アイコス チャージャー 互換。 私はアイコス互換機が欲しい!絶対に損をしない製品を物色してみた!

赤点滅するアイコスの直し方は?iQOSホルダー・チャージャーが故障!

アイコス チャージャー 互換

日本の電気加熱式たばこでトップのシェアを誇るフィリップ・モリス・ジャパンのアイコス(IQOS)は、2018年10月23日に次期モデルを2つも発表した。 以前の記事でお伝えしただ。 新型デバイスは従来のモデルと比べて、どこがどう進化したのか? もしかして、従来のホルダや充電用のクレードルは使えるの? 気になって2つのモデルを確認してみたところ……、 互換性はほぼゼロ。 使えるのはアレだけだった……。 ・アイコス3とアイコス3マルチ 10月23日に都内で行われた発表会で、報道陣には取材用の製品1セットずつが提供されている。 それを持ち帰って、さっそく従来のアイコスと新アイコスを比べてみることにした。 アイコス3もマルチも箱の形状はまったく同じサイズだ。 購入時に間違えないように注意しよう。 アイコス3の箱を開けると、箱の1段目にチャージャーとホルダー。 2段目にクリーニングツールとクリーニングスティック。 3段目には専用のACアダプターと、専用の充電ケーブルが入っている。 本体を除いて、マルチにも同じものが同梱されている。 ・ランプとボタンは上部に さて、従来製品と比較してみよう。 ボタンやランプの類はチャージャー上部に集約されている。 初回起動時は上部のボタンを4秒長押し。 すると、バッテリー残量を示す横長のランプが点灯する。 ホルダーを挿入すると、横長ランプの隣にあるホルダーの充電を示すランプが点滅。 充電が完了すると消灯する。 ・クリーニングツールも進化 続いて掃除に関して。 以前のクリーニングブラシはヒートブレードを破損する恐れがあり、実際に掃除中にブレードを折ってしまったという人もいるだろう。 3・マルチはクリーニングツールが進化している。 ツールのキャップを外すと、中にはゴム板が入っている。 これをホルダーに突っ込んで、ブレード周りを掃除するのである。 掃除し足りない部分は、クリーニングスティック(綿棒)で掃除して、キレイに仕上げる。 ・フタのカバーを付け替えることができる 従来はフタが上部にあり、これがよく壊れてホルダーの充電が出来なくなることが頻繁に起きていた。 しかし今回のは側面に位置している。 爪に依存しない開閉方法に変更することによって、壊れる可能性が格段に減少しているのだ。 しかも、このフタのカバーは取り外すことができ、アクセサリーで色を楽しむことができる。 ・新しいチャージャーに旧ホルダーは使えるのか? ホルダーは従来品と同じように見えるのだが、実は微妙にサイズが異なる。 新しいチャージャーに2. 4Plusのホルダーを入れようと思ったら……、入らない……。 ホルダーの使いまわしはできないようだ。 同じように従来品の卓上ホルダー充電器に、3のホルダーを入れても充電できない……。 おまけに3はチャージャーの充電ケーブルが「USB Type C」に変更されている。 つまり、これまでのマイクロUSBケーブルは使えないのである。 卓上充電クレードルも使えない……。 ・結論 すべてが新しくなって、アイコスの弱点を補ってくれたのは良いのだが、ケーブルからクレードルなどそのほか買いそろえたものを、新しく買い替えなくてはならないという人もいるだろう。 だが、安心して欲しい。 使いまわしできるものもある。 それは……。 綿棒だ!! いずれにしても、11月15日発売開始。 事前予約は行っておらず、またアイコスストアに行列ができることが予想されるので、初日にどうしても欲しい! という人はそれなりの準備をした方が良さそうだ。 早朝からの行列になれば、かなり冷え込むと思うので、寒さ対策は万全に。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

私はアイコス互換機が欲しい!絶対に損をしない製品を物色してみた!

アイコス チャージャー 互換

これまで数多くのIQOS互換機を試してきた中で 2020年最新のおすすめをご紹介! 実際使ってみた数十種類の中から絞ったおすすめできるデバイスです。 IQOS互換機とは 本家IQOS アイコス に互換性を持たせた製品を他社が開発したもので公式IQOSは全く関与してません。 メリットは下記のとおり。 アイコスヒートスティックをそのまま使える• 安く購入できる製品が多い• 種類が豊富• ほぼ全ての製品が連続喫煙対応 喫煙本数や必要機能、デザインなど含めて 低価格でも自分好みのデバイスを探せるところ。 逆にデメリットは謎のメーカーも多く保証の有無が不明なデバイスもあり、純正と比べれば信頼性において劣ります。 とはいえ、ankerやパナソニック製バッテリー搭載モデルなど、互換機メーカーとして評判高い製品を提供する会社もあるので侮れません。 てことで、厳選した完成度の高いIQOS互換機たちの紹介です。 本家IQOSのスペックを比較 これから主流になるIQOSの2種類をピックアップ 価格 8,980円 6,980円 喫煙時間 最大6分or14パフ 最大6分or14パフ 喫煙本数 約20本 約10本 充電時間 約2時間 約75分 IQOS3は1本吸うごとに充電が約3分。 IQOS3マルチはアイコス初の連続使用を可能にしたモデルです。 2019年8月26日から定価改定で値下がりになりました。 参考: IQOS3の欠点と言えば連続使用不可にあり、マルチは連続可能ですがMAX10本の物足りなさにあります。 そこでこれらの欠点を解決できるのが最新デバイスのDUO デュオ。 新型IQOS3 DUO デュオ の性能は?• とはいえ、価格や機能面などIQOS互換機が未だ勝る部分が多いのもたしかなところ。 それでもIQOS互換機を選ぶ理由 多くの悩みは純正のIQOS 3 DUOで解決できますが、それでも互換機の選択肢が消えない理由があります。 IQOS互換機は10~30本の連続喫煙ができるデバイスばかり。 DUOのようにホルダーとチャージャーに分離しないため使い勝手も簡単です。 価格は2,000~6,000円と幅広いラインナップで純正より低価格。 豊富なデバイスの中から自分好みを探せます。 安くて使える製品を探すのか、多少高くても高性能を探すのか、そこにデザインも取り入れるのかは様々で選ぶことも楽しみの1つです。 ところが膨大なIQOS互換機の中から1つを選ぶのは一苦労。 そのため今回は私が使った中でも「これはおすすめ」を下記にラインナップ。 じっくり選んでいただければと思います。 おすすめのIQOS互換機8選! 最新モデルだから性能が上。 ということもなく2018年モデルでも全然いけます。 扱いやすさと欠点の少なさ、長く使えて満足度の高いものをピックアップしました。 多くのデバイスの中から自然に手に取りたくなるIQOS互換機です。 HI TASTE P6【ディスプレイ搭載と自在性】 とにかく人気が高いHI TASTE P6の特徴はディスプレイ搭載で状態を細かく管理。 欠点がなく自在性抜群のデバイスです。 MAX連続喫煙35本• 喫煙時間3分~6分 この他バイブレーション、クリーニング機能が標準装備。 ディスプレイではさらに電池残量、喫煙本数 5本喫煙済み もひと目で分かり、好みの加減に限りなく近づけることができます。 加熱方式ニードルタイプ、加熱キャップはマグネット式。 これはメンテナンス性と使い勝手に優れた仕様。 マットな素材で質感良く、デザインもスタンダードで好まれやすい。 これだけの性能に対して価格は良心的。 IQOS互換機選びにおいて失敗しないデバイスNO. 1でしょう。 MAX連続喫煙30本• 喫煙時間3分半~5分半 バイブとクリーニングは当たり前の装備として、 40本喫煙ごとにバイブでクリーニング時期をお知らせする機能も有り。 HITESTE P6と同様に 充電残量、喫煙本数、喫煙時間、加熱温度を管理&細かな調整が可能になってます。 アルミ合金のボディは耐久性に長けてます。 挿入口のスライド、マグネット式キャップのスライドはスムーズでとにかく快適です。 本体98gは重さを感じますが、重厚感を求める方には魅力の1つ。 見た目はスマートに仕上がっているためさほど気になりません。 キック感は高めで吸い応えを求む方にもおすすめします。 最大15本連続喫煙• 喫煙時間5分or17パフ• 28分の高速充電 バイブレーション、クリーニング機能搭載。 温度設定はできませんが温度制御システムや電源ロック機能で安全面に優れます。 正面に電源ボタンが1つのシンプル設計で、サイドのLEDライトで充電残量を確認可能。 15本の連続喫煙とバッテリー持ちは控えめですが、圧巻は28分間での高速フル充電。 断トツに早いです。 マグネット式キャップにはスライドカバーも搭載。 外すと加熱ブレードが現れます。 内部にもアルミが使われ細部の作りまで丁寧な仕上がりです。 喫煙15本でOKな方には最良のデバイスかもしれません。 シンプルで軽く耐久性も高いです。 高速フル充電はとにかく効率が良く、約2分の充電で1本吸えるのでバッテリー容量の少なさもカバーします。 最大喫煙本数30本• パナソニック製バッテリー• USB Type-C搭載 30本連続喫煙の喫煙時間も十分です。 互換機の売りの1つである「安さ」を完全無視したデバイスですが、おすすめに含めないわけにもいきません。 価格9,980円。 しかし開封すると納得してしまうほどの高級感。 握りやすい様に表面に凹凸を入れたデザインです。 加熱方式ニードルタイプ。 マグネット式キャップ。 温度調整はありませんがバイブ、クリーニング搭載。 安心面でも優れており、30本の大容量バッテリーはPanasonic製です。 見た目や高級感、価格で本家と真向勝負できる希少なIQOS互換機なので、外観にもこだわる方におすすめします。 なお現在は値段が下がりつつあるのでこちらも狙い目の製品です。 最大喫煙本数18本• 充電1~1. 5時間• コンパクトで40g バイブとクリーニング機能を搭載する加熱ニードル方式のIQOS互換機です。 温度変更はありません。 目立った機能はないバランス型。 40gの軽量でありながら4分と18本の喫煙は、軽量モデルとしては優秀です。 本機をおすすめにあげたのは2,000円台の価格でも無難に使えるから。 高額な製品に比べると見劣りするスペックですが、「安くて普通に喫煙できれば良い」。 そんな要望に応えてくれるMOX Edgeには価値を見出せます。 小さくてスマートな外観ですが、本体はアルミボディで外傷にも強いです。 個人的には雑に扱えるのもメリット。 レビュー まとめ サイズ感はこのように。 可愛い外観 最大15本、約5分。 15本程度で足りるならLEFTECは最高です。 デザインとタッチセンサーで差別化ならAVBAT-XやTTも良いですね。 安い互換機でも侮れなく、とは継続利用しても不具合がない良デバイスです。 今回あげた種は売れ筋の製品で安心感も高いので、是非とも自分にあったものを選んでいきましょう。

次の

iqos互換機のiSMOKE(アイスモーク)とは?アイコスと比較してみた!

アイコス チャージャー 互換

Pluscig V10 【2600円】 ペン型タイプのアイコス互換機 1位 UWOO Y1 3200mAhの大容量バッテリーで一度のフル充電で最大40本連続使用が可能なモデル。 【ポイント】• 最大40本の連続吸い• シンプルな操作性・シンプルなデザインを実現しています。 Apple製品を思わせるようなアルミ削り出しのボディも良い感じ。 日本のPSE認証もパスしており保証期間もアイコス互換機の中では珍しく12ヶ月もあります。 実際に使いましたが、作りもしっかりしており納得のクオリティです。 【ポイント】• 30本連続吸いが可能• 高温耐熱材料を使用し、有害物質を9割カット• 連続喫煙本数が30本から35本に引き上げられており、QOQシリーズ初の液晶ディスプレイを搭載。 細かい温度の設定やバッテリーの残量確認がしやすくなっています。 アルミ削り出しのような外観もカッコイイ機種になります。 【ポイント】• 35本の連続喫煙が可能• QOQ初のディスプレイ搭載• アイコスマルチが10本連続吸いでることを考えると実に4〜5倍もの喫煙本数になります。 液晶表示、温度調整の標準装備で外出が多い人におすすめの大容量なアイコス互換機です。 【ポイント】• 40〜50本の最高レベルの喫煙本数• 液晶表示• 特徴は本家アイコスにはない液晶ディスプレイ。 バッテリーの残量や温度調整などを操作することができます。 さらに最大35本の連続吸いが可能 設定温度による でアイコスを大幅に超える連続吸いが可能です。 【ポイント】• 好みの温度調節で気分を変えられる• 自動クリーニング機能付きで楽チン• 140gもの軽量化に成功しており、重さは実に55gで 卵1個より軽いです。 その分、連続吸い本数が23本に減っていますが、本家アイコスマルチでも連続吸いは10本までなので十分過ぎるスペックだと思います。 P6 miniでは一時停機能も追加されており喫煙途中でいったん一時停止することができます。 【ポイント】• 軽量モデルだが連続吸いは23本も可能• 液晶パネルで温度調整や喫煙時間の変更が可能• どの位コンパクトかと言うと、ちょうどアイコス2. 4plusのホルダーくらいのサイズ。 スペックも重視したいが、 とにかく小さく持ち運びたいという人にオススメのモデルです。 【ポイント】• 20本の連続吸いが可能• アイコスホルダーほどのコンパクトサイズ• 少し太めのペン型ですが、ペンタイプのアイコス互換機の中では最大本数の連続吸いを実現したモデルです。 ブレード部分を剥き出しの状態まで分解できるのでお手入れも楽です。 【ポイント】• 連続吸い30本可能• ブレード部分の掃除が楽ちん• 赤や緑がかったブルーのカラーなんかはカッコいいです。 高級感があるところもポイントが高いのですが、23本の連続吸いや起動が早いのも特徴です。 【ポイント】• 非喫煙状態から5秒で起動し待たせない• 約23本のチェーンスモークが可能• 軽量モデルながら連続吸いが15本可能と十分なスペックを誇っています。 【ポイント】• スリムでコンパクトな形状• 操作が簡単で使いやすい•

次の