センター 古文 勉強法。 【センター古文】古文嫌いが9割取れた勉強法と参考書を紹介

センター国語の最強勉強法

センター 古文 勉強法

センター国語の特徴 センター国語は、時間が80分で全4問、マーク数は36前後。 各大問50点満点の合計200点満点です。 すべての本文と設問文を読んで、正答を導くという過程を考えると80分は決して長い時間ではなく、「間に合わない」という声をよく聞きます。 センター試験は基本的に時間との勝負な教科が多いですよね。 センター国語時間なかったわ。 こんなにも時間ないものなのか。 2018 104. 68 2017 106. 96 2016 129. 39 2015 119. 22 2014 98. 67 続いて、各大問の特徴を紹介していきます。 (出題傾向や形式は2018年までの特徴であり、来年度以降にまったく違う形式で出題される可能性も0ではありません。 ) 第一問:評論文 まず第一問で出題されているのは評論文です。 問1では漢字問題が5問出題され、問2〜問6では傍線部の理由説明や内容理解などの文章読解問題が出題されています。 近年では文章全体の論理展開問題が問6で出題される傾向にあります。 出題される本文の素材としては、近年では哲学や文化が多いですが、過去には経済などが出題されたこともあり、分野を問わずに読み進められる力をつけておく必要があります。 第二問:小説 続いて第二問で出題されているのは小説です。 問1では語句問題が3問出題され、問2〜問6では登場人物の心情把握や行動の理由把握、内容理解などの文章読解問題が出題されています。 出題される本文の素材としては、大正〜昭和初期に書かれた少し古いものが多いですが、現代に書かれたものが出題される時もあります。 明治の文豪が書いた小説が出題される場合もあるので、いろんな時代のものを幅広く読んでおきましょう。 第三問:古文 第三問では古文が出題されています。 問1では短語句の意味解釈問題が3問、問2で文法問題、問3〜6で文章読解問題が出題されます。 評論、小説、漢文を含めても一番得点率が低いと言われているので、古文で得点を稼げるようになると他の受験生と差をつけることができます。 第四問:漢文 第四問では、漢文が出題されます。 問1では知識問題が出題され、問2〜問6は内容説明や理由説明、白文に正しく返り点をつけて書き下しをしているものを選ぶような問題が出題されます。 センター現代文の勉強法 古文や漢文を普段から使う人はいないと思いますが、現代文は普段から使っているものですよね。 特段大切な試験勉強がないと感じる人もいるかもしれませんが、対策次第で高得点も狙えます。 ここでは、センター現代文の勉強法を紹介していきます。 漢字や語句問題は満点を狙う センター試験は「マーク式試験」です。 漢字問題といっても、学校の定期テストや二次試験のように、画数の多い難しい漢字を手で書かせるような問題を出題することはできません。 よくよくセンターの漢字問題を見てみると、中学校レベルの漢字が出題されていることがわかります。 高校で学習するような漢字が出題されるわけではないので、普段から日常で使う漢字を積極的に書く癖をつけておくといいでしょう。 また、小説問題の最初に出題される語句問題も、慣用句やことわざなどから出題されています。 語句問題を満点にするために慣用句やことわざの問題集をする必要はありませんが、学校のテストや模試、普段の生活の中で出てきた語句で知らないものがあれば、その都度覚えていくのがいいでしょう。 書いて覚えるか赤シートを有効に活用することが必要です。 こちらからダウンロードできます。 現代文用語を知る(評論) 「蓋然性」「演繹」「パラダイムシフト」など、評論文特有のキーワードがあります。 こういったキーワードを知らずに評論文を読むことは無謀です。 逆にこれらのキーワードを理解することによって、これまで難しいと思って敬遠していた評論文を読みこなすことができますし、スピードも上がります。 順接、逆接などの繋がりを学ぶ(評論) 「ディスコスマーカー」と呼ばれたりしますが、文と文の繋がりを意識することが評論文の読解問題を解くコツと言えます。 順接や逆接、言い換えなどにそれぞれの印をつけることで文章の構成が視覚化でき、正答に繋げやすくなるので、ディスコスマーカーを意識して印をつけるようにしていきましょう。 「作者」ではなく「問題作成者」の意図を汲み取る(小説) 小説の読解問題では、登場人物の心情把握の問題が出題される場合があります。 登場人物がとても変わった性格の持ち主で、全然関係ない何かを思っている可能性もほんとはないわけではありません。 でもそんな状態でも心情把握の問題を出題ができるのは、傍線部の前後にその人物の心情に関する記述があるからなのです。 その時に小説の作者の気持ちではなく、問題作成者がどこをみて解答をしてほしいかの意図を汲み取ることがとても大切です。 とにかく問題演習を重ねる 数学や物理などの場合は公式を勉強したり、英語や古文などの場合は単語や文法の学習を事前にしておかなくてはなりません。 現代文の特徴は、問題演習に入る前に特に事前にしておくべき学習内容がないことです。 なのでいきなり問題演習をすることからスタートできます。 その際に特に意識すべきポイントは二つです。 制限時間を意識する センター国語のおすすめの時間配分 ・評論文 25分 ・小説 17〜18分 ・古文 20分 ・漢文 12〜13分 ・見直し 5分程度 このように見るとわかりやすいですが、センター試験の国語は時間との勝負です。 いくら全問正解できたとしても、30分も1時間もかけていては意味がありません。 制限時間を意識して問題演習をしていきましょう。 また、あらかじめ自分なりの時間配分や大問の解く順番を決めておくことも重要です。 解答の根拠を正確に見つける センター試験はマーク式の試験なので、ある程度適当にマークしても点数が取れるかもしれません。 しかしそのような解き方をしていても目標点には絶対に到達できません。 練習すればすぐにできるようになるものでもありませんが、解答の根拠を正確に見つけられるようにすれば、正答率は格段に上がります。 要点に線を引くなどの工夫をしておけば解きやすいですし、後から答え合わせをする時にも役にたちます。 短い時間で正確に解答の根拠を見つけられるようにしていきましょう。 問題演習をして、正答した問題を含めて解説を読み込む 今まで紹介したポイントを意識して問題演習を進めていきましょう。 解答の根拠を正しく見つけられていたのかを確認するため、 正答を得られた問題も含めて解説を読み込み、解答の根拠を正しく見つける練習をしましょう。 おすすめ参考書 ここまで、センター現代文対策の勉強法を書いてきました。 現代文対策の参考書や問題集をこちらの記事にまとめてあるので、合わせてご覧ください。 古文単語のおすすめの覚え方 ・一気に覚える ・復習を繰り返す 基本的に古文単語は一気に覚えた方がいいです。 1日40〜50個くらいを目安に覚えていきましょう。 また寝る前の5分間や昼食直後の5分間など、空いた時間があれば積極的に覚えた古文単語の復習をしていきましょう。 せっかく覚えた単語を復習しないとまったく定着しませんし、もったいないです。 助動詞をマスターする 単語を覚えたら、続いては助動詞などの古文特有の文法をマスターしていきましょう。 助動詞はそこそこの数があり、また前後の文脈から意味が変化したりするなどなかなか厄介な存在です。 しかし時間を取って勉強をすれば確実に覚えられると思いますし、センター試験でも文法の問題が1題出題されているので、是非ともマスターしてほしい内容になります。 古文助動詞の具体的な覚え方 古文の助動詞を覚えるための必殺技があります。 それは、「もしもし亀よ」の替え歌です。 むず・む・ず・じ・しむ・まし・まほし る・らる・す・さす・しむ・ず つ・ぬ・たり・けり・たし・き・けむ・り らむ・めり・らし・まじ・なり・たり・ごとし 実践演習をする 重要単語を一通り覚えて、助動詞などの文法項目の勉強が終わったら、あとは実践演習をしていくのみです。 ここまできたら基本事項はほぼ頭に入ってるはずなので、センター試験の過去問や、大手予備校から出版されているセンター試験対策問題集で練習を重ねていきましょう。 センター試験は時間との勝負なので、実践演習でも20分以内に解き終えられるように練習をしていきましょう。 おすすめ参考書 ここまで、センター古文対策の勉強法を書いてきました。 古文対策の参考書や問題集をこちらの記事にまとめてあるので、合わせてご覧ください。 センター漢文の勉強法 センター漢文で出題される問題は、大きく分けると「知識暗記型問題」と「本文読解型問題」のふたつに分かれます。 難関国公立大学を目指す受験生は、漢文は満点必須と言われたりもするので、しっかり対策していきましょう。 知識暗記型問題の勉強法 この問題は、知っていれば解ける問題です。 重要句法や語句をしっかり暗記しましょう。 この後で紹介する参考書の中でも、「漢文早覚え即答法」「漢文ヤマのヤマ」のどちらか好みに合う一冊を選び、そこに載っている句法を覚えてしまったら完璧です。 この分野は本当に覚えるだけなので、サボってしまうと他の受験生にどんどん差をつけられてしまう分野です。 覚えるだけで点数に直結しますし、ぜひ時間があるうちにマスターしてしまいましょう。 漢文の学習で必要な知識は、句法と単語です。 句法の勉強は、参考書「漢文ヤマのヤマ」を使って学習していきましょう。 その際、「未AB」ではなく、「未嘗見泣(未だ嘗て泣くを見ず)」のようにきちんと例文で暗記することが大切です。 単語の勉強は、英単語や古文単語のように覚える数は多くなく、せいぜい100個〜200個程度です。 漢文の単語帳のようなものはほぼ出版されていません。 学校の授業や句法の参考書などで勉強していく際に出てきた単語のうち、覚えていなかった単語をノートにまとめていくといいです。 本文読解型問題の勉強法 対して、こちらは知識だけでは解ける問題ではありません。 しかし、知識がないと本文も読めませんし正答も得られませんので、まずは知識を頭に入れることが大切です。 知識をいれたらセンター試験の過去問や予備校のセンター模試などの問題を使って本文読解の練習をしていくのですが、この時に意識しないといけないポイントがふたつあります。 それは「登場人物を把握すること」と「物語の背景を理解する」ことです。 具体的には、本文の前に現代語で書かれている『リード文』を丁寧に読むことですね。 リード文を読む癖をつけてから読解練習をしていくと、自ずと点数は上がってくるはずです。

次の

センター古文は1ヶ月で伸びる!短期間でセンター古文満点を取れる勉強法

センター 古文 勉強法

どうすればセンター古文の点数が上がるのか センター古文で9割を取れるようになるためには、 文章を訳せれるようになるのが一番の近道です。 と言うより、この 「訳す」という作業が、センター古文の全てです。 例えば、2008年度のセンター古文の問題を見てみると、以下のような、めっちゃシンプルな話が問題として出題されているだけなんですね。 ある男が、京都に行こうと旅をしていた。 その途中で喉が渇いたので、近所の家にお茶を貰おうと立ち寄ったら、めっちゃ美人な人が出てきた。 「その人と付き合いてぇ」と思って口説こうとするけど、その美人さんには旦那がいた。 その旦那は、商人で旅を続けているらしい。 仕方なく、男はその場を立ち去った。 少し旅を続けていると、何やら葬式が行われている。 驚いたことに、その葬式は、あの美人さんの旦那の葬式だった。 もしやと思って美人さんの家に戻ると、家は跡形もなく消え、2つのお墓があるだけだった。 実は、男が先日会った美人さんは、すでに死んで幽霊となっていたのだ。 そこで男は、「美人さんは死んだ後も、旦那の為に尽くそうとしていた。 生前は、めちゃめちゃ旦那に尽くしていたんだろうな」と思った。 (完) 上の文章を見て分かるように、古文の文章自体は、訳せれば何てことない文章が多いです。 古文ってほとんどの場合は、「 あなたに会えない悲しみを歌にしてみた」系の恋愛話か、 「仏教SUGEEE」の仏様のありがたい話かのどちらかに限られますよね。 センター古文の勉強法 以上を踏まえて、何度も言いますが、 センター古文は訳せれば、それだけで点数がもらえる教科です。 では、どうすれば訳せるようになるかと言うと、以下の4つの勉強法を順番にやっていくのです。 古文単語を覚える• 文法を覚える• 古文の読解のやり方を覚える• 過去問を本追試共に5年分解く この4つを順番にやっていくことで、面白いほど古文の点数が伸びるようになります。 では、早速説明していきます。 1.古文単語を覚える 古文では、古文単語を覚えないと話になりません。 しかし、 センター古文で必要な単語数は300で、覚えやすい単語も多いので、思ったよりも暗記の負担は多くありません。 古文単語は、ただ紙に書いて覚えるのではなく、 ゴロやイラストを使ってイメージで覚えると効率よく暗記できます。 あなたにも、「人の名前は忘れたけど、その人の顔や仕草は覚えている」と言う経験はあるように、 人間は文字よりもイメージの方が記憶に残りやすいのです。 ボクが古文の勉強で使った単語帳とは? ちなみに、ボクが実際に使った単語帳は、「 読んで見て覚える重要古文単語315」という単語帳です。 ゴロやイラストが、315の単語全てに掲載されており、覚えやすさを追求した単語帳になっています。 ボクもこの単語帳を使って3週間ほどでマスターすることで、 センター模試で10点底上げすることができました。 なぜなら、同じ「~な」という文章でも状況によって、「~な」を「~した」と訳すか「~するな」と訳すかが違うように、古文では状況によって色々な意味に変化するからです。 文法の覚え方は、覚えた後に練習問題をして、理解を深めるのが近道になります。 なので、勉強で使う教材は、ただ文法の知識が網羅されているものでなく、 練習問題が多く収録されているものが良いです。 3.古文読解の方法を学ぶ 古文の世界では、常識的なことは一々書かない、という暗黙のルールがあります。 例えば、主語を省略したり、「男住みけり」のように、「男は住みけり」の「は」の部分を省略したりするルールがあります。 上の例は簡単でしたが、古文では読解方法を理解していないと、主語が分からなくなり、話の流れが理解できなくなる事がよくあります。 実際に、問題を解いていて「文章の意味が分からなくなった」という時は、主語が誰だか分からなくなった、という時が多いでしょう。 そんな人にオススメなのが、「富井の古文読解をはじめからていねいに」という参考書です。 旧課程の時から発売されいてる本ですが、新課程のなった今でも色褪せることはありません。 ボクも、この参考書で「古文は訳せれば楽勝」だと言うのを知りました。 4.過去問を解いていく 上の1~3の勉強法をやった後は、センターの過去問を本試験共に5年分を解けば、万全を期する事ができます。 問題を解く時には、復習の意味をこめて、文法や古文読解を意識しながら解くと良いです。 理系・文系問わず、古文はメインの教科ではないので、どんなに遅くても2カ月以内に完成させるようにスケジュールを立てていきましょう。

次の

センター国語の最強勉強法

センター 古文 勉強法

このコンテンツではなるべく 簡潔にセンター国語 古典 古文・漢文 対策のポイントを明示します。 ポイントの意味をよく理解してセンター国語 古典 古文・漢文 で高得点、満点を獲得してください。 【文系受験生】 2次試験・私大試験がある文系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊 ex. 古文単語: 古文文法: 漢文: 等でまず古典:文法・単語、漢文:句形・重要漢字の基礎を学んだら読解の基礎的な問題集の演習、志望校の過去問演習で徹底的に読解力・記述力・論述力を鍛え 選択肢問題があれば選択肢の消去法や確実な選び方を過去問基準で学ぶことが重要 +センター過去問演習で徹底的に解法や消去法等の選択肢の確実な選び方を学ぶことをお勧めする。 【理系受験生】 2次試験がある理系受験生は文系受験生と同じ基本方針。 センター試験しかない理系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊 ex. 古文単語: 古文文法: 漢文: 等でまず古典は文法・単語の基礎を漢文では句形・重要漢字の基礎を学んだらセンター過去問演習で徹底的に読解の方法、解法や選択肢の確実な選び方を学んでいくことをお勧めする。 センター古典 古文・漢文 は少ない労力で満点を狙える科目であり満点を狙いに行った場合のリスクも少ない。 したがってセンター試験で高得点を獲得したいならセンター古典 古文・漢文 で満点もしくはそれ近くの得点を獲得することを目標に対策していくことをお勧めする。 以上の点について、受験戦略・勉強法・受験勉強計画も含め全体的な勉強法や更なる詳細な勉強法を知りたいという方はをご覧ください。 常に手元において読み返してください。 あなたの第一志望校合格に必ず役立つ一冊です。 のところでも述べましたが古典 古文・漢文 のセンター過去問をメインの教材として徹底的にこのコンテンツで説明するポイントを習得していってください。 これで 解答時間の短縮と得点アップにつながります。 他科目のセンター試験対策・勉強法のところでも再三お伝えしていますし、著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】のなかでも合格の天使ブログの中でも再三お伝えしてきていますが、過去問は力試しのために取っておくものではなく問題集と位置づけて徹底的に活用してください。 マーク式問題集や模試問題集等は重視する必要はありませんし時間が無いのに特別にやる必要もありません。 問題によっては読解や選択肢選択のポイントがずれてしまう事もありますのであくまでセンター過去問 をメインにおいていきましょう。 この点についてピンとこない方はをしっかりと読み込んでください。 しかし、大きな書店が遠いとか、時間がないという受験生もいると思いますのでその場合は以下のサイトから購入する手もありです。 ここに掲載するものは信用できるところのみですので参考にしてみてください。 センター国語の場合、2次試験で必要なものよりもさらに細かい知識というものはいりません。 単語や文法、漢文の句形、そういったものについてより細かい知識を入れようという勉強はしなくても大丈夫です。 ですので、文系学部受験生や2次試験に古典がある理系受験生は2次試験の対策をするうえで身につけた知識を、量を増やすのではなく、その定着度をしっかりあげていくようにしていきましょう。 「古文単語習得のポイント」 古文単語についてはまず、重要な単語、頻出の単語をまずしっかりと覚えましょう。 古文単語の覚え方や単語の確認については 国語の勉強法のコンテンツをご覧ください。 「文法知識習得のポイント」 文法については、動詞、形容詞、形容動詞の基本的な活用と助動詞の用法をしっかりと覚えましょう。 古文を解くうえでは、品詞分解をして精読できるようになることが点数アップのために重要です。 そのうえで、よく出てくる識別問題、「なり」や「に」や「る」といった言葉の識別問題については、上にどういう語がきて、下にどういう形の語句がくるかによってどの品詞になるのかを覚えておきましょう。 「和歌の知識の習得のポイント」 和歌については、掛詞や縁語といった修辞法をしっかりとどういうものがあるのか、習得しておきましょう。 あまりそれらについて、詳しく知る必要はありませんが、まず和歌については文法解釈ができないと、歌の意味が分からずに、質問に答えることができません。 年によっては、修辞法自体に関する問題が出る場合もあります。 なので、どういった技法があって、それぞれ何という修辞法なのかということを習得しておきましょう。 「漢文の句形習得のポイント」 漢文の句形については、単なる丸暗記で覚えてしまうのではなくて、構造を理解したうえで、記憶していくということが大事です。 なぜこの構造でこの意味になるのかということを暗記するのではなくて、しっかり理解しておかなくてはなりません。 これは、2次試験でも大事なことなのですが、本文の前にあるリード文、つまり文章の説明や後ろにある注釈もしっかりと読むということは知っていてもなかなか意識して行うことができません。 時間がなくても、こういったリード文や注釈を飛ばしてしまうのではなくて、時間がないからこそ、こういった部分を読んで、重要なヒントやポイントを手に入れるようにしてください。 こういったことをしっかりと身につけるために、また、選択肢の特徴や問題の解き方を身につけるために、十分な過去問演習が必要になります。 以上できるだけ簡潔にを目標にセンター古典 古文・漢文 対策・勉強法についてお伝えしてきました。 冒頭でお伝えした通りセンター古典 古文・漢文 は的確な対策をすれば少ない労力で満点を狙える科目です。 一方でこの現実を裏から見ると的確な対策を行えなかった場合はここで大きく得点できる問題を失点するということになります。 そうならないためにもセンター古典 古文・漢文 についても的確な対策を行っていってください。 より体系的かつ詳細にセンター古典(古文・漢文)の勉強法と対策も含め受験戦略・勉強法・受験勉強計画について学びたい方はをご覧ください。 また センター古典(古文・漢文)で確実に高得点、安定した得点を狙いたい方はをご覧ください。 圧倒的結果を出した人間は、圧倒的結果を出すための鉄則を網羅的に持っているのです。 圧倒的結果の秘密はこの部分にあるのです。 2次・私大対策も含めて古文の勉強法と対策を学びたい方は東大理三合格講師槇、東大文一合格講師沼尾のアドバイスをふんだんに盛り込んだのコンテンツをご覧ください。 以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

次の