シバター 訴え。 【悲報】シバター、ついに訴えられる

桜鷹虎さんVSシバターさん、訴訟続報キターーーーーー

シバター 訴え

パチンコ系YouTuberで知られる桜鷹虎が5月12日、同じくYouTuberのシバターを「訴えます」という動画を自身のYouTubeチャンネルにアップし、ネット上で大きな物議を醸している。 桜鷹虎は、パチンコの実戦動画を投稿する人気YouTuber。 しかし、実戦動画は自粛期間中にもかかわらず連日アップされ、その中には、4月20日導入の『PF戦姫絶唱シンフォギア2』(SANKYO)や『押忍!サラリーマン番長2』(大都技研)といった新台機種も含まれていた。 これにより、自粛前に撮り溜めた動画ではないことが証明された。 新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の外出自粛が要請されているなか、パチンコ実戦を続けていた桜鷹虎。 そのデリカシーに欠けた行動に、ネット上では「他のYouTuberは撮影してないのに」「足並み揃えろよ!」など、非難の声が続出した。 それに加勢する形で、シバターも批判動画を再三にわたって投稿(現在は削除済み)。 その中には、「桜鷹虎の潰し方、教えます」というタイトルで、桜鷹虎の「動画を見ないようにする」「チャンネル登録を解除する」といった呼びかけを行い、別の動画では、登録者数や再生回数などを「業者から購入している噂がある」と、今回の件とは無関係の批判動画もアップしていた。 そうしたなか、桜鷹虎は12日の動画で「登録者数や再生回数を購入したといった事実は一切ありません」と反論。 また、シバターの発言力から盗撮行為や殺害予告までもが起きる事態に発展したそうだ。 こうした一連の被害を弁護士と協議した結果「度を超えている」と判断。 動画の説明欄には「請求金額は合計で最大数千万円」とのコメントもあり、仮に裁判が行われ勝訴すれば、シバターの金銭的ダメージは計り知れないだろう。 ただ、シバターの素性をよく知るファンの反応は冷静だ。

次の

シバター、動画削除も効果なし。桜鷹虎は訴訟の構え崩さず「和解も示談もしない」

シバター 訴え

物申す系と呼ばれるジャンルをご存知でしょうか? 要は 注目を集めている人に対してかなり上から批判的に自分の意見を一方的にお伝えするというかなりエッジの効いた構成のコンテンツです。 今回はその物申す系のトップであり、賛否両論の差がすごい シバターさんが訴えられたことについて記事にまとめました。 訴えた方はパチンコYouTuberのトップ再生回数を誇る 桜鷹虎さんです。 個人的に 桜鷹虎さんの動画は更新頻度や動画の編集技術の高さや親しみやすいテロップなど魅力的なので、チャンネル登録をしていました。 しかし、 シバターさんの動画で桜鷹虎さんへの見方が変わるほど、熱い批判と彼の動画を見ていて良いのか?という迷いが生まれる内容でした。 それらの シバターさんの動画は今回の 桜鷹虎さんの民事訴訟や刑事告訴の決断によって 削除されていますが、これからの展開はどうなるのか? その部分について記事にまとめました。 ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• 今後、裁判がどうなるのか、みものだな。 一言でいうと、 自粛要請で不要不急の外出を控えるように言われている時期にも関わらず、パチンコ店に行き実践動画を挙げている桜鷹虎さんをボコボコに批判していました。 動画の内容はともかくとして、 自粛警察や自粛ヤクザという言葉まで生まれ、営業しているあらゆるお店に嫌がらせが生まれるほどヒリついた空気感が今はあります。 そのような状況下ではシバターさんの意見は思いの他支持され、再生数も多かったです。 物申す系の動画は発信者によっては信ぴょう性が無くても、リスナーには半分は本気で受け止められます。 もう半分は噂は噂に過ぎないしと言うドライな対応をしてくれますが、それでも深層心理では批判された相手のあらや醜い点は記憶に残るでしょう。 桜鷹虎さんがシバターさんを訴える決意の理由 デマを真実であるかのように拡散されたこと 「桜鷹虎の潰し方」などの動画のアップ シバターさんの動画のリスナーが嫌がらせ 盗撮の被害や殺害予告にまで発展 個人情報の公開の示唆による身の危険 などです。 普通の人であれば上記の条件が当てはまれば、普通に警察に行く内容です。 ネット上では桜鷹虎さんも桜鷹虎さんで緊急事態宣言での行動はあまりにも軽率と思われる点があったため上記のような嫌がらせをされても擁護の声は少なかったのも事実です。 今回のシバターさんと桜鷹虎さんの経緯はどちらが善でどちらが悪かはリスナーの感性によって大きく受け止め方は違うでしょう。 個人的には桜鷹虎さんにも非はあるけれど、それでもシバターさんは叩きすぎかなと感じました。 すでに削除された桜鷹虎さんへの物申す系動画はすべて視聴しましたが、反撃されないことを前提にフルスイングで殴りに行くような批判の仕方でしたので。 シバター、桜鷹虎さんの批判動画非公開にしやがった。 逃げたらダメじゃんかシバター。 シバターさんも桜鷹虎さんも動画視聴回数やチャンネル登録者数から見てもトップYouTuberですから後でコラボ動画とかそういうオチの可能性もゼロではないのでは?という見方をしていましたが、そうではなかったようです。 — エメマン makototweet 今回の騒動以前に、最近は営業をしているパチンコ屋さんもすごく神経質になっています。 感染症対策リスクの徹底だけではなく、メディアへの反応も過敏になっていますから、以前のようにYouTuberが気軽に動画撮影の申し込みをしても断られる傾向が増えるかもしれません。 昨今の自粛要請を受けてパチンコ業界の9割以上は協力休業という形で臨時休業という誠意のある対応をしています。 その中の一部のパチンコ店はやむを得ない事情があるにしても、協力休業ができずに騒がれて、そこに足を運ぶお客様の中でも影響力の強い桜鷹虎さんが動画更新のために通ってしまったことも問題でした。 そして、その事実を拡大解釈して叩きに叩きまくってしまったシバターさんは、更に問題があったように感じます。 上記の問題は今後のパチンコ業界にも影響はあるのでしょうか? 個人的にはそこまで影響は出ないと考えています。 なぜなら、休業要請をしっかり受け止めているパチンコ店の方が多いですし、今後の立て直しのためにもパチンコへの悪影響の一因となる可能性があるとは言え今回のおふた方の問題なんて取るに足らないからです。 ただ、お客様の立場では、娯楽に関する自粛が続いているためYou Tubeなどの巣篭もりとの相性の良いコンテンツから受ける影響も決してすくなくはないので、少しはパチンコというものをネガティブに受け止める人が増えるかと思います。 今後もシバターさんと桜鷹虎さんの動画は興味深いので視聴させていただきますが、なにか大きな動きがあれば、また記事にさせていただき色々考えるきっかけにしたいです。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

Youtuberのシバター 民事&刑事で訴えられる

シバター 訴え

炎上系YouTuber「」(登録者数108万人)から誹謗中傷を受けたとして、「」が法的措置を表明。 シバターは桜鷹虎に関する動画を削除しましたが、桜鷹虎は訴えを取り下げるつもりはないとして、引き続き訴訟に向けた準備を行うことを明らかにしています。 シバターからの誹謗中傷相次ぐ シバターは先月21日から29日、タイトルに「桜鷹虎」を含む動画を4本投稿。 動画内では桜鷹虎を批判するような発言を繰り返しただけでなく、桜鷹虎の動画を見ないように呼びかけるシーンもありました。 (関連記事「」) ・桜鷹虎、自粛期間中に新台実践動画を配信! そりゃねーだろ!(4月21日投稿、現在は非公開) ・いまだに新台動画をUPし続ける桜鷹虎の正体を明かします(4月23日投稿、現在は非公開) ・桜鷹虎の潰し方、教えます(4月26日投稿、現在は非公開) ・桜鷹虎の謝罪?動画を見て本当に腹が立った(4月29日投稿、現在は非公開) 相次ぐ誹謗中傷に対して表立った反応をしてこなかった桜鷹虎でしたが、5月12日に「シバター訴えます。 」というタイトルの動画を投稿。 シバターの行いは「業務妨害行為」だとして、「民事訴訟の提訴およぼ刑事告訴をすることとなりました」と発表しました。 桜鷹虎の名前を出したチャンネルを潰すといった内容の動画を投稿し 誹謗中傷やデマの拡散を行う行為は、業務妨害行為だと考えています。 この発表を受けてか、シバターは桜鷹虎に関する4本の動画を非公開にしたほか、桜鷹虎に関する言及を避けるようになっていました。 (関連記事「」)  桜鷹虎、徹底した対処行う構え 問題の動画を非公開にしたシバターに対して、桜鷹虎は18日、「シバター訴訟続報。 」を公開。 シバターの誹謗中傷に対して、「この訴えは最後まで戦いたいと思います」として、徹底した対処を行っていく構えを見せました。 既に弁護士参院は依頼をしていて委任契約を締結し費用も支払済みです。 現在、弁護士さんご協力の元必要な証拠の収集と訴状の作成を行っております。 準備ができたのち、緊急事態宣言が終了してから裁判所へ訴状を持参して訴訟を提起する予定です。 白黒が付かない状況で訴えを取りやめるつもりもありませんし、和解や示談をする意思もありません。

次の