楽天ミュージック 解約。 音楽アプリ『楽天ミュージック』の使い方-ダウンロード・オフライン再生や評価・解約を徹底検証

無料トライアルを解約するにはどうしたらよいですか?

楽天ミュージック 解約

聴くほど楽天ポイントが貯まるのでお得• 痒い所に手が届く再生画面• ジャンルごとに最新の音楽を紹介!トレンドにも強い 具体的にどんな特徴か、解説していきます。 聴くほど楽天ポイントが貯まるのでお得 楽天ポイントは、楽天のサービス内で使えるポイントで、1ポイント1円として使うことができます。 楽天ミュージックにはゲームのように「ミッション」が設定されており、これをクリアすることで楽天ポイントが貯まるようになっています。 例えば、• 1日に10曲再生すると5ポイント• 楽曲をお気に入り登録すると5ポイント といった具合です。 毎日たくさんの音楽を聴く人ほどポイントが貯まっていく仕組みになっています。 アンケートによると、このポイントの仕組みについてのユーザーの満足度は81. 楽しみながらポイントを貯められるのは他の音楽アプリにはない特徴ですね。 痒い所に手が届く再生画面 スキップボタンの位置に、ジャケット写真が載っています。 これが活躍するのは、プレイリストを再生しているとき。 次の楽曲が何かわからないとき、知っているアーティストであれば、直感的に次の曲を予測することができます。 他の音楽アプリは、スキップした先の曲が何かわからないものがほとんどですが、楽天ミュージックの再生画面は、かゆいところに手が届くデザインです。 スキップボタンに表示されているジャケットが見慣れないものでも、 まるでジャケ買いをしていた時のような出会いが楽しめるでしょう。 データで聴くことが増えた時代だからこそ、ジャケットのおもしろさを強く感じることができます。 また、画面最下部のバーは音量調節のためもの。 楽曲によって音量が違い、びっくりした経験がある方は多いのではないでしょうか。 音量を変えるにはボタンを操作しなければいけないことがほとんどですが、 楽天ミュージックでは指一本で音量を変えることができ、とても便利です。 ジャンルごとに最新の音楽を紹介 楽天ミュージックが特徴的なのは、新着画面。 ここではジャンルごとの新しいリリース音源が紹介されているほか、おすすめのプレイリストなどが掲載されており、 それぞれのジャンルのトレンドを知ることができます。 ジャズやクラシックなどの比較的マイナーなジャンルも、J-POPなどと同じように画面が用意されていることも嬉しいポイントです。 総合ランキングでは日の目を見ない音楽も、しっかり流行をキャッチすることができます。 楽天ミュージックのメリット• 楽天ポイントを使えば 支払い金額を抑えられる• オフライン再生がわかりやすく、自分で切り替え可能• ラジオでおすすめの音楽を自動再生 ポイントを使えば支払い金額を抑えられる 他の楽天サービスで貯めたポイントで、楽天ミュージックの支払いができます。 実際にカードなどで払う金額を、比較的安く抑えることができるでしょう。 たとえば、100ポイントだけポイントで支払うことにすれば、実際に支払う額は880円になります。 毎月のポイント使用額は、固定することも可能。 すでに楽天インサイトや楽天アフィリエイトでポイントを稼いでいる方は、お得に使うことができますよね。 オフライン再生がわかりやすく、自分で切り替え可能• 同じプランでも料金が違い、ややこしい• 歌詞がスクロールされない 支払い方法で料金が変わり、ややこしい 楽天のサイト上で登録をした場合、月々の料金は980円。 アプリ上で登録をする場合1080円になり、100円多く支払うことになります。 アプリ上では具体的な料金の説明が特にされておらず、不親切に感じるポイントです。 100円多く支払ってまでAppStoreやGooglePlay側で支払う利点は特にありません。 課金する場所をひとまとめにしたいというわけでなければ、 ブラウザから楽天ペイを使って会員登録することをオススメします。 歌詞がスクロールされない その他の聴き放題アプリと同様、楽天ミュージックも歌詞を表示することができます。 しかし、• 歌詞はごく小さな文字で表示されるのみ• スクロールはされない ことに不自由さを感じます。 ただ、これは逆に言えば、歌詞を読む速度を自分でコントロールできるということなので、先まで読みたい人にとっては、小さな文字を自分でスクロールできることは利点かもしれません。 「続けてサービスを利用する」を選択すると、楽天ペイに進む画面が表示されます。 持っているポイントを利用する場合は、この画面で金額を入力します。 既にクレジットカードが登録してある方は、カード情報を確認して決定しましょう。 なお、最初の支払いは30日のお試し期間が過ぎてからになります。 もし使い心地に満足できなかった場合、 期間内に解約すれば支払いは発生しませんのでご安心を。 申し込みが完了したら、アプリでログインを行いましょう。 アプリ上ではログイン以外の設定は特に必要ありません。 楽天ミュージックの料金 楽天ミュージックは有料会員のみで、 会員区分はありません。 Apple決済などの場合は1080円ですが、楽天ペイでの支払いは980円です。 初回登録の場合は30日間の無料トライアルが付いており、 30日後に料金が請求される形になっています。 楽天ミュージックの退会・解約方法 楽天ミュージックのアプリが不要になった場合、注意したいことは以下の2点です。 アプリを消しても退会にならない• 楽天会員を退会する必要はない アプリを消しても登録は継続されるため、 消す前に解約手続きを行いましょう。 また解約手続きをするために、楽天会員自体を消してしまう必要はありません。 楽天ミュージックのみを解約すれば大丈夫です。 解約をするには、アプリ画面左上にある「三」でメニューを開き、設定を選択します。 アカウント情報を選択し、スクロールしたところに「プラン変更」という項目があります。 30日間のトライアルの場合も、すでにお金を払っている場合も、このボタンから解約手続きを行うことできます。 楽天ミュージックにキャンペーンや割引はあるの? 初回登録30日間無料キャンペーンを常時行っているほか、時期によっては楽天ミュージック主催ライブの選考受付を行っていることもあります。 また、 楽天カード会員は30日間の無料期間を90日に伸ばすことも可能です。 様々なキャンペーンが用意されているため、登録前にチェックしてみましょう。 楽天ミュージックのデータ消費量は? 実際に聴く曲数などにも左右される部分であり、具体的にどのくらいデータ消費が行われるかは人それぞれ異なります。 ですが、以前、、1曲あたり約3. 5MBでしたが、RecMusicも大差はないと思います。 WiFi環境下で楽曲のダウンロードを行い、移動時はオフラインモードを使用するのであれば、データ消費を極力避けることも可能です。 楽天ミュージックは学割ってあるの? 「 楽天学割会員」であれば、通常30日間のトライアル期間を90日に伸ばすことが可能です。 無料お試し期間の申し込み後、キャンペーンコードを入力することで90日間0円になります。 楽天学生会員は無料で登録できるため、学生の方はこれを機に登録するのもいいでしょう。 楽天ミュージックでポイントはどれくらい貯まる? 楽曲再生で貯められるポイントは 最大150ポイント。 10曲再生するごとに5ポイント付与されますが、このポイントがもらえるのは 1日1回のみとなっています。 毎日必ず10曲以上再生することで、月150ポイントもらえるという計算です。 ポイントが欲しい方は達成していないミッションを意識しながら利用してみてくださいね。 楽天ミュージックを使うと何か特典はある? 楽天ミュージックの会員は、 楽天ブックスの商品が割引になります。 楽天ブックスで取り扱いのあるCDは、 アプリ上からクーポンを取得することができます。 お得にCDを購入したい人には嬉しいポイントですね。 楽天ミュージックの評価・レビュー【結論】 総合評価 3. 9 豊富な楽曲を取り揃え、動作も安定している使い心地のいいアプリです。 特筆する部分は 楽天ポイントを貯められること。 ただ好きな音楽を聴くだけではなく、ゲーム感覚で楽しく利用することができます。 曲数 4. 5 曲数は6400万曲。 他のアプリと遜色ないラインナップで、 幅広いジャンルをカバーしています。 音質 4 最高音質は多くの音楽アプリと同様の320kbps、スマートフォンで聴くことに耐えうる普通の音質です。 音質は最低で64kbpsまで下げることもでき、通信量を抑えたい人も安心です。 料金 3 楽天ペイで申し込む場合、料金は一般的な音楽アプリと同様、980円です。 アプリ上からApple決済などで申し込む場合は100円高い1080円になるため注意が必要です。 使いやすさ 3 プレイヤー画面は個性的で、まさに痒いところに手が届くデザインをしています。 歌詞の自動スクロール機能がないこと、文字が小さいことは残念な点です。 邦楽の多さ 5 邦楽のラインナップは充実しています。 ヒップホップは国内外のアーティストが一緒になっているため探しにくさは否めませんが、それでもしっかりと取り揃えられているように感じます。 洋楽の多さ 4 洋楽もまた充実のラインナップ。 一部マイナーなアーティストは取り揃えられていませんが、日本でも話題になっているようなアーティストであれば配信が行われているでしょう。 邦楽は問題のない充実度です。 洋楽も一部のマイナーなジャンルや楽曲はカバーしていないものの、一般的な曲を楽しむのであれば問題ないはず。 無料版などはありませんが、課金することで30日無料で利用することができます。 まずは試してみたい、という場合は登録してから30日以内に解約するなどして試してみると良いでしょう。

次の

Rakuten Music(楽天ミュージック)の退会・解約方法

楽天ミュージック 解約

マイページにログイン• 「登録情報・設定変更」メニューの「楽天モバイル解約申請」を選択• 同意にチェックを入れ「解約手続きに進む」を選択• 「楽天モバイル解約申請画面に進む」を選択• 解約されるタイミング マイページで解約手続きしても、即座に解約されるわけではありません。 解約タイミングは月末日です。 解約手続きしても、月末日までは通話やデータ通信が使えます。 また、手続きしたタイミングによって、実際に解約される日が異なります。 15日までに手続:当月末解約• 16日以降に手続:翌月末解約 当月末で解約するためには15日までにマイページで手続きしなければいけません。 16日以降に手続きしても解約は翌月末になるので注意してください。 楽天モバイルMVNO解約時の注意点 電話/店舗で解約できる? 楽天モバイルのドコモ・au回線の解約はマイページからのみです。 電話・マイページや店舗では解約手続きができません。 店舗で解約しようと思っても結局マイページへ案内されると思います。 16日以降の解約は翌月末 前章で解説したとおり、楽天モバイルでは15日までに解約申請すれば当月末に解約になります。 16日以降に解約申請した場合、解約は翌月末になりますので注意してください。 月末までは通話もデータ通信も可能です。 よって、 解約月の料金は1ヶ月分全額請求されます。 日割り計算はされません。 利用開始月に解約したら? 楽天モバイルは利用開始月は基本料金がかかります。 スーパーホーダイ:プランSと同額• 組み合わせプラン:全額請求 利用開始月に解約した場合も上記の料金が一ヶ月分かかります。 解約にかかる手数料 解約手数料は不要 楽天モバイルの 解約には手数料はかかりません。 ただし、音声通話SIMとエントリーパッケージで申し込んだデータSIMは、次章で解説する違約金が掛かる可能性があります。 しかし、最低利用期間をすぎる前に解約する場合は 契約解除料(違約金)が発生します。 楽天モバイルの 最低利用期間・違約金はプランによって異なります。 また、2019年10月にルールがかわりましたので、契約日によっても異なります。 音声通話SIM 音声SIMの最低利用期間は以下のとおりです。 <音声SIMの最低利用期間と違約金> プラン 契約日 最低利用期間 スーパー ホーダイ ~2019年 9月 1・2・3年から 選択 2019年 10月~ なし 組み合わせ プラン ~2019年 9月 12ヶ月 2019年 10月~ なし スーパーホーダイも組み合わせプランも、 2019年10月以降に契約した方は最低利用期間も違約金もありません。 一方、 2019年9月末までに契約した方は最低利用期間が設定されています。 組み合わせプランの最低利用期間は12ヶ月です。 スーパーホーダイは1年・2年・3年を自分で選択しているはずです。 最低利用期間をすぎる前に解約すると、 9,800円の違約金が発生します。 データSIM データSIMには最低利用期間・違約金はありません。 ただし、2019年9月末までにエントリーパッケージを利用して契約した方は6ヶ月間の最低利用期間が発生しています。 転出後はSIM返却が必要 楽天モバイルを解約した後にはSIMカードの返却が必要です。 返却しなかったからといってペナルティはありませんが、余裕があれば返却しましょう。 SIMカードの返却先は以下の通りです。 <返却先> 〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係 返却の送料は各自負担が必要です。 端末の残債は継続支払い 端末代金を24回支払い終える前に解約する場合、 端末は解約後も継続して請求されます。 楽天モバイルの端末代金支払いは24回払いもできますが、これは支払いに登録したクレジット会社の分割支払機能を使っています。 楽天モバイルからの請求が24回に分かれるわけではありません。 よって、 楽天モバイルを解約した後も端末代金の残債はクレジットカード会社から継続して請求されます。 解約のお得なタイミングは? どうせ解約するのであれば、できる限りお得に解約したいですよね。 この章では、楽天モバイルを解約するのにお得なタイミングを解説します。 最低利用期間終了後 すでに解説したとおり、楽天モバイルのドコモ・au回線を契約している方は最低利用期間が設定されている場合があります。 2019年10月以降に音声SIMに契約した方は最低利用期間・違約金はありませんのでいつ解約してもOKです。 しかし、 2019年9月末までに契約した方には最低利用期間が設定されており、最低利用期間をすぎる前に解約すると違約金が発生します。 2019年9月末までに契約した方は できる限り最低利用期間終了後に解約しましょう。 楽天モバイルの違約金は9,800円です。 いつ解約しても9,800円ですので、相当痛い出費です。 データ容量は使い切ろう 解約すると、これまで貯まっていたデータ容量は全てなくなります。 よって、繰り越しでデータ容量が貯まっている場合はせっかくですので使い切りましょう。 繰り越しデータがたくさん余っている場合は、 最終月だけ小さい容量にプラン変更すれば、繰り越しデータを無駄なく使えて基本料金を安く抑えられます。 解約は月末がお得? 楽天モバイルは月途中に解約手続きしても実際に解約されるのは月末なので、 いつ解約しても変わりません。 ただし、解約したい月の15日までに必ず手続きしておきましょう。 16日以降に解約手続きしても、解約されるのは翌月末になります。 転出先のキャンペーンを確認 楽天モバイルを解約して他の格安SIMに契約する場合は、 乗り換え先のキャンペーンを必ず確認しましょう。 格安SIMの料金はどこもあまり変わりませんが、キャンペーンが実施中かそうでないかでお得度は大きく異なります。 必ずキャンペーンを適用しましょう。 各格安SIMのキャンペーンは下記で確認してください。

次の

楽天ポイントを貯めるために楽天Musicの1ヶ月お試しに申し込んでみた。音質等はどうなのだろうか?そして解約は簡単なのか?

楽天ミュージック 解約

マイページにログイン• 「登録情報・設定変更」メニューの「楽天モバイル解約申請」を選択• 同意にチェックを入れ「解約手続きに進む」を選択• 「楽天モバイル解約申請画面に進む」を選択• 解約されるタイミング マイページで解約手続きしても、即座に解約されるわけではありません。 解約タイミングは月末日です。 解約手続きしても、月末日までは通話やデータ通信が使えます。 また、手続きしたタイミングによって、実際に解約される日が異なります。 15日までに手続:当月末解約• 16日以降に手続:翌月末解約 当月末で解約するためには15日までにマイページで手続きしなければいけません。 16日以降に手続きしても解約は翌月末になるので注意してください。 楽天モバイルMVNO解約時の注意点 電話/店舗で解約できる? 楽天モバイルのドコモ・au回線の解約はマイページからのみです。 電話・マイページや店舗では解約手続きができません。 店舗で解約しようと思っても結局マイページへ案内されると思います。 16日以降の解約は翌月末 前章で解説したとおり、楽天モバイルでは15日までに解約申請すれば当月末に解約になります。 16日以降に解約申請した場合、解約は翌月末になりますので注意してください。 月末までは通話もデータ通信も可能です。 よって、 解約月の料金は1ヶ月分全額請求されます。 日割り計算はされません。 利用開始月に解約したら? 楽天モバイルは利用開始月は基本料金がかかります。 スーパーホーダイ:プランSと同額• 組み合わせプラン:全額請求 利用開始月に解約した場合も上記の料金が一ヶ月分かかります。 解約にかかる手数料 解約手数料は不要 楽天モバイルの 解約には手数料はかかりません。 ただし、音声通話SIMとエントリーパッケージで申し込んだデータSIMは、次章で解説する違約金が掛かる可能性があります。 しかし、最低利用期間をすぎる前に解約する場合は 契約解除料(違約金)が発生します。 楽天モバイルの 最低利用期間・違約金はプランによって異なります。 また、2019年10月にルールがかわりましたので、契約日によっても異なります。 音声通話SIM 音声SIMの最低利用期間は以下のとおりです。 <音声SIMの最低利用期間と違約金> プラン 契約日 最低利用期間 スーパー ホーダイ ~2019年 9月 1・2・3年から 選択 2019年 10月~ なし 組み合わせ プラン ~2019年 9月 12ヶ月 2019年 10月~ なし スーパーホーダイも組み合わせプランも、 2019年10月以降に契約した方は最低利用期間も違約金もありません。 一方、 2019年9月末までに契約した方は最低利用期間が設定されています。 組み合わせプランの最低利用期間は12ヶ月です。 スーパーホーダイは1年・2年・3年を自分で選択しているはずです。 最低利用期間をすぎる前に解約すると、 9,800円の違約金が発生します。 データSIM データSIMには最低利用期間・違約金はありません。 ただし、2019年9月末までにエントリーパッケージを利用して契約した方は6ヶ月間の最低利用期間が発生しています。 転出後はSIM返却が必要 楽天モバイルを解約した後にはSIMカードの返却が必要です。 返却しなかったからといってペナルティはありませんが、余裕があれば返却しましょう。 SIMカードの返却先は以下の通りです。 <返却先> 〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係 返却の送料は各自負担が必要です。 端末の残債は継続支払い 端末代金を24回支払い終える前に解約する場合、 端末は解約後も継続して請求されます。 楽天モバイルの端末代金支払いは24回払いもできますが、これは支払いに登録したクレジット会社の分割支払機能を使っています。 楽天モバイルからの請求が24回に分かれるわけではありません。 よって、 楽天モバイルを解約した後も端末代金の残債はクレジットカード会社から継続して請求されます。 解約のお得なタイミングは? どうせ解約するのであれば、できる限りお得に解約したいですよね。 この章では、楽天モバイルを解約するのにお得なタイミングを解説します。 最低利用期間終了後 すでに解説したとおり、楽天モバイルのドコモ・au回線を契約している方は最低利用期間が設定されている場合があります。 2019年10月以降に音声SIMに契約した方は最低利用期間・違約金はありませんのでいつ解約してもOKです。 しかし、 2019年9月末までに契約した方には最低利用期間が設定されており、最低利用期間をすぎる前に解約すると違約金が発生します。 2019年9月末までに契約した方は できる限り最低利用期間終了後に解約しましょう。 楽天モバイルの違約金は9,800円です。 いつ解約しても9,800円ですので、相当痛い出費です。 データ容量は使い切ろう 解約すると、これまで貯まっていたデータ容量は全てなくなります。 よって、繰り越しでデータ容量が貯まっている場合はせっかくですので使い切りましょう。 繰り越しデータがたくさん余っている場合は、 最終月だけ小さい容量にプラン変更すれば、繰り越しデータを無駄なく使えて基本料金を安く抑えられます。 解約は月末がお得? 楽天モバイルは月途中に解約手続きしても実際に解約されるのは月末なので、 いつ解約しても変わりません。 ただし、解約したい月の15日までに必ず手続きしておきましょう。 16日以降に解約手続きしても、解約されるのは翌月末になります。 転出先のキャンペーンを確認 楽天モバイルを解約して他の格安SIMに契約する場合は、 乗り換え先のキャンペーンを必ず確認しましょう。 格安SIMの料金はどこもあまり変わりませんが、キャンペーンが実施中かそうでないかでお得度は大きく異なります。 必ずキャンペーンを適用しましょう。 各格安SIMのキャンペーンは下記で確認してください。

次の