーまとめ【動画レビューつき】

バーチャル ユーチュー バー まとめ

ここ数年で急速に認知度が広がり、2017年には流行語大賞にもノミネートされた「YouTuber(ユーチューバー)」。 特に昨今ではモーションキャプチャー技術を活用して3DCGキャラクターが動画を配信する「バーチャルYouTuber」がトレンドだ。 チャンネル登録者が170万人を超える「」や、昨年12月のチャンネル開設からわずか4ヶ月ほどで60万人の登録者を獲得した「」を筆頭に、話題になるアカウントが続々と生まれている。 そんな伸び盛りのバーチャルYouTuber市場への参入を発表したのがグリーだ。 グリーではゲーム事業、メディア事業に続く第3の柱として同事業を立ち上げる。 代表取締役にはグリー取締役 上級執行役員の荒木英士氏が就任。 まずは第1弾として、バーチャルYouTuberを発掘・育成・マネジメントし、動画番組の企画から配信までを行うプロダクション事業に取り組むという。 今後1〜2年でバーチャルYouTuberの発掘・育成、プロモーション、共同事業化、関連企業への投資などに100億円規模の資金を投入する予定。 日本国内だけでなくグローバルで事業を展開する。 一般社団法人日本動画協会が発行する「」によると、アニメ市場は2016年に初めて2兆円台を突破。 海外市場での売り上げが急速に拡大しているという。 スマホの普及などの影響で動画配信市場も盛り上がりを見せている中で、バーチャルYouTuberの人気も高まってきた。 グリーではこれまでSNS「GREE」やゲーム事業、VR事業を通じてノウハウを蓄積。 大手IPホルダー、原作者、声優事務所などとも関係性を構築してきた。 これらの強みを生かしながら、今後はクリエイターや関連スタートアップへの投資、関連サービスの開発、収録・配信スタジオの開設なども展開。 バーチャルYouTuber市場の拡大を目指すという。

次の

顔バレ・身バレしたバーチャルYouTuberまとめ

バーチャル ユーチュー バー まとめ

そもそもバーチャルユーチューバー とは? バーチャルユーチューバー (VTuber)とは2Dや3Dのキャラクターたちのアバターを用いてYoutubeなどで動画配信を行う配信者のことです。 バーチャルキャラクター達が実際に動き回ったり、表情豊かに笑ったり怒ったりと色んな反応をしながらゲーム実況などの企画にチャレンジしていく、今までにない新しいスタイルで、かなりの話題を呼びました。 年々VTuberの数も増えており、2019年5月の段階でその数は8000人を突破しています。 バーチャルユーチューバーの仕組み バーチャルユーチューバーの仕組みをざっくり説明すると• カメラなどのセンサーで配信者の動きを計測• 計測情報をバーチャルキャラにリアルタイムで連動させる• バーチャルキャラが連動して動いてる様子を撮影• 撮影した映像をYoutubeなどで配信 といった感じです。 上記動画はがっつり作り込んでバーチャルユーチューバー をやっているので、 「やっぱりVTuberやるの難しそう」 と感じてしまうほど機材も技術もハイレベルなものですが、実際にはここまでのものを用意しなくてもバーチャルユーチューバーになることができます。 究極、スマホさえあれば誰でも簡単にバーチャルユーチューバーになることができます。 ハイレベルなVTuberを目指すならPCがおすすめ! ある程度レベルの高いVTuberを目指すならPCを活用してのやり方がおすすめです。 PCであれば• ・カスタマイズ性が高い• ・より多くの動きをバーチャルキャラに反映可能• ・動画配信がやりやすい• ・VTuber配信の幅が広がる など多数のメリットを活かせます。 細かい部分まで自分の好きなように設定ができるので、VTuberとして自分がやりたいことが存分に行うことができます。 ただ、一つデメリットがあるとすれば、機材など初期費用が結構かかってしまうことでしょう。 PCでVTuberをやるために必要なもの PCでVTuberを行うには• ・PC• ・マイク• ・バーチャルキャラモデル• ・モーショントラッキング機材• ・トラッキングソフト• ・動画編集ソフト などが必要です。 PC PCは可能であれば、出来るだけスペックの高いものおすすめします。 PCのスペックが高ければその分、VTuberとしてできる選択肢の幅がグッと広がります。 バーチャルキャラモデル バーチャルキャラモデルは自分オリジナルのものを使いたいところですが、作成するには専門的な技術が必要なので自分でオリジナルキャラを作成をするのはなかなか大変です。 特にこだわりなどがなければ、まずは無料配布されているバーチャルキャラを利用するか、VTuber支援ソフトなどを利用して、サクッと作ってみるのが良いでしょう。 モーショントラッキング機材 自分の動きをバーチャルキャラと連動させるための「モーショントラッキング機材」も必要です。 全身のトラッキングを行いたい場合は、VRデバイスやトラッキングスーツなど高価なデバイスが必要となります。 全身ではなく、表情など顔の動きだけの連動でよければ、1000円くらいのウェブカメラで行うことも可能です。 トラッキングソフト トラッキング機材で計測した動きを、バーチャルキャラクターに連動させるためのソフトも必要です。 Vカツ• Facerig などではバーチャルキャラが準備できるのに加え、トラッキング機能も備わっているので、比較的簡単にバーチャルキャラを動かすことができるでしょう。 手軽にサクッとやりたいならスマホでもOK! 特に細かいこだわりがなく、 「サクッと手軽にVTuberをやりたい!」 という人であれば、スマホからVTuberを初めてみると良いでしょう。 スマホ1台でキャラ制作から配信まで行えるアプリも登場しているので、一番簡単にVTuber配信をスタートすることができます。 ただ、手軽になっている分、PCのような細かいカスタマイズは難しくなっています。 誰でも簡単!バーチャルユーチューバー になれるおすすめソフト バーチャルユーチューバー になるために必要なソフトの中で簡単に使用することのできるおすすめソフトをPCとスマホそれぞれで紹介します。 VTuberになれるおすすめソフト【PC版】 PCで活用できるおすすめのVTuberソフトを紹介します。 faceRig 「FaceRig」はSteamにて販売されているモーショントラッキングソフトです。 評判も高いソフトで、複数の3Dアバターが用意されているので、アバターの準備することなくVTuberとしての撮影を行うことができます。 もちろん自作のアバターも取り込んで使用することも可能です。 facerigのトラッキング機能は表情など顔の動きのみ読み取りとなっているため、全身の動きを取り込むことはできません。 20GHz および同等のプロセッサー メモリー 4GB RAM グラフィック NVIDIA GeForce GTX560 および同等のグラフィックアダプタ DirectX Version 11 ストレージ 4GB 利用可能 サウンドカード DirectX 9. 0c互換のサウンドカード Webカメラ 720p 30fps以上対応 Vカツ VカツはPCで利用できるVTuber支援サービスです。 アクセサリー など300以上もの項目から自分の理想のキャラクターを無料で作成することができます。 作成したキャラクターは「バーチャルキャスト」などのプラットフォームでの配信に活用することができます。 (バーチャルキャストで利用する場合は追加で5,000円必要となります。 VTuberになれるおすすめソフト【スマホ版】 スマホで使えるおすすめのVTuberアプリを紹介します。 パぺ文字 「パペ文字」はApp Storeにて無料でダウンロードできるスマホ向けアプリです。 iPhoneXのみ対応の動画撮影ソフトで、iPhoneXの顔認証機能を利用して自身の顔だけをキャラクターの顔に変更したりすることができます。 表情の変化も細かく表現されるため、iPhoneX一台で、手の動きや全身の動きなども動かすことができます。 また背景色も変更可能で、もし動画配信などで背景に動画を流したい場合でも緑色の背景にして、グリーンバックの背景合成機能を持つ編集ソフトを使用すれば、ゲーム背景をバックにバーチャルユーチューバー としてゲーム実況を行う、なんてことも簡単に行うことができます。 ホロライブ ホロライブは無料で配信されているスマホ向け表情認識アプリです。 Android、iPhoneのどちらでも使用が可能なアプリですが、Android版とiPhone版では簡単な口の動きや顔の動きにしか対応していません。 iPhoneXでのみ、目の動きや口の細かな動きにも対応しています。 こちらも他のアプリと組み合わせることで動画撮影が可能で、試しにバーチャルユーチューバー がどのようなものなのか、最初に触れるアプリとしては十分な機能を備えています。 REALITY REALITYはVTuberのライブ配信・視聴ができるスマホアプリです。 REALITYアプリ一つでVTuberとしてのライブ配信が行えるほか、他のVTuberのライブ配信をみることもできます。 バーチャルキャラクターをカスタマイズできる機能も備わっているので、自分好みのキャラクターの作成も行えます。 バーチャルユーチューバーになるためにかかる費用 上記でも挙げたように無料スマホアプリを駆使すれば、お金を使うことなくバーチャルユーチューバー になることもできます。 ですが、自分だけのオリジナリティやある程度のクオリティの高さを求めるのであれば、多少なりともお金はかかります。 ざっくりですが一定のクオリティのVTuberになるという場合であれば、• ・Webカメラ(2000円~)• ・マイク(2000円~)• ・モーショントラッキングソフト「FaceRig」(1,480円)• ・追加DLC:「FaceRig Live2D Module」(398円)• ・動画編集ソフト(フリー) で、 計6000円程度かかります。 この計算はPCのスペックを無視した計算なので、PCも新たに購入するとさらにお金がかかります。 まとめ バーチャルユーチューバーが身近になり、誰でも参入できる仕組みができつつあるのは、一ファンとしてもありがたいですよね。 スマホ一つで誰でもバーチャルユーチューバー になれるというのは革新的な技術なのではないでしょうか。 仕組みができて、これからどんどん競争が激しくなっていけば、さらに面白い企画や取り組みを行うバーチャルユーチューバー や今までにない個性を発揮してくれるバーチャルユーチューバーもでてくるでしょう。 今後もますます盛り上がりを見せるバーチャルユーチューバー達から目が離せません。

次の