ザ アウトロー ネタバレ。 【そんな所で撃ち合うの!?】映画『ザ・アウトロー』あらすじ紹介【ネタバレ 】感想まとめ|最後に笑ったのは誰?意外な最後に驚愕!?

映画『ザ・アウトロー』リアルな銃撃戦だけじゃない良質なクライムサスペンスだった話。ネタバレ注意

ザ アウトロー ネタバレ

ロサンゼルス。 レイ・メリーメン パブロ・シュレイバー 率いる強盗団が、次々と強盗事件を起こす。 メリーメンの手下であるドニー オシェア・ジャクソン・Jr は、警察との銃撃戦を起こしたことで、メリーメンに激しく叱責される。 翌朝、ニック・オブライエン刑事 ジェラルド・バトラー が現場に向かった。 彼は、メリーメン逮捕のため躍起になっており、刑事の権限を逸脱した強引な捜査をしていた。 一方、メリーメンもニックに手下を殺害されており、恨みを持っていた。 ニックは、バーテンダーのドニーが強盗に関与していると考え、彼を暴行した上、誘拐して激しく詰問する。 メリーメンの次なる犯行の情報を引きだそうとするが、口を割らなかった。 メリーメンは、連邦準備銀行にある3,000万ドルを強奪する予定を立てていた。 ドニーは、警察のスパイとしてメリーメンの計画に参加する。 メリーメンは、ドニーを中華料理店の配達員として働かせ、連邦準備銀行への侵入経路を確保したのだった。 また、ニックもメリーメンお気に入りのストリッパーを利用し、情報を引き出そうとしていた。 だが、ニックは、そのことで浮気を知られて妻子が出て行ってしまう。 さらに、離婚届にサインさせられてしまうのだった。 計画決行の日、メリーメンたちは連邦準備銀行に侵入し、人質をとる。 メリーメンは人質を殺すことは脅しではないことを証明するため、人質の一人の女性を撃つのだった。 ニックたちのチームが突入する前、メリーメンたちは床の穴を通り、地下道から逃げ出す。 ニックたちが入ると、メリーメンが撃った女性は生きていた。 ドニーは、現金を袋に入れ、隠す役割を担っていた。 料理の配達員を装っていたが、怪しまれて彼はその場を立ち去る。 ニックは、ドニーを捕らえて、メリーメンたちがどこに行ったのかを吐かせようとする。 一方、メリーメンはドニーとほかの手下たちを切り離していた。 彼らは逃げ出そうとしていたが、渋滞につかまってしまう。 ニックはメリーメンたちに追いつき、メリーメンの手下たちは射殺されていた。 メリーメンだけとなり、ニックはついに彼を捕らえ、反撃される前に射殺するのだった。 ニックがメリーメンのバンを調べると、現金は裁断された紙幣にすり替えられていた。 また、拘束されていたドニーが消えていた。 ニックは、現金を奪って消えたのは、ドニー以外にいないという考えに辿り着く。 ニックは、ドニーの勤めていたバーに行き、そこで強盗の一味とドニーが写った写真を発見する。 ドニーは、盗まれた現金をゴミ収集車に入れて運び出していたのだった。 ドニーは、ロンドンのバーで働いていた。 そこに客がやってきて、「宝石店にお勤めですか?」と質問し、彼にビールを渡す。 彼の次なる計画が動き出していた。 解説 クリスチャン・グーデカスト監督は、本作が初監督作である。 刑事・強盗犯を、手玉にとった人物がいるというどんでん返しが待っており、単なる犯罪スリラーだけに終わっていない作品となっている。 本作には、メリーメンの手下レヴィ・エンソン役でラッパーの50セントが出演している。 なお、本作の続編製作が発表されており、グーデカスト監督、ニック・オブライエン刑事役のバトラーら主要キャストが続投するのだという。

次の

映画『ザ・アウトロー』リアルな銃撃戦だけじゃない良質なクライムサスペンスだった話。ネタバレ注意

ザ アウトロー ネタバレ

夜明け前、現金輸送車を狙った強盗が発生。 強盗団は手慣れたチームワークで手際よく警備員を制圧するが、ふとした弾みで銃撃戦に突入。 駆け付けた警官隊ともドンパチを初めるが、火力の差で圧倒し、強盗団は現場から逃走した、、、 監督は クリスチャン・グーデガルト。 脚本家を経て、本作が初監督作。 出演は、 ニック: ジェラルド・バトラー レイ・メリーメン:パブロ・シュレイバー ドニー:オシェア・ジャクソン・Jr. アウトローって、読み的に「あいうえお」だから 定冠詞の「the」がついたら、 発音は「ジ」じゃないの? とか思ってしまう私は英語ニワカなのでしょうか? 原題は『Den of Thieves』 翻訳すると、「盗っ人の巣」とでも言いましょうか? そう、 本作の登場人物は、まさに盗っ人ばかりというか、 ワル者ばかり。 しかも、チョイ悪じゃない、 極ワルオヤジのイキリ合戦、 悪 V. 悪 の意地の張り合い、 そんな感じの作品です。 現金輸送車を襲った強盗団。 しかしその実、 その現金輸送車は「空荷」だった。 捜査を担当する地元のロサンゼルス群保安局重犯罪特捜班は頭を捻る。 何故、空の輸送車を襲ったのか? 特捜班のリーダー、ニックは、 数々の未解決強盗事件の主犯と見られるレイ・メリーメンが、先日刑期を終えて出所していた事に着目する。 再び、レイが活動を始めたと推測したニックは強引な捜査を敢行、 強盗団のドライバー役を務めるバーテンダーのドニーを拉致・暴行し、 レイの目的を探ろうとするが、、、 強盗団は躊躇無く銃をガンガン撃ちまくり、 警官の所業の悪さは、ギャングと大差ありません。 しかし、 そうは言ってもお互いプロフェッショナル同士。 性格が悪くても、素行不良でも、 仕事はキッチリやるヤツら。 何処か似た者同士。 しかし、 立場の違いで絶対相容れない者達が、 自らの主張を通す為に、 知略と銃撃戦によるガチンコバトルを繰り広げます。 型破りな男達のイキリ合い。 普通に生きる、 我々小市民とは全く違うからこそ、 そこにシビレる、 憧れるぅ~? そんな感じの映画、 それが『ザ・アウトロー』です。 『ザ・アウトロー』のポイント 極ワルオヤジのイキリ合い!! 知略と銃撃戦 悪の末路は哀しいものよ 以下、内容に触れた感想となっております スポンサーリンク• 犯罪者と悪徳警官 本作『ザ・アウトロー』は映画のジャンルとしては、クライム・サスペンスと言われる物です。 犯罪者やギャングが、 のっぴきならない状況に陥るタイプの作品が多い印象ですが、 クライム・サスペンスにおいて、 警官が犯罪者と対決するタイプの作品では、 概して 手段を選ばぬ暴力警官が出演しがちです。 最近でも、 『フェイク シティ ある男のルール』(2008) 『サボタージュ』(2014) 『ボーダーライン』(2015) 『トリプル9 裏切りのコード』(2016) などの印象深い作品が多く作られています。 これら、先行するクライム・サスペンスを参考にしつつ、 やはり、本作が一番影響を受けたと思われる作品は、 アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演した 『ヒート』(1995)だと思われます。 『ヒート』も、 警官と犯罪者が、お互いの信念を懸けて戦う、ダンディズム溢れる作品。 立場の違う主演の二人が、 何処か、相手に自分と似通った物を感じつつも、 しかし、敵対し、雌雄を決さずにはいられないという作品です。 それは、 本作の特捜班のニックと、 強盗団「アウトロー」を率いるメリーメンとの関係にも共通ものがあります。 しかし、 『ヒート』では仁義を通し、お互いをリスペクトする感じがあったのに対し、 『ザ・アウトロー』では、互いを「目障りな好敵手」位の感じにしか見ていません。 敬意を持って接するのでは無く、 相手の裏をかいて、鼻を空かしてやろうという魂胆が垣間見えるのです。 これが時代というものでしょうか? 敵対する相手に対しても、仁義を通すのも今は昔。 相手が自分と共通する物を持っていると分かっていても、 それを尊重せず、 互いの力量を比べあうように、挑発を行い合うのです。 それは、 過程を重視する事よりも、 結果を重視する方が重要とみなす時代へと移行した、現代を象徴しているかの様です。 しかし、面白いのは、 強盗団「アウトロー」と、 それに対する特捜班のキャラ付け。 強盗団は、 元軍隊出身者で固められ、 さらには高校時代は同じ部活で鳴らした者同士。 やんちゃな若者がそのまま大人になった、 まるで部活のノリでワイワイやる仲の良さがありますが、 強盗時には チームワークを重視し、 綿密な計画と計算の下に決行するという、 何処かスポーティな雰囲気すら漂います。 何だか、 犯罪にチャレンジする『ミッション:インポッシブル』みたいな感じでもあるのです。 一方特捜班は、 まるでギャングの様な素行の悪さ。 FBIに悪態を吐き、 酒を飲みながらストリッパーといちゃつき、 女房には三行半を突き付けられます。 強盗団が体育会系の脳筋やんちゃ軍団なのに対し、 特捜班は鼻つまみ者のヤンキー軍団といった印象。 体育会系は、 努力もしないのに態度がデカいヤンキーを馬鹿にし、 ヤンキーは、 問題を起こしても、スポーツをしているだけでチヤホヤされ、不問に付される部活系を妬ましく思う。 こうして対比してみると、 体育会系とヤンキーでは、 傍目に似ていると言われても、 お互い相容れないのは、避けられない運命なのかもしれません。 以下、内容とオチに触れた感想が始まります しかし、 実はこの強盗団と特捜班のバチバチの鎬合いを嘲笑い、 そこまでのダンディズムすら、オチへの伏線にしてしまうのが本作。 そう、 本作が参考にしているもう一つのクライム・サスペンスは、 『ユージュアル・サスペクツ』(1995)なのです。 二兎を一緒に、鴨葱で食する!! 『ユージュアル・サスペクツ』は、 生き残りが警察署で、 回想にて事件の経過を語るという手法の作品。 しかし、 オチの「実は…」で、 数々の伏線が張ってあったとあとから分かる作品です。 そして『ザ・アウトロー』も、 実は、その系統の作品なのです。 良い所を総取りするドニー。 唐突なオチに見えますが、 思い返すと怪しい場面が多数ありました。 1: 連邦準備銀行の下見に、ドニーが居る。 チームとして動く強盗団が、 下見すら危険と言われる連邦準備銀行にドニーを連れて行っています。 ドニーはドライバー。 いわば、 チームの中では新参の外様、下っ端であるドニーが、 そんな場面に立ち会うでしょうか? 2: 連邦準備銀行に忍び込む実行犯がドニー。 作戦の最重要ポイントである、 処理済みの紙幣をくすねる役を、ドニーが行います。 最も危険であり、 最も重要な、絶対に失敗出来ないポジションに、 新参者をあてがうでしょうか? 3: 作戦決行後に、特捜班に捕まったドニーが直ぐゲロる。 作戦が成功した直後に、 その作戦を不意にする様な事をするでしょうか? 時間稼ぎくらいするのでは? この後、 4: ゴミ収集車の怪しい動きと、 5: 車に残されたドニーが鋭い目力を発した場面で、 「あ、これは腹に一物あるな」 と、観客の深層心理に、何となく刻まれます。 そう、 学生時代はニックやメリーメンと同じくフットボールをしていたというドニー。 彼のポジションは、キーパー。 試合を、一番後ろから俯瞰して眺める事で、 完璧に支配していたのです。 まるで、 かつてドイツ代表で鳴らした、オリバー・カーンの様に!! 全てがドニーの描いた絵図の通りに進んだという本作。 実行犯のリーダーはメリーメンであっても、 計画のアイデアはドニーであったので、 下見や重要ポジションを任されていたのですね。 それを象徴するのが、 最後の最後、エンドクレジットに出てくる画像。 エンドクレジットが始まると、 二つの頭を持つ鷲(?)だか蛇(?)だかの紋章が映されますが、 その映像を「引き」で映すと、 それは100ドル紙幣だったと判明します。 本来ならば、鷲の紋章が印刷されている場所に、 双頭の鷲(と思われるもの)が描かれているのですね。 これはつまり、 ニックとメリーメンという、 二匹の鷲だか蛇だがが、雄々しく戦っていても、 その戦いを俯瞰して眺めると100ドル紙幣であり、 ドニーはその争いをすらネタにして、 美味しく頂きました、 という映画の展開をたった一つの場面で語っているのです。 ダンディズム溢れる男の意地の張り合いを、 クライム・サスペンスとして描いた作品。 …と思わせておいて、 実はオチにどんでん返しが待っている作品、 『ザ・アウトロー』。 予告編の映像や、 「映画史の残る銃撃戦」という惹句、 『ザ・アウトロー』という 突っ込み処満載の邦題も含めて、 そういう オチの意外性を際立たせる伏線だったのです。 内容の面白さに加え、 気持ち良く「してやられた」感を味わう事が出来る作品、 それが、 『ザ・アウトロー』なのです。 * 現在公開中の新作映画作品をで紹介しています。 クリックでページに飛びます。 本作との共通点も多い、ダンディズム映画の『ヒート』 スポンサーリンク 私、ルパン4世が観た映画、読んだ本などの個人的感想を綴ったブログです。 妄想爆発! 独自解釈横溢! たまに暴走気味に変な事を書いていますが、一つの見解として楽しんで頂けたら幸いです。 更新時には にて報告しています。 検索 検索: 検索 カテゴリー• 108• 380• 206• 41 夏期公開アニメ系映画作品.

次の

映画『ザ・アウトロー』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ザ アウトロー ネタバレ

あらすじ 現金輸送車強奪事件。 ドーナツショップ前で行われた夜間の犯行により、武装強盗側に一名、警官側に多数の死傷者を生み出した。 応戦空しく、輸送車は夜の闇に消えていった。 事件の捜査にあたるのは、ニック率いる重大犯罪班。 不可解なことに書類上、襲われた輸送車には札束は積まれておらず、空のままだった。 しかし単純な手違いで起こした事件にしては計画性が高く、ニックはこの事件は手始めの、準備段階に過ぎないことを見抜いていた。 何を隠そう、武装強盗のリーダー、メリーメンの真の狙いは連邦準備銀行。 国中のカネが集うと言って過言でない、最強の要塞からの強奪計画であった。 ガンヲタ歓喜 本作の強盗団は、素人に毛の生えたギャングではない。 海兵隊で訓練を受けた、正真正銘の軍人上がり。 よって扱う銃器も、• アサルトライフル• カービン• LMG• SMG 揃いも揃って、玄人志向だ。 射撃方法の演技指導もさることながら、クライマックスシーンでの小隊コンバットも練度を見せつける。 ミリヲタの心を鷲掴みにする趣向が、あちこちで凝らされているのを目撃するだろう。 もちろん相対する重大犯罪班も、負けてはいない。 こちらは国家権力なので、FN SCARやM4などのアメリカ人用銃器がメイン。 来たる最終決戦では、訓練された兵士同士の存分に撃ち合う姿を見ることが出来るだろう。 削ぎ落とし過ぎた諸々 アクション部分に関しては文句無いつくりなのだが、それ以外の部分で気になる要素が多い。 特にサイドストーリーだ。 昨今の映画はオンリーワンの要素だけで二時間押し切るのが難しく、合間に様々な要素を混ぜ込むことを求められる。 人間ドラマしかり、副次的テーマしかり。 本作でも一応、 強面の裏側に見せる、家族思いの一面 こういったものが描かれてはいる。 後者の部分は武装強盗側のエピソードとしても用いられ、互いに人間性を失ったケダモノでないという示唆とは思われる。 しかし別段、これらが作中で大なり小なりの役割を果たしたかと問われれば、歯切れの悪い返答を搾り出すしかないと思う。 なんとか振り絞って上映時間の中に放り込んでみたはいいものの、大筋とは歯車が別個に噛みあった、浮いたサブストーリーにしか見えない。 これには主要な人物の背景構築が甘かったことが起因する。 もっと強盗画策の場面を割いてでも、各々の人物像を描くことを選ぶべきだったように思えて仕方ない。 或いは振り切って、完全に彼らをケダモノとして配置するのもアリだろう。 悪党になりきれない警官たち 自称:悪党の重大犯罪班。 捕らえた強盗の下っ端を痛めつけるところから、まるで「トレーニング・デイ」のような悪魔的警察官の姿を予想した方も多いのではないか。 件の作品では容赦なくプッシャーを殺害し、隠し財産をピンハネするという暴挙があった。 最終的なアロンゾのくだりには賛否あったが、それでも汚職警官の登場する作品というと、パイオニアと言っていい存在感を獲得した。 常軌を逸した捜査方法も、被疑者への過剰な暴力も無い。 バッド・ガイを自称するなら各方面に忖度などせずに、無茶苦茶な暴力や迷惑行為を振り撒くべきだ。 正味なところ、タトゥーの入ったワルめの中年がイキり倒しているようにしか見えない。 この部分も、サイドストーリーが無為に尽きた原因でもある。 卑劣漢ぶりをこれでもかと発揮しない限りは、家庭的な一面など映えるはずもない。

次の