おすすめ ノートパソコン。 2020年 おすすめノートパソコン(PC)(法人のお客様)|日本HP

【2020年】プロが教えるおすすめノートパソコン!スペックの見方・選び方全て教えます!

おすすめ ノートパソコン

フォートナイトの推奨スペックと私のPCスペック フォートナイトは推奨スペックですら要求が低く設定されています。 最低スペック 推奨スペック CPU Core i3 2. 4GHz Core i5 2. 8GHz メモリ 4GB 8GB グラフィック Intel HD 4000 NVIDIA GTX 660 重視するところはこれくらい。 リアルタイムでプレイするゲームは 最低スペックでなく推奨スペックを満たすのが基本です。 じゃないとまともに遊べません。 今の私のPCスペックは、 CPU Core i7 2. 8GHz メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 950M お値段は13万いかないくらい。 (2017年当時) グラフィックチップを犠牲にしてCPUとメモリを積んだような構成で、「そこそこのゲームやったら動くやろw」と軽い気持ちで購入しました。 このノートパソコンでフォートナイトをプレイすると、 高画質設定だと30FPSすら出ません。 設定を下げて60FPS安定する感じ。 GTX950Mは推奨スペックのGTX660より性能が劣るようなので、仕方ないですね。 とは言え有名なプロプレイヤーでもガチガチの高設定でプレイしている人はほとんどおらず、設定を下げている人ばかりなのでその点は問題ありません。 ディスプレイのリフレッシュレートに注意! 普通にゲームをプレイする分には問題ないものの、性能的にはもっとFPSが出せるかもしれないのに、 ディスプレイが対応していないせいで60FPSしか出せなくなっています。 どんなにPCの性能が高くても、ディスプレイのリフレッシュレート以上のFPSは基本的に出せません。 FPSが高いほど画面がヌルヌル動くので、視点をブンブン振り回すフォートナイトはFPSの高い方が有利と言われています。 予算が許すならリフレッシュレートが120Hz以上のディスプレイ搭載のものを選びたいですね。 実はPS4にマウスとキーボードを繋げば、60FPSで普通にプレイできるんですよね。 記事執筆時点でPS4Proが4万前後、マウスとキーボードにヘッドセットまで合わせても、こだわらなければ5万で済むでしょう。 5万でノートパソコンを買おうと思うと、最低スペックギリギリで「フォートナイトがどうにか動く」程度のものしか買えません。 それだけPS4はスペックの割に価格が安いので、ゲームばかりする予定であればパソコンでなくPS4で十分です。 右上に出てるのがFPS。 設定LOWだと200近く出ており、十分すぎるほど要件を満たす事が分かります。 加えて1TBのHDDも初期装備なので、コスパ的にはコチラの方がお得ですね。 Crazy RaccoonコラボPCでフォートナイトがまともに遊べないとは言わせんゾ! 問題点として、スペック的には十分なんですけど、ディスプレイのリフレッシュレートが恐らく60Hzなので60FPSまでしか出せません。 120Hzリフレッシュレート採用のPCにはわざわざ書いてあるため、この記載が無ければ60Hzで間違いないと思います。 120Hzのノートパソコン パソコン工房にある120Hzのノートパソコンは5つだけでマイナーチェンジ版みたいですし、全部比較しちゃいましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし ベースとなる最も安価なモデルながら、CPUとグラフィックチップは前述のものより性能が上がっています。 近い条件でのプレイ動画がコチラ。 設定が定かではありませんが、影など重そうな設定を入れて、144Hzディスプレイの最大近くのFPSが出せています。 条件の似た別のパソコンで、低設定で120FPSくらいの動画もありましたが・・・(なぜか貼れない)いずれにしても120Hzなら十分なFPSです。 比較に戻りましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSV (見た目は同じなので画像省きます) CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD 1TB RNSSに1TBのHDDを増設したバージョン。 SSDの規格もSATAからM. 2に変わって速度アップしているようです。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS-CR CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし RNSSのCrazy Raccoonコラボモデル。 メモリが16GBに増えています。 LEVEL-15FX095-i7-RNRX CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD なし Crazy RaccoonコラボモデルRNSS-CRのSSDがM. 2規格になったバージョン。 LEVEL-15FX095-i7-RNRVI CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD 1TB RNRXに1TBのHDDを増設したバージョン。 どれを買うべき? 違うのはメモリ・SSD・HDDくらいなので好みで決めて問題無いですが、後悔しないようにと思うなら メモリ16GB・SSD512GB・HDD1TBにしておくと今後しばらく買い替える必要はないと思います。 (故障しない限り) ベースの価格が安いものをカスタマイズすれば同じようなスペックにできますが、だったらはじめからRNRVIを選んでSSDだけ512GBに増設したほうがお得なので、その点は注意してください。 私が今買うなら絶対にRNRVIを選んでSSD512GBに増設しますね。

次の

2020年 おすすめノートパソコン(PC)(法人のお客様)|日本HP

おすすめ ノートパソコン

パソコンのおすすめメーカーをプロが解説 まずパソコンを選ぶために、有名な日本製パソコンメーカーと海外製パソコンメーカーを知っておきましょう。 日本製パソコンメーカー一覧• NEC• 富士通• SONY• SHARP• マウスコンピューター 海外製パソコンメーカー一覧• DELL• レノボ• ASUS• ACER• APPLE 販売している業者を全部挙げればきりがないのですが、有名なパソコンメーカーはこれだけ知っていれば十分です。 大企業が多いので、名前を知っているという会社がかなり多いと思います。 じゃあ、この中の どれが一番おすすめパソコンメーカーなんだ?と絶対に疑問に思ってるはずなので結論から書きます。 結論:マウスコンピューターがおすすめ 結論から言うと がおすすめです。 その理由は下記の通り、• 実は乃木坂48がTVCMもしてる• はっきり言って私にパソコンの相談をしにきた人にマウスコンピューターをおすすめすると、「そんなパソコンメーカー聞いたことないよ?」ってほとんど言われます。 取り扱っているのはパソコン専門のみで、ネット注文しかしていない部分と家電量販店では販売していないので、一般的に知らない人が多いのは当然かもしれません。 ですが、パソコン業界では超有名です。 ネットから注文するのであれば、価格が安くて性能が良いとおすすめできるのは現状 しかないですね。 しかも私は、パソコン教室の住所や顔も名前も公開している状況でおすすめしているので他のサイトより信ぴょう性は高いはずです。 下記の記事にはパソコンの選び方について、すごく細かく書いてあるので絶対に失敗したくない人は読むことをおすすめします。 「コメントも250件も付くくらいの超人気記事です。 」 SSD付属のパソコンを絶対に選ぼう パソコン選びにこれだけは絶対に押さえておきたいのが「SSD」です。 詳しくは上記にある別記事を参照して欲しいのですが、SSDが搭載されていると「パソコンが快適に使える」ようになります。 注目して欲しいパソコンの記載方法としては「HDD」と「SSD」です。 ここが「HDD」となっている場合は絶対にオススメしないので、「SSD」となっているかを必ず確かめてください。 他を見逃してでもいいから、ここだけは見逃すなというポイントなので絶対に押さえておきましょう。 海外製メーカーと日本製メーカーどっちを選ぶべき? 他のメーカーはどうなんだろうと思った時に、疑問に思うところとしては海外製メーカーと日本製メーカーどちらを選ぶべきかと迷っている人も多はずです。 なぜ、海外製と日本製で分けて考える人が多いかというと、なんとなく日本製の方が安心と思う人が多いですがそれは違います。 安心度で言うと同じと考えてください。 それぞれの特徴をまとめてみました。 日本製パソコンメーカーの特徴• 値段が高い• 細部にこだわっている• 性能が悪い(値段と比較して)• いらない機能が多い• サポートが安心 日本製パソコンメーカーは基本的に「値段が高くて、性能はそんなよくない、けどサポートはしっかりしている」と思ってください。 海外製パソコンメーカーの特徴• 値段が安い• 性能が良い(値段と比較して)• サポートがあまり良くない 海外製パソコンメーカーは「安いし、性能も良い、サポートがあんまり良くない」という感じです。 海外製の方が壊れやすいんじゃないの?と疑問に思う人結構いるんですけど、パソコンって正直言うと壊れるかどうかは「運」なので海外製の方が壊れやすいということはありえません。 その点においては日本製も海外製も変わりません。 日本製はサポート、海外製は性能で選ぶ 日本製か海外製で選ぶときは「高くてもサポートを優先する」か「安くてサポートより性能重視」で選ぶかで決めるといいですね。 もし、それぞれを選ぶならば、• この中で選ぶならば、私はパソコン初心者だとしても海外製をおすすめします。 理由は安くて性能が良いから。 逆に値段が高くても良いならば日本製ですね。 細かい部分(軽い、キーボード打ちやすい)とか細かい部分を設計して作られています。 ちなみに日本製を選ぶ基準の値段としたら13万円以上の場合ですかね。 それ以下は性能的に使っていて途中で固まったりとか、年数が経つと動作が遅くなったりしがちな構成をしているので海外製を選んだ方が無難です。 同じような性能のものが9万円くらいで買えます。 ただ、家電量販店で選ぶということでなければ、あまり選ぶ意味もない気がします。 先ほど紹介した「マウスコンピューター」の方が値段と性能、サポートもどっちも揃っているからです。 パソコンの購入に家電量販店はおすすめしない パソコンの購入すると思ったら家電量販店で店員に話を聞きに行こうと思う人も多いですが、はっきり言っておすすめしません。 理由としては、店員はパソコンのプロではなく家電全般を取り扱っている人です。 なので、パソコンに絞って考えれば、先ほど上記で紹介している「初心者向けパソコンの選び方」の記事で紹介した内容すら知らない店員の方が多いくらいです。 しかもあくまで店員からの目線で販売しているので、「お店にある商品を売りたい」という思いが強いのは思っておいてください。 本当にあなたのことを考えてくれて、構成をきちんと説明できるような知識のある店員に当たるのはすごく珍しいです。 家電量販店で購入しようかと考えていた人は、下記の記事も参考にしてください。 パソコン初心者だから初期設定ができるか不安という心配は不要 パソコン初心者だとネットで買ったら初期設定ができるか不安という方も結構多いですが、初期設定なんて実はありません。 家電量販店でパソコン購入した時に「初期設定しておきました」とか「オプションで初期設定しますよ」とかありますけど、あれは初心者を騙しているとしか思えないレベルです。 パソコンの初期設定は5分で誰でもできる パソコンの初期設定って実は5分でできます。 「あなただからできるんでしょ?」と思うかもしれませんが、実際は「次へ」というボタンを5回くらい押せば終了です。 どんな感じかを例えるなら、• というか、ほぼこれくらいで終わりです。 やったことないから怖いという気持ちもわかりますが、「次へ」というボタンを押すだけなのです。 マウスが使えてクリックができるのであれば問題ないです。 パソコンやマウスを今まで一度も使ったことがないという場合だとドキドキして難しいかもしれませんね。 失敗しないパソコンメーカーを選ぼう パソコンメーカーはたくさんありますが、パソコンの種類を選ぶことで性能がかなり変わってきます。 ですが、どのメーカーも色々な種類がありすぎて正直何を選んで良いかがわからないのが現状です。 そして販売している種類が多すぎるので、選ぶ種類によって当たり外れがかなり大きいです。 なので、わざわざ大手を選んだり難しい選択肢をしないでも、どれを選んでも価格と性能が伴っている「 」をパソコンメーカーとしておすすめしているわけです。 簡単な作業くらいにしか使わないよというのであれば、「m-Book F537SD-M2S2」とかは7万5千円くらいで十分性能が良いのでおすすめですね。 それより金額を出せばもっと良い性能が手に入りますし、もうちょっと安いのが欲しい場合は「SSD」が搭載されていればそれなりに動きます。 逆にいうと、ここで選んだ価格で性能に満足できないなら、結局他で買っても満足できる性能は手に入らないので同じことです。 (かなり価格を抑えたいなら海外製で頑張って見つけるしかないです).

次の

ノートパソコン台のおすすめ9選。肩こり解消と放熱効果に最適!

おすすめ ノートパソコン

フォートナイトの推奨スペックと私のPCスペック フォートナイトは推奨スペックですら要求が低く設定されています。 最低スペック 推奨スペック CPU Core i3 2. 4GHz Core i5 2. 8GHz メモリ 4GB 8GB グラフィック Intel HD 4000 NVIDIA GTX 660 重視するところはこれくらい。 リアルタイムでプレイするゲームは 最低スペックでなく推奨スペックを満たすのが基本です。 じゃないとまともに遊べません。 今の私のPCスペックは、 CPU Core i7 2. 8GHz メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 950M お値段は13万いかないくらい。 (2017年当時) グラフィックチップを犠牲にしてCPUとメモリを積んだような構成で、「そこそこのゲームやったら動くやろw」と軽い気持ちで購入しました。 このノートパソコンでフォートナイトをプレイすると、 高画質設定だと30FPSすら出ません。 設定を下げて60FPS安定する感じ。 GTX950Mは推奨スペックのGTX660より性能が劣るようなので、仕方ないですね。 とは言え有名なプロプレイヤーでもガチガチの高設定でプレイしている人はほとんどおらず、設定を下げている人ばかりなのでその点は問題ありません。 ディスプレイのリフレッシュレートに注意! 普通にゲームをプレイする分には問題ないものの、性能的にはもっとFPSが出せるかもしれないのに、 ディスプレイが対応していないせいで60FPSしか出せなくなっています。 どんなにPCの性能が高くても、ディスプレイのリフレッシュレート以上のFPSは基本的に出せません。 FPSが高いほど画面がヌルヌル動くので、視点をブンブン振り回すフォートナイトはFPSの高い方が有利と言われています。 予算が許すならリフレッシュレートが120Hz以上のディスプレイ搭載のものを選びたいですね。 実はPS4にマウスとキーボードを繋げば、60FPSで普通にプレイできるんですよね。 記事執筆時点でPS4Proが4万前後、マウスとキーボードにヘッドセットまで合わせても、こだわらなければ5万で済むでしょう。 5万でノートパソコンを買おうと思うと、最低スペックギリギリで「フォートナイトがどうにか動く」程度のものしか買えません。 それだけPS4はスペックの割に価格が安いので、ゲームばかりする予定であればパソコンでなくPS4で十分です。 右上に出てるのがFPS。 設定LOWだと200近く出ており、十分すぎるほど要件を満たす事が分かります。 加えて1TBのHDDも初期装備なので、コスパ的にはコチラの方がお得ですね。 Crazy RaccoonコラボPCでフォートナイトがまともに遊べないとは言わせんゾ! 問題点として、スペック的には十分なんですけど、ディスプレイのリフレッシュレートが恐らく60Hzなので60FPSまでしか出せません。 120Hzリフレッシュレート採用のPCにはわざわざ書いてあるため、この記載が無ければ60Hzで間違いないと思います。 120Hzのノートパソコン パソコン工房にある120Hzのノートパソコンは5つだけでマイナーチェンジ版みたいですし、全部比較しちゃいましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし ベースとなる最も安価なモデルながら、CPUとグラフィックチップは前述のものより性能が上がっています。 近い条件でのプレイ動画がコチラ。 設定が定かではありませんが、影など重そうな設定を入れて、144Hzディスプレイの最大近くのFPSが出せています。 条件の似た別のパソコンで、低設定で120FPSくらいの動画もありましたが・・・(なぜか貼れない)いずれにしても120Hzなら十分なFPSです。 比較に戻りましょう。 LEVEL-15FX095-i7-RNSV (見た目は同じなので画像省きます) CPU Core i7 8750H メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD 1TB RNSSに1TBのHDDを増設したバージョン。 SSDの規格もSATAからM. 2に変わって速度アップしているようです。 LEVEL-15FX095-i7-RNSS-CR CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 240GB HDD なし RNSSのCrazy Raccoonコラボモデル。 メモリが16GBに増えています。 LEVEL-15FX095-i7-RNRX CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD なし Crazy RaccoonコラボモデルRNSS-CRのSSDがM. 2規格になったバージョン。 LEVEL-15FX095-i7-RNRVI CPU Core i7 8750H メモリ 16GB グラフィック NVIDIA GTX 1060 SSD 250GB HDD 1TB RNRXに1TBのHDDを増設したバージョン。 どれを買うべき? 違うのはメモリ・SSD・HDDくらいなので好みで決めて問題無いですが、後悔しないようにと思うなら メモリ16GB・SSD512GB・HDD1TBにしておくと今後しばらく買い替える必要はないと思います。 (故障しない限り) ベースの価格が安いものをカスタマイズすれば同じようなスペックにできますが、だったらはじめからRNRVIを選んでSSDだけ512GBに増設したほうがお得なので、その点は注意してください。 私が今買うなら絶対にRNRVIを選んでSSD512GBに増設しますね。

次の