相模湖 ダム。 相模ダム

相模ダム[神奈川県]

相模湖 ダム

ダム名 配布場所 配布日時 配布場所の住所 備考 6月15日配布再開 9時から17時 (土、日、祝日および年末年始は配布していません) 相模原市緑区与瀬239 6月20日配布再開 9時から21時30分 (月(祝日の場合はその翌日)および年末年始は配布していません) 相模原市緑区与瀬259-1 6月15日配布再開 9時から17時 (土、日、祝日および年末年始は配布していません) 相模原市緑区城山2-9-1 6月13日配布再開 10時から16時 (火(祝日の場合はその翌日)および年末年始は配布していません) 相模原市緑区城山2-9-5 6月5日配布再開 9時から17時 (土、日、祝日および年末年始は配布していません) 足柄上郡山北町神尾田734 6月5日配布再開 4月から5月 9時から16時30分 6月から9月 9時から17時 10月から11月 9時から16時30分 12月から3月 9時から16時 (土・日・祝日も配布しています。 なお、本沢ダム及び発電総合制御所までの道にも二輪車通行規制区間(、及び)があります。 詳しい箇所はリンク先をご確認ください。 ((一社)日本二輪車普及安全協会のページが開きます。 以下の企業庁関連施設のいずれかを訪問いただいた方にダムカードをお一人様1セット(2種類各1枚)配布します。 【企業庁関連施設…玄倉第1発電所、玄倉ダム、玄倉第2発電所、熊木ダム】 配布の際には訪問されたことを自撮り写真などによって確認させていただきます。 配布ルールの詳細はをご覧ください。 アクセス路となる玄倉林道は、斜面崩落が頻繁に発生し、非常に危険な状態であるため、一部の区間が歩行者を含め通行止めとなっています。 そのため、 当面の間、 玄倉ダム、玄倉第2発電所、熊木ダムへの訪問が出来ませんので、ダムカードをお求めの方は玄倉第1発電所で訪問の証拠写真を撮影していただき、配布場所にてご提示ください。 (県西地域県政総合センターホームページ) その他 神奈川県内では上記の他に、国土交通省が管理する宮ヶ瀬ダム及び石小屋ダムでもダムカードを配布しています。

次の

ダムカードの配布について

相模湖 ダム

下流側のこのカットは「」に合わせて開催された見学会で撮影したもので、普段はこの地点への立入はできない。 通常時に下流側からダムを眺めたければ、の写真を撮影した国道20号線からになってしまう。 ダムの 天端 てんば(ダムの上)も歩ける。 すぐ上流に相模湖大橋ができる1971(昭和46)年まで、天端の通路が県道55号相模原与瀬線であり、その後、県道は国道412号線となった。 現在は車両の乗り入れはできないが、歩行者はいつでも通行可能。 ダムの前後には県道時代の面影が残る。 中央部分は近年になって改修されている。 天端からダムを見下ろす。 天端からは機器が間近に見られる。 日本ギア工業製。 更新はされているのだろうが、この会社のバルブアクチュエーターの歴史は相模ダムの歴史とほぼ重なる。 に給水するゲート。 いかにもメカっぽい機構が見えるのがいい。 戦前・戦中に設計されたダムには無駄がない。 も同様だ。 ダム左岸に駐車スペースがあるが、「相模湖ダム祭」の日など催し物があると閉鎖されてしまう。 「相模湖ダム祭」の日はに臨時駐車場が設置される。 相模湖ダム祭:ダム見学 2017年は相模ダム建設70周年であった。 例年海の日に開催される「」では、ダム見学の催しも用意されていた。 2018年もダム見学はおこなわれるようだ。 監査廊も入口のところまで公開されていた。 内部は不快害虫の巣窟らしく、公開は見送ったそうだ。 「相模湖ダム祭」に合わせたダム見学イベントでは、巻上機室の扉も開かれていた。 グリスが塗布されているので、中に入るとかなり汚れるそうだ。 巻上機室にはこのような表示盤が設置されている。 ゲートを開くときは管理室から操作するが、閉じるときは流木の噛み込みなどが生じないよう、現場で確認しながらの作業になるという。 ブナ林以外は、おおむね水系別に上流から下流に向けて並べています• 2016年8月27日• 2017年7月19日• 2019年2月28日• 2018年12月2日• 2017年10月29日• 2016年11月14日• 2018年10月30日• 2017年11月19日• 2018年7月14日• 2017年6月7日• 2016年11月5日• 2016年11月6日• 2016年11月23日• 2016年11月7日• 2016年12月25日• 2016年12月20日• 2016年12月23日• 2016年12月23日• 2016年6月19日• 2016年6月20日• 2017年7月19日• 2016年9月25日• 2016年8月25日• 2017年7月19日• 2016年6月19日• 2016年10月1日• 2017年7月31日• 2016年12月25日• 2016年12月23日• 2016年7月4日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2016年10月10日• 2016年10月10日• 2017年7月30日• 2016年8月11日• 2016年8月11日• 2016年8月11日• 2019年5月3日• 2019年5月3日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2018年11月9日• 2017年4月9日• 2018年12月16日• 2016年6月19日• 2016年9月25日• 2019年4月19日• 2016年8月25日• 2017年6月7日• 2017年6月7日• 2017年4月7日• 2016年6月20日• 2017年5月11日• 2018年4月28日• 2019年1月31日• 2016年10月16日• 2017年9月24日• 2018年4月28日• 2017年8月23日• 2016年6月19日• 2016年8月7日• 2016年8月1日• 2016年8月1日• 2016年10月2日• 2016年8月25日• 2017年7月30日• 2016年6月20日• 2019年2月26日• 2016年8月25日• 2016年10月26日• 2016年8月1日• 2018年8月31日• 2016年7月3日• 2017年3月14日• 2017年4月1日• 2018年6月11日• 2016年6月23日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2017年6月25日• 2017年5月24日• 2018年5月18日• 2019年5月10日• 2019年6月14日• 2017年11月12日• 2018年11月13日• 2016年7月9日• 2017年12月2日• 2016年7月9日• 2017年12月2日• 2016年7月9日• 2016年6月21日• 2016年11月27日• 2016年6月22日• 2016年6月21日• 2016年6月20日• 2016年11月27日• 2016年6月21日• 2016年6月20日• 2016年11月27日• 2018年4月17日• 2016年6月22日• 2017年12月16日• 2016年7月8日• 2016年6月26日• 2017年7月31日• 2016年6月22日• 2017年10月23日• 2017年2月12日• 2017年8月7日• 2016年8月25日• 2017年10月8日• 2017年10月8日• 2016年7月8日• 2016年7月8日• 2016年7月8日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2018年11月20日• 2017年2月3日• 2017年2月3日• 2017年9月9日• 2017年9月9日• 2016年10月20日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2016年6月26日• 2017年7月9日• 2017年6月25日• 2016年6月21日• 2016年6月21日• 2016年8月19日• 2016年6月21日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2017年9月1日• 2017年4月6日• 2018年9月30日• 2017年8月31日 タグ.

次の

湖底に沈んだ勝瀬地区を偲んで!神奈川県民の主要な水源である「相模湖」の歴史と今を調査した!

相模湖 ダム

沿革 [ ] 相模川は古来より度々水害に見舞われ、治水が急務であった。 その一方で横浜市や地域は人口が急増し新規の上水道補給が必要になった。 こうした経緯から神奈川県は(昭和8年)より相模川の総合利水計画を進めるための調査を開始していたが、折からが提案した「河水統制計画案」がによって採用され、(10年)に・・浅瀬石川・・等7河川1湖沼を対象に「河水統制事業」を立案した。 これは現在の「」の原点であるが、この事業で相模川も対象となった。 相模川本川にを建設して・の供給を行い、併せて貯水を利用したを行うべく(昭和13年)にの臨時議決を経て正式に 相模川河水統制事業、のちの 相模川総合開発事業がスタートし、根幹施設として相模ダムの建設に着手した。 軍の介入 [ ] (昭和16年)より建設に着手したが、建設に伴い196戸が水没することから水没住民より強固な反対運動が持ち上がった。 だが、勃発後戦時体制へ突き進む・は、海軍艦艇建造の要である横須賀や軍需産業が密集するへの電力・用水供給を急いでいた。 このため反対住民に対しなどが(現・相模原市緑区)へ出兵して陸軍閲兵式を行い、反対する住民に対して示威行為を以って強力な圧力を掛けた。 神奈川県及びの二県にまたがる水没補償は1938年10月より始まり、上記の経緯を経て(昭和15年)に妥結された。 このように有無を言わせず本体工事を着工させた戦時下ならではの軍による圧政があったことは、ダム建設の暗部として記憶されている。 途中水害による設備の流出や戦争による中断を経て(昭和22年)に完成した。 戦時下で進められた建設工事においては労働者延べ360万人が投入され、のほか、多くのやが従事した。 過酷な労働下で、記録に残っているだけでも83人が命を落としたとされる(1979年以降、毎年7月末に地元有志らが合同追悼会を開催している)。 目的 [ ] 相模発電所 相模ダムは多目的ダムとしては(・浅瀬石川。 水没)や(・)と並ぶ河川総合開発事業草創期に建設されたダムである。 その目的としては直下流の津久井発電所地点において慣行分の用水を供給する、相模原台地一帯2,700への用水の供給、横浜市・相模原市・川崎市等神奈川県の大部分への(日量894,000トン)・(日量186,000トン)の供給、神奈川県企業庁電気局管理の相模発電所(認可出力31,000)におけるで、である。 ただし機能は保持していない。 完成後渇水時の水量確保と発電能力増強を図るため(昭和26年)よりダムを2. 0mかさ上げを行う相模が行われ、(昭和29年)に完成している。 これ以降も相模川総合開発事業は継続され、(昭和41年)には洪水調節機能も有する (津久井湖)が完成し、治水と利水に更なる貢献をした。 この他支流の道志川に建設された やに建設された (・関東管理)との間で相模導水を行い、相互に貯水を融通することで効率的な水運用を行っている。 相模ダムは完成後60年以上経過した現在においても、横浜市・相模原市・川崎市や京浜工業地帯の水源として、神奈川県を見えない所で支えている。 だが近年ではの進行が懸念されており、の後退の原因の一つであるとの指摘もある。 このためダムを管理する神奈川県企業庁は相模ダムに堆砂した土砂を定期的にし、相模川下流のに堆砂を積み洪水時に自然にへ流下させる対策を現在行っている。 相模湖 [ ]• (名称不明)橋()• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• (名称不明)橋• ( )• (中央自動車道)• (中央自動車道)• (中央自動車道)• (名称不明)橋• 吊り橋• (中央自動車道)• (中央自動車道)• 吊り橋• (名称不明)橋• (名称不明)吊り橋• (名称不明)吊り橋• 相模川 神奈川県.

次の