マスターランク 序盤 装備。 【モンハンワールド:アイスボーン】マスターランクの序盤おすすめ武器・防具【MHWI】

【MHWIB】マスターランクのストーリー攻略【オススメ装備紹介】

マスターランク 序盤 装備

整備挑戦極意テンプレ装備 部位 防具名 スロット 武器• 自由枠【4】• 自由枠【1】 腰• 自由枠【4】• 自由枠【2】 脚• 自由枠【4】• 自由枠【1】• 自由枠が多くあるので、所持している装飾品にあわせて火力スキルや便利スキルを採用しましょう。 火力スキルなら攻撃やフルチャージ、便利スキルなら強化持続や耐性スキルがおすすめです。 カスタム強化は、回復・会心・属性強化の組み合わせがおすすめです。 合わせて集中もつけているので、零距離主体で運用するにもおすすめです。 零距離主体の場合は距離珠を外して防音珠を1個入れ、張り付き時に耳栓Lv5が発動するようにするのも手です。 真龍脈覚醒 斧主体向き 部位 防具名 スロット 武器 頭• 回避距離の枠は自由枠ではありますが、機動力確保のために極力付けるのがおすすめです。 また、武器に回復カスタムを施しても、間合い調整で武器を振ることが多いので、逆恨みの維持は比較的しやすいです。 達人芸があれば覚醒武器の素の白ゲージでも維持できるため、斬れ味強化は付けていません。 睡眠スラアク装備 部位 防具名 スロット 武器• 減気ビンでスタミナを奪える他、装飾品があれば素の火力を伸ばせます。 なお、解放珠を所持していない場合は「キリングリーヴ」を代替として考えておきましょう。 装飾品で防音珠を付ければ耳栓がLv5となり、攻撃やクラッチクローなど狩りやすさが飛躍的に向上するため、初心者にもおすすめです。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 頭 胴• 匠Lv3を積んでるのでどの武器とも相性が良く、集中でゲージも素早く溜められます。 装飾品を入れられる空きスロットが多いのでスラアク以外の装備としても問題無く使用できます。 超会心で火力を伸ばす 部位 防具名 スロット 頭• 護石 自由枠 なし 発動スキル シリーズスキル - 達人芸を発動させるために会心率を上げるのに加えて、超会心で火力を伸ばす構成です。 武器スロと4スロに攻撃珠や達人珠を積めばさらに火力を上げられる他、相手に合わせて生存スキルを積むことも可能です。 回避性能で生存力を上げる 部位 防具名 スロット 頭• 護石 なし 発動スキル - シリーズスキル - 回避性能で機動力の低さをカバーし、生存力を上げる装備構成です。 加えて強化持続を発動させて斧強化や剣覚醒を行う手間を軽減し、不要な被弾を減らします。 護石は強化を残しているのでスロットに空きができます。 会心関係のスキルでの火力面や体力増強、属性やられ耐性などの便利スキルを採用してあるため、汎用性の高さも魅力です。 純粋な火力で言えば、スラアク中トップクラスの性能を誇り、低めの会心率も弱点を突けば高い期待値を有しています。 生存スキルが不採用な点には注意が必要です。 また、2種の属性強化スキルを活かせていない面が目立ちますが、その 難点をカバーできる火力スキルを有しているのが強みです。 スラッシュアックスは回避などに癖が大きい武器種なので、序盤から 体力増強や回避性能などの便利スキルを採用しています。 自分はPS低いので安定志向です スロット多めなので自由に変えられますし 制作難易度も比較的低めです 装飾品なしでも 攻撃4 挑戦者3 渾身3 属性やられ耐性1 キノコ大好き1 が付きます 耐属はもともと1が着いているため耐属珠2つでOK 火力も攻撃5、挑戦者と渾身で底上げ PSに自信がある人なら体力外せば火力は出ます。

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】マスターランク序盤のおすすめ装備【MHWI】

マスターランク 序盤 装備

マスターランクの序盤を効率よく進める方法 スキルが弱くなってもマスターランクの装備に変えよう! 「上位で装備を整えてスキルは完璧!マスターランク装備は守備力高いけどスキルが弱い・・・」 マスターランクの装備を見た人はみんなが思うこと。 そして、「装備は買い替えたほうがいいの?」とは誰もが悩む問題だ。 結論を言えば、 スキルが弱くなってもマスターランクの装備にすぐ変えたほうがいい。 理由は簡単で、上位装備では守備力が低くモンスターの一撃で7割以上HPを削られてしまうからだ。 上位防具とでは防御力が150近く差がある 上位防具の最終強化の場合、防御力「450」近く、マスターランクの防具は防御力「600」近くと防御力に差がある。 スキルは多少劣るが、必ずマスターランクの装備に乗り換えよう。 MR序盤おすすめ防具 発動スキル 体力増強Lv3、砥石使用高速化Lv3、攻撃Lv2、防御Lv2、弱点特効Lv1、破壊王Lv1、風圧耐性Lv1 腕と脚をアロイシリーズに変え、砥石使用高速化Lv3を付けた快適装備。 弱点特効を装飾品もしくは、護石でLv3にすると会心が出やすくなり、狩り時間が大幅に短縮される。 MR序盤の剣士系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 上位武器をカスタム強化しているなら、マスターランク星2までは上位の武器でも十分に通用するので買い替える必要はない。 鉱石系装備をすぐに作るのもあり 上位武器をカスタム強化していないならレア度9の鉱石系武器を作るのがおすすめだ。 鉱石武器は斬れ味が白ゲージあり攻撃力も高いので汎用性の高く作って損はしない。 防衛隊シリーズもMR序盤なら使える 必要素材が少なくそれなりの性能を持った武器「防衛隊シリーズ」。 上位では充分すぎるぐらい強いが、MR序盤でも戦える性能をしている。 マスターランク星3で火属性武器を作ろう マスターランク星3のラストにイヴェルカーナ撃退クエストがあるので、それまでに火属性武器を作っておきたい。 火属性武器は数種類あるが、ディノバルド系武器が斬れ味が優秀なのでおすすめ。 手数が多い武器種は状態異常を持つ武器がおすすめ 火属性が効かない敵用に鉄系武器もレア度10まで上げておけば盤石だ。 状態異常と相性が良い片手剣・ランス・操虫棍は 無属性武器ではなく状態異常武器を作成しよう。 武器種別おすすめ武器 MR序盤のガンナー系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 剣士と同じくガンナーもカスタム強化をしていれば、マスターランク星2までは上位の武器で十分戦えるので買い替える必要はない。 マスターランク星3で火炎弾を撃てるボウガンを作ろう マスターランク星3のラストのイヴェルカーナ撃退クエストに備えて火炎弾を撃てるボウガンを用意しておきたい。 武器種別おすすめ武器.

次の

【MHWアイスボーン】マスターランク(MR)上げの効率的なやり方【モンハンワールド】|ゲームエイト

マスターランク 序盤 装備

(ワールドまでと防御力の基礎値が違いすぎる) 私がおすすめするのは EXタロス装備で、探索でマスターランクの 瘴気の谷に行き、 カンタロスの素材を集めるだけで簡単に作成可能です。 (達人珠II【4】は序盤で貰えます) アイスボーンでは各種属性やられ、毒、防御力DOWNなどに苦しめられることが多いため、 モンスターに合わせて耐性系の装飾品を入れ替えて対応するのがおすすめです。 また、武器については 鉄刀【神威】Iが簡単に作成できておすすめで、最終強化(鉄刀【神威】III)まですればストーリークリアまで十分使えます。 中でも ナルガクルガの防具なら3部位装備するとシリーズスキルで「真・業物/弾丸節約」が発動し、 切れ味の消費がかなり抑えられるのでおすすめです。 尚、上記の装備については、 護石と装飾品を変えればライトボウガンでもおすすめの装備になっています。 ただストーリークリア後のエンドコンテンツをスムーズに進めていくなら、 ストーリークリア前にイヴェルカーナの装備を作っておくのもおすすめです。 上記の例では 災禍転福(Lv3で効果発動中、基礎攻撃力+18、属性値に+90、状態異常の蓄積値を1. イヴェルカーナの防具はシリーズスキルで 会心撃【属性】と 冰気錬成が発動し、 属性武器や抜刀攻撃におすすめのスキルになっています。 冰気錬成が発動すると専用ゲージが表示されます。 冰気錬成ゲージがない場合のダメージ例は上記の通りです。 連続攻撃する時間が長いほどダメージ効率は落ちますが、 アイスボーンからは太刀でも新アクションの居合抜刀斬りをよく使うため、相性はそこそこ良いです。 導きの地の森林地帯Lv2でジンオウガ、Lv3でイャンガルルガ、瘴気地帯Lv6でティガレックス亜種に出会えるので、それぞれ狩猟しましょう。 また、ワールドまではスキル構成に渾身を入れるのが主流でしたが、アイスボーンからは弱体化されたのと、 クラッチクローを使うのが前提(モンスターが怒り状態になりやすい)の仕様に変更されているため、スキル構成として 挑戦者を入れるのが主流になりそうです。 12時点の最強装備としては上記の通りで、 高い会心率とシリーズスキルの達人芸により、ある程度長めの白ゲージ武器を使えば匠や業物は不要で 切れ味がほぼ落ちない(例えばモンスターがエリア移動するまで余裕)ので非常に優秀です。 上記の例では主にワールドまでで入手可能な装飾品を使っていますが、 アイスボーンから追加された装飾品次第でさらに強化可能なため、この装備が完成した後はひたすら装飾品集めを行うことになるでしょう・・ また、武器に関しては 導きの地で入手可能な素材からカスタム強化が可能になり、 REAR11の武器なら回復能力付与と会心率強化を同時に付けられるため、天上天下天地無双刀がおすすめです。 尚、挑戦者などの火力系スキルを落とせば、 護石と装飾品で耳栓Lv5や風圧耐性Lv5も付けられるため、対策装備も組みやすいのがメリットです。 野良マルチでヘルフレアで溶ける人がめちゃめちゃ多い・・ Ver. 01で追加されたラージャン装備によって組めるようになった構成ですが、 性能的にはVer. 12の装備と同等なので、持っている装飾品次第でどちらでもOKです。 そのほか、 Ver. Ver. 01からの武器 Ver. 01からは防具関連に変更はありませんが、 武器のカスタム強化枠が追加されたため、 レア11の武器に攻撃力強化I、会心率強化I、回復能力付与Iの3種類を付けれるようになり、再び 天上天下天地無双刀が最強武器候補になりました。 尚、カスタム強化に関しては以下の関連記事にまとめているので参考にどうぞ。 赤龍の封印[3](龍脈覚醒) 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 尚、覚醒武器には斬れ味強化を付けると紫ゲージを出せますが、 火力を重視するなら上の図のように攻撃力強化を一つでも多く付けた方が強い(白ゲージの維持は必須)ようです。 00からの最強装備 Ver. 00から猛り爆ぜるブラキディオスと激昂したラージャンの装備が追加され、組める装備の幅が広がり、より火力を出せるようになりました。 例えば 覚醒武器に炎王龍の武技が付いている場合は次の装備がおすすめです。 そのほか、ムフェト・ジーヴァ戦など 弱点特効があまり効果的でない相手の場合は、激昂したラージャンの装備で渾身を付けるのがおすすめです。 00からの属性特化装備 Ver. 00からアルバトリオンの装備が追加され、主に 属性特化装備に関して幅が広がりました。 特に今回追加された アルバトリオンは物理よりも属性ダメージが重要で、そういったモンスターに対しては既存の防具だとムフェト装備一式が最適です。 ただし、 近接攻撃が空振りしやすいモンスターに対しては、ムフェト装備を使うのは相性が悪い(自滅するリスクが高い)ので注意しましょう。 そのような場合については、 今回追加されたアルバトリオン装備を使うことで、特に近接向けの属性特化装備を組むことが可能です。 例えば アルバトリオンの太刀(龍属性)を使う場合は次の装備がおすすめです。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 斬れ味はすぐ落ちるため、砥石使用高速化や剛刃研磨は付けた方がよい。 最後に 今回はモンスターハンターワールド:アイスボーンにおけるおすすめ太刀装備をご紹介しました。 ストーリークリアまでならナルガクルガの装備があれば十分ですが、エンドコンテンツもやり込んで装備を集めるなら、達人芸の装備が非常に快適なのでおすすめですよ! これから太刀装備を作成する人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

次の