自転車置き場の議論。 自転車置き場効果

原発と 「自転車置き場の議論」について | ガジェット通信 GetNews

自転車置き場の議論

主張 [編集 ] この法則は、シリル・ノースコート・パーキンソンによる、経営の風刺書『』 の中で出されたものである。 パーキンソンはこの法則を説明するとして、委員会がとの建設について審議する様子を比較している。 の建設計画は、あまりにも巨大な費用が必要で、あまりにも複雑であるため一般人には理解できない。 このため一般人は、話し合っている人々は理解しているのだろうと思いこみ口を挟まない。 強固な意見を持っている人が、情報が不十分だと思われないように一般人を押さえ込むことすらある。 このため審議は「粛々と」進むことになる。 この一方で、自転車置き場について話し合うときは、屋根の素材をアルミ製にするかアスベスト製にするかトタン製にするかなどの些細な話題の議論が中心となり、そもそも自転車置き場を作ること自体が良いアイデアなのかといった本質的な議論は起こらない。 次に委員会の議題がコーヒーの購入といったより身近なものになった場合は、その議論はさらに白熱し、時間を最も無駄に消費する。 自転車置き場については誰もが理解している(もしくは理解していると考えている)ため、自転車置き場の設置については終わりのない議論が生じることになる。 関係者の誰もが自分のアイデアを加えることによって自分の存在を誇示したがるのである。 再注目 [編集 ] パーキンソンの凡俗法則は、の(phkmallocなどで知られる)による開発メーリングリストへの「A bike shed any colour will do on greener grass... 」(青い芝生 の自転車置き場(何色でもいいよ))というタイトルのeメール投稿でふたたび話題にのぼった。 パーキンソンの元々の主張には、自転車置き場の「色」は取り上げられていなかったものの、パーキンソンの凡俗法則の基本部分を取り上げて、コミュニティによるソフトウェア開発において起こりがちな問題を指摘した。 これ以降、パーキンソンの凡俗法則は「自転車置き場のコンセプト」や「自転車置き場の色」など(日本語圏では「自転車置き場の議論」とも)の言い回しでソフトウェア開発やネットコミュニティにおける議論に関する議論などからはじまり、広く言及されるようになった。 出典・脚注 [編集 ]• , pp. 24-32• 隣の芝生は青い(The grass is greener on the other side 「隣の花は赤い」と同義)という諺が元。 Poul-Henning Kamp,. 02 Oct 1999. 2008-07-25. Karl Fogel, Producing Open Source Software: How to Run a Successful Free Software Project, O'Reilly, 2005, ISBN 0596007590, "Bikeshed Effect" pp. 135, 261-268 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• FreeBSD FAQ• (FreeBSD FAQ 日本語訳)• alternative copy•

次の

パーキンソンの凡俗法則とは

自転車置き場の議論

主張 [ ] この法則は、による、経営の風刺書『』 の中で出されたものである。 パーキンソンはこの法則を説明するとして、委員会がとの建設について審議する様子を比較している。 の建設計画は、あまりにも巨大な費用が必要で、あまりにも複雑であるため一般人には理解できない。 このため一般人は、話し合っている人々は理解しているのだろうと思いこみ口を挟まない。 強固な意見を持っている人が、情報が不十分だと思われないように一般人を押さえ込むことすらある。 このため審議は「粛々と」進むことになる。 この一方で、自転車置き場について話し合うときは、屋根の素材をアルミ製にするかアスベスト製にするかトタン製にするかなどの些細な話題の議論が中心となり、そもそも自転車置き場を作ること自体が良いアイデアなのかといった本質的な議論は起こらない。 次に委員会の議題がコーヒーの購入といったより身近なものになった場合は、その議論はさらに白熱し、時間を最も無駄に消費する。 自転車置き場については誰もが理解している(もしくは理解していると考えている)ため、自転車置き場の設置については終わりのない議論が生じることになる。 関係者の誰もが自分のアイデアを加えることによって自分の存在を誇示したがるのである。 再注目 [ ] パーキンソンの凡俗法則は、の(phkmallocなどで知られる)による開発メーリングリストへの「A bike shed any colour will do on greener grass... 」(青い芝生 の自転車置き場(何色でもいいよ))というタイトルのeメール投稿でふたたび話題にのぼった。 パーキンソンの元々の主張には、自転車置き場の「色」は取り上げられていなかったものの、パーキンソンの凡俗法則の基本部分を取り上げて、コミュニティによるソフトウェア開発において起こりがちな問題を指摘した。 これ以降、パーキンソンの凡俗法則は「自転車置き場のコンセプト」や「自転車置き場の色」など(日本語圏では「自転車置き場の議論」とも)の言い回しでソフトウェア開発やネットコミュニティにおける議論に関する議論などからはじまり、広く言及されるようになった。 出典・脚注 [ ]• , pp. 24-32• 隣の芝生は青い(The grass is greener on the other side 「隣の花は赤い」と同義)という諺が元。 Poul-Henning Kamp,. 02 Oct 1999. 2008-07-25. Karl Fogel, Producing Open Source Software: How to Run a Successful Free Software Project, O'Reilly, 2005, , "Bikeshed Effect" pp. 135, 261-268 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• FreeBSD FAQ• (FreeBSD FAQ 日本語訳)• alternative copy•

次の

駐輪場の空きがない問題には、シールの貼付や不要自転車の処分で対応

自転車置き場の議論

最初にすべきことは、マンション内の掲示板や回覧などを利用して自転車の持ち主を探す事です。 マンション内の全ての自転車に期限を設けたお知らせを貼りつけて、一定期間経過後も連絡がない場合には不要自転車と判断します。 こうした方法でも所有者が現れない場合には、居住者以外の自転車の可能性もあるので、管理組合で処分をおこなう前には警察署に届出をおこないます。 警察で所有者を確認できない場合には、管理組合で処分をおこなうほかありません。 処分方法は、自転車販売店に持っていく他、最近では、マンション向けの無料で引き取るリサイクル業者などもあるため管理会社の担当者(フロント)に確認しましょう。 あぶれた自転車が通路などに置かれると美観を損なうだけではなく、避難経路を塞ぐなど災害時の避難を妨げる原因にもなります。 近年、駐車場の空き区画の増加が問題になっている一方で、駐輪場に関しては、車離れや健康志向の高まりもあって、マンションでは駐輪場の不足に頭を悩ませている管理組合も多いと思います。 一般に、マンションを建築する場合には、特に都心部では建築基準法いっぱいで建てることが多いため、駐輪場の増設は難しいケースが多いでしょう。 駐輪場の増設が難しいマンションでの有効な空き不足対策は、使用細則の整備などによるルールづくりや、不要な自転車を長期間放置しない管理体制の強化が有効です。 ルールづくりは、事前の居住者アンケートや総会での承認など、担当する理事会の負担は重いですが駐輪場の整備は快適なマンションづくりに大いに貢献します。 管理会社の担当者(フロントマン)や、マンション管理士等の外部の専門家の協力を仰ぎ、マンションの事情にあった自転車置場のルールづくりを目指しましょう。

次の