ハナミズキ 街路 樹。 ハナミズキ×シンボルツリーにおすすめな理由6つ🤩【育て方も解説します】

樹木シリーズ27 ヤマボウシ、ハナミズキ

ハナミズキ 街路 樹

日本全国、おそらく知らない人はいないのでは?というほどの名曲です。 この歌をきっかけにハナミズキのことを知った人も多いかもしれませんね。 ハナミズキは大正時代に当時の東京市長がアメリカ、ワシントン市の親日家たちに桜の苗木を送ったお礼として日本に送られました。 また、ハナミズキは和名では「アメリカヤマボウシ」と呼ばれます。 この名前はアメリカから送られてきたこと、ヤマボウシに似ていることが由来とされています。 現在では街路樹・個人の家庭のシンボルツリー、公園樹木などに利用されています。 落葉樹なので秋に紅葉し冬は葉が落ちますが樹形が整っているため、葉が落ちても美しい樹形を楽しむことができます。 ハナミズキの基本情報 花言葉 「返礼」「私の思いを受けてください」「永続性」「耐久性」 「返礼」は特徴でも触れましたように、アメリカから桜の苗木のお礼に贈られたことに由来しています。 英語圏ではハナミズキは「キリストを象徴する花」として有名だそうです。 キリストが磔(はりつけ)の刑に処される際に使用した十字架の木材がハナミズキだったという説があり、 キリストが磔(はりつけ)の刑に耐えたことから、ハナミズキの花言葉が「永続性」「耐久性」となったとされています。 ハナミズキの基本情報 科名:ミズキ科 属名:ママボウシ属 花期:4月中旬~5月中旬 用途:街路樹・シンボルツリー、公園木 樹高:4~10m ハナミズキの花の色 花の色として白・ピンク・赤をご紹介していますが、実は花だと思っている部分は花ではありません。 花びらのような部分は総苞弁(そうほうべん)と呼ばれるもので、他の植物でいえば「がく」にあたる部分だそうです。 では、花は? 苞(ほう)の中心にある花芯のような部分が本当の花です。 こちらの写真では花はまだ蕾の状態です。 この小さな蕾の1つ1つが順次開花していくのです。 おもしろいですね! ハナミズキの花の色 先ほどご紹介したように、花に見える部分は実は花ではなく葉です。 ですが、鑑賞する際はどうしても遠目から苞(ほう)を花びらとして認識しますので苞(ほう)の色を花の色としてご紹介します。 ハナミズキの育て方ポイント 植える場所・植え方 日当たりが良くやや乾燥気味の場所で、西日があまり当たらないところが適しています。 とはいえ、街路樹として植えられていることを考えると西日についてはあまり神経質にならなくてもよいと思います。 ただ、耐寒性・耐暑性にやや弱いので西日だけがガンガン当たる場所は適していないと言えます。 水やり 地植えの場合はほとんど水やりの必要はありません。 肥料と剪定 肥料は花後、お礼肥え(おれいごえ)を施します。 自然に樹形が整うので特に枝が混みあっている部分ある場合や、枯れてしまった枝がある場合を除いて剪定の必要はありません。 病気・害虫 我が家のシンボルツリーとして植えていた間、病気ではうどんこ病、害虫ではイラガが発生しました。 イラガについては刺されるとかなり痛いので卵を見つけたらすぐにつぶすなどの対応が必要です。

次の

ハナミズキの花の色・育て方・花言葉など

ハナミズキ 街路 樹

ハナミズキ花実紅葉散歩 >>>>> ハナミズキ 花実 散歩 Flower Walking with Flowering dogwood Cornus florida ハナミズキの花は春、初秋の紅葉、赤い実もきれい・ハナミズキ花実紅葉散歩は春秋の楽しみ ミズキ科ミズキ属ハナミズキ(花水木 Cornus florida)は、北アメリカ原産の双子葉、落葉、小高木です。 ハナミズキは日本では街路樹として植えられていて、春から初夏に白色又は赤色の総苞の中心にある小さな黄緑色の小花を20ほど咲かせます。 ハナミズキは秋に紅葉し、赤色の実(核果)を稔らせます。 ハナミズキ花実紅葉写真、ハナミズキの花実紅葉散歩地図、ハナミズキの花実紅葉情報でお楽しみ下さい。 《ミズキ科ミズキ属ハナミズキ Cornus florida花実紅葉写真・花実観察地図》 奈良長谷寺五重塔前に咲くハナミズキ花写真(撮影2014. 30) ハナミズキ花観察地図 ミズキ科ミズキ属ハナミズキ(花水木Flowering dogwood Cornus florida)は、北アメリカ原産の双子葉、落葉、小高木です。 ハナミズキは日本では街路樹として植えられていて、春から初夏に白色又は赤色の総苞の中心にある小さな黄緑色の小花を20ほど咲かせます。 初夏が近い頃に奈良五重塔前を花散歩していると、白色のハナミズキの花が咲いていました(撮影2014. 30)。 横浜山下公園に咲くハナミズキの花写真(撮影2011. 19) ハナミズキ花観察地図 横浜山下公園は、一年中花散歩に人気の場所です。 春にを花散歩していると、まだ幼木のハナミズキの木に花が咲き出していました(撮影2011. 19)。 横浜山下公園にあるハナミズキの木はまだ幼木なので、上から花の構造が良く見えます。 ハナミズキの赤い総苞の中心にある20個ほどの黄緑色のハナミズキの花が開花し始めているのが見えます。 ハナミズキの花の向こう側に、山下公園バラ園と氷川丸が見えます。 横浜アメリカ山公園に咲くハナミズキ花写真(撮影2013. 5) ハナミズキ花観察地図 ハナミズキ(花水木)の花弁のように見える4枚の大きな白色の部分は、花の本体ではなく苞(ほう)と呼ばれる部分です。 ハナミズキの本当の花は、中心部に見える20個ほどの黄緑色のものです。 春にを花散歩していると、ハナミズキの白色の苞の中に20個ほどの花蕾(はなつぼみ)がありました(撮影2013. 正確に言うと横浜アメリカ山公園のハナミズキの花は、まだ蕾で開花はこれからになります。 サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:ミズキ科) 《ミズキ科ミズキ属ハナミズキ Cornus florida花実紅葉写真・花実観察地図》 横浜美術館前に咲くハナミズキの花写真(撮影2011. 21) ハナミズキ花観察地図 春爛漫の日差しが降り注ぐ横浜みなとみらいにある横浜臨港パークから前を花散歩していると、赤いハナミズキの花(総苞)が青空に輝いて見えました(撮影2011. 21)。 ハナミズキの赤い花のように見える部分は総苞です。 ハナミズキの本当の花は中心部に集合する20個ほどある大きさ5mm蕾(つぼみ)で、蕾はこれから開花します。 ハナミズキの総苞は、本来葉であったものです。 ハナミズキの赤い総苞を良く見ると、葉の名残で縁が反り返り緑色をしています。 高松栗林公園に咲くハナミズキ花写真(撮影2018. 9) ハナミズキ花観察地図 ハナミズキ(花水木Flowering dogwood Cornus florida)の花色は白色、赤色、黄緑色などで、花期は春から初夏です。 春に高松の名園であるを花散歩していると、黄緑色のハナミズキの花が咲いていました(撮影2018. 《ミズキ科ミズキ属ハナミズキ Cornus florida花実紅葉写真・花実観察地図》 横浜馬車道で開花するハナミズキ花写真(撮影2016. 23) ハナミズキ花観察地図 ハナミズキ Cornus floridaの属名 Cornus=Latin word from 'cornu horn '=ラテン語で「角」の意味(角の様に固い)の意味です。 Cornus(ミズキ属)の植物の幹は、動物の「角(つの)の様に固い」ことから付けられています。 春にを花散歩していると、白色の総苞片の中心部の黄緑色のハナミズキの小花が開花しているのが観察できました(撮影2016. 23)。 横浜美術館前に咲くハナミズキの花写真(撮影2011. 21) ハナミズキ(花水木 Cornus florida)はミズキ科ミズキ属の双子葉植物で、北アメリカ原産の落葉小高木です。 ハナミズキは100年ほど前に日本から贈られた桜(ソメイヨシノ)のお礼として、アメリカから届けられた植物です。 日本各地で街路樹として親しまれているハナミズキは春から初夏に白色、赤色の花(総苞)を咲かせます。 大阪北浜の街を飾るハナミズキの花写真(撮影2014. 春の終わりに大阪難波橋から北浜に向けて花散歩していると、ハナミズキの花が北浜の通りを美しく飾っていました(撮影2014. 30)。 奈良元興寺玄関前に咲くハナミズキの花写真(撮影2010. 2) ハナミズキ花観察地図 奈良市中心部にあるならまち界隈は歴史的街並みが残された場所です。 奈良市を花散歩していると、玄関前にハナミズキの花が咲いていました(撮影2010. 元興寺は日本最古の法興院(現在の飛鳥寺)の後身で、飛鳥時代の瓦などが残されています。 元興寺玄関前に咲くハナミズキの花も爽やかに見えました。 《ミズキ科ミズキ属ハナミズキ Cornus florida花実紅葉写真・花実観察地図》 北信州湯田中で咲くハナミズキの花写真(撮影2007. 5) 長野県北信州にある湯田中温泉付近の春は5月にやってきます。 にある湯田中温泉付近を花散歩していると、ハナミズキの花が咲き出していました(撮影2007. この時期北信州は、リンゴの花やモモの花、菜の花など様々な花が咲き誇ります。 萌える新緑を背景に咲くハナミズキの花も綺麗です。 奈良市角振新屋町に稔るハナミズキの実写真(撮影2009. 27) ハナミズキ実観察地図 秋に奈良市にある猿沢の池から角振新屋町付近を花散歩していると、ハナミズキの実が稔っていました(撮影2009. 27)。 猿沢の池から角振新屋町付近では、本物の鹿が角を振りながら歩いていることがあります。 から角振新屋町付近の散歩道は外人さんにも大人気の散歩道です。 角振新屋町付近のハナミズキの実も秋を感じさせます。 東京日本橋小伝馬町に実るハナミズキの実写真(撮影2010. 27) ハナミズキ実観察地図 東京日本橋から小伝馬町に向けて江戸通りを花散歩していると、街路樹のハナミズキに赤色の実が稔っていました(撮影2010. 27)。 江戸通り街路樹のハナミズキの実はとても形が良くて綺麗でした。 こんな綺麗なハナミズキの赤色の実が見れると花散歩もうれしいです。 京都市宝ヶ池に稔るハナミズキの実写真(撮影2004. 12) ハナミズキ実観察地図 秋に京都国際会館から宝ヶ池付近を花散歩していると、内にハナミズキの実が稔っていました(撮影2004. 12)。 ハナミズキの葉も紅葉が始まっています。 京都の紅葉が本格化するのはまだ少し先ですが、ハナミズキの葉はいち早く紅葉が始まります。 横浜山下公園に稔るハナミズキの実写真(撮影2009. 3) 秋に横浜山下公園を花散歩すると、春に咲いていたハナミズキの花が実になっていました(撮影2009. 秋の日は短いので、もう氷川丸の明かりが燈りだしました。 夕闇迫る山下公園に稔るハナミズキの実も秋の感傷を誘います。 横浜の秋の花散歩はこの時間からがとても綺麗です。 横浜港の明かりや街の明かりが輝きだします。 ハナミズキ花実紅葉散歩は同じ場所で花と紅葉、実と三度も楽しめるのでお勧めです。 《ミズキ科ミズキ属ハナミズキ Cornus florida花実紅葉写真アルバム・花見観察地図》 横浜アメリカ山公園に咲くハナミズキ花写真(撮影2012. 30) 横浜アメリカ山公園に咲くハナミズキの花と公園のベンチも良い 横浜美術館前に咲く黄緑色の苞片のハナミズキ花写真(撮影2017. 07) 夕刻の横浜美術館前に咲く黄緑色の苞片のハナミズキの花も美しい 羽田空港第3ターミナル前に咲くハナミズキ花写真(撮影2015. 29) ハナミズキ花観察地図 前に咲くハナミズキの花もきれい 東京芝公園に咲くハナミズキ花写真(撮影2017. 3) ハナミズキ花観察地図 東京に咲くハナミズキの花は涼しげ 横浜赤レンガパークに咲くハナミズキの花と赤レンガ倉庫写真(撮影2006. 29) ハナミズキ花観察地図 横浜に咲くハナミズキの花と赤レンガ倉庫も良く似合う 奈良猿沢の池近くに咲くハナミズキの花写真(撮影2014. 30) 奈良猿沢の池近くに咲くハナミズキの花の形はお洒落です 東京港区イタリア公園に咲く赤色のハナミズキ花写真(撮影2015. 23) ハナミズキ花観察地図 東京港区に咲く赤色のハナミズキの花もお洒落です 京都祇園白川沿いに稔るハナミズキの実と紅葉写真(撮影2013. 9) ハナミズキ実観察地図 沿いに稔るハナミズキの実と紅葉は見事 横浜グランモール公園に咲くハナミズキ花写真(撮影2013. 12) ハナミズキ実観察地図 横浜に咲くハナミズキの花も清々しい ミズキ科ミズキ属ハナミズキ(花水木Flowering dogwood Cornus florida)は、北アメリカ原産の花も実も紅葉も美しい植物です。 ハナミズキと同じミズキ科のヤマボウシ、、アオキの花の構造や実の付き方を比較してみると面白いです。 春に横浜グランモール公園を花散歩していると、春の陽に白色に輝くハナミズキ(花水木)の花が咲いていました(撮影2013. 12)。 ハナミズキの花は、爽やかで美しい花です。 ハナミズキ(花水木)の花と実、紅葉、ハナミズキ花実紅葉散歩楽しんでもらえたでしょうか?ハナミズキ(花水木)の花は春から初夏に咲く花です。 秋には葉が他の木々に先駆け赤く紅葉します。 また秋には美しい赤色の実をつけます。 皆様もこのページの地図を片手にハナミズキ花実紅葉散歩を楽しんでください。 爽やかな空を見ながらハナミズキ花実散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。 なお資料写真の背景がボケていますが、ハナミズキの花実が主役ですのでお許し下さい。 よろしかったらも眺めていってください。

次の

樹木シリーズ27 ヤマボウシ、ハナミズキ

ハナミズキ 街路 樹

学名…Cornus florida 和名…アメリカヤマボウシ 科名…ミズキ科 属名…ミズキ属 原産国…北アメリカ東部~メキシコ北東部 花色…白、ピンク、赤 樹高…3m~10m 日照…日なた 難易度… USDA Hardiness Zone:5 to 9 ハナミズキとは ハナミズキは、北アメリカ東部からメキシコに分布するミズキ科ミズキ属の落葉性高木です。 分布域は、メイン州からテキサス・カンザス州、メキシコ南部まで広がっており、森林の縁などに自生しています。 アメリカ原産の花木の中で最も美しいものの一つと言われ、バージニア州、ノースカロライナ州の州花に選定されています。 日本へは1915年に渡来しています。 当時の東京市長であった尾崎行雄氏が、ワシントン市にサクラを贈った返礼としてハナミズキの木を贈られました。 現在では、庭木として植栽される他、街路樹や公園樹として広く普及しています。 「アメリカヤマボウシ」の和名があり、とは同属の近縁種です。 ハナミズキの花期は4月中旬~5月中旬。 花期になると小枝の先に、小さな花を球状に密生させて咲かせます。 花は花径5㎜程度の小さなもので、4枚の花弁を持ち、淡い緑色をしています。 花色 総苞色 は基本種の白の他、ピンク、赤。 花後には楕円形の果実を実らせ、果実は秋になると赤く熟します。 近縁種のヤマボウシの果実は食べることが出来ますが、こちらは食用ではありません。 樹高3~10m程度に成長し、樹形は横幅のある円錐形になります。 葉は秋になると美しく紅葉します。 九州や四国などの暖地の場合は、冬場の休眠が不十分になるため、生育が悪くなることがあります。 ハナミズキの主な品種 アメリカで古くから品種改良が盛んに行われており、非常に多くの品種があります。 現在では日本でも数々の品種が作出されるようになり、ヤマボウシとの交配種など流通しています。 ホワイトラブ Cornus florida 'White Love' 1998年に住友林業緑化株式会社より作出された品種です。 従来のハナミズキに比べ枝の横張りが少なく、樹形はコンパクトな円錐形に整います。 ハート形の白い総苞片を付けます。 チェロキー・チーフ C. florida 'Cherokee Chief' 古くからある赤花の代表品種で、総苞片が大きく華やかです。 暑い時期に乾燥すると樹勢が弱まり、葉を落としてしまうことがあります。 街路樹のハナミズキに元気がないものが多いのはこのためです。 夏場に一日中陽が当たるような場所で育てる時は、株元を敷き藁などで覆い、乾燥から守って下さい。 冬越し 耐寒性は高く、北海道中部、南部以南で栽培可能です。 特に対策の必要はありません。 水やり 庭植えの場合は、根付くまでは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして下さい。 その後はほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が続くようなら水やりを。 鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして下さい。 肥料 庭植えの場合は2月頃、寒肥として堆肥と有機肥料を株の周辺に埋め込みます。 寒肥を施さなかった場合は、花後に化成肥料を株元に施して下さい。 鉢植えの場合も同様に、2月頃に化成肥料を寒肥として施します。 寒肥を与えなかった場合は、花後に化成肥料を施して下さい。 植え付け・植え替え 適期は落葉期の12月~3月です。 植え付け 庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで、植穴の底に緩効性化成肥料を入れておきます。 根鉢を軽く崩して植え付けて下さい。 鉢植えの場合は、赤玉土 小粒 7・腐葉土3などの配合土を使います。 小さな苗木 樹高100㎝以下 なら6~7号鉢に植え付けることが出来ます。 植え替え 鉢植えの場合は、2~3年に一度、植え替えを行って下さい。 根鉢を軽く崩して一回り大きな鉢に植え付けます。 剪定 枝数が少なく、自然樹形の美しい樹木なので、基本的には剪定は行いません。 不要な枝やひこばえを切る時は、落葉期の12月~3月に行います。 この時期になると翌年の花芽がはっきりと分かるので、不要な枝を見分けやすいです。 樹高を低く仕立てたい場合 主幹を大きく切るときは、落葉期の2月頃に行います。 あまり剪定に強い樹ではありません。 強剪定でいきなり小さくしてしまうより、毎年少しずつ切り戻していく方が安全です。 剪定は好みの位置で行いますが、切っていいのは枝分かれしている部分です。 幹や枝の途中の何もないところで切ってはいけません。 3本に分かれた枝の真ん中の枝を根元から落とし、残った枝がきれいなY字になるように仕立てます。 これを繰り返し、全体を一回り小さく仕立てて下さい。 増やし方 接ぎ木、種まき 接ぎ木と種まきで増やすことが出来ます。 種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。 接ぎ木 適期は3月~4月です。 台木には実生のハナミズキの3年苗を使うことが多いようです。 台木苗を育てる必要があり、一般家庭ではあまり行われません。 種まき 野生種の場合は親株と同じ花が咲きますが、園芸品種の場合は親株と同じ花は咲きません。 種の採取 秋に赤く熟した果実を採取して、果肉の部分を取り除いてきれいに洗って下さい。 種はそのまますぐにまくか、保管しておいて翌春にまきます。 ハナミズキの種は乾燥すると極端に発芽率が下がるので、乾かさないように注意して下さい。 保管する場合は、湿らせてかたく絞った新聞やキッチンペーパーに包み、ジップロックなどのビニール袋に入れて冷蔵庫で保管します。 種まき とりまきの場合は採取してすぐ、保管した場合は翌3月が適期です。 箱まきかポットまきで覆土は1㎝程度。 本葉が3~4枚に育ったら鉢上げして下さい。 病気・害虫 うどんこ病 葉に白い粉をかけたような病変が現れる病気で、梅雨の時期に発生しやすくなります。 放っておいても枯れることはありませんが、美観が損なわれ、早く落葉したりします。 発生した場合は早目に薬剤で対処して下さい。 アメリカシロヒトリ 葉を食害する毛虫です。 発見したら捕殺するか薬剤で対処します。

次の