赤 龍 ノ 撃 ツ 砲 迫撃。 【MHWI】王牙砲を上回る、アイスボーン中最強の散弾ヘビィ 赤龍ノ撃ツ砲・迫撃の性能について解説!最高のアタリ覚醒武器!Safi'jiiva Strongest Heavy Bowgun【モンハンワールドアイスボーン/IceBorne】

【MHWアイスボーン】作って良かったおすすめの覚醒武器を紹介します

赤 龍 ノ 撃 ツ 砲 迫撃

名前 単発自動装填 メイン弾 内蔵弾 赤龍ノ撃ツ砲・冷撃 Lv1減気弾 属性弾 機関 赤龍ノ撃ツ砲・熱撃 Lv1麻痺弾 属性弾 狙撃 赤龍ノ撃ツ砲・射撃 Lv1通常弾、Lv1散弾、Lv1減気弾 通常弾 狙撃 赤龍ノ撃ツ砲・狙撃 対応なし 貫通弾 狙撃 赤龍ノ撃ツ砲・迫撃 Lv1減気弾 散弾 機関• ざっくり説明すると、 射撃が通常弾向け、狙撃が貫通弾向け、迫撃が散弾向けの弾性能になっている。 また、冷撃と熱撃は属性弾の適性が高い。 各武器ごとで覚醒能力を考えるといいだろう。 覚醒能力の自由度としては、どの武器も最低2枠は攻撃力強化Vを付けるのが基本。 物理弾メインの3種に関しては更に装填数【対応弾】を足す。 概ねシリーズスキルとカスタムパーツの自由度が生産武器との差別化点となるため、 残りの枠はそれらか、スロットに割くのもいいだろう。 他にも、Lv3スロットを要求する弾強化の装飾品をLv4スロットに入れていた場合、 スロット追加IIIによりLv4スロットを得るに等しく、他スキルを積めるようになるのも利点。 もちろん攻撃力強化Vの方が強力な場合もあるため要計算。 散弾構成• 迫撃を使用した近距離で高火力をたたき出す構成。 やと似た運用になる。 覚醒能力は装填数【散弾】IIIに攻撃力強化Vを3つ以上つけることで、 概ね上記ジンオウガヘビィの2丁に近い性能となり、4つで少し上回る程度になる。 攻撃に振り切ってしまってももちろん構わないのだが、 覚醒能力の反動抑制により、それらよりもパーツの余裕が出るため、 シールド3つに近接射撃強化パーツを2つ付けるなどの構成も可能。 火力に振り切ってもよし、シールドを装着して防御を完璧にしてもよし、といった自由度がある。 特筆すべきは特殊照準パーツを搭載する余裕があることであり、 扱いこそ難しいが桁違いの威力とシールドの両立も可能。 特殊弾は機関竜弾で、こちらの火力も十分であるが、ブレが特大のためそのままでは使いにくいのが難点か。 また、睡眠弾両Lv対応に竜撃弾も2発装填と、睡眠爆破にも対応しているのも高評価。 麻痺弾もLv1が撃てるので、対応力はかなりのものがある。 散弾で特殊照準を用いた火力特化運用をする際に意見が割れるのが、 反動を覚醒能力かパーツのどちらで担当したほうが火力が高いのだろうか? というものである。 攻撃力強化は加算、近距離射撃強化パーツは乗算なので、パッと見で決めることが難しく、 人によってどちらにするかは分かれている。 しかしながらどっちでも同じなので気にしなくていい。 弱点に超適正距離を保って撃つことを安定させるほうが優先度は高い。 ただ、火力特化以外の運用にも同じ武器を流用する場合には、その運用に合わせてどちらにするか決めるといいかもしれない。 貫通弾構成• 狙撃を使用したミドルレンジから安定した火力を出せる構成。 やと似た運用となる。 ある程度の距離からの攻撃がメインなので、被弾しにくいのが何よりの魅力。 モンスターを選ぶ必要こそあるが、相性のいいモンスター相手にはかなりの火力を出せる。 覚醒能力は装填数【貫通弾】IIIに攻撃力強化Vを3つ以上付けるのがメジャー。 生産ヘビィとの差は散弾の迫撃と同じく覚醒能力の反動抑制による パーツの拡張性や、シリーズスキルの選択肢の広さとなる。 ブレや状態異常弾の運用、カスタム強化の柔軟性においては 生産ヘビィの方が優れているため、使い分けてゆくのがベター。 ナルガシリーズは頭部位で貫通弾・竜の一矢強化が発動するため、 覚醒能力を迅竜の真髄に1枠割いて真・弾丸節約を発動する構成とも相性が良く、 十分な火力やガード性能を両立することも可能。 麻痺弾には両Lv対応しているので、対応力もそれなりにはある。 通常弾構成• 射撃を使用した、どの距離からでも火力をだせるオールマイティーな構成。 のような運用となる。 こちらも覚醒能力は装填数【通常弾】IIIに攻撃力強化Vを3つ付ける構成が基本。 このように弾もちと戦法の幅ではあちらに一歩上を行かれるものの、 こちらは装填数とパーツの柔軟性に優れているため差別化は容易。 装填数は装填拡張スキル無しで通常弾を 8発といきなり全ヘビィ中トップとなり、 装填拡張Lv3の発動により怒涛の10発装填となる。 反動やリロード速度に関しても対応パーツ1つで実用レベルとなり、 そのどちらも1枠分は覚醒能力で肩代わりできるため、 最大4枠ものカスタマイズパーツを自由に選ぶことができる。 これまでの実用的な生産通常ヘビィのパーツ自由枠は1~2つだったため、 前述の装填数と併せて、通常弾を撃つことに関しては異次元の強性能を誇る。 実際のカスタマイズパーツの組み合わせ例としては• 特殊照準、遠距離射撃強化、弾速強化を組み合わせた威力特化型• リロード補助を4つ分搭載し、前代未聞のリロード速度を実現する型• シールドパーツを3つ積んだ装甲型 などなど生産ヘビィにできない組み合わせがいくらでも構築可能。 自分に合った構成を見つけ出すのが良いだろう。 いちおう、後述の冷撃にも通常弾の適性がある。 冷撃は斬裂弾を最大5発装填できるのが他にない魅力。 特殊弾は機関竜弾となっているが、ブレ大であるため、 実用には工夫が必要な点には注意。 属性弾構成• 冷撃と熱撃は武器名にあるとおり、それぞれ水冷弾と氷結弾、火炎弾と電撃弾を装填可能。 属性弾自体運用する機会は限られているが、ライトボウガンよりも ヘビィボウガンのほうがの補正が高く、 速射こそ無いが反動・装填速度・装填数に優れているため、 属性運用でヘビィがライトに敵わないというのは偏見である。 属性弾運用では攻撃力420にプラス会心、スロット2つを備えた ネロミェール武器のヒュドロスライモスと、 高い武器倍率に状態異常弾を完備した 水属性版ゲミドと言えるイベント武器の宮廷儀仗【輝星】など 生産ヘビィに強豪が揃っており、 明確な運用目標が無ければ熱撃・冷撃を属性弾に特化する意味は薄め。 上述の生産ヘビィの殆どが滅龍弾が撃てるのに対し、 冷撃・熱撃は撃てないのが特にムフェト・ジーヴァ戦に関しては痛い。 会心率の調整やシールド運用、シリーズスキルの選択など、 必要に応じて生産属性ヘビィではできないことに対応していこう。 皇金シリーズがMR相当に強化されてからは少し厳しい立場になった。 やはりなんといっても武器スキルが決定的な差を作っており、 ダメージはどうあがいても負けてしまう。 ただ皇金シリーズはいつ入手できるか未知数なので、入手性ではこちらが食い下がれるだろう。

次の

【MHWアイスボーン】覚醒武器ヘビィの性能とおすすめ覚醒能力

赤 龍 ノ 撃 ツ 砲 迫撃

貫通弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 超心・〇〇珠【4】• 渾身発動のため、スタミナにも気を配りましょう。 貫通ヘビィはやや離れた距離から狙撃できますが、マスター帯は距離を詰める攻撃や、遠距離攻撃が多彩なのでガード関連スキルは極力付けるのがおすすめです。 おすすめスキル一覧 スキル 解説 ボウガンの貫通弾の威力が上がる 会心攻撃の際ダメージが増加する。 Lv3で会心時のダメージ倍率を1. 4倍にする 会心率がUPする モンスターを攻撃した際、その部位に攻撃がかなり有効であれば、会心率が上がる スタミナゲージが満タンの状態を維持していると会心率が上がる プレイヤーの体力を上げる ガード時にのけぞりにくくなり、消費スタミナも軽減される 通常はガードできない攻撃も、ガードできるようになる 弾が最大威力になる距離を延長する 弾の装填数を増やす 覚醒武器が貫通ヘビィの最強に 赤龍ノ撃ツ砲・狙撃は、ムフェトジーヴァの討伐報酬で入手できる覚醒武器のヘビィボウガンです。 貫通弾の装填数が少ないものの、覚醒能力の装填数【貫通弾】で補い、さらに攻撃力なども強化できます。 おすすめの覚醒能力 覚醒能力 優先度 装填数【貫通弾】 高 攻撃力強化 高 反動抑制 低 赤龍ノ撃ツ砲・迫撃の覚醒能力は、装填数【貫通弾】攻撃力強化、反動抑制の順に優先度が高いです。 特に装填数【貫通弾】は3発と少ないLv3貫通弾を増やせるので、最優先で付与させましょう。 おすすめのカスタマイズ カスタマイズ 優先度 シールドパーツ 3個がおすすめ 高 反動抑制パーツ 高 弾丸重化パーツ 高 遠距離射撃強化パーツ 中 特殊照準射撃パーツ 低 おすすめの組み合わせは、シールドパーツ3個と弾丸重化パーツ、反動抑制パーツです。 弾丸重化パーツは、弾がヒットした際に、同じ部位に弾がヒットしやすいので、弱点部位を多く攻撃できます。 特殊照準運用時のデメリット 特殊照準の視点 特殊照準で運用するには、上記のスコープを覗いたような視点で戦闘を進めていかなければいけません。 相手の攻撃予兆などを見極めにくいので使用時には注意が必要です。 しかし、覚醒能力を付与すると攻撃力や貫通弾の装填数が増えて、高スペックの武器に変貌します。 強化が十分ではない覚醒武器は運用しない 覚醒武器の入手や強化には、ムフェトジーヴァを周回する必要があります。 また、強化が十分にされていない状態で運用すると、他の貫通ヘビィよりも性能が劣るので、強化できるまでは、生産武器がおすすめです。

次の

【MHWアイスボーン】覚醒武器ヘビィの性能とおすすめ覚醒能力

赤 龍 ノ 撃 ツ 砲 迫撃

01 追記 ムフェト実装により赤龍ノ撃ツ砲・迫撃がこちらとほぼ同格かそれ以上の性能のヘビィとして台頭したり、臨界ブラキ防具で挑戦者7まで積めるようになり火力も更新したため、あまり参考にならないかもしれません。 ご了承を。 前に書いたオウガ砲装備紹介記事がすごくアクセスされてて嬉しい反面、記事内容が古臭いものなので新しく記事をば。 性能についてはもう数多の方が知っておられると思うので割愛。 ギルオス重ね着最高!!!!!!! 件の前記事 2019. 28 追記 手癖で武器カスタムで回復を積んでいるが、散弾ではろくに回復しないことを忘れてしまっていました!!!申し訳ない!!! 2防御1で現在運用しています。 ()は装衣装備中) 見切り7・ ガード性能5・ 体力増強3・ 装填拡張3・ 超3・ 弱点特効3・ 散弾強化2・整備1・ 弾丸節約(KO術2・特殊射撃強化2) 説明 体力増強とガード性能、シールドパーツを積んでモンスターとで勝負する装備。 ガ強が必要な際は超心珠と交換を。 反動抑制はメイン弾である散弾レベル3の反動が中から小になるため確定。 シールドは3枚あると槍種とほぼ同様となる。 ノックバック小からモンスターの攻撃後の隙に攻撃を。 ただ、クリ距離がシビアとなるため安定をとるなら近接射撃、火力を出すなら特殊照準となるか。 作成の際、痛撃・体力珠を使用するのがネックな装備。 私もつい最近まで出なかった。 ()は装衣装備中) 見切り7・ ガード性能5・ 体力増強3・ 装填拡張3・ 弱点特効3・ 攻めの守勢3・ 散弾強化2・精霊の加護2・ 弾丸節約(KO術2・特殊射撃強化2) 説明 新スキル『攻めの守勢』を組み込んだ装備。 発動タイミングは 射撃直後のガードした時です。 これが中々難しいねんな……。 早すぎると発動しないし、欲張ると被弾したりと慣れないと厳しい。 ()は装衣装備中) 見切り7・ 攻撃6・ 装填拡張3・ 超3・ 弱点特効3・ 散弾強化2・耳栓1・回避性能・精霊の加護1・整備1・ 弾丸節約(KO術2・特殊射撃強化2) 説明 体力も盾もいらない、攻撃は最大の防御を体現した火力ガン積み装備。 丸太に散弾レベル3フルヒットで 434ダメージも出る。 すごい。 モンスターの攻撃を全部避けられ、隙あらば叩きこめられるならこの装備が最適解となる。 そんな腕が欲しい。 カスタマイズは 『反動抑制・近接射撃3・特殊照準』。 火力を追求したのが見て取れるであろう。 今回は更新した 王牙砲【震雷】装備を3つほど紹介しました。 まだまだ更新・改良の余地があると思われるので、参考程度にして頂ければと思います。 見て頂きありがとうございました。 過去の装備紹介はこちらから。 リメイクされたミネラルタウンで狩りから逃れて生活しているツイ垢はこちら。 カレンちゃん可愛いほんと可愛い好き。 PonPocoPy21.

次の